ashiyasemassage

一週間でふくらはぎ痩せ!短期間で足痩せに成功してふくらはぎを細くする方法20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふくらはぎが太いのが気になる…

ふくらはぎは、なかなか隠しづらい分、太いと気になってしまいますよね。

太ももが細かったとしても、ふくらはぎに脂肪や筋肉が溜まってしまっていたら、脚が太く見えてしまいます。

ふくらはぎは、比較的痩せやすいと言われていますが、筋肉も付きやすいので、やり方を間違えると逆に太くなってしまうでしょう。

理想のサイズは「身長×0.2cm」と言われているので、今回はそこに少しでも近づけるように、一週間でふくらはぎ痩せをしていく方法を紹介します。

短期間でふくらはぎ痩せをしていくには、いくつかの方法を合わせてやっていく必要があるので、やりやすいことからどんどん取り入れていってください。

ふくらはぎが太くなる原因

ふくらはぎは、気付くといつの間にか太くなってしまっていて、対策がしにくいですよね。

ここでは、ふくらはぎが太くなってしまう原因を紹介していくので、効果的にふくらはぎ痩せをしてくために、しっかり確認してください。

むくみ太り

ふくらはぎが太くなってしまっている人のほとんどが、むくみで太くなってしまっています。

仕事でも学校でも、座りっぱなしや立ちっぱなしが多くなってしまうので、血や水分が脚にたまって、むくんでしまいます。

寝ると脚のむくみは取れていきますが、むくむ状態が続くと、固まってセルライトになってしまうので、しっかりと対策していく必要があるでしょう。

筋肉太り

筋肉質な方は特にですが、ふくらはぎは比較的筋肉が付きやすく、また筋肉が付くと分かりやすく太くなる部分なので、筋肉太りの人も多くいるでしょう。

普段特に運動などをしていなくても、高いヒールを履いているなどで、ふくらはぎに無駄な筋肉が付いてしまうこともあるので、注意が必要です。

ここから様々なふくらはぎ痩せの方法を紹介していきますが、筋肉太りの人は、鍛えるというよりは、ストレッチやマッサージでほぐしていくのが良いでしょう。

脂肪太り

脂肪がついているということも、ふくらはぎが太くなっている原因として挙げられるでしょう。

脂肪がついてしまっていることは、太くなっている理由としてはよくありますが、注意が必要です。

脂肪は部分的に減らしていくのが難しく、たとえふくらはぎのトレーニングを重ねても、ふくらはぎの筋肉がより良く減っていくかというと、そういうわけでもありません。

脂肪はどこを鍛えても全身から少しずつ減っていくようになっているので、ふくらはぎに脂肪がしっかりついてしまっている人は、全体的にダイエットしていく必要があるでしょう。

即効で痩せるなら美脚エステがおすすめ

費用は掛かってしまいますが、一番即効性と効果が見込めるふくらはぎ痩せの方法はエステです。

エステであれば、むくみも、脂肪も、筋肉も、またはセルライトになってしまっても、分解していくことを期待できるので、どんな太り方をしていても、ふくらはぎ痩せをしていくことができるでしょう。

また、筋肉を刺激して代謝を良くしてくれるといった効果も見込めるので、やめたらすぐ太くなるというわけでもなく、ある程度ケアをしていけばふくらはぎが細い状態を持続していくこともできます。

これから紹介するリンパマッサージなども、エステのプロのものを参考にしているので、自分でより効果的にマッサージしていくように参考にするためにも、一度体験に行ってみても良いでしょう。

体験価格だとかなりお得に実際の施術を受けることができるので、即効でふくらはぎ痩せしていきたい方は、ぜひ試してみてください。

ふくらはぎを細くする歩き方

ふくらはぎを細くしてくためには、歩き方も非常に重要です。

ふくらはぎ痩せをしていくために、ウォーキングをしていくということもあると思いますが、歩き方が悪いと逆効果になってしまう可能性があるので、意識していきましょう。

ふくらはぎ痩せに効果のある歩き方

  • 1、背筋をしっかり伸ばす
  • 2、つま先はまっすぐ前に向ける
  • 3、かかとから着地する
  • 4、着地の際膝は曲げない
  • 5、股関節から脚を動かす
  • 6、歩幅は少し広めにする

歩き方を工夫することで、全身がスリムになっていきやすくなりますし、歩き姿も綺麗になっていくので、日頃から意識していくと良いでしょう。

ふくらはぎを細くするストレッチ9選

むくみ太りでも、筋肉太りでも、脂肪太りでも、ふくらはぎ痩せを効果的にしていくためには、まずストレッチをして伸ばしていくことをおすすめします。

ふくらはぎ痩せに効果的なストレッチを紹介していくので、やりやすいものからやってみてください。

1、基本のふくらはぎストレッチ

最初に基本的なふくらはぎのストレッチ法を紹介していきます。

できるだけ毎日やっていって、ふくらはぎを柔らかくし、痩せやすくしていきましょう。

基本のふくらはぎストレッチのやり方

  • 1、背筋を伸ばし前後に無理のない程度に足を開く
  • 2、その状態で前の脚に手を置きながら前に倒れる
  • 3、次に片膝立ちをして前の脚に体をつける

ふくらはぎを伸ばして、痩せやすくしていくことができるので、ストレッチはまずこれからやっていくと良いでしょう。

2、全身伸びストレッチ

ふくらはぎ痩せをしていくのに、ふくらはぎをほぐしたりしていくことも必要ですが、血流が重要になってくるので、全身の血流を良くしていくことも大切です。

全身を伸ばしていくことによって、血流が良くなり、ふくらはぎ痩せも効果的にやっていけるので、全身を伸ばすストレッチを紹介します。

全身伸びストレッチのやり方

  • 1、横になって体をまっすぐにする
  • 2、手を頭の上で組みゆっくり息を吐きながら伸ばす
  • 3、足先までしっかり伸びていることを確認して10秒キープ

ふくらはぎをより良く伸ばしていくためには、足を立ててかかとを出すように伸ばしていくのが良いでしょう。

単純なことですが、しっかり行っていくとダイエット効果を得られるので、寝る前や朝起きた際にやっていくことをおすすめします。

3、前屈ストレッチ

前屈も脚を伸ばすことになり、筋肉がほぐれていくので、ふくらはぎ痩せにおすすめな方法です。

ふくらはぎ痩せに効果のある前屈のやり方としては、座って足を揃えて前屈をしていき、つま先を持って、体に近づけていくといった方法です。

開脚してやっていったり、逆に脚を閉じてやったりする方法も効果的ではありますが、まずは、足を揃えた前屈をしていくと、ふくらはぎ痩せに効いてきます。

固い人ほどやっていって柔らかくなると、ふくらはぎ細くしていきやすくなるので、しっかり続けていきましょう。

4、タオルストレッチ

タオルを使った簡単ストレッチでも、ふくらはぎ痩せの効果を期待できます。

タオルを用意して今すぐにでもやってみてください。

タオルストレッチのやり方

  • 1、横になり両手でタオルの端と端を持つ
  • 2、タオルの真ん中を足の裏に引っ掛け脚を伸ばす
  • 3、その体勢で3分ほどキープ
  • 4、逆の脚もやっていく

ふくらはぎ痩せに効果を期待できますが、太ももも伸ばすことができ、脚全体を痩せていく効果が期待できるので、脚痩せしたい人はぜひやってみてください。

5、寝ながら脚やせストレッチ

寝ながらふくらはぎ痩せを期待できる簡単な方法もあります。

寝ながら脚やせストレッチのやり方

  • 1、仰向けに横になり足を90度になるように上げる
  • 2、つま先を天井方向と顔の方向に交互に向ける
  • 3、次に足を上げた状態で開脚して5秒キープする

このストレッチでは、脚を伸ばしていくことと、脚を上げることで血流を良くしていくことを期待できるので、よりふくらはぎ痩せしていくことができるでしょう。

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしなど、足に血液が溜まってしまう生活をしている人には、特に効果があります。

6、足首回し

足首を動かすとふくらはぎをほぐしたり、引き締めたりしていくことができるので、ふくらはぎ痩せに効果が期待できます。

足首回しのやり方

  • 1、椅子に座り膝の上に逆の足を乗せる
  • 2、乗せた足の指と手の指を交互に組む
  • 3、もう一方の手でくるぶしあたりを掴み足首をくるくる回す
  • 4、前向きと後ろ向きに10周ほど回したら逆の足でもやる

足首からふくらはぎにかけてすっきりしていくことができ、脚の疲れなども減らしていくことができるので、お風呂上りなどに定期的にやっていきましょう。

7、腓腹筋ストレッチ

腓腹筋(ひふくきん)とはふくらはぎの部分にある筋肉のことで、この筋肉を動かしていくことで、ふくらはぎが引き締まり、細くなっていく効果が期待できます。

腓腹筋ストレッチのやり方

  • 1、四つん這いになりつま先を立てる
  • 2、おしりを上げて体をへの字にする
  • 3、片足をもう片方の脚のふくらはぎに引っ掛ける
  • 4、地面に付いている方の足のかかとを床につける
  • 5、反対側も同じように行う

ふくらはぎのエクササイズなので、ふくらはぎ痩せを期待できるのはもちろん、腕周りにも効いてくるダイエット法なので、腕周りも気になる方は試してみてください。

8、サギのポーズ

サギのポーズとは、ヨガのポーズの一つですが、タオルエクササイズの上級編といったようなもので、体の柔らかい人におすすめなストレッチです。

サギのポーズのやり方

  • 1、正座をする
  • 2、右足の膝を立てる
  • 3、手を組んで足の裏を持ち脚を伸ばす
  • 4、元に戻り逆の脚でも行う

固くてできない場合は、手の部分にタオルを使って、上で紹介したタオルエクササイズのようにやっていきましょう。

またトレーニング後や入浴後などの、体が温まっているときは柔らかくなっているので、そういった際にやっていくのがいいです。

9、三角のポーズ

三角のポーズという体を三角にしていくヨガのポーズも、ふくらはぎ痩せにおすすめです。

三角のポーズは骨盤の位置を正す効果も期待できるので、姿勢が悪い人はぜひとも取り入れたいストレッチでしょう。

三角のポーズのやり方

  • 1、足を大きく開いて立ち片方のつま先を外に向ける
  • 2、腕を横にまっすぐ伸ばす
  • 3、つま先を外に向けた側に体の軸を動かす
  • 4、体を垂直にするように倒していく
  • 5、逆側も行う

体が固いとなかなか難しいとは思いますが、できるだけ背筋は伸ばした状態でやっていくと、ふくらはぎ痩せにも効果を見込めますし、全身を柔らかくしていくこともできるでしょう。

ふくらはぎ痩せに効果のあるトレーニング6選

ここからはストレッチより少し負荷をかけるトレーニングを紹介していきます。

トレーニングをして筋肉を鍛えていくことで、ふくらはぎを引き締めることもできますし、筋肉量が増えると、代謝も良くなり痩せやすくなるので、やっていきましょう。

1、かかと上げ下げ

シンプルな運動ですが、ふくらはぎ痩せをしていくために効果のある方法です。

ふくらはぎの筋肉を鍛えて、細くしていく効果があるので、しっかり取り組んでいきましょう。

やり方は簡単で、立っている状態で背筋をまっすぐにして、かかとを上げ下げしていくという方法です。

ゆっくりやった方が引き締まっていきやすくなるので、3秒ほどかけてゆっくり上げて、下げるときも3秒ほどかけて下げるというようにやっていきましょう。

ふくらはぎを伸ばす効果もあり、ダイエットしていけるようになります。

2、スクワット

スクワットと言えばダイエットに人気な筋トレですが、脚を使っていくので、もちろんふくらはぎ痩せにも効果が見込めます。

普通にスクワットしてもいいですが、ここではよりふくらはぎを使い細くしていけるスクワットを紹介していきます。

ふくらはぎ痩せに効果のあるスクワット

  • 1、脚を肩幅に開く
  • 2、手をまっすぐ前に出しつま先立ちになる
  • 3、その体勢から背筋は伸ばしたまま膝を曲げる
  • 4、太ももとふくらはぎが45度になるところまでいったら戻る

つま先スクワットは直接ふくらはぎ痩せに効果を期待できますが、下半身の筋肉を鍛えていくことで、代謝を上げて痩せやすくなるとも言われています。

ふくらはぎを細くするためにも、痩せやすくするためにもしっかりやっていきましょう。

3、サイドランジ

サイドランジというトレーニングもふくらはぎ痩せにおすすめです。

ふくらはぎを伸ばすことと、鍛えることが同時にできるので、より良くふくらはぎ痩せをしていくことができるでしょう。

サイドランジのやり方

  • 1、両足を広めに開き手を胸の前で組む
  • 2、つま先は外側45度に向ける
  • 3、右側に重心を移しながら右足を曲げる
  • 4、元に戻ったら今度は左足を曲げる

即効でふくらはぎ痩せをしていくためには、毎日30回ほどやっていきましょう。

ちょっときついですが、背筋はしっかり伸ばし、上半身をふらふらさせないようにやっていくと、よりふくらはぎ痩せに効果があります。

4、自転車に乗る

自転車に乗ることは、ウォーキングより脂肪燃焼効果が高いと言われていて、脚の筋肉をしっかり使っていくことができるので、ふくらはぎ痩せに効果があります。

ふくらはぎ痩せに効果的な自転車の乗り方は、サドルを少し高めにして、つま先周辺を使ってペダルを漕いでいくという方法です。

またスピードを出してしまうと、筋肉が付いて太くなってしまうので、ゆっくり20分ほど漕いでいくのが良いでしょう。

ふくらはぎ痩せをしていくために、通勤通学を自転車にしてみてはいかがでしょうか。

5、エア自転車こぎ

脚を上げてエアで自転車を漕ぐエクササイズをしていくことで、脚を引き締めていくことができます。

エア自転車こぎのやり方

  • 1、仰向けに横になる
  • 2、腰に手を当てて垂直に脚を上げる
  • 3、その体勢で脚を自転車を漕ぐようにくるくる回す

脚を上げることで脚にたまった血液などを、流していくことができるので、ふくらはぎ痩せに効果を期待できるでしょう。

太ももや膝上にも効いてくるので、とにかく脚やせしたいという方は毎日20回ほどやっていくと良いです。

6、階段の上がり下がり

階段の上がり下がりは、ランニングより運動強度が強いと言われていて、脚の筋肉を多く使うので、ふくらはぎ痩せにおすすめな運動です。

やり方は、ただ階段を上がり下がりしていくだけですが、つま先重心にすることで、ふくらはぎの筋肉がよく使われ、ふくらはぎを細くしていってくれるでしょう。

階段の上がり下がりは有酸素運動になりますが、有酸素運動は脂肪を燃やしてくれると言われているので、脂肪太りしてしまっている人に特におすすめです。

また有酸素運動は、20分以上続けると効果が高まると言われているので、普通のウォーキングに階段をプラスするなどして、20分以上やっていきましょう。

簡単なふくらはぎ痩せの方法3選

ここからは簡単にできる、マッサージなどのふくらはぎ痩せの方法を紹介していきます。

非常に簡単な方法なので、できるだけ毎日続けていきましょう。

1、リンパマッサージ

脚のリンパマッサージは芸能人やモデルも良くやっていたりなど、簡単で脚痩せの効果があるとして鉄板のダイエット法です。

脚は特にリンパが溜まりやすいので、しっかりケアをしていくことで、ふくらはぎ痩せの効果が見込めるでしょう。

ふくらはぎ痩せに効果はあるリンパマッサージのやり方

  • 1、片膝を立てて床に座る
  • 2、足首から膝にかけて揉むようにさする
  • 3、次にこぶしを作り足首から膝にかけて力を入れてさする
  • 4、もう一方の足の膝に足を乗せふくらはぎを絞るように揉む
  • 5、今後は裏側から足首から膝裏にかけてさする
  • 6、膝裏に来たら5秒ほど膝裏を押す
  • 7、最後にその体勢から足を持ち足首を回す
  • 8、逆側の足も一連の流れをやっていく

膝裏にリンパがあると言われているので、膝裏に向かってマッサージしていくと、ふくらはぎ痩せを、しっかりとしていけるでしょう。

ふくらはぎを細くしていくために、お風呂上りなどに毎日やっていきましょう。

2、ふくらはぎ痩せに効果のあるツボ

ふくらはぎ痩せに効果があるツボというものもあります。

ふくらはぎ痩せに効果のあるツボは色々ありますが、膝周りのツボは上で紹介したリンパマッサージで刺激できるので、足首のツボを紹介していきます。

足首の骨の周りを押していくことで、むくみが解消され、ふくらはぎを細くしていけると言われているので、時間がない時などはこれだけでもやっていきましょう。

3、足を高くして横になる

脚がむくんでしまうのは、日中に足を下にして生活をしていて、リンパや血液、水分が脚にたまってしまうからと言われています。

これを解消するのには、脚を高くして少し横になるといった方法でもある程度は解消できます。

効果は劇的ではありませんが、忙しかったり、疲れて何もしたくないときなどは、せめて10分ほどでいいので、脚を心臓より高くして、横になりましょう。

これだけでも、ある程度はふくらはぎのむくみがすっきりして、細くしていくことができるでしょう。

ふくらはぎ痩せの効果を上げる方法やグッズ4選

ここからは、紹介したふくらはぎ痩せの効果を上げていく方法やグッズを紹介していきます。

しっかり効果を高めていくことで、即効性のあるふくらはぎ痩せをしていけるようになるので、確認してください。

1、脚痩せサプリ

内側からむくみを解消したり、脂肪の燃焼を助けてくれる効果があると言われている脚痩せサプリを飲んでいくと、効果的にふくらはぎ痩せをしていけるようになります。

飲んで激痩せというわけにはいきませんが、飲んでエクササイズをしていくことで、短期間でのふくらはぎ痩せをできるようにしていってくれるでしょう。

今まで色々やったけど、ふくらはぎ痩せができなかったという人も、脚痩せサプリで内側からもダイエットをしていくことで、痩せていける確率が高くなります。

むくみもひどくなっていると、マッサージやストレッチのみでは解消できない場合もあるので、ぜひ脚痩せサプリも上手く利用して、ふくらはぎ痩せをしていってください。

2、着圧ソックス

着圧ソックスは「メディキュット」などが有名ですが、圧のある靴下を履いていくことで、ふくらはぎ痩せの効果を期待できます。

脚がむくんでしまう原因は、脚は心臓から遠く、上手く血液やリンパを流していけないことにあるので、ふくらはぎに圧をかけることで、それを改善してくれます。

着圧ソックスはふくらはぎはもちろん、足先から太ももまでをケアしてくれ、冷え性の改善にも効果があると言われているので、より効果的に脚痩せしていくことができるでしょう。

着圧ソックスはモデルやアイドルなども多く使っていて、美脚を手に入れていますし、つけているだけでふくらはぎ痩せの効果を期待できるので、ぜひ手に入れてみてください。

3、脂肪燃焼ジェル

体に塗っておくだけで脂肪の燃焼を助けてくれると言われているジェルがあり、気になる部分を痩せていくことができるので、今話題になっています。

また脂肪を燃焼するだけでなく、セルライトを除去したり、むくみも解消してくれる効果もあると言われているので、効果的にふくらはぎ痩せしていくことができるでしょう。

ふくらはぎ痩せには、この脂肪燃焼ジェルをつけてマッサージしていくと、効果アップが見込めます。

美肌効果のあるものもあり、綺麗なふくらはぎにしていくことができるので、美脚を手に入れたい人はぜひ使ってみてください。

4、緑黄色野菜中心の食事を心がける

内側からふくらはぎ痩せをしていくには、緑黄色野菜中心の食事を心がけることも大切です。

緑黄色野菜には、腸内環境を良くしたり、排泄物をスムーズに排出してくれる効果があるので、痩せやすくなり、ふくらはぎ痩せもしていきやすくなります。

また塩分を多くとってしまうと、むくみやすくなってしまいますが、緑黄色野菜には塩分をスムーズに分解してくれる栄養素が入っているものもあるので、むくみの解消に効果があるでしょう。

よりしっかりと、ふくらはぎ痩せをしていくために、1日一食は緑黄色野菜を入れるようにしていきましょう。

ふくらはぎダイエットの注意点

ふくらはぎ痩せの方法について紹介していきましたが、しっかり行っていかないと、逆効果になってしまう場合があります。

ここでは、ふくらはぎダイエットの注意点を紹介していくので、始める前にしっかりチェックしてください。

やりすぎ注意

ふくらはぎは筋肉が付きやすいので、ストレッチならたくさんやっても大丈夫ですが、トレーニングをしすぎると、逆効果でむしろ太いふくらはぎになってしまうでしょう。

ランニングなども脂肪燃焼効果があり、ダイエットに効果的ですが、早いスピードでランニングしたり、長距離を毎日のように走っていたりすると、ふくらはぎは太くなってしまいます。

短期間で痩せたくても、適度な量を守ってやることが大切です。

姿勢に注意する

猫背などもそうですが、骨盤がゆがんでいたりすると、筋肉が正しく使われなくなり、歩いても効果が薄くなってしまいます。

骨盤のゆがみはそういった筋肉のバランスを悪くしたり、下半身が太って見える原因になるので、注意していきましょう。

骨盤が歪む生活習慣

  • 座るときに足を組む
  • 片方の肩や手ばかりでカバンを持つ
  • 背もたれに寄りかかって座ることが多い
  • 同じ方向ばかり向いて寝る
  • ヒールの高い靴を良く履く

こういった生活習慣は、骨盤がゆがんでしまいやすくなり、ふくらはぎ痩せにも悪影響が出るので、気をつけていきましょう。

正しい方法で短期間でふくらはぎ痩せ!

今回は、ふくらはぎ痩せを成功させて細くしていく正しい方法を紹介しました。

ふくらはぎは比較的痩せやすいと言われているので、正しい方法をしっかりやっていくことで、痩せることができるでしょう。

体質などによって痩せやすい方法は違ってくるので、色々試してみて効果があったものを続けていくのが、ふくらはぎ痩せ成功の秘訣です。

より良い方法で短期間でのふくらはぎ痩せを成功させて、すらっとした足を手に入れてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集