shutterstock_256039198

【5キロの緊急ダイエット】1日~1週間の期間別すぐに痩せる方法

すぐ痩せたいという方のために緊急ダイエットの方法を紹介します。今回紹介する緊急ダイエットの方法なら短期間で5キロ痩せることも可能です。1日、3日、5日、1週間それぞれにオススメのすぐ痩せる方法、緊急ダイエットの注意点、効果を高める方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急ですぐに5キロ痩せたい!

何か予定があって、それに向けて「緊急でダイエットしたい!」という時ありますよね。

もしその予定が1ヶ月前から分かっていても、なかなか本気を出せず、気付いたらあと一週間だけということもあるかもしれません。

でも、安心してください。一週間あれば、ダイエットをすることは可能です。

人の見た目が変わるのは、その人の体重にもよりますが、およそ「5キロ」からと言われています。

5キロ痩せるにはできれば1ヶ月くらいは掛けてほしいところですが、1週間で痩せれたという方も結構いらっしゃるようなので、今回はそのダイエット法に迫ります。

1日・3日・5日・1週間と、期間別でできる緊急ダイエット法を紹介します。

緊急ダイエットは期間別にダイエット法を変えるの効率的

これから成功率の高い「緊急ダイエット」の方法をいくつか紹介するのですが、何日間で何キロのダイエットをするのかによって、ダイエット法は変えた方が効率的です。

1日、3日、5日、1週間、おまけで2週間~1ヶ月の期間別「緊急ダイエット」の方法とポイントを紹介していきます。

緊急ダイエットでは、より効果を高めるためにサプリも必須

実施期間が1週間以下の緊急ダイエットでは、代謝を最大限に高めてあげる必要があります。ダイエットを始めて3~5日くらい経ってやっと火が点くのでは遅いのです。

代謝を最大限に高める方法としては、「脂肪燃焼系のダイエットサプリ」が効果的と言われています。

脂肪燃焼系のダイエットサプリも様々な種類がありますが、なんでも良いわけではなく、しっかりと主成分の効果が科学的に証明されている「機能性表示食品」のものにしましょう。

機能性表示食品という条件を満たしている脂肪燃焼系のサプリで、最も口コミ評価・効果が高くおすすめなのは、『シボヘール』というサプリメントです。

主成分の葛の花イソフラボンは、お腹の脂肪を減らすのを助ける効果が科学的に認められており、BMI25~30の人を対象にした臨床試験では、「お腹の脂肪が平均20㎠減少」しています。

価格も公式サイトからなら、送料無料の「980円(税込)」とお買い得になっており、よくある何回以上買わないといけないという制限が一切ないので、初めての方でも試しやすいかなと思います。

1日間の緊急ダイエット!すぐに痩せる方法

1日間の緊急ダイエットという場合、タイムリミットは明日ですよね。

正直明日までに痩せるということは、かなり厳しいのが現実です。

ただし、1日で5キロ痩せるということは難しくても、見た目に大きな変化を起こすことは可能です。

1日でできるオススメのすぐ痩せる方法を2つ紹介します。

1、むくみを解消する行動をする

1日間の緊急ダイエットの場合には、「むくみ」を解消してあげるのがポイントです。

私たち人間の体重は70パーセントが水分と言われており、このむくみを解消するだけでも、体重以上に一気に痩せて見えるのです。

短時間でむくみを解消する方法

  • じっくりと半身浴を行う
  • 20~30分以上ランニングをする
  • 20分以上の時間、水泳をする
  • サウナに入る
  • 炭水化物抜きダイエットを行う

これらの方法が1日でむくみを取る方法としてはおすすめです。

1つだけを選ぶ必要はないので、無理のない範囲で組み合わせて行ってみてください。

2、痩身エステの即効痩せコースを体験で安く申し込む

むくみを取る方法以外で、1日で効果を出すためには、痩身エステも効果的です。

痩身エステは、普通の美容エステとは異なり、痩せることを目的としたダイエットエステを言います。

痩身エステを行えば、当日に効果を実感でき、また複数回通うことで代謝が高まり脂肪を燃焼しやすい体質に変えていくことができると言われています。

数ある痩身エステの中でも、当日-8センチのサイズダウンを保証している「エルセーヌ」は、口コミ評価が高く、また料金も体験は500円という低価格になっており、おすすめです。

3日間の緊急ダイエット!短期間ですぐに痩せる方法

3日間で5キロ痩せるというのは、正直難易度高めですが、実際に痩せた方もいるようですし、そこまでいかなくても出来ることは沢山あります。

私たちの体重は、食事をした後すぐに反映されるのではなく、3日後に反映されると言われているので、理論上も最も失敗のリスクが低く効果の出やすい期間とも言えます。

3日間の緊急ダイエットでおすすめの「すぐに痩せる方法」を2つ紹介します。

1、3日間「糖質制限ダイエット」

糖質制限ダイエットは、即効性が高く人気の高いダイエット法なので、知っている方も多いのではないのかと思います。

やり方は簡単で、普段食べているご飯や麺類、パン類などの糖質を抜くという方法です。

糖質制限ダイエットをしっかりと行えば、一気に減量することも可能で、実際に口コミでは糖質制限+運動の形で、3日間で5キロ痩せたという強者もいます。

ただし、注意して欲しいのが、糖質制限ダイエットを長い期間続けてしまうと、体重が停滞してしまい、痩せづらく太りやすい体質になる恐れがあるということです。

3日間、長くても5日間くらいの限定的なダイエット法として行うようにしましょう。

2、3日間「ファスティングダイエット(プチ断食)」

ファスティングダイエットは、もともと体重が重い方であれば5キロも不可能ではないかもしれませんが、おおよそ3キロ弱の結果になることが多いと言われています。

ファスティングのやり方は簡単で、3日間の食事をダイエットドリンクに置き換えるだけです。

ファスティングダイエットの方法

  • 食事をダイエットドリンクに置き換え、1日3~5回飲むようにする
  • ダイエットドリンクは、酵素ドリンク、ダイエットスムージー、コンブチャ、ジュースクレンズのいずれか
  • いつもの1.5~2倍の水分を摂取するようにする

ファスティングダイエットの注意点

  • ファスティング実施日前日の夜は控えめにして準備をすること
  • 断食終了後にドカ食いをするのではなく朝・夕の2食だけにし、おかゆなどの回復食を食べる
  • 断食中は激しい運動を避ける

注意点などは少し多くなってしまうのですが、効果は高く、乱れた食生活をリセットするきっかけにもなるので、オススメの緊急ダイエット法です。

5日間の緊急ダイエット!速攻ですぐに痩せる方法

5日間の緊急ダイエットになると、これまで紹介したダイエット法をただ行うだけでは、十分な効果が見込めません。

そして3日間ダイエットで紹介した「ファスティング(断食)」は、5日間も行うと初心者にとってはかなり危険です。

5日間の緊急ダイエットで最もおすすめなのは、先ほど紹介した糖質制限ダイエットなのですが、糖質制限ダイエットも工夫をしないと、どうしても4日目以降、体重の減少が停滞してしまう可能性が高くなってしまいます。

体重が停滞しないようにして、4日目以降からも効果を高めるには、適度に筋肉量をつけて代謝を維持するような運動をすることが重要です。

5日間の期間ですぐ痩せるためにオススメの運動を紹介するので、糖質制限ダイエットに組み合わせて行ってください。

5日間ですぐ痩せるには「スローペースの有酸素運動」がおすすめ

5日間の期間でダイエットを行う際に、糖質制限ダイエットと組み合わせて最も効果が高いのは、スローペースで行う有酸素運動です。

有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして燃焼する効果があり、有酸素運動ならどんな運動でもいいので、20分以上、できれば30分~1時間以上スローペースで続けるようにしてください。

実はこの「スローペース」というのがとても重要で、運動はハイペースで行えばその分痩せるというものではなく、心拍数が高い状態を長く維持することがポイントです。

ちょっと息苦しいかなというペースで長く行うようにしましょう。

1週間の緊急ダイエット!確実に近いレベルですぐに痩せる方法

1週間で痩せるとなると、選択肢は結構広がってきます。

確実に近いレベルですぐに痩せるには、先ほど紹介したスローペースの有酸素運動に加えて、これから紹介する3つのうちいずれかのダイエット法を組み合わせましょう。

1、1週間「低糖質ダイエット」

低糖質ダイエットは、一般的な糖質制限ダイエットとは異なります。

糖質制限ダイエットは、1週間という期間で行ってしまうと、体重が停滞してしまい、また危険が伴ってしまいます。

さらに、仮に大きく痩せれたとしても代謝が悪くなり、太りやすい「リバウンド体質」になってしまう可能性が高いのです。

低糖質ダイエットの方法は簡単で、1食当たりの糖質摂取量を20~40gの範囲にし、3食の合計を120g前後に抑えます。

ポイントしては、最低でも各食20gは糖質を摂取するということです。

このように糖質摂取の下限を決めることで、ダイエット停滞期が来ることを防ぎ、より確実に痩せることができるのです。

2、1週間の「8時間ダイエット」

少し前からブームになっている「8時間ダイエット」も1週間ですぐに痩せる方法としてはおすすめです。

8時間ダイエットは、全食事を8時間の間におさめて、それ以降の残りの16時間は胃を休めるという方法です。

食事の間隔を通常より短くすることで、食事の際に血糖値が急上昇するのを防ぎ、脂肪の蓄積を最小限に抑える効果があります。

さらに16時間は胃腸を休めることで、正常に食べ物を消化できるようになり、太りづらくなるのです。

8時間ダイエットは、16時間の間にお腹が空いてしまうというデメリットがありますが、その間はバターコーヒーを飲むと空腹を和らげて、脂肪燃焼を促進する効果も見込めます。

3、1週間の「置き換えダイエット」

置き換えダイエットも、1週間続けると、大きなダイエット効果を発揮できます。

置き換えるのは朝か夜ならどちらでも良いのですが、置き換えるものはスムージーが断然おすすめです。

置き換えダイエットは、必要な栄養が不足してしまうことが多いのですが、グリーンスムージーやレッドスムージーと言った栄養バランスの優れた飲み物なら、栄養が偏るリスクも抑えることができます。

置き換えダイエットの詳しいやり方やオススメの種類はこちらの記事を参考にしてください。

2週間~1ヶ月以上続ける場合に来る停滞期はチートデイを使う

ここまで紹介してきた期間別の緊急ダイエットの方法なら効率よくダイエットが可能ですが、無事成功してさらに2週間、1ヶ月と続けていくには工夫が必要です。

ダイエットの実施期間が長ければ長いほど来やすいのが「体重減少の停滞期」です。

この停滞期は、短い期間に一定の体重が落ちることで脳が危険な状態と判断するため、体重の減少を止めようと起きる働きと言われています。

この停滞期を乗り越える方法としては、『チートデイ』と呼ばれるテクニックがおすすめです。

停滞期を乗り越える『チートデイ』のやり方

停滞期を乗り越えるには、脳に対して、「安全な状態だから体重を落ちしてもOK」と錯覚させる必要があります。

この錯覚を引き起こすのが「チートデイ」というわけです。

チートデイのやり方は、「自分の体重×40kcal」で算出したカロリーを1日で摂取するというだけです。食べるものは好きなものでも何でも大丈夫です。

ただし、中途半端にしてしまっては効果がなく、ただ太るだけになるので注意が必要です。

チートデイは翌日からメラメラと脂肪を燃やしてくれるきっかけになるので、とても有効なのですが、一時的には食べた分のカロリーが増えると言うことも覚悟しておきましょう。

すぐに痩せる「緊急ダイエット」の注意点

過度な食事制限は太りやすい体質になってしまう

すぐに痩せる方法を実践する際に注意して欲しいのが、過度な食事制限を避けると言うことです。

過度な食事制限をしてしまうと、筋肉量が落ちてしまい代謝が悪くなり、栄養が偏ることで腸内環境が悪くなっていってしまいます。

そして、最終的には、すぐ痩せれたとしても「太りやすく痩せづらいリバウンド体質」ができてしまうので注意が必要です。

欲張った目標を設定しない

1日間、3日間、5日間、1週間と言った短い期間でダイエットを行うので、欲張った目標を設定することは避けましょう。

実はダイエットには限界値と呼ばれるものがあり、体重の5%以上を1ヶ月で落とすのは難しいと言われています。

体重の5%以上を落とすと停滞期がやってくるので、先ほど紹介した「チートデイ」を行うと効果的なのですが、とはいえチートデイは出来ることであれば避けるべきです。

どうしてもすぐに痩せたい!と言う場合を除いて、基本的には1ヶ月,2ヶ月,3ヶ月と期間を伸ばしてやるようにしましょう。

有酸素運動だけでは代謝が悪くなる可能性も

有酸素運動は、脂肪を燃焼してくれる働きがあるのですが、その反面、同時に筋肉も落としてしまうと言われています。

筋肉量が落ちると、代謝が悪くなってしまい痩せづらくなるので、できれば筋肉量を増やす筋トレなどの「無酸素運動」も取り入れるようにしましょう。

ちなみに、スポーツで運動をするようにすれば、有酸素運動と無酸素運動の両面生があり、代謝を落とさずダイエットが可能です。

緊急ダイエット法をマスターすれば、スグ痩せも可能!

1日、3日、5日、1週間、それぞれの期間別のすぐ痩せる方法「緊急ダイエット」について紹介しました。

短期間で痩せる緊急ダイエットの方法をマスターすれば、スグ痩せも不可能ではなく、1週間で5キロ痩せることも十分可能な範囲です。

ただし、緊急ダイエットは見た目には大きな変化があるので、大事な予定の前にはぴったりですが、実際に体質が変わっていくのには1~2ヶ月以上のある程度の期間が必要となってきます。

まずは緊急ダイエットを実践し、そこで終わりではなく、長い期間をかけて理想の体重・スタイルを目指すようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集