shutterstock_697681270

さんまのカロリー・糖質は?意外な落とし穴と痩せる正しい食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さんまといえば、ヘルシーなイメージを持たれることが多く、ダイエット食品として食べているという方も多いかもしれません。

そんなダイエットに良いとされているさんまですが、実は意外な落とし穴があり、食べ方次第では太る原因にもなってしまうのです。

今回は、さんまのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介していきます。

さんまのカロリーは?

さんまのカロリーは、生のもので1尾あたり「約214kcal」で100gあたりに換算すると「約310kcal」と言われています。

さんま以外の魚類のカロリー(100gあたり)

  • 鮭:約138kcal
  • イワシ:約217kcal
  • アジ:約121kcal

このように、同じ魚類のカロリーと比較してみると、さんまのカロリーは高いということがわかります。

低カロリーと思われがちなサンマですが、脂が豊富なのでその分カロリーが高くなっているのです。

さんまの糖質量は?

さんまの糖質量は、生のもので1尾あたり「約0.07g」で100gあたりに換算すると「約0.1g」と言われています。

さんま以外の魚類の糖質量(100gあたり)

  • 鮭:約0.1g
  • イワシ:約0.7g
  • アジ:約0.1g

さんまにはほとんど糖質が含まれていないと言われており、糖質制限ダイエットに向いていると言えるでしょう。

さんまで期待できるダイエット効果とは?

さんまがダイエットに良いということはわかっていても、具体的にどのようなダイエット効果があるのかを知っている方は少ないかもしれません。

ここからは、さんまで期待できるダイエット効果について紹介していきます。

1、ヒスチジンが食欲を抑え、脂肪分解を促してくれる

さんまには、「ヒスチジン」という成分が豊富に含まれていると言われています。

このヒスチジンには、満腹中枢を刺激してくれる働きがあり、その結果食欲を抑え、1日における摂取カロリーを減らすことができるのです。

また、ヒスチジンには脂肪分解を促してくれる働きもあると言われており、ダイエットに効果的と言えるでしょう。

2、ナイアシンが糖質や脂質の代謝を促してくれる

さんまには、「ナイアシン」という成分が含まれていると言われています。

このナイアシンには、糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあるとされており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれるのです。

糖質や脂質はダイエットの大敵と言われており、摂り過ぎると太る原因になるので、ナイアシンで効果的に代謝しましょう。

3、ビタミンB2が脂肪燃焼をサポートしてくれる

さんまには、「ビタミンB2」という成分が含まれていると言われています。

このビタミンB2には、脂肪燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

一度つくとなかなか燃焼することができない体脂肪を効果的に排出してくれるので、おすすめです。

さんまでダイエットする際の注意点!意外な落とし穴とは…

ダイエットに良いとされるサンマですが、注意点も存在し、その注意点を守ることができないと、反対に太ってしまったり、ダイエット効果が薄れてしまう原因にもなるのです。

ここからは、さんまでダイエットをする際の注意点について紹介していきます。

1、傷みやすい

さんまでダイエットを行う際の注意点として、傷みやすいという点が挙げられます。

さんまは他の魚と比べても傷むのが早く、ついつい傷んでいるのにも関わらず食べてしまうということも多いです。

もちろん傷んださんまを食べてしまうと、お腹を壊してしまう可能性が出てくるのですが、お腹を壊すと太りやすい体を招くことにも繋がるので、注意するようにしましょう。

2、低カロリーなイメージが強く食べ過ぎてしまう

さんまでダイエットをする際の注意点として、低カロリーというイメージが強く、食べ過ぎてしまうということも挙げられます。

そのため、ついつい摂取カロリーが多くなってしまい、太ってしまうという方も多いのです。

さんまのダイエット効果を高める方法・食べ方

さんまを食べることにある工夫を併せて行うことで、より高いダイエット効果を発揮してくれると言われています。

ここからは、さんまのダイエット効果を高める方法について紹介していきます。

1、塩焼きで食べる

さんまのダイエット効果を高める方法として、塩焼きで食べるということが挙げられます。

さんまには、焼く以外にも揚げたり煮付けたりたくさんの調理法があるのですが、一番低カロリー・低糖質な調理法が、焼く方法なのです。

そのため、ダイエット中は塩焼きで食べる方法をおすすめします。

2、大根おろしをトッピングして食べる

さんまのダイエット効果を高める方法として、大根おろしをトッピングして食べることもおすすめです。

大根おろしには、食物繊維が豊富に含まれています。

この食物繊維には、腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きがあると言われており、体に蓄積された老廃物や毒素を排出し、痩せることが可能なのです。

そんなダイエット効果の高い大根おろしと秋刀魚は相性抜群。

味も相性も非常に良いので、美味しく効果的にダイエットをすることができます。

3、脂肪燃焼サプリを摂取する

サンマのダイエット効果を高める方法として、脂肪燃焼サプリを摂取することもおすすめです。

商品にもよりますが、脂肪燃焼サプリには「L-カルニチン」や「カプサイシン」、「クロロゲン酸」などの脂肪燃焼を促してくれる成分が含まれています。

その脂肪燃焼サプリをさんまと併せて摂取することで、より高いダイエット効果を得ることができるのです。

低糖質なさんまでも食べ方次第では太るのでご注意を!

さんまのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介しました。

紹介した通り、さんまは低糖質な上に、ダイエット効果も豊富なので、ダイエットに向いていると言えるでしょう。

しかし、そんなさんまにもカロリーが高いなど、太る要素も含まれており、食べ方次第では反対に太る原因にもなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集