HT019_L-e1487076028412

手っ取り早く痩せる方法7選!早く楽に体重を落とすダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく手っ取り早く痩せたい

「予定があるからとにかく早く痩せたい」、「楽にサクッと痩せたい」など、手っ取り早く痩せることができないかなーというのは、誰しもが思うことだと思います。

ダイエットというと、大変な思いをしないといけないと決めつけられがちですが、最新のダイエット法などを利用すれば、手っ取り早く痩せることは不可能ではありません。

「早く」・「楽に」体重を落とすことはできるのです。

今回の記事では、手っ取り早く痩せる方法として、できるだけ早くて簡単に痩せる方法を7つ紹介します。

リバウンドしないためのコツや手っ取り早く痩せるために欠かせないことなども紹介するので、参考にしてみてください。

手っ取り早く痩せる方法7選

それでは早速、「手っ取り早く痩せる方法」を紹介していきます。

費用が掛かる代わりに効果的に手っ取り早く痩せられる方法、お金を掛けずに自宅で簡単にできる方法など、様々なダイエット法をまとめているので、ぜひ試してみてください。

1、痩身エステ

一番手っ取り早く、簡単に、より確実に痩せていく方法としては、痩身エステが良いでしょう。

痩身エステとは、綺麗に痩せていくためのエステで、最新の機械を使ったり、マッサージをしたりしていき、脂肪を燃えやすくし、綺麗なスタイルを作っていきます。

寝ている状態で痩せていきたい部分に、効果的な施術を行っていくので、楽に理想のスタイルに近づくことができます。

また普段使わない筋肉を刺激することよって代謝を上げていき、痩せやすい体にしていってくれるので、やめたからといって急にもとに戻るということも少ないでしょう。

通うとなると費用は掛かってきますが、実際の施術を格安でお試しできるところも多くあるので、気になったらお試しで行ってみてください。

痩身エステはとにかく即効性が高く「体験だけで痩せた」などの声も上がっていますので、手っ取り早く痩せたい方は、ぜひ体験プログラムを試してみると良いでしょう。

2、短期ダイエット向きなサプリを使う

脂肪の燃焼を助け、脂肪を燃えやすくすることで手っ取り早く痩せていける「短期ダイエット向きなサプリ」というものがあります。

飲んでいれば劇的に痩せていくものでもありませんが、飲むだけでいいので、手っ取り早いダイエットができるでしょう。特に、普段からある程度体を動かしている人は、より脂肪燃焼の効果アップを期待できます。

家から駅までや駅から職場まで、駅の階段を利用するようにしているなどでも、そこそこの運動にはなっているので、ちょこちょこ運動をしている人にも効いていくでしょう。

また、普段代謝が悪く痩せづらい方にとっても、脂肪燃焼を促進してくれる効果が見込めるのでおすすめです。

3、ファスティングダイエット

ファスティングとは、プチ断食のことで、半日から3日ほどの期間、野菜ジュースや酵素ドリンクで過ごしていくことです。

断食をするので大変ではありますが、数日で数キロ落とせる可能性もあり、とにかく早く痩せたいという人は良い方法でしょう。

またファスティングは、食事をとらないので痩せていくという効果もありますが、臓器を休めることによって、臓器の機能をアップさせていくことも期待できます。

その他にも、便通の改善や夜眠りやすくなるなど、ダイエットに嬉しい効果が盛りだくさんです。

ただ急に素人が何日も食事を絶つことは、体調を崩す可能性があるので、手っ取り早いダイエットとして、まずは週に数日夜だけなどやっていき、徐々に慣らしていくと良いでしょう。

4、糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、普段食べている白米・パン・麺などの糖質を制限していくことで、手っ取り早く痩せることができるので、人気のダイエット法です。

人は活動をしたときに、まず体内にある糖分を消費していき、その後に脂肪を消費していくようにできているので、糖質制限すると痩せやすくなり、手っ取り早く痩せられるようになっていくでしょう。

糖質は人にとって必要な栄養素なので、減らしすぎてしまっては体調を崩す可能性もありますが、たくさん摂っている人は減らしていくと、早く痩せることができます。

糖と言うと甘いもののイメージになりますが、太らせてしまう糖質は白米などの炭水化物にも多く含まれているので、気を付けると手っ取り早く痩せていけるでしょう。

「3食白米は控える」、「大盛りはやめる」、「間食に甘いものを食べない」ということをしていくだけでもかなり変わってきます。

5、食べる順番に気を付ける

即効性は薄いですが、手っ取り早く「簡単に」痩せるということであれば、食べる順番に気を付けることで体を変えていくことができるでしょう。

空腹状態で糖質を大量に体の中に入れてしまうと、血糖値が急に上がってしまい、インスリンというホルモンが分泌してしまい脂肪がたまっていってしまいます。

そこで食事の際に野菜から食べていくことで、血糖値が急に上がることを抑え、太りにくくするのに効果的です。

また野菜から食べることをしようとすると、野菜を取らなくてはいけなくなるので、野菜不足を補うこともできるでしょう。

あえて運動をするというわけではないので取り組みやすく、手っ取り早く痩せていけるようになるので、ぜひ試してみてください。

6、有酸素運動+無酸素運動

ジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動を組み合わせることにより、相乗効果で痩せていけると言われているので、手っ取り早く痩せる運動として意識していくといいです。

有酸素運動は20分以上やると、効果が上がると言われているので、手っ取り早く痩せていくには、ゆっくりでいいので有酸素運動20分と無酸素運動を組み合わせていくのがいいでしょう。

「楽して痩せたい」と思っている人には向いていないかもしれませんが、有酸素運動は脂肪燃焼に大きな効果があり、無酸素運動は筋肉をつけることで代謝を上げ痩せやすい体を作っていく効果があります。

本当に手っ取り早く痩せるのであれば、食事に気をつけながら体を動かしていくことが効果的なので、ちょっとずつでもいいので体を動かしていきましょう。

7、パーソナルジム

最近モデルや芸能人などから、美容意識の高い一般の方まで、自分に専属のトレーナーがついて個別でトレーニングや食生活などのアドバイスをくれるパーソナルジムが流行っています。

なりたい体系を伝えて、プロのトレーナーがメニューを考えてくれることにより、理想の体に近づいていくことができます。しかし、理想の体に向かっていくことからトレーニングメニューを作っていくので、理想が高い人は少しきつめのトレーニングをしていくことになります。

そのため、運動が極端に苦手で、「痩せるためには歩くくらいが限界」といった人は向かないでしょう。

運動があまり苦でない人であれば楽しんで理想の体になっていくことができるので、手っ取り早く痩せていくのにも非常におすすめです。

手っ取り早く痩せるときの注意点

手っ取り早く痩せる方法を紹介しましたが、手っ取り早く痩せる際に気を付けておいた方がいいこともあります。

ここでは手っ取り早く痩せるというメリットがあるゆえに、注意して欲しいデメリットの部分を説明していきます。

無理して痩せるとリバウンドの可能性も上がる

無理な食事制限などをしていくと、手っ取り早く痩せられても、栄養バランスが悪くなり、太りやすい体になっていってしまうでしょう。

痩せにくくなるというダイエットに直接的な影響もありますが、体調を崩す可能性もあるので、いくら早く体重を落としたいと思っても過度にダイエットをするべきではありません。

また、人は体重の5%以上一ヶ月で痩せようとすると、体の急な変化を抑える機能が働き痩せにくくなります。

「なんとかして手っ取り早く痩せたい」と思うかもしれませんが、極端な方法はとらない方が良いでしょう。

一つの方法に頼り切らない

食事も運動もそうですが、「これが良いと言われたからこれをやっていく」とあまり考えずにやっていっても、手っ取り早く痩せることができない可能性があります。

痩せやすい方法は、体質や習慣によって変わってくるので、一つの方法に頼り切るのではなく、色々やっていくのが良いでしょう。

また食事で「○○は食べない」と言ったように極端なことをしてしまうと、ストレスにもなりますし、必要な栄養がとれなくなってしまい、体にも良くありません。

今回紹介した方法も、人によっては効果が薄いものもあるので、手っ取り早く痩せたいならまずすべてやってみて、何が良いか判断するのがいいでしょう。

痩せにくい時期もある

ダイエットをある程度の期間を設けてやっていくと、痩せにくいタイミングが出てきます。

食事を我慢していると、体は栄養を蓄えようと、エネルギーを節約したり、食事したものの吸収をより良くしようとし、痩せにくくなっていきます。

ダイエットしていたら停滞期はほぼ確実にくるものなので、痩せにくい時がきてダイエットをやめるということを繰り返してしまっては、痩せていけるようになりません。

手っ取り早く痩せていくためにも、痩せにくい時期があると意識してダイエットに励んでいくと、より痩せていけるようになるでしょう。

手っ取り早く痩せるためのコツ

なかなか痩せていけないという人でも手っ取り早く痩せていくために、より楽で短期間に素早く体重を落とすことができる方法を紹介していきます。

しっかりと睡眠をとる

睡眠は非常に大切です。

睡眠不足になると、体がだるくて動く気がなくなってしまいますし、朝に胃がむかむかしてしまい朝食を抜いてしまうと昼夜の食事の吸収率が良くなってしまい、脂肪がたまりやすくなります。

睡眠時間4~5時間の人と、睡眠時間6~7時間の人では肥満率が大きく異なるというデータさえあります。

また、睡眠不足は食欲を増加させたり、睡眠によるカロリー消費を減らしてしまうので、手っ取り早く痩せる邪魔になってしまうでしょう。

夜なかなか眠れない人も朝早く起きるようにしたり、夕方以降カフェインを取らないようにするなどして早寝をし、手っ取り早く痩せていきましょう。

栄養バランスを考える

何かを徹底的に抜いていくという方法は手っ取り早く痩せていくのに向いていないでしょう。

短期間で体重が減るということはできますが、糖質制限などを極端にしてしまうと、筋肉が付かなくなり、かえって痩せなくなってしまいます。

白米や肉を食べないダイエットもよくありますが、白米の糖質や肉のたんぱく質は生きていくのに必要なエネルギーなので、手っ取り早く痩せるためには、量を考えて取っていくのがいいでしょう。

「カロリーは気を付けているけど痩せない」という人は、おそらく栄養バランスが悪くしっかり脂肪が消費されずに体内に蓄積されている可能性が高いです。

手っ取り早く痩せていくためには、栄養バランスを考え、痩せやすく健康的な体にしていく

ということが非常に大切になってきます。

基礎代謝を上げることを意識する

人はアスリートでもない限り、運動で消費しているカロリーよりも何もしない状態で消費しているカロリーの方が多いと言われています。

一般的な人の一日の消費カロリーは約60~70%がこの何もしないで消費する基礎代謝なので、基礎代謝を上げていくとより痩せやすく、手っ取り早く痩せられるようになるでしょう。

代謝を上げるためには筋肉をつけていく、食事で玉ねぎなどの血液サラサラ効果のあるものを食べていくといったように色々な方法があるので、手っ取り早く痩せるためにも、代謝を上げるという意識をしていくといいです。

手っ取り早く体重を落として短期間で理想のボディへ

今回は、手っ取り早く痩せる方法について紹介しました。

一つ手っ取り早く痩せるための特徴としては、痩身エステや脂肪燃焼サプリ、パーソナルジムなど、お金をかけると、より早く体重を落とせるということです。

ただ、人それぞれやりやすさも、痩せやすい方法も違ってくるので、色んな方法を試してみて、自分に合った方法を見つけていくのがいいでしょう。

また特に早く体重を落としていくためには、いくつもの方法を組み合わせると、手っ取り早く痩せていけるようになるので、試しながら色々な方法を組み合わせてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集