30kiromatumura

30キロ痩せたい!大幅なダイエットに成功した人から学ぶ減量の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30キロ痩せることはできる?

この記事を読んでいる方は、「どうしても痩せたい」、「ダイエットをして変わりたい」と思っているのではないでしょうか?

正直言うと「30キロ痩せる」ということは、とても難しく決して簡単なことではありません。

しかし、実際に30キロ痩せたという方は少なからずいますし、不可能なことでもありません。

30キロレベルで大幅に減量するということは、効果的なダイエット法を選択する必要がありますが、しっかりと覚悟を決めて行えば痩せることはできるのです。

今回は、30キロ痩せたい、人生を変えたいと本気で思っている方向けに、30キロ痩せるためのダイエット法や痩せるために必要なことをまとめました。

今回紹介するダイエットは簡単ではないですし、1ヶ月程度の短期間で痩せていくことはかなり難しいですが、本気であればできるはずです。

ぜひ30キロ痩せの実現に取り組んでいきましょう。

30キロレベルで大幅に痩せた芸能人の例

まず最初に、より30キロを痩せるというイメージがしやすいように、30キロレベルで大幅にダイエットに成功した芸能人の例を紹介します。

ここでは、3人の有名人を紹介するので、より具体的なイメージを持って、ダイエットに取り組んでいきましょう。

芸能人が行なったダイエット法にも、30キロ減量するヒントはあるので、どうやって痩せたかにも注目してください。

1人目 松村邦洋

芸人の松村邦洋さんはライザップに行き、110キロあった体重を80キロまで落とし、見事30キロ痩せることに成功しました。

ライザップは有名なので、知っている方も多いと思いますが、パーソナルジムという種類で、専属のトレーナーが付き、そのトレーナーの指導の下ダイエットに取り組んでいくという内容になっています。

ちなみに、ライザップはジムなのでトレーニングだけと思われがちですが、普段の食事の指導もしてくれます。

松村邦洋さんの場合は、ライザップで、効果的でけがをしにくい正しいフォームでのトレーニングをし、プロの指導のもと摂取カロリーを記録しながら糖質を制限していくという方法を取り、8か月で30キロ痩せることに成功しました。

ちなみに、値段が安くて効果の高い、おすすめのパーソナルジムについては、記事の後半で紹介します。

2人目 安田大サーカスHIRO

安田大サーカスのHIROさんは、太り過ぎによって体調を崩したことがきっかけとなりダイエットに踏み切りました。

2017年6月の入院時の体重は134キロでしたが、現在では95キロほどになっているそうです。

これは40キロ程度のダイエットに成功していることになりますし、ピーク時の体重は197キロあったようで相当なダイエット成功例です。100キロを下回ることは、小学生以来と話しています。

HIROさんは体調を崩したということもあり、医師管理のもとの食事療法と運動で体重を落としていきました。

ここからは、HIROさんが実際に30キロ以上痩せるためにやったいくつかのダイエットを食事と運動の両面から見ていきます。

HIROさんのダイエット法(食事)

1日1食

体調の問題ということもあり、早く痩せていく必要があったので、1日1食にして摂取カロリーを抑え、ダイエットしていったようです。

主に夕食のみにしていくものですが、これに関しては医師管理のもとだったので、こういう状況下でないと無理な食事制限はリバウンドや体調を崩すもとになってしまいますし、管理する人がいない場合はマネしないようにしてください。

糖質制限

白米などの炭水化物には糖質が多く含まれており、糖質は急激に血糖値を上げてしまい、血糖値を調整しようとインシュリンが多く分泌されるので、脂肪を溜めやすくなってしまいます。

糖質制限は一般の方でもやっている人はよくいるので、30キロ痩せていくためには効果的な方法と言えます。

200グラムダイエット

毎食の重量を200グラムに抑え、2時間空ければ何回も食事をしても良いというダイエット法です。

空腹時に食事をすることで血糖値が上がり、脂肪をため込むようになってしまうので、空腹を作らず血糖値の急な上昇を防ぐことでダイエットしていくという仕組みです。

レコーディングダイエット

食べたものやカロリーや体重を記録していくダイエット法です。

ただ記録をするだけでは痩せていくことはありませんが、自分がどれだけ食べて、今体重がどのくらいなのかを目に見えるようにしておくことでモチベーションアップが見込めます。

HIROさんのダイエット法(運動)

スクワット

1日50回スクワットをしてダイエットに励んでいたようです。

スクワットをすることで、脚が細くなるだけでなく、下半身の筋肉を活発にさせることで代謝が上がっていきます。

筋肉量が増えると代謝が上がり痩せやすい体になるので、筋肉が集中している下半身を鍛えていくことは30キロダイエットには必須になってくるでしょう。

ジムトレーニング

ジムに3ヶ月間通い、

  • ランニング
  • サイクリング
  • レッグプレス
  • ラットプルダウン
  • バーチカルチェスト

を行なっていました。

痩せたい部分を鍛えることにより、理想のボディを手に入れることができるのです。

ウォーキング

最近は、リバウンド対策も兼ねて、ウォーキングもしているようです。

有酸素運動と筋トレをやっていくことで相乗効果が見込めるので、大幅に痩せたという人は有酸素運動と筋トレを一緒にやっていく人が多くなっています。

やしろ優

やしろ優さんも、女性で身長も低く、元々がそこまで体重があったわけではないので30キロまではいきませんが、21キロ痩せたということで話題を呼んでいます。

ここからは、実際にやしろ優さんが実践した食事と運動のダイエット法をそれぞれ紹介していきます。

やしろ優さんのダイエット法(食事)

夜は炭水化物を抜いてサラダを食べる

やしろ優さんは、昼は炭水化物を減らし、夜は炭水化物は一切取らず、炭水化物以外のものは思いっきり食べるということをしていたそうです。

炭水化物を絶ってしまうのはリバウンドしてしまう可能性が高いのでおすすめできませんが、白米などをよく食べる人は減らしていくだけで効果を体験できると思います。

8時間ダイエット

8時間ダイエットは、1日24時間のうち、食べる時間を8時間に抑え、残りの16時間は何も食べないという方法です。

人は消化をしている間は代謝が悪くなると言われているので、空腹の時間を作ることにより、代謝が良くなります。

ただし、空腹状態でいきなり大量の食事をとると血糖値も上がってしまうので、食べ始めは少しずつにしていくのが良いでしょう。

青汁飲む

青汁も、30キロダイエットに成功した人の中では、活用する人が多いと言われています。

やしろ優さんの場合は毎日飲んでいたようで、青汁で酵素を補うことができるので、代謝が良くなっていき、痩せやすくなっていったようです。

ヨーグルトを飲む

ダイエットには、腸内環境も大きく関わってきます。

やしろ優さんはヨーグルトにスーパー大麦グラノーラを入れて食べていたそうです。

ヨーグルトや大麦の食物繊維により腸内環境が良くなっていき、体内の不要物を効果的に排出する体が出来上がるので、痩せやすい体になるという効果が見込めます。

やしろ優さんのダイエット法(運動)

スクワット

スクワットがダイエットに効くのは有名な話ですね。

やしろ優さんも1日30回×3セット行っていたようです。

ウォーキング

無酸素運動(筋トレなど)と有酸素運動(ウォーキングなど)を組み合わせることにより効果的に痩せていけると言われています。

大幅に痩せたい人にはウォーキングは必須ですね。

プランク

プランクとは腕立て伏せの状態から腕を曲げて、肘から手までを地面につけキープしていく運動のことです。

体感が鍛えられるといわれており、お腹周りを細くしていく効果が期待できます。

ホットヨガ

やしろ優さんはマグヨガという床の温度を38度、湿度を60~65%に保った状態で行われるヨガを行っていました。

もともと代謝が悪かったということもありマグヨガには代謝を高める効果があるので、ダイエットに効果があったと考えられます。

芸能人の30キロダイエットから分かる重要なポイント

松村邦和さん、HIROさん、やしろ優さん、3人の芸能人のダイエット法を紹介しましたが、ここでまとめとして、3人のダイエット法から導き出せる共通点を紹介します。

1つだけでなく、色んなことをやった

30キロ痩せていくのはかなり難しいので、食事制限だけをする、少し運動をするくらいのことでは成功できないでしょう。

もともとの長年の習慣で太ってしまっているということもあると思うので、色々な方法を組み合わせていくことでしか30キロ減量は達成できません。

大幅に痩せた芸能人の方も、運動と食事制限を組み合わせてやっていたように、一つの方法にこだわるのではなく、いくつも組み合わせてやっていきましょう。

長期的に根気強く取り組む

急に痩せるのは無理ですし、無理してやると体調を崩すかもしれません。

「痩せたいイベントがある」、「夏までに痩せたい」、などといった事情もあるかもしれませんが、あまり高い目標を立ててしまうと続けていけなくなってしまうので、少なくとも6ヶ月ほどの長期的な目標を立てていきましょう。

30キロ痩せるため絶対やっておくべき5つのこと

先ほども紹介したように、30キロのダイエットに成功するためには、1つのことを行うだけでは不十分です。

そこで、ここでは、30キロ痩せるために絶対にやっておくべき5つのことを紹介します。

正直、最初に紹介する方法であれば、全てを管理してくれるのですが、自分自身でも理解して気をつけることも重要です。

1、パーソナルジムに行く

30キロ痩せたいと思ったときに効果的なのが、パーソナルジムに通うという方法です。

松村邦洋さんの例で紹介したように、パーソナルジムは専属のトレーナーがついてくれるので、あなたの体質や目標、なりたい体型などに合った独自の方法を考えてくれます。

あなた独自の30キロ痩せる方法を考えてくれるため、効果的に痩せることもできますし、お金を払って個人で受けに行くので、「行かなくては」というモチベーションの面でも支えになるでしょう。

トレーニングのサポートだけでなく、食事のアドバイスもくれるので、あまり自分で考えずに30キロダイエットを進めていけるということも魅力的です。

今まで自分で30キロダイエットを計画してもなかなかうまくいかなかった人も、プロに手伝ってもらうことで上手くいくかもしれません。

とはいえ、パーソナルジムは高価なジムです。安価で高価の高いおすすめのパーソナルジムが知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

2、脂肪燃焼サプリを使う

ダイエットサプリの中には、脂肪の燃焼を助けるサプリがあります。

飲んでいればそれだけで30キロ痩せるというものではありませんが、最終的に30キロ痩せたいのであれば、他のダイエット法と一緒に脂肪燃焼サプリも組み合わせて使っていくことをおすすめします。

もちろん費用はかかりますが、飲んでいればダイエットの効果を上げられるので、そこまで負担にならず、他の方法と一緒にやっていけるでしょう。

「サプリなんて効果ないよ」「サプリって健康的に大丈夫なの?」と思っているかもしれませんが、機能性表示食品などを取得していて効果・効能が認められているものを選び正しい飲み方をすれば高いダイエット効果を期待できますし、健康に害をもたらす可能性も低いです。

3、毎日体を動かす

最初からやりすぎると仕事に影響が出たり、続かない可能性もあるので、少しずつでいいですが、毎日少しでも体を動かすことが大切です。

体を動かすことでカロリーが消費され痩せるという効果と、代謝が上がり痩せやすくなるという効果があるので、30キロ痩せていくためには最低限の運動は必須になってきます。

始めたばかりの頃や面倒なときは本当に少しでも(エスカレーターを階段にするなど)良いので、毎日体を動かすようにしていきましょう。

最終的に毎日30分の有酸素運動、10分の筋トレを行うくらいしていかないと30キロ痩せていくのは難しいので、少しずつ増やしていってください。

4、食事を見直す

食事制限も30キロ痩せていくためには必須です。

30キロ痩せるために気を付けたい食事のポイントは、これから紹介する3つです。

1、糖質制限

糖質を摂ると、私たちの体は血糖値を急激に上げてしまい、インシュリンが分泌され、脂肪をため込みやすくしてしまいます。

まず30キロダイエットの食事制限をしていくにあたって、糖質を見直していくことが第一歩となります。

糖質が高いものは、白米やイモ類、甘いものなど、多くの人が好む食品なので意識しないと多く摂ってしまいがちなので、注意しましょう。

2、よく噛んで食べる

よく噛むということで「カロリーが消費される」、「満腹中枢が刺激されて少量で満足できるようになる」、「消化しやすくする」という効果があるので、よく噛んで食べることは30キロ痩せるためには非常に大切です。

3、摂取カロリーを抑える

女性は1日約2000キロカロリー、男性は1日約2500キロカロリーほどが目安と言われているので、大幅にダイエットをするには1食のカロリーを1/4ほどに抑えなくてはなりません。

摂取カロリーが高いと脂肪になりやすくなるので、摂取カロリーを少しずつ減らしていくということが30キロ痩せたいという人には必要でしょう。

4、太った原因を知る

痩せるために効果的な方法は、太った原因によって変わってきます。

30キロダイエットをしていくためにはまず太ってしまった原因を知ることが大切でしょう。

ダイエットに1日何時間も掛けるわけにはいかないと思うので、原因を知ってそこに対して効果の高い行動をしていくことで、効率的に痩せていけるようになります。

パーソナルジムに行くことでアドバイスをもらうことも出来ますが、まず自分で自分の体を理解していきましょう。

30キロ痩せるために辞めるべき習慣

今度は、ここまで紹介した痩せるためのポイントとは反対に、30キロ痩せるために辞めるべき習慣を紹介していきます。

やるべきことだけでなく、なるべく避けるべきことを知っておくことは非常に大切です。

いきなり全てを直すことは難しいかもしれませんが、少しずつ確実にしっかりと改善していきましょう。

1、添加物の多い食事

スーパーで売っているものにも添加物はほとんど含まれているので、100%なくすのは難しいですが、多いものは避けていかないと、太るだけでなく体調を崩す原因にもなります。

添加物は肝臓で分解されますし、一定量でしたら問題ありませんが、大量の添加物を長期的に摂取した場合、肝臓も疲れてしまい、分解できず体重の増加に繋がってしまいます。

添加物の多い食事

  • お菓子類
  • 菓子パン
  • コンビニ弁当やハンバーガーなどのジャンクフード
  • ハムやソーセージなどの食肉加工品

添加物を全て無くすのは高額な費用が掛かってしまいますが、30キロ痩せたいのであれば、これを取りすぎないようにしていきましょう。

2、塩分の多い食事

私たちの体は体内の塩分濃度を一定に保とうとするので、大量の塩分が入ってくると、塩分濃度を一定にするために水分をため込もうとしてしまいます。

この水分をため込むことが太る原因になってしまうので、ダイエットに塩分は良くないと言われています。

食べ過ぎないようにしたり、カロリーには気を使っているのに痩せていかないという人は塩分を疑った方が良いかもしれません。

和食は塩分が多いと言われているので、必要以上に塩分を摂ってしまいがちです。

30キロ痩せたいと思っているのであれば、減塩の物を利用するなどして、塩分はできるだけ控えた方が良いでしょう。

3、暴飲暴食

量の問題は確実に見直すべきです。

いくら消費しようとしても、そもそもカロリーの摂取量が多くては、30キロダイエットは不可能でしょう。

食べ放題によく行く、夜にジャンクフードを食べる、毎回お腹いっぱいになるまで食べるということをしていては30キロも痩せてはいけません。

急に減らすのが難しくても徐々に減らしていくことで、30キロダイエットが成功に近づいていきます。

4、間食

食事にはある程度気を使っているけど、ちょこちょこ食べているお菓子は特に考えていないという人が意外と多いです。

チョコやアメなどは、少量でもどうしても太る原因になってしまいます。

間食はできることであれば避けた方が良いですが、急になくすのも難しいと思うので、30キロダイエット中におすすめな間食をまとめました。

ダイエット中におすすめな間食

  • ナッツ類
  • ドライフルーツ
  • シュガーレスガム
  • ボップコーン

また14~16時が太りにくいので、間食をするのであればこの時間がいいでしょう。

そして食事前に間食してしまうと、血糖値が上がった状態で食事をとることになり、脂肪に変わりやすくなってしまうので、食事の1時間前の間食は避けるべきです。

5、夜更かし

夜更かしをすると成長ホルモンの分泌が減り、代謝が悪くなってしまうので、太る原因になってしまいます。

そして夜更かしをしていると夜にお腹が空いてちょっと何かをつまんでしまったり、何か飲んだりということで不要なカロリーを摂取してしまい、太る原因になります。

夜中にカロリーを摂取すると活動が少ない分なかなか消費されず、蓄積されてしまうでしょう。

夜更かし自体にも太る原因がありますし、夜食をとって太ってしまうということもあるので、早寝早起きを心がけることで30キロ痩せを成功に導いていけます。

30キロ痩せるときの注意点

ここからは、30キロ痩せるために注意してほしいことを紹介します。

少しずつやっていく

短期間で30キロ痩せるのはまず無理です。

基本的に人の体は急激な変化があると、体調に影響が出ないように元に戻す機能がついているので、あまり短期間に痩せることは難しいと言われています。

目安は1か月に今の体重の5%を痩せていくことです。

90キロであれば4.5キロ、80キロであれば4キロと言ったように計算しましょう。

ちなみに、それ以上痩せていこうとしても人の体の仕組みにより停滞してしまい、モチベーションが下がりますし、健康的にも良くありません。

また短期間で痩せると、皮が残ってし見苦しくなってしまいます。

大幅に痩せていくのであれば1年ほどの計画を立てて、じっくり痩せていくのが成功の秘訣です。

たまにサボっても投げ出さない

長期的にやっていかなければいけないので、毎日計画通り進めるのは難しいでしょう。

たまに食べすぎたりサボってしまっても、「もう無理だ」と投げ出さない気持ちが必要です。

1か月に数日であればちょっとサボってしまっても、それ以外の日でしっかり取り組んでいれば30キロ痩せもしていけるでしょう。

自分に厳しいことは良いことですが、完璧主義すぎるとちょっとのマイナス点で辞めてしまうので、そこに関しては多少気にせずやっていきましょう。

30kgダイエットの効果を高める方法

ここからは、30kgダイエットの効果を高める方法を紹介・コツします。

習慣を改善する

ダイエットで30kg落としていくには、ちょっとの期間だけ白米を控えるとかではなく、習慣を良くしていく必要があるでしょう。

習慣を改善せずには、そもそも30kgダイエットも難しいですし、仮に出来てもリバウンドしてしまいます。

今太ってしまっている原因があると思うので、その太っている原因を取り除けるよう、習慣を改善していきましょう。

計画を立てる

2週間白米を我慢するなどといったレベルでは、30kgダイエットをしていくのは厳しいです。

また、急に1日1食にしたり、毎日5km走るなどといったことを始めてもおそらく続かないので、実践できるレベルの計画を立てていきましょう。

計画を立てないと、だらけてしまいやらなくなってしまいますし、30kgダイエットには時間がかかる分、計画をしっかり立てる必要があります。

このとき、計画も難しく立ててしまいがちなので、ちょっとサボってもできるくらいの計画にして、余裕があってもそれ以上やらないというのがコツです。

30キロ痩せるには相当な努力が必要

今回の記事では、30キロ痩せるための方法を紹介しました。

正直なところ、5キロ痩せることさえなかなか難しいことなので、30キロ痩せていくことには相当な努力が必要です。

しかし、実際に30キロ痩せた人もいますし、急にがっつり食事制限と運動をしていかなくても徐々に頑張っていくことで実現はできます。

自分でのストイックな管理ができないという方は、パーソナルジムを利用するのも手でしょう。

「今日は食べ過ぎてしまったもういいや」や「最近運動してないやっぱり無理だった」とならないように、ちょっとずつ前進して、30キロ減量を達成していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集