shutterstock_1086414482

おしりを小さくする方法7選!短期間で小尻になるお尻痩せダイエットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期間でおしりを小さくする方法なんてある?

あまり自分では見えないところなので、気づいたら大きくなってしまっている「おしり」。

ダイエットして体重は減ったものの、おしりだけ痩せない、なんていう経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はおしりを効果的に小さくして痩せる方法はあるのです。

今回はできるだけ短期間でおしりを小さくしたいという人のために、おしりを小さくする方法を7つ紹介します。

また、お尻を小さくするために欠かせないポイントや効果を上げる方法なども紹介しますので、ぜひおしりを小さくする方法を実践して、スタイルアップをし、細身のパンツでも似合う体を目指していきましょう!

おしりを小さくする方法7選

早速ですが、お尻を小さくしてお尻痩せをする方法を紹介していきます。

おしりが大きくなってしまう原因は、お尻を小さくする方法の後にまとめていますので、まずは具体的なお尻痩せの方法を知った上で、お尻が大きなってしまう原因や生活習慣を抑えるようにしてください。

では、7つのお尻を小さくする方法を紹介していきます。

1、お尻痩せに強い「痩身エステ」に通う

エステには痩せて綺麗な体になっていくための痩身エステと言うものがあります。

費用は掛かってきますが、効果的に、そして楽に部分痩せをしていくためには最適の方法と言えるでしょう。

また痩身エステの中でも特におしりを小さくするのに効果があるのが、骨盤矯正エステです。

おしりが大きくなってしまっている原因として骨盤がずれている可能性はかなり高いので、骨盤矯正エステに行くことで、おしりを小さくしていけるでしょう。

「でもエステってお高いんでしょ?」や「エステって行かなくなったらすぐに前の体型に戻っちゃうんじゃないの?」と思うかもしれませんが、体験でお得に利用できるものも多くありますし、エステには代謝を上げて痩せやすくする効果もあるので、体験するだけでも効果を感じる人もいます。

寝てるだけでおしりを小さくしていくことができるので、自分で色々やっていくのは面倒と言う人に最適な方法でしょう。

2、骨盤矯正グッズを使う

おしりがでかくなってしまっている原因として骨盤がゆがんでいる可能性があると説明させて頂きました。

特によく足を組んだり、片方の肩にばかりカバンを持っている人は骨盤がゆがんでいる可能性が高いでしょう。

そういった骨盤のゆがみはエステや整体に行かなくてもある程度ケアできます。

そこでおすすめしたいのが、骨盤矯正グッズです。

履いているだけで骨盤を正しい位置にしてくれるショーツや、ベルトなど無理なく続けられて、おしりを小さくしていくのに効果のあるアイテムを利用するのも良いでしょう。

また、ストレッチやエクササイズと組み合わせていくことで、より効果を高めることができます。

3、おしり歩き

おしり歩きは体の重さで骨盤を正しい位置に戻す効果があり、小尻になっていくのはもちろん、ポッコリお腹などにも効果的なエクササイズです。

おしり歩きの正しいやり方

  • 1、足をそろえて伸ばして座り、背筋も伸ばす
  • 2、この体勢で左右のおしりを使って前に進む
  • 3、5mほど前に進んだら今度は後ろに下がる

慣れるまでは大変ですが、そこまできついものでもなく、体に負担をかけることもないので、おしりを小さくしていくためには、できるだけ毎日やっていきましょう。

短期間でおしりを小さくする方法としてやるのであれば、一日5セットを目安にやっていくといいでしょう。

4、ランジというトレーニングをする

おしりを小さくしていく方法としてランジというトレーニング法があります。

下半身のトレーニングと言えば、スクワットが一般的ですが、ランジはスクワットよりも腰に負担がかからず、お尻を小さくしていくことに効果的です。

ランジのやり方

  • 1、肩幅に足を開き立つ
  • 2、背筋を伸ばしたまま、片足を前に出す
  • 3、出した足の角度が90度以内になるように重心を下げる
  • 4、①に戻る
  • 5、足を変えて同じことをする
  • 6、片足5回ずつ3セットやる

お尻を小さくしていく方法のエクササイズとしては、体に負担をあまりかけずできるので、毎日やるようにしていきましょう。

下半身を鍛えることにより、代謝が良くなり痩せやすくもなるので、おしりを小さくするために毎日やっていきたいエクササイズです。

5、ブルガリアンスクワットというトレーニングをする

ブルガリアンスクワットは「大殿筋」や「内転筋」を鍛えることができ、ここを鍛えることによって骨盤の位置が正常に戻ったり、太ももやおしりを引き締めていく効果が期待できます。

お尻のみならず足にも効いてくるので、下半身全体のスタイルアップに最適でしょう。

ブルガリアンスクワットのやり方

  • 1、椅子を自分の後方に用意し、片足を下げて椅子に乗せる
  • 2、背筋を伸ばしたまま下に下がる
  • 3、下がれるところまで下がったら数秒休止
  • 4、ゆっくり戻る

ブルガリアンスクワットのコツは、ゆっくりやることです。

スピードによって鍛えられる部分も多少変わってきて、おしりを小さくするためにはゆっくりやるのがいいので、ゆっくりやることを心がけましょう。

6、ヒップマッサージ

老廃物をためてしまい、おしりが大きくなるということも考えられるので、ヒップマッサージをしていくことで解消できます。

特に座りっぱなしや冷え性の人は、おしりに老廃物もたまりやすくなってしまうので、ヒップマッサージを重点的にやっていくといいでしょう。

おしりを小さくするヒップマッサージ

  • 1、おしりを両手で軽く摘み上げる
  • 2、その状態を30秒キープする
  • 3、おしりの下に手を置く
  • 4、その手をヒップラインに沿って上げていく

これを行うことにより、おしりを小さくしていきながらヒップアップも見込めます。

また、お尻のセルライトを解消していける効果もあるので、セルライトが気になる人に特にオススメな方法です。

腰の中心あたりにリンパがあるので、そこに向かってマッサージしていくようにしましょう。

7、小尻を作るストレッチ

お尻を鍛えて筋肉をつけて小さくしていくことも大切ですが、ストレッチでほぐしていくという考えも大切です。

ほぐしていくことで脂肪も落ちやすくなりますし、短期間で小尻にしていく方法としてはかなり効果があるでしょう。

小尻を作るストレッチ

  • 1、床にあおむけに寝ころぶ
  • 2、片膝を立て逆の足の方に倒す
  • 3、曲げた足と逆の手で曲げた足を地面に近づける
  • 4、両方は床に着けたまま腰をしっかり伸ばす
  • 5、左右交互に5回ずつ行う

体の固い人はちょっと大変かもしれませんが、スクワットなどに比べると辛さは少ないので、「筋トレするのは大変だな」という人には良い方法のはずです。

お風呂上りが体も柔らかくやりやすいので、お風上がりに試してみてください。

おしりが大きくなってしまう原因を改善することも重要

おしりを小さくする方法を7つ紹介していきましたが、おしりが大きくなってしまう原因を取り除いていくことも大切です。

ここではやってしまいがちで、おしりを大きくしてしまうことをまとめたので、おしりを小さくする方法をやっていくのと一緒に意識していきましょう。

原因1、加齢による筋肉量や代謝の低下している

加齢で筋肉量や基礎代謝が低下していくので、脂肪がつきやすくなりおしりが大きくなってしまうということがあります。

意識していないのにいつの間にかおしりが大きくなってしまったという人は、これに当てはまるでしょう。

また筋肉量が減ってしまうと、引き締まった体にならず、そのまま食事制限などをして不健康なガリガリになってしまう可能性が高いです。

年を取っていっても筋肉量や代謝を維持していくことは、トレーニングでやっていけるので、ダイエットで食事制限も一緒にやっていくかと思いますが、トレーニングも行っていくと、お尻を小さくすることができます。

代謝を良くすることで痩せやすくなるので、トレーニングをして代謝を上げることで、おしりを小さくする方法の効果を上げることができるでしょう。

原因2、骨盤が歪んでいる

上でも何度か説明しましたが、骨盤が歪んでいるとおしりも大きくなってしまいます。

正常では、骨盤は閉じていますが、骨盤がゆがんでいる状況では骨盤が開いてしまい、広がったおしりになり、おしりは大きくなってしまいます。

「おしりを小さくする方法を色々試したけど効果がなかった」、「おしりが大きいのは骨格の問題」と思っている人は、骨盤のゆがみを改善していくことで、効果が得られるでしょう。

骨盤がゆがんでいる状態ではいくら鍛えても、スタイルは良くなっていかないので、そういった人はまず骨盤の位置から正していくことが必要です。

原因3、高いヒールの靴をよく履く

ヒールの高い靴をよく履くことで、おしりの筋肉が使われなくなり、垂れた大きいおしりになってしまうと言われています。

高いヒールの靴を履いていると、どうしても両膝が内側に入っていってしまうので、正しい歩き方ができず、おしりの筋肉が弱っていってしまうでしょう。

高いヒールでも大きいおしりにならない歩き方

  • 背筋を伸ばす
  • 膝を伸ばしてかかとで着地しつま先までつける
  • おしりを左右に振らない

ヒールは正しい歩き方をすれば、むしろダイエットや美脚効果が見込めるとも言われているので、ヒールを履くときは特に歩き方に気を付けることで、おしりを小さくしていけます。

原因4、内股、ガニ股になっている

内股やガニ股も使う筋肉が偏ってしまい、おしりが大きくなる原因になります。

また内股やガニ股で歩くことは、骨盤のゆがみにも繋がってくるので、おしりを小さくするためには、絶対に改善するべきです。

女性でかわいらしく見せるように内股気味に歩く人がいますが、内股では内ももの筋肉を使うことになり、おしりや外ももの筋肉が使われないので、おしりが大きく垂れさがってしまう原因となります。

靴の底が極端に外側から減る人はガニ股傾向、内側から減る人は内股傾向があるので、どちらかに当てはまると思ったら、意識して改善していきましょう。

お尻痩せダイエットの効果をさらに高める方法

お尻を小さくする方法と、お尻が大きくなってしまう原因はお分り頂けたかと思います。

ここでは、より確実にお尻を小さくしていくために、さらに効果を高める方法をまとめました。

簡単にできることですが、効果は抜群なので、ぜひ小尻を目指して取り入れていってください。

体(特にお尻)を冷やさない

もともと冷え性の人は大変かもしれませんが、「お尻を小さくしたい!」と思ったら、体をできるだけ冷やさないということが大切になってきます。

体を冷やしてしまうことで、老廃物が流れにくくなってしまったり、代謝が悪くなってしまうので、体、特にお尻は冷やさないようにしていきましょう。

体を冷やして老廃物がたまることによってむくみができ、放っておくとセルライトになってしまいます。

そしてセルライトがまた体を冷やすという最悪の循環が始まって、お尻が大きくなってしまうので、できるだけ冷やさないようにしましょう。

夏でも冷房が効きすぎている職場で働いている場合、椅子にカイロを置いておくなどしていくことでお尻が冷えることを防げるでしょう。

姿勢を良くする

姿勢を良くすることで、血流が良くなり代謝が良くなっていくのと、姿勢が良いと正しく筋肉は使われるので、お尻が小さくなっていきます。

座っている時にも気を付けるといいですが、特に歩き方が重要で、歩き方によっては、お尻の筋肉を全然使わず、垂れた大きいお尻になってしまうということも起こってしまうでしょう。

お尻を小さくするのに効果のある歩き方

  • 背筋を伸ばし頭から糸で吊るされているような状態でいる
  • お腹を少し引っ込めお尻に軽く力を入れる
  • かかとから着地し、着地する瞬間は膝が伸びている
  • かかとで着地したら後ろ足で踏ん張って前へ体重移動する

普段から姿勢を良くしていくと、お尻を小さくする方法だけでなく、血流や代謝が良くなり、色んなダイエットに効果があるので、意識していきましょう。

座りっぱなしをやめる

座りっぱなしは血流を悪くしてしまったり、お尻に老廃物をためやすくなったりしてしまうので、これによってお尻が大きくなってしまう原因に繋がります。

人によっては仕事柄仕方ない部分もあるかとは思いますが、長時間連続して座り続けるのはお尻を小さくする方法としては良くないことです。

お尻を小さくしたいのであれば、できるだけちょこちょこ歩いたりする、水分をたくさんとる、数時間おきに屈伸や前屈をして下半身をほぐすということをしていきましょう。

また座っている時も足を組んだりしてしまうと良くないので、出来るようであれば足をぴったり揃えて座ることで骨盤がゆがむことを防げる効果もあり、お尻が小さくなっていきやすくなります。

足を揃えて座るのが辛い場合も骨盤がゆがんでいる可能性が高いので、骨盤のケアをしていくと良いでしょう。

おしりを小さくして男性も女性も引き締まった小尻へ

今回はおしりを小さくする方法について紹介しました。

部分痩せは難しいですが、普段からの意識と、定期的に体を動かしたりしていくことで、男性でも女性でもおしりを小さくしていくことができます。

最も効果が高くおすすめの方法としては、痩身エステに体験で行き、その後にグッズやストレッチでさらに効果を高めていくと、かなり効果が得られるでしょう。

痩身エステは、何軒か体験を受けてはしごするのが、コスパが良くて良いでしょう。

ぜひ今回紹介した「お尻痩せダイエット」を実践して、自分の見た目に自信が持てるようになっていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集