rendered

運動しても痩せない人へ!簡単に痩せスイッチをONにする方法7選

運動はダイエットに効果的というのは多くの方が知っていると思います。しかし、中には運動をしても痩せないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、運動しても痩せないという方に向けて、簡単に痩せスイッチをONにする方法を7つ紹介しますので、是非参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動をしても痩せない人へ!簡単に痩せる方法はある?

「ダイエットするには運動」

そう思っている方も多く、ダイエットをするには運動をすることをおすすめしているのですが、中には運動をしているのにも関わらず、なかなか痩せることができないという方もいらっしゃると思います。

せっかく時間を作って運動をしたのに、ダイエット効果が得られなかったらもったいないですよね。

今回は、運動をしても痩せないという方に向けて、痩せスイッチをONにする方法を紹介します。

これから紹介する方法を実践すれば、運動をしても痩せれなかった方も、簡単に痩せることができるようになるのでおすすめです。

そもそも運動をしても痩せない原因は?

痩せスイッチをONにする方法を紹介する前に、そもそもなぜ運動をしても痩せないということが起こるのかを知っておかなければなりません。

運動をしても痩せない原因は、基礎代謝が低いということが挙げられます。

基礎代謝とは、人が何もしなくても消費するカロリーのことで、この基礎代謝が高いと痩せやすく、低いと痩せにくいと言われています。

もともとの基礎代謝には個人差がありますが、間違えた生活を送ってしまうとこの基礎代謝が上がらず、痩せにくくなってしまうのです。

運動で痩せるメカニズムも簡単におさらい

運動をしても痩せない原因がわかったところで、今度は運動で痩せることができると言われているメカニズムを紹介します。

これから紹介する理由をきちんと頭に入れて、運動をすることで、何も考えずに運動するよりも高いダイエット効果を得ることができるのです。

基礎代謝が高まる

運動で痩せることができる理由の一つとして、体の基礎代謝が高まるという点が挙げられます。

基礎代謝とは、人が何もしていなくても消費するカロリーのことで、基礎代謝が高いほど痩せやすい体と言われています。

運動をすることで、この基礎代謝が高まるので、1日における消費カロリーを高くすることができ、痩せることができるのです。

血液やリンパの流れが良くなり、むくみやセルライトの改善につながる

運動で痩せれる理由として、血液やリンパの流れが良くなるという点も挙げられます。

血液やリンパの流れが滞ると、余分な水分や脂肪細胞が溜まり、ダイエットの大敵であるむくみやセルライトが生じる原因となります。

しかし、運動を行うことで、血液やリンパの循環が良くなるので、余分な水分や脂肪細胞を排出しやすくなり、頑固なむくみやセルライトを解消することができるのです。

筋肉が鍛えられ、引き締まる

運動で痩せることができる理由として、運動をすることで筋肉が鍛えられ、体が引き締まるという点も挙げられます。

運動をすると、筋肉が鍛えられ、筋肉による脂肪燃焼効果を期待することができ、その結果引き締まった美しいボディを手に入れることができるのです。

また、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きもあるので、さらに高いダイエット効果を期待することができます。

簡単に痩せスイッチをONにする方法を紹介

さて、ここからはいよいよ痩せスイッチをONにする方法について紹介していきます。

痩せスイッチをONにするというと、なんだか難しい方法を紹介されるのかと不安になられる方も多いかもしれませんが、今回紹介するのは非常に簡単に実践することができるので、おすすめの方法です。

1、脂肪燃焼サプリを摂取する

痩せスイッチをONにする方法として、脂肪燃焼サプリを摂取する方法がおすすめです。

脂肪燃焼サプリには、「カルニチン」や「カフェイン」など、脂肪燃焼を促してくれる働きのある成分が含まれており、運動でなかなか痩せなかったという方でも比較的簡単に痩せることができると言われています。

そんな脂肪燃焼サプリですが、非常に多くの商品が販売されており、どれを選んだら良いかわからないという方も多いはずです。

そんな方には、「シボヘール」という脂肪燃焼サプリをおすすめします。

「シボヘール」には、「葛の花由来イソフラボン」という成分が豊富に含まれており、「葛の花イソフラボン」には脂肪合成をブロックし、脂肪の分解を助けてくれる効果があるため、効果的に痩せることができるのです。

運動に「シボヘール」を組み合わせることで、非常に高いダイエット効果を発揮してくれます。

機能性表示食品でもあるので、安心かつ効果的に脂肪を燃焼することができると話題です。

2、食事制限しすぎない

体の痩せスイッチをONにする方法として、食事制限をしすぎないという方法もおすすめです。

どうしても、ダイエット中は食事制限をしすぎてしまう方も多く、確かに食事制限も必要なのですが、しすぎてしまうと栄養バランスが偏り、便秘になることで代謝が落ちてしまうということに繋がります。

また、栄養が足りていないのに運動を行うことで、体にかなりの負担がかかり、その結果基礎代謝を落として体重を減らさないようにする働きが起こるため、反対に痩せにくくなってしまうのです。

短期間で痩せたいという気持ちは十分わかりますが、極度な食事制限はやめるようにしましょう。

3、午前中に運動を行う

体の痩せスイッチをONにしたいならば、午前中に運動を行う方法もおすすめです。

午前中は午後よも、脂肪燃焼効果をもたらしてくれる交感神経が優位になる時間帯であり、その時間帯に運動を行うことで、より高い脂肪燃焼効果を期待することができるのです。

ただし、朝から昼にかけては、血糖値が低く運動をしたら倒れたという報告もあり、できるだけ起床してから2,3時間経った時に行うのが良いと言われています。

また、運動をする前に食べ物や飲み物を摂取することで、血糖値を高めるのが可能です。

4、心拍数を上げ過ぎない

痩せスイッチをONにするなら、心拍数を上げ過ぎないという方法もおすすめです。

中には、ダイエット効果も求めるあまり、全力で運動をしてかなりの息切れをしてしまうという方も多いのですが、息切れをするということは体の中で酸素が足りていないという証。

脂肪燃焼には酸素が必要不可欠であり、全力で運動をしてしまうと、酸素が足らず脂肪燃焼しにくくなるという逆効果になります。

「最大心拍数 = 220 – 年齢 」という計算をもとに最大心拍数を割り出し、この最大心拍数の60~80%の心拍数で運動を行うようにしましょう。

5、たんぱく質を積極的に摂取するようにする

体の痩せスイッチをONにする方法として、たんぱく質を積極的に摂取する方法もおすすめです。

たんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれるのです。

体で良質な筋肉が作られると、体の基礎代謝がアップし、痩せやすい体になることができるだけでなく、脂肪燃焼効果もあるので体が引き締まり、美しい体を手に入れることができるということも期待できます。

《たんぱく質が豊富な食品の例》

  • 納豆、牛乳、ツナ、鶏肉、大豆など

6、夏場より冬に運動をする

夏場より冬に運動をした方が痩せやすいと言われています。

人は恒温動物であり、体温を一定に保つ動物です。

そのため、冬は外気が寒くても体温を上げないといけなく、その体温を上げるために脂肪を燃焼し熱エネルギーに変えるのです。

そのため、夏場よりも冬の方が一般的に痩せやすいと言われており、その冬に運動を行うことで、より痩せやすくなると言われています。

7、しっかりと睡眠時間を確保する

痩せスイッチをONにする方法として、しっかりと睡眠時間を確保する方法もおすすめです。

睡眠時間を確保することで、脂肪燃焼を促す働きのある「成長ホルモン」が分泌され、1日あたり約300kcalほど消費すると言われています。

それに比べ睡眠不足になると、それが約90kcalまでダウンしてしまうということがわかっています。

つまり、よく寝る人ほど痩せやすく、あまり寝ない人ほど痩せにくいということなのです。

ただし、寝すぎても痩せにくくなると言われており、適切な睡眠時間はおよそ7時間と言われているので、それを目安に睡眠をとると良いでしょう。

運動でダイエットをする際の注意点

ここまで痩せスイッチをONにする方法を紹介してきましたが、運動でダイエットをする際にも注意点が存在します。

ただがむしゃらに運動をすれば痩せれるというわけではなく、これから紹介する注意点を守らなければ、反対に太ってしまう可能性があるだけでなく、健康を害してしまう恐れも出てくるので、しっかりと守れるようにしましょう。

無理しないようにする

運動でダイエットをする際の注意点として、無理しないようにするという点が挙げられます。

中には、運動をすればした分だけ痩せれると思われている方も多いのですが、自分の運度能力以上に運動を無理して行うと、怪我や健康を害する原因などになります。

また、運動だけで痩せようとするのも難しいですし、反対に食事制限だけで痩せるのも難しく、運動と食事制限をバランスよく行うのが重要です。

水分補給をしっかりと行う

運動ダイエットを行う際の注意点として、水分補給を行わないといけないという点も挙げられます。

ダイエット中は水分補給でさえ、カロリーや重さを気にして行わないという方もいらっしゃるのですが、運動中に限らず日常生活の中で水分補給は必須です。

水分を摂ることで、体の基礎代謝を高めることができ、痩せやすくなりますし、健康面ではきちんと水分を摂らないと脱水症状を引き起こしてしまう原因となります。

早食いはしないようにする

運動ダイエットを行う際の注意点として、早食いをしないようにすることも挙げられます。

人の体は食べ物を食べ始めてから約20分経たないと、満腹感を感じないと言われており、20分経つ前に満腹感を感じずに食べ過ぎてしまうと、結果的に食べ過ぎていたということに繋がるのです。

しかし、ゆっくりと食事をすることで、20分経つ前に食べすぎるということを防ぐことができます。

また、食事と食事の間をあけすぎると、血糖値が上昇しやすく、体に脂肪がつきやすくなる原因になるので注意するようにしましょう。

紹介した方法を実践して、運動で痩せやすい体になろう!

運動をしてもなかなか痩せれない方に向けて、痩せスイッチをONにする方法を紹介しました。

紹介した方法を試すことで、運動をしてもなかなか痩せれなかったのが、簡単に痩せやすくすることができます。

ただし、注意点も存在し、反対に太る原因や健康を害してしまう原因などになるので、先ほど紹介した注意点を守りつつ実践するようにしましょう。

運動をすると、みなさんの貴重な時間を使いますし、効果的にダイエットをしたいですよね。

今回紹介した方法を行って、簡単に効率良くダイエットを実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集