shutterstock_556259263

頑固な背中のお肉を短期間で落とす!おすすめ背中痩せダイエットの方法

背中のお肉はあまり目立たないがゆえに、油断して放っておきがちですが、意外と背中の肉はスタイルに影響し、放っておくと太って見られる原因になり、できるだけ早い段階でのダイエットが必要です。今回は、頑固な背中の肉を短期間で落とすオススメの背中痩せダイエットの方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背中のお肉はなかなか落ちない!

背中のお肉がなかなか落ちない。

そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

背中は脂肪がつきやすい部位なだけでなく、なかなか解消できない部位でもあり、解消できずに諦めてしまう方も多いと言われています。

さらに、背中は自分で見る機会も少なく、他の人に見られることもあまり多くない部分でもあり、背中が太ってしまっても気づかない、または気づいても放置してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

背中が太ってしまうと、スタイル全体のバランスも悪く見えますし、背中痩せは放置すると大変なので、できるだけ早い段階での解消が必要となってきます。

今回は、そんな痩せにくい背中を効果的に痩せる「背中痩せダイエット」の方法を紹介します。

背中が太る理由・メカニズム

おすすめの背中痩せダイエットの方法を紹介する前に、そもそもなぜ背中が太るのかの理由を知っておかなければなりません。

背中が太るメカニズムを知って、効果的に背中痩せを行いましょう。

基礎代謝が低いと背中太りに直結

背中が太る理由として、基礎代謝が低いという点が挙げられます。

基礎代謝とは、人が何もしなくても生命維持のために消費するカロリーのことで、この基礎代謝が低いと、太りやすく痩せにくいと言われています。

背中の肉も同様で、基礎代謝が悪い方は背中が太りやすく、痩せにくくなってしまうのです。

基礎代謝が落ちる原因は様々ですが、加齢によるもの、体の冷えによるもの、運動不足によるものが大部分を占めており、普段の生活の見直しが必要です。

姿勢が悪い

背中が太る原因として、姿勢が悪いという点も挙げられます。

姿勢が悪いと太るとは意外かもしれませんが、姿勢が悪いことで背中の筋肉が衰え、その結果脂肪燃焼の効率が悪くなり、脂肪がついてしまうのです。

特に猫背が習慣化している方はこの状態になりやすく、背中だけでなくお腹の脂肪がついてしまう原因にもなるので注意するようにしましょう。

日頃から姿勢を正すという意識が必要になってきます。

骨盤のずれ・ゆがみ

背中が太る原因として、骨盤のずれ・ゆがみも理由に挙げられます。

生活習慣の乱れによって骨盤がずれたりゆがんだりすると、その結果姿勢が悪くなります。

先ほど紹介したように、体の姿勢が悪くなると、背中の筋肉が衰え、脂肪燃焼しにくくなり、太る原因となります。

日頃から足を組まないようにしたりして、骨盤が歪むような習慣を避けるよう意識して生活するようにしましょう。

背中の肉は自分ではなかなか落とせないので痩身エステでダイエットする方法がおすすめ!

背中に贅肉がつく理由を紹介しましたが、背中が太ってダイエットしようと思っても、背中は自分ではなかなか痩せることが難しいとされています。

そのため、途中で諦めてしまう方も多いのですが、痩身エステで背中痩せをする方法であれば、背中痩せが得意というサロンが多いので効果が高くおすすめです。

痩身エステでは、プロのエステティシャンによるマッサージにより、血行が良くなり基礎代謝がが上がるので、痩せやすい背中を作ることができます。

それだけでなく、EMSという最新機器を使用することで、筋肉に電気刺激を送り、運動を促してくれるので、筋肉が強化され、その結果脂肪燃焼しやすくしてくれます。

また、キャビテーションといった機器もあり、直接脂肪細胞に超音波を当てて、脂肪分解・排出を促してくれるという作用もあるので、効果的に背中痩せをすることができるのです。

痩身エステに行くなら「スリムビューティハウス」というサロンがおすすめ!

痩身エステには、高い「背中痩せ効果」があるとお分かり頂けたかと思います。

ただ、いざ痩身エステに行って施術を受けようと思っても、お店が多すぎてどこに行けばいいかわからないという方も多いはずです。

そんな方には、「スリムビューティハウス」という背中痩せが得意な痩身エステサロンがおすすめです。

「スリムビューティハウス」は、エステティシャンの高い技術を体感できるだけでなく、EMSやキャビテーション、ラジオ波、ドームサウナなどの最新ダイエット技術を受けることができるのです。

スリムビューティハウスの人気コース「骨盤ダイエットBeauty」なら、骨盤の歪みにも効果があるので、背中太りの原因そのものを改善できるでしょう。

価格も、体験コースを利用すれば、たった「500円」で受けることができるので、まずは気軽に試してみてください。

背中痩せに効果のあるスポーツは水泳

プールで泳ぐことは背中痩せにかなり効果があると言われています。

プールで泳ぐ場合基本的にどんな泳ぎ方でも、肩周りを動かし、背中の筋肉を使っていくので、引き締めることができ、背中痩せに効果的です。

また水泳をすることは全身運動で、かなり激しい運動になるので、脂肪燃焼していきやすく、効果的に背中痩せしていけるようになるでしょう。

基本どんな泳ぎ方でもいいですが、特に背中を重点的に痩せていくためには、背泳ぎが良いと言われています。

肩回りをしっかり動かす意識をして、30分ほど泳いでいくことで、背中の肉を落とす効果を期待できるでしょう。

プールがついているジムも多くあるので、ぜひプールも取り入れて、背中痩せしていってください。

道具を使って効果的に背中痩せしていく方法3選

エステやプールは外に出て通わないといけませんが、ここからは家でできる道具を使って効果的に背中痩せしていく方法を紹介していきます。

1、ダンベルエクササイズ

ダンベルを使って負荷をつけていくことで、背中痩せの効果を上げていくことが期待できるので、おすすめです。

背中痩せに効果のあるダンベルエクササイズの方法は、両手にダンベルを持ち、肩幅に足を開いて、少し前かがみになりながら、両手を開いていくというやり方です。

肩回りから背中にかけて鍛えていくことができるので、上半身のラインを綺麗にしていけるでしょう。

あまり普段体を動かしていない方は、ダンベルは1キロ程度にして、ダンベルをもっていない方も500mlのペットボトルなどでも代用できるので、やってみてください。

2、ボールエクササイズ

バランスボールをうまく利用していくことで、より良く背中痩せしていけるようになります。

背中痩せに効果のあるボールエクササイズのやり方は、うつぶせでボールに乗り、体をそらせ背筋運動をしていくということです。

余裕が出てきたら、左右にそらせたりしても背中痩せに効果があるでしょう。

また地面にうつぶせになって、両手でバランスボールを持ちながら体をそらせて背筋運動していくということも、背中痩せに効果があります。

バランスボールは上手く使うことで、より良く負荷をかけることができて、効果的に背中痩せしていけるようになるので、やってみてください。

3、チューブエクササイズ

背中痩せをしていく方法として、チューブを使ったエクササイズもおすすめです。

チューブを使うことで筋肉を刺激していき、より良く背中痩せしていくことができるでしょう。

 チューブエクササイズのやり方

  • 1、椅子に座った状態で背筋を伸ばす
  • 2、チューブの端と端を左右の手で片方ずつ持つ
  • 3、チューブは背中側を通し腕を真横にまっすぐ広げる
  • 4、その体勢から腕を曲げずに閉じたり開いたりしていく

チューブも色んなダイエットに使えるので、持っていない人はぜひ手に入れてみてください。

簡単背中痩せダイエット11選

ここからは費用も掛からず、お家で簡単にできるダイエット法を紹介していきます。

より高い効果や即効性を求めるのであれば、エステなどの方が良いですが、しっかり継続していくことで、背中痩せの効果が見込めるので、やってみてください。

1、オーソドックス背筋トレーニング

おすすめの背筋を鍛える筋トレの方法として、「オーソドックス背筋トレーニング」という筋トレがおすすめです。

「オーソドックス背筋トレーニング」の方法は、まず地面にうつ伏せになり、上半身を起こす動作をするだけです。

うつ伏せになった際に、両手を太ももにぴったりとつけた状態からスタートするとより効果的になり、息を吐きながら行うことでさらに高い脂肪燃焼効果を期待することができます。

簡単で負荷もあまり高くないので、女性にもおすすめの筋トレです。

2、バタ足クロール背筋トレーニング

おすすめの背筋を鍛える筋トレとして、「バタ足クロール背筋トレーニング」という方法もおすすめです。

「バタ足クロール背筋トレーニング」の方法は、床にうつ伏せになり、上半身を少し起こし、バタ足をしながらクロールの動作を行います。

この方法は、背筋だけでなく腹筋も使用するため、お腹痩せの効果も期待でき、一石二鳥の効果を得ることができるのです。

先ほど紹介した「オーソドックス背筋トレーニング」よりも負荷が高いので、そちらでは満足できなかった方におすすめの方法です。

3、肩甲骨はがしエクササイズ

肩甲骨は上半身の骨盤と言われていて、上半身の中心部分になってくるので、しっかりエクササイズしていくことで、背中痩せが期待できます。

肩甲骨はがしのやり方

  • 1、頭を右に30秒、左に30秒ゆっくり倒し首筋を伸ばす
  • 2、腕を横にまっすぐ伸ばし肘を90度に曲げる
  • 3、その状態で肩甲骨を動かすように肘を後ろに下げ5秒キープ

肩甲骨をほぐしていくことで、肩こりを解消することができて、血流が良くなり、代謝を上げていくことも期待できるので、しっかり取り組んでいきましょう。

4、簡単背中すっきりエクササイズ

背中を伸ばして簡単にすっきりさせてくれるエクササイズを紹介します。

どこでもできて、背中痩せに効果のある方法を紹介していくので、定期的にやってみてください。

簡単背中すっきりエクササイズ

  • 1、背筋を伸ばし足を肩幅に開く
  • 2、後ろで手を組む
  • 3、上げられるところまで腕を上げて10秒キープ

職場などでちょっと立ち上がった際などにもできる背中痩せ法なので、気づいたときにやっていきましょう。

5、タオルエクササイズ

タオルを使ったエクササイズも背中痩せにおすすめです。

タオルを使うことで、普段あまり動かさない筋肉を動かすことができるので、効果的に背中痩せしていけるようになるでしょう。

背中痩せに効果のあるタオルエクササイズのやり方

  • 1、膝立ちになり両手でタオルを持つ
  • 2、そのまま両手を頭の上に上げ肩幅より少し広めに開く
  • 3、その体勢から片方ずつ肘を曲げる

タオルは肩甲骨周りをほぐして背中痩せしていくのにかなり利用しやすいので、やってみてください。

6、レッグスイング

背中痩せをしていくには、レッグスイングといったトレーニングもおすすめです。

レッグスイングのやり方は、四つん這いの状態で、足を後ろに伸ばしていくといった方法です。

あまりきつい運動ではないので、普段運動していない人や、女性でも取り入れやすいですが、きつくない分、即効性はあまり期待できないでしょう。

体にあまり負担がかからないので、背中痩せをこれから始めようという人におすすめなエクササイズです。

7、寝ながら肩甲骨ほぐし

背中痩せをしていくには、寝ている状態で肩甲骨をほぐしている方法もおすすめです。

寝ながらできて、強度の強い運動ではないので、寝る前などにやっていきましょう。

寝ながら肩甲骨ほぐしのやり方

  • 1、横向きに寝る
  • 2、下側の手を折り曲げてまくらを作り頭を置く
  • 3、上側の手をゆっくり上げて頭の上まで持ってくる
  • 4、その体勢で30秒キープしたあとゆっくり戻す
  •  5、左右両方でやっていきましょう。

肩こりなども解消していけるようになるので、肩周りが固まってしまっている人は特に背中痩せ効果が期待できるでしょう。

8、背中ツイストストレッチ

背中をねじっていくストレッチをしていくことで、背中痩せに効果を期待でき、締まった背中を手に入れることができます。

やり方は非常に簡単で、うつぶせに横になり両手で支えながら上半身をそらし、左右にねじっていくという方法です。

体に無理がかからず寝る前などにもできる方法なので、継続してやっていき、背中の肉を落としていきましょう。

9、膝抱え込みストレッチ

膝を抱え込むことにより、腰から背中にかけて伸ばしていくことができるので、背中痩せにおすすめのダイエット法です。

腰痛の改善や予防にも効果が見込めるので、腰痛が気になる方もぜひやっていってください。

やり方は簡単で、仰向けに横になり膝を抱え込んでいくといった方法です。

できるだけ膝を体に近づけ、しっかり伸ばすことを意識していくと背中痩せの効果を高めていくことができるでしょう。

10、背中痩せストレッチを行う

背中痩せを実現する方法として、背中痩せストレッチを行う方法もおすすめです。

背中痩せストレッチの方法は、椅子にお腹に力を入れ、背筋をピンと伸ばして浅く座り、両手を上に伸ばし、息を吐きながら腕と背中を後ろに反らすだけ。

しっかりとお腹に力を入れないと、背中を十分に伸ばすことができないので、お腹の力を抜かないということを意識して行うようにしましょう。

11、背中痩せのツボを押す

背中痩せをする方法として、「膏肓(こうこう)」というツボを押す方法もおすすめです。

「膏肓」は、肩甲骨の近くにあるツボ(上記画像を参照)で、この膏肓を刺激することで、背中についた余計な脂肪を燃焼することができると言われています。

この方法は、道具もいりませんし、コストもかからず、空いた時間にできるので、どなたでも気軽に実践でき、非常におすすめの方法です。

12、背中痩せに効く呼吸法

https://youtu.be/xOOe5-D9-cM

呼吸も筋肉を使っているので、呼吸法を工夫するだけで背中痩せに効果を期待できます。

ここでは背中の肉を落とすことに効果を期待できる呼吸法を紹介していくので、定期的にやってみてください。

背中痩せに効く呼吸法の仕方

  • 1、鼻から息を吸ってお腹を膨らませる
  • 2、肩を上げる
  • 3、息を吐きながら肩を後ろに回す
  • 4、元に戻す

呼吸もあまり体に負担をかけずに背中痩せをしていけるダイエット法なので、できるときにやっていきましょう。

背中痩せに効果のあるヨガのポーズ3選

ヨガのポーズでも背中痩せに効果があると言われているものがあるので、紹介していきます。

ヨガのポーズは筋トレほどきつくなく、続けやすいので、運動が嫌いな人でも背中痩せに効果が期待できるでしょう。

1、バッタのポーズ

https://youtu.be/dCqTq_jTZHA

バッタのポーズという背中をそらすポーズも背中痩せにおすすめです。

バッタのポーズのやり方

  • 1、うつぶせに横になり足を軽く開く
  • 2、片足ずつ上げて3秒キープ
  • 3、背中で手を組み肩甲骨を寄せる
  • 4、手を後ろに引っ張り胸を上げて3秒キープ
  • 5、手をほどき両足を上げて3秒キープ

オーソドックスな背筋運動に似ていますが、手を組んで行うことにより、肩甲骨にも効いてきます。

背筋を鍛えながら肩甲骨もほぐしていくことができるので、色々やっていくのが面倒な人は、このバッタのポーズをしっかりやっていくと良いでしょう。

2、猫ねじりのポーズ

https://youtu.be/vKX6T_gayMA

四つん這いになる猫のポーズは有名ですが、これにねじりを加えることで、背中痩せに効果があると言われています。

肩甲骨周りをほぐしていけるのはもちろん、くびれを作ってくれるとも言われているので、積極的に取り入れていきたいダイエット法です。

猫ねじりのポーズのやり方

  • 1、四つん這いになる
  • 2、右手を左手のすぐ下を通しまっすぐ伸ばす
  • 3、左手をまっすぐ上に上げ頭と右手全体でバランスをとって5秒キープ
  • 4、向きを逆にしてやっていく

肩甲骨から腕にかけてしっかり伸びていることを確認して、やっていくと効果をより見込めるでしょう。

ちゃんとやると上半身がしっかり伸びて気持ちいいので、ぜひやってみてください。

3、ラクダのポーズ

https://youtu.be/HH7COxvy7Kk

ラクダのポーズは立ち膝状態で背中をそらしていくので、猫背などの姿勢を改善することができ、背中の肉を落としやすくなります。

姿勢が悪いと思っている人、普段パソコンに向かってばかりの人などは、特に背中痩せの効果が期待できるでしょう。

 ラクダのポーズのやり方

  • 1、正座する
  • 2、床と直角になるように膝立ちする
  • 3、片手で同じ方の足のかかとを掴む
  • 4、上半身を後ろに倒し逆の手でも同じ方のかかとを掴む
  • 5、目線を天井に向けて30秒キープ

姿勢は普段の癖でなってしまうので、できたら朝起きた時と夜寝る前やっていくことで、姿勢を改善し、背中痩せの効果を期待できるでしょう。

背中にお肉をつけないようにするポイントと注意点

しっかり背中痩せのエクササイズを行っていっても、生活習慣などがあまり良くないと効果も半減してしまいます。

ここでは、背中にお肉をつけないようにするポイントと注意点を紹介していくので、背中痩せしていくにあたってしっかりチェックしてください。

背中だけ鍛えても効果は薄い

背中など部分痩せをしていく際は、部分的に筋肉をつけて引き締めていくことができますが、部分的に脂肪を減らすのは難しいと言われています。

そのため、背中のお肉を落としていくには、背中のみを鍛えるのではなく、ウォーキングなどの有酸素運動もして、脂肪を全体的に減らしていくことで効果を高めることができます。

一駅前で降りて歩くなどちょっとずつでいいので、背中痩せのためにも有酸素運動をしていきましょう。

代謝が上がって痩せやすくなっていくこともできるので、一石二鳥です。

姿勢を正す

先ほども紹介しましたが、姿勢が悪いということも、背中に贅肉をつける原因の一つです。

姿勢が悪いと背筋の筋 力が衰え、その結果体脂肪がつきやすくなる上に、脂肪燃焼しにくくなるのです。

普段から猫背など、姿勢が悪いという方は、姿勢を正すだけでも脂肪がつきにくく、燃焼しやすい背中にすることができるので、日頃から背筋をピンと正すことを意識するようにしましょう。

体を冷やさないようにする

背中にお肉をつけないようにする方法として、体を冷やさないようにするという方法もおすすめです。

体の冷えはダイエットの大敵であると言われており、体が冷えることで血行が悪くなり、その結果基礎代謝が落ちます。

基礎代謝が落ちると、体脂肪が蓄積しやすく、体脂肪が燃えにくい体を作る原因になるのです。

背中も例外ではなく、体が冷えることで太りやすく痩せにくい体になり、体が冷えることで体が縮こまり、その結果姿勢が悪くなり、脂肪がつくというダブルの悪影響を及ぼすので、体は常に温めるということを意識するようにしましょう。

背中痩せダイエットで頑固なお肉を短期間で解消しよう!

背中痩せダイエットの方法のついて紹介しました。

紹介した通り、背中は脂肪がつきやすい部位である上に、燃焼しにくい部位でもあるので、ダイエットにおいて非常に厄介と言えるでしょう。

背中は自分で見ることも人に見られる機会も少ないため、油断しがちですが、放置すると太って見られる原因になるので、早めの対処が必要になってきます。

とはいえ、背中をどうやって痩せるのかわからないという方は、ややお金はかかりますが、今回紹介した「痩身エステ」に行ってダイエットをする方法が非常にダイエット効果が高くおすすめです。

中にはお金をかけずにダイエットしたいという方もいらっしゃると思うので、その場合は、効果は劣りますが、筋トレを行う、エクササイズやストレッチを行うなどの方法を行うと良いでしょう。

背中痩せダイエットを実践して、短期間で効果的に背中のお肉を解消しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集