shutterstock_111656897

【90%の人が間違える】レギンス入浴ダイエットの正しい方法と注意点

足は体の部位の中でも特に、痩せにくい部位なので、頑固なむくみやセルライトにお悩みの方も多いかもしれません。そんな方には、着圧レギンスを使用した「レギンス入浴ダイエット」という方法をおすすめします。90%の人が間違える、レギンス入浴ダイエットの正しい方法や注意点を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂はダイエットに最適な時間!

http://bit.ly/2rnfFMY

普段何気なく過ごしているバスタイム。

痩せる目的でお風呂に入っている方は、あまりいないかもしれませんが、実はお風呂の時間はダイエットに最適な時間と言われています。

お風呂は、体を芯から温めてくれて、体が温められると、内臓の働きが活発になり、1日の消費カロリーを増やすことができるため、痩せやすい体を作ることができるのです。

また、体温が上がると、汗をたくさんかくようになり、体の老廃物や毒素が排出されやすくなるといったデトックス効果もあり、ダイエットに効果的なのです。

今回は、そんなお風呂で足痩せを叶える「レギンス入浴ダイエット」を紹介します。

レギンス入浴ダイエットとは

http://bit.ly/2svI4zS

レギンス入浴ダイエットとは、その名前通り、レギンスを履いて入浴するというダイエット法です。

モデルの中村アンさんがInstagramで紹介し、話題になりました。

このレギンス入浴ダイエットは、むくみやセルライトの出来やすい下半身(お尻や太もも、ふくらはぎなど)を細くしてくれる部分痩せの効果高いと言われています。

太ももやふくらはぎなどの下半身は、最も痩せづらい場所と言われていますが、このレギンス入浴ダイエットなら簡単に痩せることができちゃいます。

ただし、レギンス入浴ダイエットは、間違えた情報が多く、正しく行なっている人はたったの「10%未満」と言われています。

そこで今回は、正しいレギンス入浴ダイエットの方法を紹介します。

正しいレギンス入浴ダイエットの効果

http://bit.ly/2sq4EtM

脚により圧力がかかって引き締め効果がある

お風呂に入って上がった後、なんとなく足が細くなったと実感したことのある方も多いと思います。

これは勘違いではなく、お湯の水圧によって足が引き締められるため、実際に細くなっているのです。

ここでさらに、着圧レギンスを履いてお風呂に入ることによって、レギンスによる圧力が加わり、より高い引き締め効果を期待することができます。

むくみやセルライトを解消してくれる

レギンス入浴ダイエットには、ダイエットの大敵であるむくみやセルライトを解消してくれる働きもあります。

むくみは、余分な水分が体の部位に溜まることによって引き起こされると言われています。

また、セルライトは、冷えや血行不良で皮下脂肪が固まってしまい、ボコボコ状になってしまった脂肪のことを言います。

脚の血行やリンパの流れを良くし、むくみやセルライトを解消してくれると言われている着圧レギンスを履いてお風呂に入ることによって、より血行やリンパの流れが良くなり、頑固なむくみやセルライトを効率良く解消することができるという仕組みです。

90%の人が間違えてる!レギンス入浴ダイエットの正しい方法を紹介

http://bit.ly/2qQ9T4M

レギンス入浴ダイエットは、きちんと正しい方法で行わないと効果がなくなってしまいますが、実はレギンス入浴ダイエットを行う方のおよそ90%の人が、方法を間違えていると言われています。

そこで今回は、足痩せ効果を最大限に高めるために、正しいレギンス入浴ダイエットの方法を紹介します。

1、普通のレギンスではなく、着圧レギンスを選ぶ

レギンス入浴ダイエットを行う際のレギンスの種類は、「着圧レギンス」を選ぶようにしましょう。

普通のレギンスでも効果はあるのですが、着圧レギンスにすることで、普通のレギンスよりも引き締め効果が高くなり、より効果的になります。

レギンス入浴ダイエットに最も最適な「着圧レギンス」は?

数ある着圧レギンスの中で、最もレギンス入浴ダイエットに最適でおすすめの商品は、リピート率93%、満足度98%を誇る「エクスレッグスリマー」です。

エクスレッグスリマーは、脚の各部位ごとに異なる着圧を設定し、脂肪燃焼に最適な構造となっています。

また、エクスレッグスリマーは通常「寝るとき用」としても使われるものなので、通常のものより着圧は弱めになっていて、一定の水圧がすでにあるお風呂での利用にはまさに最適と言えるでしょう。

もちろん、そのまま寝るときに使用しても効果はあるので、レギンス入浴ダイエットをしない日は、普通に履いて寝るという方法もおすすめです。

2、入浴時間は20分

よく、入浴ダイエットをする際に、入浴時間が長ければ長いほど効果が高くなると思われている方が多いです。

確かに、長時間入浴すると、体温が上がりますし、汗もたくさん出るので、痩せるかもしれませんが、脱水症状や体調不良、のぼせ、肌荒れなどの原因になってしまいます。

レギンス入浴ダイエットの時間は、長すぎず、20分ほどが良いとされています。

3、お湯の温度は38~40℃のぬるめ

お風呂のお湯の温度は、38~40℃のぬるめのお湯が最適と言われています。

その理由は、お風呂に入り体が休息している時に反応する副交感神経系という神経系が一番刺激され、働きが活発になるためです。

副交感神経系の働きが活発になると、体の代謝が上がったり、体に脂肪がつきにくくなったりと、セルライトの予防・解消効果がより高くなるのです。

4、足痩せマッサージを行う

セルライトの解消には、レギンス入浴中にマッサージを合わせて行うのが効果的です。

レギンスを履いて、普段のように入浴するだけでもセルライトの解消に効果はあるのですが、マッサージを行うことによって、より短期間でセルライトを解消することができると言われています。

ここではセルライトの解消に効果的なマッサージの方法を紹介します。

 レギンス入浴×セルライト解消マッサージの方法

  • 1.先ずは足の裏を指圧して、緊張をほぐし、血行を良くする
  • 2.足首から膝に向けて、リンパを押し流すイメージで優しく揉む
  • 3.セルライトが気になる部位を手のひら全体・指の腹全体でつまみあげるように揉む。片足10分くらいを目安に、特に気になる部分は重点的に行う
  • 4.仕上げに、足首から鼠蹊部までリンパを押し流すようにマッサージして終了。

このマッサージを毎日行うことによって、頑固なむくみを効率良く解消することができます。

マッサージをする際は、強くやってしまうと足を痛めてしまう原因になるので、ゆっくりと丁寧に行ってあげると良いでしょう。

半身浴ならより効果が高まる!

http://bit.ly/2wgCFOW

レギンス入浴ダイエットを行う際に、効果を高める方法として、「半身浴」で入ることをおすすめします。

半身浴が良い理由は、全身浴と比べ、下半身の血液やリンパの流れが良くなると言われているためです。

レギンスの血行を良くしてくれる効果と、半身浴の血行を良くしてくれる効果が相まって、より高い効果を期待することができます。

発汗作用を高める入浴剤+レギンス入浴もおすすめ

普通に着圧レギンスを履いてお風呂に入るだけでも効果は見込めますが、より効果を高める方法としては、発汗作用・保温効果を高める入浴剤を入れる入浴法をおすすめします。

数ある入浴剤の中でも、特におすすめなのが、発汗・保温に特化したイルコルポの「ミネラルバスパウダー」です。

スプーン1杯でサウナ級の発汗力と言われており、実際に使用してみると入れると入れないでは大きな違いを実感できるはずです。

通常の入浴では、入浴後の保温効果も10分後には足の先が冷えてきますが、「ミネラルバスパウダー」を使えば30分後も指先まで温かく感じるという実験レポートもあるのです。

公式サイトにあるお試し6包セットなら、通常2000円の商品が美容液やボディクリームまでついて「1600円(税抜)」と、お得に購入が可能となっているので、まずは気軽に試してみてください。

水分補給は必ず行う

http://bit.ly/2s4hO36

レギンス入浴ダイエット法を行う時は、必ず水分補給をこまめに行うようにしましょう。

レギンス入浴法と半身浴の組み合わせは、かなりの汗をかきます。

体内の水分が少ない状態でこの方法を行ってしまうと、最悪の場合脱水症状になってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

また、体の水分が少ないと、汗があまり出ないことに繋がり、体の老廃物や毒素が体外に排出されにくくなるので、むくみやセルライトの解消効果が薄れてしまいます。

必ず、入浴前にコップ1杯の水を飲むか、お風呂場に水分を持っていき、こまめに補給するなど、注意するようにしましょう。

頑固な足太りは「レギンス入浴ダイエット」で撃退!

http://bit.ly/2skkSVV

「レギンス入浴ダイエット」について紹介しました。

普段通り、入浴するだけでもむくみやセルライトの解消に効果的なお風呂ですが、レギンスを履いて入浴するという一工夫をするだけで、より高い効果を期待することができるのです。

脚は血液やリンパが滞りやすく、体の部位の中でも特にむくみやセルライトが生じやすい部位と言われています。

頑固なむくみやセルライトにお悩みの方は、是非今回紹介した「レギンス入浴ダイエット」を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集