shutterstock_243110257

前もも痩せをしよう!太股の前側の脂肪や筋肉をとる歩き方やストレッチ

太ももは体の部位の中でも特に太りやすいですが、その中でも前ももの部分はより太くなりやすいと言われています。その上、痩せにくくもあるため、非常に厄介なのです。今回は、前ももを痩せるためにおすすめの方法を紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前ももは太くなりやすいので注意が必要!

美脚になっていくにあたって、太ももを細くしていくことは非常に大切ですが、その中でも前ももは太くなりやすいので注意が必要です。

前ももは歩き方によって筋肉が付いてしまったり、逆に全然使われずに脂肪がついてしまう箇所と言われています。

またむくみの影響も出てしまうので、前ももは太くなってしまいやすく、痩せていくのが難しいです。

前もも痩せをしていくにあたって、ちゃんと正しい方法を取っていかないと、逆に筋肉が付いて太くなってしまうということもあり得ます。

今回は、そういった間違った方法で逆効果にならないように、正しい前もも痩せの方法を紹介してきます。

注意点や効果を高める方法も紹介していくので、前もも痩せをこれからしていく人にも、今行なっている人にも役立つ内容になっているので、ぜひ見てみてください。

前もも痩せに効果のある歩き方

歩き方を注意するだけで、前ももを太くしてしまう原因を無くし、前もも痩せしていけるようになります。

ダイエットのためにウォーキングをしていても、歩き方が悪いと逆効果になってしまうこともあるので、しっかり意識していきましょう。

【前もも痩せに効果のある歩き方のポイント】

  • 背筋はしっかり伸ばしながら腰はそらない
  • かかとで着地し、つま先に体重を移し足全体を使って歩く
  • かかと重心で常に頭、腰、かかとを一直線にする

普段の歩き方の意識を変えるだけでも、前もも痩せすることができるので、しっかり実践していきましょう。

また、かかと重心が理想とされているので、高すぎるハイヒールや、よくハイヒールを履く人は、前もも痩せに悪影響が出る可能性があるので、できるだけ避けた方が良いです。

前もも痩せに一番効果的なのは痩身エステ

前もも痩せも含め、部分痩せをしていくには、エステが最も効果的です。

自分で部分的に脂肪を減らしていくのは難しいですが、エステでは機械を使ったり、プロの手技で脂肪を分解することができると言われています。

また筋肉を刺激していき、代謝も上がるので、ある程度エクササイズなどをしていくことで、細い状態を持続していくことも可能と言われていて、リバウンドの心配も少ないです。

エステでは寝ているだけで、前もも痩せをしていくことができるので、面倒くさがりな人でもダイエットしていくことができるでしょう。

エステも初回は体験価格でお得に利用できるところも多いので、前もも痩せをしていくにあたって、まず試してみることをおすすめします。

前もも痩せにおすすめなストレッチ

ここから前もも痩せにおすすめなストレッチを紹介していきます。

お風呂上りや寝る前などできるだけ毎日やっていくことで前もも痩せの効果を得ることができます。

簡単前ももストレッチ

前もも痩せをしていくにあたってまず行なって欲しい、前ももを伸ばすストレッチを紹介していきます。

前ももの筋肉を柔らかくしていくことで、痩せやすくすることができるので、毎日実践しましょう。

【簡単前ももストレッチのやり方】

  • 1、座って左脚だけあぐらをかく
  • 2、右脚は膝を地面に付け足先を手で持つ
  • 3、その体勢から左手を伸ばして左側に倒れる
  • 4、逆向きでも行っていく

体が固い人は難しい体勢かもしれませんが、できる範囲で行い、体を柔らかくしていきましょう。

体が柔らかくなっていくことで、血流が良くなり代謝が上がるといった効果も期待できますので、しっかり行なってみてください。

正座ストレッチ

正座の体勢を利用したストレッチでも、前もも痩せをしていくことができます。

こちらも簡単にできて、前もも痩せに効果があるので、実践しましょう。

やり方は簡単で、正座した状態から、後ろに倒れて寝ころぶといった方法です。

体が固くて倒れられない人は、できるだけ体を倒して手をつくでもいいので、試してみてください。

体が柔らかい人は、できるだけ膝を地面につけていくように前ももを伸ばしていくと、前もも痩せの効果を高めることができます。

ただ寝るだけなので、スマホをいじりながらなどでも行え、前もも痩せを効果的に進めていきましょう。

反り腰解消ストレッチ

前もも痩せに効果のある歩き方でも説明しましたが、反り腰になってしまっていると、前ももが太くなりやすくなってしまいます。

普段から気をつけていくのはもちろんですが、反り腰を解消していけるストレッチで、前もも痩せを効果的に進めていくことが出来るので、反り腰を解消するストレッチを紹介します。

【反り腰解消ストレッチのやり方】

  • 1、仰向けになり膝を抱える
  • 2、背中と腰をゆっくり丸め10秒キープ

簡単なストレッチですが、しっかり行うことで、反り腰を解消してくれ、前もも痩せに効果があると言われているので、反り腰かもと思う人に特におすすめです。

前もも痩せにおすすめなエクササイズ

ここからは前もも痩せに効果があり、ストレッチより少しきつく体を動かすエクササイズを紹介していきます。

エクササイズには、鍛えて筋肉を引き締める効果と、脂肪を燃焼していく効果が期待できるので、しっかり実践しましょう。

前ももに効かせるスクワット

スクワットといえば太もも痩せに代表される筋トレですが、やり方次第で前もも痩せに効くスクワットができます。

下半身の筋肉を効率よく鍛え、代謝を上げていくこともできるので、行なっていくと前もも痩せに良いでしょう。

【前もも痩せに効果のあるスクワット】

  • 1、肩幅より少し大きく脚を開いて立つ
  • 2、つま先を少し外側へ向ける
  • 3、お尻とお腹には軽く力を入れる
  • 4、胸を張り肩が耳の下に来るようにする
  • 5、膝を少しだけ曲げる
  • 6、その体勢から椅子に腰を掛けるように90度まで足を曲げる

早く何度もやると、筋肉が大きくなり、太くなってしまう場合がありますので、少ない回数でもゆっくりやっていくと、効果的に前もも痩せしていくことができます。

これを1日おきに10回×3セットやっていくことで、前もも痩せの効果を実感できるでしょう。

階段の上り下り

階段を上り下りすることは、ランニングするより運動になると言われていますし、前ももに効いてくるので、日常生活から取り入れていきましょう。

階段の上り下りをしていくときのポイントとして、しっかりかかと着地をしていくと、より前もも痩せに効果的です。

自分で階段を上がったりするときに確認してみて欲しいですが、おそらくつま先重心になっているので、それでは太ももを使うことができずに、痩せていくことは難しいでしょう。

普段から階段を使うこと、かかとで着地することを意識しつつ、ウォーキングの際に階段を取り入れるなどもしてき、効果的に前もも痩せしていきましょう。

腸腰筋トレーニング

腸腰筋という脚の付け根部分の筋肉を鍛えていくことで、脚が引き締まり、前もも痩せの効果が期待できます。

腸腰筋を鍛えると、お腹周りから太ももにかけて綺麗に見えるようになるので、スタイルアップのためにも鍛えていきましょう。

【腸腰筋トレーニングのやり方】

  • 1、脚を肩幅開いて立ち背筋を伸ばす
  • 2、左右片脚ずつ90度に上げて10秒キープ
  • 3、次に脚を前後に思い切り開き、後ろの脚の膝を床につける
  • 4、胸を張った状態で腰が前に来るように押し出して10秒キープ
  • 5、反対向きでも行う

あまり負担がかかるものではないので、毎日行なっていくと、前もも痩せに効果的でしょう。

前もも痩せの効果を上げる方法

前もも痩せをしていくにあたって、効果が出やすい人と出にくい人がいます。

もちろん体質の差もありますが、いかに効果的にやっていくかということも重要になってくるでしょう。

ここから前もも痩せの効果を上げる方法を紹介していくので、見ていきましょう。

脚痩せのサプリを飲む

前もも痩せをしていくにあたって、脚痩せのサプリを使っていくということも非常に大切です。

脚痩せのサプリでは、むくみを取っていったり、脂肪の燃焼を助けてくれたりする効果が見込めるので、前もも痩せにも効果が期待できます。

ダイエット成功者の多くは、サプリなどで効果的な栄養をとりつつ、運動もして痩せていっています。

飲むだけで痩せるというわけではありませんが、食事のバランスが悪く、ダイエットに効果的な食事を出来ていない人には、特に効果的でしょう。

しっかり前もも痩せをしていくためには、栄養を意識することも大切になってくるので、サプリでダイエットに効果的な栄養をとると、失敗しにくいです。

飲むだけで前もも痩せの効果を上げられ、手軽にできるので、ぜひ取り入れてみてください。

リンパマッサージで老廃物を流す

脚は老廃物が溜まりやすいので、前もも痩せのためにもリンパマッサージをしていくことで効果が期待できます。

リンパマッサージをすることで、老廃物が流れやすくなり、血流が良くなるなど、代謝を上げていく効果が期待できるので、ぜひやっていってください。

【前もも痩せに効果のあるリンパマッサージのやり方】

  • 1、クリームを塗る
  • 2、両手で太ももサイズの輪を作る
  • 3、その手で膝から脚の付け根に向けてさすっていく
  • 4、付け根のくぼみをグッと押す
  • 5、次に両手で太ももを絞るようにマッサージする

脚の付け根部分にリンパがあると言われているので、膝から脚の付け根に向けてということを意識していくと、しっかり前もも痩せに効いてきます。

緑黄色野菜を食べる

食生活にも気を付ける必要がありますが、前もも痩せのために一番やってほしいのは、緑黄色野菜を食べていくことです。

緑黄色野菜には、食物繊維が含まれているので、排便を良くしてくれたり、脂肪を体の外に出してくれたりする効果が見込めます。

また緑黄色野菜の中でも、ほうれんそうやセロリ、にらなどには、カリウムが多く含まれていて、カリウムがむくみの解消に効果があると言われているので、前もも痩せしていくことができるでしょう。

塩分を控えるということも大切ですが、緑黄色野菜をしっかり食べることで、塩分を分解してくれやすくなるので、できるだけとっていくと、前もも痩せに効果が期待できます。

前もも痩せダイエットの注意点

前ももは知らず知らずのうちに筋肉や脂肪がついてしまいますし、痩せにくいので、慎重にダイエットしていく必要があるでしょう。

ここでは、前もも痩せダイエットの注意点を紹介していくので、失敗したくない方はチェックしてください。

筋肉をつける行動を避ける

筋肉は使わなければ落ちていきますが、自転車などで前ももに筋肉が付いてしまい太くなる人も多いです。

自転車を使う場合もギアを軽くするなど気を付けることが必要でしょう。

また立ち仕事であったり、一日にかなりの量歩いていて、歩き方が悪い人は前ももが太くなっていってしまいます。

立ち仕事の際も姿勢を意識したり、最初の方に紹介した前もも痩せに効果のある歩き方をすることで、ダイエットしてけるようになるので、やっていきましょう。

むしろ歩き方や習慣が原因で、前ももが太くなってしまっている人は、それを改善していくだけで、前もも痩せをしていけるようになるので、意識して直していきましょう。

脂肪は全身から少しずつ減っていく

脂肪は部分的に減らないと言われていて、どこを動かしても全身から少しずつ減っていくと言われています。

そのため前もも痩せをしていくにあたって、前もものエクササイズを行うことも大切ですが、脂肪燃焼に効果のある方法をしていく必要があるでしょう。

有酸素運動が脂肪を燃焼しやすいと言われているので、前もも痩せのエクササイズと合わせて、できたら毎日有酸素運動をしっかりしていくと効果が高まります。

階段の上り下りなどもそうですが、一駅前で降りて歩くなど少しずつ有酸素運動を増やしていきましょう。

有酸素運動とエクササイズを組み合わせると、効果が高まると言われているので、時間のあるときは、ストレッチ→有酸素運動→エクササイズといったように行うことをおすすめします。

太股の前側の筋肉も脂肪もなくして美脚に!

今回は、前ももの筋肉や脂肪を落として、痩せていく方法を紹介しました。

前ももは歩いたり、自転車に乗ったりなどで筋肉が付きやすく、痩せていくのが難しいと言われています。

前もも痩せに効果のあるエクササイズも色々とありますが、部分的に脂肪を燃やすことはできないと言われているので、有酸素運動などもして脂肪を減らしていく必要があるでしょう。

歩き方にも注意して、前ももが太くなってしまう習慣をやめて、エクササイズもしていくと、前ももは痩せやすくなります。

一番簡単に前もも痩せしていける方法はエステで、体験などでお得に実際の施術を受けられるものも多くあるので試してみてください。

効果的な前もも痩せの方法は、体質や原因によっても変わってくるので、自分に合った方法を見つけて、前もも痩せしていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集