shutterstock_638151955

夏までに痩せる方法8選!短期間で結果を出すダイエット法とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏までに痩せたい!

春・夏が近づくと、どんどん暖かくなってきて、冬には気にしていなかった部分が気になってくる時期ですよね。

毎年この時期は痩せなきゃと思うものの、なかなか思うようにはいかないという方も少なくないのではないでしょうか?

どんなダイエットでも痩せることは不可能ではありませんが、むやみやたらに短期間ダイエットに挑戦しても、リバウンドをしてしまう可能性や、そもそも効率が良くないダイエットをしてしまっている場合もあります。

今回は、

  • 夏までに痩せたいと思ってる人
  • 1~4ヶ月でダイエットを成功させたい人
  • 夏までに痩せたいのになかなか痩せられない人

に向けて、1~2か月で5~10kg痩せる方法と注意点をまとめました。

夏までに痩せたい!と思っている方、ぜひ参考にしてみてください。

夏までに痩せるためのポイント

夏までに痩せるために、まず大事なのは「目標とする日にちを決め、その日まで残りどのくらいの期間があるか」ということです。

冬に行うのか春に行うのかでも、おすすめのダイエット法は変わってきます。

まずは、1か月で5kg痩せる、6月いっぱいまでに10kg痩せるなど計画を立てて逆算をしてダイエットに取り組みましょう。

7月になると、平均気温が約25度になり、半袖やノースリーブの季節になってくるので、梅雨明けまでの時期を目標にすると良いかもしれません。

今回紹介するダイエット法は、夏までの残りの期間が1~2ヶ月あれば5キロ以上、3~4ヶ月あれば10キロ以上は減量できる可能性もあるダイエット法ですが、食事制限系のダイエットは長くても1~2ヶ月以上は続けるべきではないので、注意しましょう。

夏までに痩せるためのダイエット法8選

それではいよいよ夏までに痩せるダイエット法を8つ紹介していきます。

数あるダイエット法の中から、短期間で大幅な減量が可能なダイエット法を厳選して8つ選んだので、ぜひ参考にしてみてください。

紹介する順番は、ダイエット効果が高く、おすすめの順となっています。

1、痩身エステに通う

数ある夏までに痩せるダイエット法のなかでも、綺麗に痩せたい、下半身太りが気になる、自分でダイエットしても痩せられない、という場合は痩身エステがおすすめです。

セルライトは自分で消していくのは難しいですが、痩身エステに行くことでかなり目立たなくできると言われています。

また、痩身エステの施術だけでも高いダイエット効果が見込めますが、ダイエットのスケジュールなども管理してくれるので、これまでは自分で管理しきれずダイエットに失敗したという人も痩せられる可能性が高いのです。

痩身エステの主なダイエット効果・メリット

1、簡単で即効性が高い

痩身エステ最大のメリットは、簡単で即効性が高いということです。

プロのエステティシャンが最新のエステマシンで施術を行ってくれるので、基本的には寝ているだけでダイエットが可能となります。

さらには、即効性が高いという特徴もあり、1回の施術でもサイズダウンを実感できるはずです。

2、綺麗に痩せることができる

痩身エステはただ痩せるだけじゃなく、“綺麗に痩せること”ができます。

ハンドマッサージや超音波を発生させる機械で痩せたいところに働きかけ、部分痩せがしやすいので、綺麗に痩せることができ、脚やお腹だけ痩せたいといった悩みにも対応できるのが特徴です。

夏までに痩せてもボディバランスが悪かったら本末転倒なので、そういった意味でも痩身エステはおすすめです。

3、むくみができにくくなる

痩身エステは、むくみの原因も根本から解決してくれるので、通うことでむくみができにくくなります。

むくみは足太りの原因にもつながるので、むくみを解消することで結果的に脚痩せ効果も期待できます。

4、自分にあった痩せ方を知ることができる

痩身エステは、カウンセリングがあり、生活習慣でどこを直せば痩せられるかを教えてもらえるので、自分に合った痩せ方を知ることができます。

太り方・痩せ方は人それぞれなので、自分に合った痩せ方を知ることで、夏までに痩せるヒントを得ることができるでしょう。

痩身エステは決して安くはありませんが、簡単でダイエット効果が高く、さらには”綺麗に”痩せることができます。

費用の面も、各痩身エステサロンで用意されている体験プログラムをはしごすれば、5000円ほどで数件「体験のはしご」ができてしまうので、まずは気軽に試してみてください。

2、パーソナルジムに通う

パーソナルジムも、短期間で結果を出すというコンセプトのジムが多いので、夏までに痩せる方法としてはぴったりです。

パーソナルジムとは専門のトレーナーがついて、マンツーマンで食事管理や筋トレのメニューを考えてもらうものです。

パーソナルジムのメリットとしては、自分に合ったトレーニングメニュー、食事管理をしてくれるので、短期間でより確実に理想の体型になりやすいという部分でしょう。

デメリットとしては、費用は掛かるのと、マンツーマンなので合わない可能性があるということです。

パーソナルジムは総額15万円~30万円前後が相場なので、合わないトレーナーに当たると、ストレスを溜めてしまいます。

ただ何度もダイエットに失敗している、夏痩せても秋にリバウンドしてしまうという人は一度パーソナルジムに行くと痩せやすい体も作れるので、値段以上に価値があるでしょう。

分割払いができるパーソナルジムも多くあるので、検討してみてもいいかもしれません。

3、置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、一食分の食事を低カロリーなものに置き換えるダイエットのことを言います。

夕食にパスタを食べたとしたら、約700キロカロリーあるので、それをヘルシーなドリンクに置き換えると、500キロカロリーほど少なくできます。

これは2時間歩いたり、水泳を1時間半やったりした場合の消費カロリーに値します。

ちなみに、置き換えダイエットは夕食を置き換えることが、一番効果があると言われています。朝食や昼食は昼間の活動で消化されますが、夕食以降動くことが少なく消化されていかないからです。

置き換えダイエットは効果の高いダイエット法ですが、単品で置き換えると栄養が偏ってしまいがちなので、置き換えるものも日によって変えるか、朝昼の2食でしっかり栄養を摂ることを意識しましょう。

4、脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープも夏までに痩せる方法としては、おすすめです。

脂肪燃焼スープとは、野菜をたっぷり入れたスープのことを言い、脂肪燃焼スープを飲むことにより、高いダイエット効果が期待できます。

脂肪燃焼スープのダイエット効果・メリット

  • おなか一杯食べても痩せられる
  • 食物繊維を取ることで便通が良くなる
  • 血液をサラサラにし、脂肪燃焼を助け、代謝がアップ

脂肪燃焼スープは野菜なので、カロリーが少なく、たくさん食べても太ることはあまりないというメリットがあります。

また、便通が良くなる効果もあり、不要な物を排出することができるので、ダイエットや美肌の効果も期待できます。

そして、玉ねぎやセロリには、血液をサラサラにする成分や、脂肪燃焼を助ける成分が含まれているので、代謝を上げていくこともできるのです。

脂肪燃焼スープにおすすめの野菜

  • キャベツ
    カロリーも低く、ビタミンCが含まれているので美肌効果もあると言われています。食物繊維も多く含まれているので、快便になり代謝アップも期待できます。
  • トマト
    トマトに含まれるリコピンには脂肪蓄積を抑える効果が期待できるので、トマトも脂肪燃焼スープにはぴったりです。
  • セロリ
    セロリにはピラジンという成分が入っていて、ピラジンには血流を良くする効果があります。血流が良くなると代謝も良くなっていくので痩せやすくなります。
  • 玉ねぎ
    玉ねぎにはアリシンという成分が入っており、アリシンにも血流を良くする効果があるので、セロリ同様代謝が良くなり痩せやすくなります。

ここで紹介した野菜は痩せやすいだけでなく、美肌効果も期待できるので、痩せて綺麗になっていくことができるはずです。

好きな時に好きなだけ食べても痩せていけるくらいの効果があると言われているので、空腹に耐えて痩せることは難しいと思っている人におすすめのダイエット法です。

5、ファスティングダイエット

とにかく夏までに短期間で痩せたい!という人は、ファスティングダイエットを行うといいでしょう。

ファスティングとは簡単に言うと「断食」のことで、期間は様々ですが、半日~3日ほど食べ物は取らず水やお茶、スムージーなどで過ごすことを言います。

ファスティングダイエットの良さは痩せやすい体質になることで、一週間で3kg痩せたなんて言う人もいます。

人間には消化酵素と代謝酵素が存在していて、食べ過ぎてしまうと消化酵素が多く働き、代謝が鈍くなってしまうのですが、ファスティングをすると消化に酵素を取られないので代謝がアップし痩せやすくなるのです。

また、人のエネルギーとしてまず糖質が使われ糖質が無くなると脂肪が燃焼されると言われており、ファスティングでは余分な糖質を採らないので、脂肪が燃焼されやすくなります。

ただし、完全に何も食べない断食を急に素人がやるのは危険なので、ヨーグルトやドリンクなど軽い食事をとりながら、断食をしていくのが良いでしょう。

6、8時間ダイエット

8時間ダイエットとは、一日(24時間)のうち食事をする時間を8時間に収めるというダイエット法です。

8時間ダイエットを実践すれば、食べたいものを食べても、残りの16時間で消化してくれるので、痩せられるという仕組みになっています。

8時に朝食を食べたら、16時までしか食べてはいけないので、2食になってしまうともありますが、これもファスティングに似た効果があります。

8時間しか食べないという制限しかないので、続けやすいダイエット法ではありますが、残りの16時間は清涼飲料水や野菜ジュースも口にしてはいけません。

タイミングにだけ気を付ければ細かいカロリー計算も、好きなものを我慢することもしなくていいので、人によってはストレス少なく取り組めます。

最初は大変ですが、徐々に体を慣らしていくことでその食事の仕方が基本になってくるので、痩せやすい習慣も手に入れることができ、おすすめです。

7、糖質制限ダイエット

短期間で高いダイエット効果を得られるとして、人気の糖質制限ダイエット。あまり長期間実践すると体が低糖質の状態に慣れてしまい痩せづらくなってしまいますが、夏まで1~2ヶ月という短期間の場合にはおすすめのダイエット法です。

糖質は、取りすぎると体脂肪が蓄積しやすくなりますが、逆に極端に糖質を抜きすぎても、必要な栄養が入ってこなくなってしまい痩せづらい体質となってしまったり、リバウンドしてしまったりする場合もあるので、適度に制限をしていくのがオススメです。

白米や甘いものに糖質は含まれているので、ちょっとご飯を減らす、デザートをたまに我慢するといったことでも効果はあります。

糖質摂取量の目安としては、1食当たり20~30gにし、1日全体で90g以内を目標にすると良いでしょう。

8、水ダイエット

水ダイエットとは、水を決まったタイミングと量を飲むだけで痩せることができる簡単なダイエット法です。

水ダイエットは、水を飲むだけなので、費用も掛からず手軽に取り組むことができ、さらに実際に痩せれたという方が多く、「夏前の時期に行い、2か月で6kg痩せた」なんて人もいる人気のダイエット法です。

水ダイエットのポイントは、

  • 1日2リットル飲む
  • 食事前に飲む
  • 常温の水をゆっくり飲む

ということだけです。

体重や体質にもよりますが、基本的には2リットルを意識して飲んでもらえれば、ダイエット効果が期待できます。

また、食事前に水をコップ2杯ほど飲むことにより、食事の消費カロリーを抑えることができ、ダイエットに繋がります。

ただし、冷たい水は内臓を冷やし代謝を悪くしてしまう可能性があるので、常温の水を飲むように心がけましょう。

水ダイエットは、簡単に取り入れられて、他のダイエットと組み合わせてやっていくことも可能なので、ぜひ取り組んでみてください。

と組み合わせてやっていくことも可能なので、ぜひ取り組んでみてください。

「夏までにダイエット」の注意点

ここまでで夏までに痩せる方法を紹介してきましたが、通常ダイエットは1年など長い時間をかけて行うものです。

夏までに痩せるという方のほとんどが1~4ヶ月で一気に痩せたいと思っているので、期間が短い分、いくつかの注意点があります。

夏までに確実に痩せるためにも、注意点はしっかりと抑えておきましょう。

1、リバウンドに気を付ける

夏までの短期集中ダイエットは、夏が近づくにつれ体を動かすのも暑くて大変になるので、食事制限に目が行きがちです。過度な食事制限をすると、十分な栄養が取れず、基礎代謝が下がってしまう可能性があり、リバウンドする可能性が高くなります。

食事制限のみでダイエットしても、その食事をずっと続けられればいいのですが、無理な食事制限で体調を崩す可能性もありますし、痩せれたことに満足して食事を戻したらすぐにリバウンドしてしまうという場合もあります。

リバウンドをしないためには、運動をして筋肉量を増やし、基礎代謝を下げないということが重要です。

「食事制限をしながらも必要な栄養は摂る」、「食事制限と運動の両面でダイエットしていく」という2点を守り、リバウンドの確率を軽減していきましょう。

2、栄養バランスに気を付ける

同じものをひたすら食べるダイエットや過度な食事制限をすると、脂肪は蓄積されやすくなると言われています。

「夏までに痩せなきゃ」と必死になることで、逆に太ってしまったり、体調を崩す危険性もあるので、「とにかく食べる量を減らす」などと言ったダイエット法はせず、必要な栄養は摂り、不要な部分を無くしていきましょう。

夏までにダイエット」の効果を高める方法・ポイント

今回紹介した夏までに痩せる方法は、それぞれのダイエットをしっかりと実践すれば高い効果が期待できますが、より短期間で確実に痩せるには、他にもできることがいっぱいあります。

夏までに痩せるダイエットの効果を高める方法・ポイントを5つ紹介するので、参考にしてみてください。

1、食事制限と運動両方行っていく

食事制限だけをおこなってもリバウンドや栄養失調の可能性がありますし、運動だけしてもカロリーの消費が追いつかないくらい食べていたら痩せることはできません。

短期間で痩せ、リバウンドをしないようにしていくためには食事制限と運動をしていきましょう。

急にいくつものことは無理と思っても、少しずつでいいので量を増やしていくことで、1~2か月でのダイエットでしたら十分間に合います。

焦って食事を極端に抜くなどせず、徐々に食事制限と運動を進めていきましょう。

2、筋トレ後に有酸素運動

筋トレをした後に有酸素運動をしていくと、脂肪燃焼率が上がると言われています。

週に3回程度でいいので、10分筋トレ→20分有酸素運動という流れでやっていくとかなり痩せやすくなります。

おすすめの筋トレ

  • 「スクワット」
  • 人は下半身に筋肉が集中していて、約70%の筋肉があると言われています。下半身の筋肉を刺激して筋肉量を増やしていくことで基礎代謝を上げることができ痩せやすくなります。

おすすめの有酸素運動

  • 「早めのウォーキング」
  • ランニングの方が効果はありますが、続かなくては意味がありません。普段全然運動しない人が20分ランニングをすると、明日起き上がれなくなるので、まずは早めのウォーキングから始めることをおすすめします。早めにウォーキングすることで腹筋や背筋も使うので、お腹痩せの効果も期待できるでしょう。

3、姿勢に気を付ける

猫背などで姿勢が悪いと、内臓の位置がずれてしまい、代謝が悪くなってしまう可能性があります。

お腹を痩せたいと思っている人は、特に姿勢に注意するようにしましょう。

ただ、姿勢を直したからと言って、それだけでダイエット効果が出ることはまれなので、しっかりとダイエット自体を真面目に取り組む必要はあります。

4、飲み物は水やお茶にする

食事制限をして、運動もしているのになかなか痩せないという人は、飲み物が問題かもしれません。

何気なく飲んでいる炭酸飲料や砂糖入りの紅茶は、意外と糖分やカロリーがあります。

飲み物をお茶や水にするとほとんどカロリーもないので、食事のバランスもとりやすくなり痩せやすくなります。

清涼飲料水が体に染みついている人はきついかもしれませんが、それではなかなか痩せていくことはできないので、水やお茶を飲むようにしましょう。

5、体を冷やさない

夏が近くなってくると、室内で冷房が効くようになりますが、あまり冷房に当たりすぎないように気をつけましょう。

冷房に当たると、体が冷えてしまうので代謝が悪くなってしまい、痩せにくくなってしまうと言われています。

夏までに理想のボディを手に入れるためにも、多少暑くても冷房は付けず過ごしましょう。

電気代の節約にもなって一石二鳥です。

夏までの短期間でも変われる!

今回は、夏までに痩せたい方におすすめの「夏までに痩せる方法」を紹介しました。

今回紹介したダイエット法を正しく実践すれば、1~2ヶ月という短期間でも痩せることができるはずです。

ただし、人それぞれ痩せる理由・太る理由が異なるので、自分に合ったダイエット法を選んでいく必要があります。

また、理想の体型の人を見たり、あこがれの人に会いに行く予定を立てるなどして、痩せる意識を高めて、実際に行動に移していきましょう。

ダイエットは、始めるのが早いに越したことはないので、ぜひ肌の露出が多くなる夏に向けて、今回紹介したダイエット法を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集