sub2

テニスの消費カロリーは?ダイエットに最適なスポーツと言われる理由

前後左右の動きが必要になるテニス。スポーツの中でも特にハードと言われるテニスの消費カロリーは一体どのくらいでしょうか?一般的なテニスの消費カロリー、プロの試合における消費カロリー、テニス以外のラケットスポーツの消費カロリーを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テニスは消費カロリーの高いスポーツ?

http://bit.ly/2t9gsEq

錦織圭選手の活躍で、一躍注目されるようになった「テニス」。

テニスは、様々なスポーツの中でも、特に消費カロリーが高いと言われています。

実際に硬式テニスや軟式テニスをやってみると分かりますが、普段やり慣れていない方であれば1ラリーするだけでも、かなりの体力を使います。

そして、錦織圭選手のようにハードな動きで、しかも長時間テニスの試合をするとなると、かなりのカロリーを消費することになります。

今回は、一般的なテニスの消費カロリー、プロの試合の消費カロリーなどを紹介していきます。

テニスの消費カロリー

http://bit.ly/2sSiuq6

消費カロリーは身長や体重によっても異なりますが、平均的には1時間あたり、男性は「378kcal」、女性は「315kcal」と言われています。

この数値は、男性は60kg、女性は50kgで計算していますが、体重が1kg増えるとおよそ1時間あたりの消費カロリーは6kcal増えます。

2時間テニスやるとすると、男性だと756kcal、女性だと630kcal消費することになり、このカロリーはおよそ食事1食分にもなるので、テニスはかなりのカロリーを消費することが分かります。

さらに、これは一般的なテニスの消費カロリーなので、試合になると、1時間で「63kcal」ほど先ほどの消費カロリーの値にプラスされます。

プロの試合の消費カロリー

http://bit.ly/2tcB2V3

ここまでは一般的なテニスの消費カロリーを紹介しましたが、プロの場合は動きが激しい分、当然消費カロリーは大きくなります。

よく錦織圭選手を始めとするプロテニス選手が、チェンジコートをする際に、ウィダーインゼリーなどで栄養を補給している姿を見ますが、これも消費カロリーが大きいために摂取しています。

また、プロの試合となると、3セット、5セットとすることが多く、3~4時間の試合になることも珍しくありません。

仮に178cm74kgの錦織圭選手が4時間の試合をするとなると、少なくとも「2175kcal以上」の消費カロリーが予測できます。

ちなみに、テニスの最長記録は、11時間5分という記録があり、そうなると6000kcal以上の消費カロリーがあります。

サッカーやバスケットボールと異なり、時間制限がない分、テニスの試合における消費カロリーはとても高いのです。

テニスの消費カロリーが高い理由

http://bit.ly/2tc33vx

テニスは前後・左右の動きが多い

テニスは、相手のコートのどこを狙ってもいいので、必然的に前後・左右の動きが多くなります。

一定方向ではなく、あらゆる方向に走るということは、それだけ脚の筋力を使うことになり、消費カロリーが高くなります。

また、ジャンプしたり、しゃがんだりという動作やボールを打つ際の腰の捻りといった動作も消費カロリーを大きくしています。

常に短距離ダッシュを繰り返す

サッカーやバスケットボールなどの団体スポーツも、全速力で走ることは多々ありますが、試合時間中常に全力で走るということはあまりありません。

それに比べて個人スポーツであるテニスは、基本的に全ポイントで全速力でダッシュをします。

短距離ダッシュを毎ポイントで行うことになるので、インターバル走のようにハードになり、消費カロリーが高くなるのです。

他のラケットスポーツの消費カロリーは?

http://exci.to/2s8qgz4

卓球

卓球の消費カロリーは、60kgの男性の場合「189kcal」、50kgの女性の場合「157kcal」と言われています。(1時間あたり)

これは、60kgの男性と50kgの女性の場合の数値ですが、1kg体重が増えると、3kcalほど消費カロリーが増えます。

一般的な卓球であれば、テニスほどの消費カロリーはありませんが、プロの試合になるとテニスに負けないくらいの消費カロリーになってきます。

バトミントン

バトミントンの消費カロリーは、60kgの男性の場合「221kcal」、50kgの女性の場合「183kcal」と言われています。(1時間あたり)

これは、60kgの男性と50kgの女性の場合の数値ですが、1kg体重が増えると、4kcalほど消費カロリーが増えます。

ちなみに、プロの試合の場合にはテニスとほぼ同じくらいの消費カロリーになると言われており、テニスよりは試合時間が短いので、全体での消費カロリーは小さくなりますが、それでもかなりハードなスポーツと言えます。

軟式テニス(ソフトテニス)

テニスには、硬式テニスと軟式テニス(ソフトテニス)がありますが、基本的にこの違いでの消費カロリーに差はほとんどありません。

硬式テニスの方がボールが硬く、より筋力が求められるという意味では、硬式テニスの方が若干消費カロリーは高くなります。

テニスはダイエット向きなスポーツ

http://bit.ly/2wgCFOW

テニスの消費カロリーを紹介しました。

テニスは2時間以上やることが多いので、そうなるとかなりの消費カロリーがあるということが分かりました。

テニスの消費カロリーは、スポーツの中でもトップクラスなので、ダイエットにも最適なスポーツと言えるでしょう。

運動不足の方、ダイエット中の方は、ぜひテニスをやってみてはいかがでしょうか。

より痩せたい!という方は、テニスに合わせて、脂肪燃焼系のサプリを使い、よりダイエット効果を高めるという方法もおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集