shutterstock_370723361 (1)

1ヶ月で5キロ痩せる方法10選!実際に成功したダイエット法まとめ

1ヶ月で5キロもダイエットできたらいいですよね。1ヶ月で5キロ痩せると聞くと、かなり過酷なダイエット法を行わないといけないと思う方も多いと思いますが、コツさえ抑えれば、比較的簡単に痩せることができます。1ヶ月で5キロ痩せる方法や注意点、効果を高める方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月で5キロ痩せる方法がある!

1ヶ月のダイエットで5キロ痩せることができるとしたら、あなたは挑戦しますか?

5キロというと、お米1袋分の重さがあります。この重さを身体から取り除くわけですから、辛くて大変なイメージがあるかもしれません。

しかし実際、1ヶ月で5キロ痩せることは可能であり、リバウンドせずに痩せた体型を維持している方もたくさんいます。

今回は、ダイエットに成功した方々の口コミや体験談を参考に、1ヶ月で5キロ痩せる方法を10個まとめてみました。

この記事では、1ヶ月という期間で行うダイエットならではの注意点や、ダイエット効果を高めるコツも一緒に紹介しています。

5キロ痩せれば、見た目もかなり変わって来ますので、自分が続けられそうな方法を見つけて、1ヶ月で痩せることを目指しましょう!

1ヶ月で5キロ痩せるのに必要な消費カロリーは?

まずは1ヶ月で5キロ痩せるために、どれほどカロリーを消費することが必要かを調べてみました。

  • ・脂肪1キロを減らすのに必要な消費カロリー:7200kcal
  • ・脂肪5キロを減らすのに必要な消費カロリー:36000kcal
  • ・1ヶ月で5キロ痩せる場合、1日あたりの消費カロリー:1200kcal

脂肪1キロを減らすためには、「約7200kcal」を消費しなければいけないと言われています。

つまり5キロ分の「36000kcal」を1ヶ月「30日」で割ると、1日あたり「1200kcal」消費できれば、1ヶ月で5キロのダイエットに成功するというわけです。

1ヶ月のダイエットで5キロ痩せるためには?

この「1200kcal」という数値ですが、女性の場合、約1時間ちょっとの水泳をした時の消費カロリーとほぼ同じになります。

また、普段仕事や家事をしているだけでも、1日「約2000kcal」のエネルギーを使っているので、食事を「800kcal」以内に抑えれば、1200kcalを消費することは可能です。

しかし、無理な運動をしたり、極端な食事制限をしたりするダイエットは、続けることが大変で、過去に失敗してしまった方もいるのではないでしょうか。

この記事で紹介している1ヶ月ダイエットの方法は、「継続のしやすさ」と、「痩せた実体験による確実性」をもとに選んでいます。

そのため、必要な消費カロリーの数値は、頭の片隅に入れておく程度にして、次の「1ヶ月で5キロ痩せる方法10選」を読んでもらえればと思います。

1ヶ月で5キロ痩せる方法10選

ではここから、実際にダイエットに成功した方々の口コミや体験談を参考に、 1ヶ月で5キロ痩せる方法10選を紹介していきます。

1、糖質カットサプリ

先ほど紹介したように、1ヶ月で5キロ痩せるためには、1日あたりに「1200kcal」を消費することが必要です。

そのためには、血糖値の上昇を抑えて、カロリーや糖質の摂取量を減らす「糖質カットサプリ」を飲むことが、一番手っ取り早い方法になります。

しかし、糖質カットサプリには数多くの種類があり、効果の弱いものを選ぶと、5キロのダイエットは失敗してしまうかもしれません。

1ヶ月で5キロ痩せるためには、

  • ・糖質をカットするだけでなく脂肪燃焼効果もあること
  • ・痩せる効果が証明され、多くの実績があること
  • ・1ヶ月のあいだ継続して飲める価格であること

この3つの条件を満たしている糖質カットサプリを選ぶのがポイントになります。

糖質カットオススメは「大人のカロリミット」

数多くの糖質カットサプリの中でもオススメは、大手健康食品メーカーのファンケルが販売している、「大人のカロリミット」です。

大人のカロリミットは、臨床試験をしてダイエット効果を証明した機能性表示食品で、

  • ・脂肪の代謝を高める
  • ・糖の吸収を抑える
  • ・脂肪の吸収を抑える

などの効果を期待することができます。

他の糖質カットサプリと違って、定額コースで購入する縛りがなく、返品・効果が無期限保証になっているので、初めての方でも安心です。

今なら合計4週間分が、お試し価格の「1000円(税込)」で、ファンケル通販を使ったことがない方は送料無料になります。

大人のカロリミットは、1ヶ月で5キロ痩せる糖質カットサプリの、全ての条件を満たしているので1番オススメです。

2、ロカボダイエット

糖質カットサプリを飲んでいるからといって、どか食いをしていては痩せないので、食事管理をすることも大切です。

ロカボダイエット(ローカーボダイエット)は、1日に摂取する糖質量を減らすダイエット方法で、全く糖質を食べないダイエットとは違います。

1日に摂取しても良い糖質量は、「70~130g」と決められており、これによって血糖値の急上昇を抑えることができるので、太りづらくなると言われているのです。

ロカボダイエットは、1ヶ月という短期間だからこそ、マイナス5キロのダイエットができる方法になっています。

ロカボダイエットの細かいやり方や注意点は別の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

3、マイクロダイエット

「ダイエット食品売上10年連続1位」、「販売数2億食突破」の実績があるマイクロダイエットは、1日の食事の1~2食を、マイクロダイエットに置き換える方法です。

水やお湯を加えるだけで作れるので、手軽で続けやすいダイエットだと評判で、利用者の口コミ評価も、5点満点中平均「4.51」と高評価を得ています。

1ヶ月で5キロ痩せる方法としては、4箱コースを購入し、昼と夜をマイクロダイエットのドリンクタイプに置き換えます。

4箱コースは、期間限定で送料無料の「72756円(税込)」と、値段が高めに感じる方もいると思いますが、1ヶ月分の食費やジム・エステの料金などと比較すると、対して変わらないかもしれません。

マイクロダイエットのポイント

マイクロダイエットには、次の3つのポイントがあります。

  • ・豊富な種類で飽きない
  • ・栄養素が豊富なのに低カロリー
  • ・20種類全てのアミノ酸を配合

まず、マイクロダイエットにはドリンクタイプ7種類と、リゾット&パスタタイプ4種類、シリアルタイプ3種類が用意されています。

自分の好みに合わせてタイプを選ぶことができるので、ダイエットに飽きないと言われているのです。

また、ドリンクタイプなら1食あたり「174kcal」、他のタイプなら「260kcal」で摂ることができ、カロリーを抑えて栄養をしっかりと摂取することができます。

そして、20種類全てのアミノ酸も含まれているので、美容効果も高く、見た目も健康的に痩せることができるでしょう。

費用をかけてでも確実に痩せたい方は、マイクロダイエットを飲んでみてください。

4、酵素ドリンクダイエット

現代人の多くは、生活習慣の乱れやストレスで、酵素が不足している状態です。

また年齢を重ねるにつれて、体内で作られる量も減ってしまうので、普段から積極的に、酵素を摂るべきだと言われています。

酵素を取り入れると、体内にもともとある酵素の働きをサポートしてくれるので、代謝をあげて、痩せやすい体質にする効果があるそうです。

また、酵素は「熱に弱い」という性質を持っているため、普段の食事で摂ろうとするよりも、酵素ドリンクで飲む方が、効率的に摂取することができるでしょう。

酵素ドリンクを飲むダイエットでは、数日間食事をとらないで行う「ファスティング」が一般的ですが、1ヶ月で5キロ痩せるためには、夜ご飯と置き換える方法が合っています。

スムージーからも酵素を摂取できる!

酵素は生の野菜や果物にたくさん含まれているので、スムージーダイエットでも同じ効果を期待することができます。

スムージーダイエットで1ヶ月で5キロ痩せる方法は、

  • 朝:スムージー
  • 昼:普段通りのご飯
  • 夜:お米、汁物、おかず一品、スムージー

というように置き換えるやり方です。

それか、朝は普段通りに食事をして、昼と夜をスムージーに置き換える方法でも、1ヶ月で5キロ痩せることができます。

コンビニなどで売られているスムージーもありますが、カロリーや糖質が高くなりがちなので控えるようにし、自分で作るか粉末タイプのものを選ぶようにしましょう。

5、ファイブファクターダイエット

ファイブファクターダイエットは、1回に食べる食事の量を減らす代わりに、1日5食にするというダイエット方法です。

食事の回数を増やしているにも関わらず、痩せることができると、海外モデルやハリウッドセレブの間でも注目を集めています。

<ファイブファクターダイエットの食べ物>

  • ・低糖質で高たんぱく:ささみ肉、卵など
  • ・食物繊維:野菜、海藻類など
  • ・低GI値の炭水化物:玄米など
  • ・良質な油:オリーブオイル、えごま油など
  • ・糖分の少ない水分:お茶、水、無糖コーヒーなど

ファイブファクターダイエットでは、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるので、脂肪の吸収を抑えられる上に、空腹による早食いやどか食いを防ぐことができます。

1ヶ月で5キロ痩せた方の中には、1日の食事を6回以上に分けて実践している方もいましたが、食事の間隔をなるべく均等にして食べるのがコツだそうです。

6、アルカリ性ダイエット

実は食べ物には、「酸性」と「アルカリ性」があると言われています。

酸性に分類される食べ物は「肉・魚・卵・小麦・お米」で、アルカリ性に分類される食べ物は「野菜・果物・海藻・きのこ類」です。

これらの食べ物を、酸性3割・アルカリ性7割というように摂取する方法が、アルカリ性ダイエットになります。

このダイエットは、肝臓や腎臓に負担の少ないアルカリ性中心の食事にして、腸のはたらきなどを活発にすることで、1ヶ月で5キロ痩せる方法です。

アルカリ性ダイエットでは、3皿から4皿のおかずを用意して、そのうち1皿だけ酸性の食べ物になるような目安で行うと、おおよそ酸性3割・アルカリ性7割の食事になります。

こちらも海外で注目を集めている方法なので、1ヶ月ダイエットとして試してみてください。

7、脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープを飲み続ける1ヶ月ダイエットでも、5キロ痩せることができます。

脂肪燃焼スープとは、ダイエット成分を豊富に含んでいる野菜を使ったデトックススープのことで、代謝を上げたり便秘を解消したりする効果があるそうです。

基本的には、1週間のメニューを1ヶ月間繰り返すやり方で、日によって「脂肪燃焼スープと鶏肉の日」など、食事内容が決められています。

脂肪燃焼スープは低カロリーなので、何杯お代わりしても良いと言われていますが、1ヶ月で5キロ痩せた方は、1食あたり多くても2杯までにしているそうです。

1ヶ月で5キロ痩せる具体的な方法や注意点は、別の記事にまとめていますので、参考にしてください。

8、痩身エステ

最新の技術や最新の美容機器を使い、美容効果に加えて痩せることにも特化したエステが、「痩身エステ」です。

体に溜まった老廃物を取り除いてくれるだけでなく、なかなか落ちないセルライトも除去してくれるので、1ヶ月で5キロ痩せた時の見た目が綺麗になります。

骨盤矯正や部分痩せもすることができるので、体の気になる箇所があれば、プロの方に相談してみましょう。

1ヶ月で5キロ痩せる痩身エステサロンを選ぶ時には

  • ・無料のカウンセリングができる
  • ・1ヶ月で通える回数・計画になっている
  • ・最新の美容機器を取り入れ、マイナス5キロを目指せる
  • ・利用者の満足度が高く、評判も良い

これらのポイントを意識して、探すようにしてください。

おすすめは「スリムビューティハウス」

1ヶ月で5キロ痩せの実績がある痩身エステは、「スリムビューティーハウス」です。

特に1番人気の「骨盤ダイエットBeautyコース」は、30万人以上が体験しており、国内人気No.1の痩身エステとも言われています。

現役アスリートも使用している本格的な「EMS」や、代謝をあげる効果のある「ヒートマップ・カップリング」が、税込たったの「500円」で体験できるので、とてもお得です。

また、自分ではケアしにくいお腹やヒップなども、プロの手を使ってもしっかり揉みほぐしてくれるので、綺麗に1ヶ月で5キロ痩せることができるでしょう。

スリムビューティハウスを初めて利用する方は、税込500円で体験できる「骨盤ダイエットBeautyコース」で、まずはダイエット効果を実感してみてはいかがでしょうか。

9、停滞期が来たら「チートデイ」

1ヶ月で5キロ痩せるダイエットをしていると、1~2週間が経過したあたりから停滞期が訪れ、辛くなってしまう方が多いようです。

その時は1ヶ月ダイエットを一旦中止して、チートデイを実践してみましょう。

チートデイとは、ダイエット中にしっかり食事をとる方法で、ストレスを軽減する効果や、省エネモードになってしまった体を元に戻す効果が期待できます。

「ダイエット中にしっかり食べて大丈夫なの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、チートデイの効果は確かなので、安心してください。

むしろ中途半端な気持ちで食事をすると、チートデイの効果が弱まり、停滞期を抜け出すことができなくなってしまいます。

それでも心配な方は、こちらの記事もご確認ください。

10、最後の仕上げに「クレンズダイエット」

1ヶ月で5キロ痩せる方法を実践してみると、「思ったよりも痩せていない」と感じていたり、「5キロ以上痩せたい」と思っていたりする方もいるでしょう。

そんな方は、1ヶ月ダイエットの最後の3日間を使って、クレンズダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

クレンズダイエットは3日間で劇的に痩せる方法で、食事を一切しない代わりに、「1.5Lから2.5L」程度のクレンズジュースを飲みます。

本来であれば、徐々に食事の量を減らす準備期間が必要なのですが、1ヶ月で5キロ痩せる方法を実践した後であれば、すでに体が慣れているでしょう。

1ヶ月ダイエットの最後の仕上げとしてクレンズダイエットを行えば、マイナス5キロという目標にグッと近づくはずです。

ただし、クレンズダイエット終了後はリバウンドしがちで、1ヶ月で5キロ痩せた体が台無しになりやすいので、正しいやり方をマスターしておきましょう。

1ヶ月で5キロ痩せる方法の注意点

1ヶ月で5キロ痩せる方法には、いくつかの注意点があります。

この注意点を知らないと、1ヶ月ダイエットに失敗してしまうので、確認しておいてください。

2つのルールを守る

1ヶ月で5キロ痩せる方法には、2つのルールが決められています。

1つ目は、「食事に関するダイエット方法を組み合わせない」というルールです。

この記事では様々な種類のダイエット方法を紹介しているので、組み合わせても構いませんが、食事に関するダイエット同士を組み合わせると、栄養が極端に偏ってしまいます。

2つ目は、「途中で違うダイエット方法に変えない」というルールです。

数日置きや1週間置きにダイエット方法を変えることができれば、飽きることなく続けられるでしょう。

しかしここで紹介しているのは、1ヶ月続けて5キロ痩せる方法なので、途中で変えるとダイエット効果が弱まってしまいます。

最初に決めたダイエット方法を続けて、1ヶ月で5キロ痩せることを目指しましょう。

運動も取り入れないと、1ヶ月でマイナス5キロは難しい

口コミや体験談を見てみると、1ヶ月で5キロ痩せる方法では、適度な運動も一緒に取り入れないと、マイナス5キロの目標を達成することは難しいようです。

適度な運動の目安としては「ウォーキング20分+筋トレ10分」になります。

ウォーキングに関しては、普段の通勤や買い物などで、すでに20分以上歩くことが習慣になっている方もいるかもしれません。

筋トレに関しては、スクワットをおすすめします。

スクワットは下半身だけだけでなく、腹筋や背筋も使う全身運動になるので、効率よく筋肉をつけ、代謝をあげることができるのです。

また筋トレの代わりに、ダンスやエクササイズで、1ヶ月で5キロ痩せた方もいますが、膝や腰を痛めている方は、無理をしないようにしましょう。

ちなみに、糖質カットサプリの「大人のカロリミット」であれば、脂肪燃焼効果もあると言われているので、運動が苦手な方はそちらを試してみてください。

生理周期に注意

女性の方の場合は、1ヶ月ダイエットと生理の周期が重なり、特に「生理前」と「生理中」は痩せづらいと言われているので、注意が必要です。

生理前は、女性ホルモンの1つある「プロゲステロン」が多く分泌されるため、妊娠に備えて、水分や脂肪を蓄えやすくなります。

イライラしやすく、食欲も湧いてきてしまうので、どか食いをしないように気をつけてください。

また生理中で、低温期に入ると、代謝も下がってしまい、痩せにくい体質になってしまいます。

特に足先が冷えやすいので、靴下を重ね履きしたり、温かいものを飲むようにしたりして、なるべく代謝を下げないよう心がけることが大切です。

生理後になれば、むしろ痩せやすい体質になるので、1ヶ月ダイエットを途中で諦めず、生理が落ち着くまで辛抱しましょう。

1ヶ月で5キロ痩せるダイエットの効果を高める方法

ここからは、1ヶ月でマイナス5キロを目指すために、ダイエット効果を高める方法を紹介していきます。

朝食前か夕方に運動をする

ダイエット目的の運動は、「朝食前」か「夕方」にすることが効果的だと言われており、実際に1ヶ月で5キロ痩せた方は、朝食前にしていました。

お腹に食べ物が何もない状態で運動すると、体の中にある脂肪をエネルギーとして使うようになるので、朝食前に運動をすると、

  • ・体脂肪が燃えやすい
  • ・1日の代謝を高く保つ
  • ・運動後の食事が脂肪になりにくい

というダイエット効果を期待することができるそうです。

また夕方の時間帯は、1日の中で最も体温が高く、成長ホルモンが多く分泌されるという研究結果があります。

成長ホルモンが多く分泌されることで、他の時間帯に行うよりも多く筋肉をつけることができ、代謝をあげる効果が期待できるので、ダイエット効果を高めることができるのです。

自分のライフスタイルに合わせて朝食前か夕方かを選ぶと良いでしょう。

食前に食べるとダイエット効果がある食べ物

食前にダイエット成分が豊富に含まれている食べ物を摂ることで、1ヶ月で5キロ痩せる方法のダイエット効果を高めることができます。

中でもおすすめは、「大根おろし300g」か「キャベツ1/6」を食べることです。

大根おろしには、辛味成分の「イソチオシアネード」が含まれており、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくする効果があると言われています。

また、キャベツには食物繊維が豊富で、便秘を解消して痩せやすい体質にする効果があるそうです。

噛みごたえもあるので、自然と噛む回数が増え、満腹中枢を刺激する効果も期待できるでしょう。

食事をダイエットドリンクに置き換えている方は、「ホットヨーグルト」もおすすめです。

胃をしっかり休めながら、腸内環境を整えてくれるので、デトックス効果も期待できると言われています。

空腹を紛らわす方法

1ヶ月ダイエット中は、どうしてもお腹が空いてしまうこともあると思いますので、そのような時のために、空腹を紛らわす方法を紹介します。

  • ・歯を磨く
  • ・温かい飲み物を飲む
  • ・腹筋をする
  • ・柑橘系の匂いを嗅ぐ

特に、温かい飲み物を飲んで空腹をしのぐ方法は、代謝をあげることも一緒にできるのでオススメです。

また、腹筋をする方法は筋トレの代わりになるので、1ヶ月ダイエットの効果を高めることができるでしょう。

柑橘系の匂いを嗅ぐと、空腹を紛らわすことができる理由は、柑橘系の香りに交感神経を刺激する効果があるためだと言われています。

空腹は、血糖値が下がると感じるようになるのですが、交感神経が刺激されると、アドレナリンが分泌されて血糖値が上昇するので、空腹感を抑えることができるそうです。

正しくダイエットをすれば1ヶ月で5キロ痩せる!

今回は、1ヶ月で5キロ痩せる方法10選をまとめました。

文章が長くなってしまったので、もう一度ここで、紹介した方法を確認しておきましょう。

  • 1、糖質カットサプリ
  • 2、マイクロダイエット
  • 3、ロカボダイエット
  • 4、酵素ドリンクダイエット
  • 5、ファイブファクターダイエット
  • 6、アルカリ性ダイエット
  • 7、脂肪燃焼スープダイエット
  • 8、痩身エステ
  • 9、チートデイ
  • 10、クレンズダイエット

この記事で紹介した方法は、どれも実際に、1ヶ月で5キロのダイエットに成功した方々の口コミを参考にしているので、正しく実践すれば痩せることができるでしょう。

もし1ヶ月ダイエットの途中で、停滞期がきてしまったら「チートデイ」を、最後にもう一踏ん張りしたいと思ったら、「クレンズダイエット」を試してみてください。

自分が続けられそうなやり方を選んで、1ヶ月で5キロのダイエットを成功させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集