shutterstock_666372661

おにぎりダイエットの効果は?失敗しないやり方・ルールとは【ブログで痩せた口コミから分析】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口コミやブログで、「今まで痩せれなかったのに無理なく痩せた」、「わずか1ヶ月でダイエットに成功した」という良い評判が多い「おにぎりダイエット」。

口コミ評価の高さから「おにぎりダイエットをやってみたい!」と思う方も多いと思うのですが、一方で「本当に痩せるの?」、「炭水化物(糖質)を摂ったら太るのでは?」と疑問に思う方も少なくありません。

確かに、おにぎりダイエットのやり方やルールを間違えて実践してしまっては、ただ炭水化物を摂取するだけになるので太ってしまうのですが、正しい方法さえ実践すれば、おにぎりならではの特徴を活かすことでダイエットを成功させることができます。

そこで今回は、おにぎりダイエットの正しいやり方・ルール、効果を高めるための方法、失敗しないための注意点などを紹介します。

「おにぎりダイエット」で痩せる仕組み

そもそも「おにぎりダイエット」とは、主食である米に、ビタミンやミネラルといった栄養を適度に摂れるおかずを組み合わせて食べるダイエット方法です。

おにぎりダイエットというと、よく「おにぎりのみ」を食べるダイエット方法だと思われがちですが、あくまでおにぎりを中心にバランスよく栄養を摂取するためのダイエット方法です。

米は、他の炭水化物に比べて、脂質が低く、豊富な栄養素を含んでおり、おにぎり中心の食生活を意識することで、脂質の過剰な摂取を避けられます。また、定期的にある程度のカロリーを炭水化物で摂れるため、ダイエットの辛さである空腹感を抑えることができるというメリットもあります。

ちなみに、おにぎりでなくても、普通のご飯とバランスの良いおかずでも問題はないのですが、おにぎりは個数ごとに分けれて食べる量の目安が分かりやすいため、より推奨されています。

おにぎりダイエットは、実験では7割以上に成果が!

日本生活習慣予防協会は、2017年におにぎりダイエットを1か月間行ってもらうプログラムを537人に対して実施しました。

  • その調査データによると、全体の7割以上が1cm以上腹囲が減少したと回答し、1cm以上腹囲が減少した人を対象にした場合、平均で約2cm腹囲が減少したという結果に。
  • また、おにぎりダイエットに辛さを感じたかというアンケートでは、「全く辛くない」と「辛くない」と回答した方が6割以上になり、ほとんどの人がおにぎりダイエットを苦しむことなく行えたというデータがあります。

食事制限などのダイエット方法は、”辛い”や”苦しい”といった状況に陥りがちですが、おにぎりダイエットであれば苦しむことなく、簡単に行うことができるのでおすすめです。

おにぎりダイエットの正しいやり方・ルール

続いて、おにぎりダイエットの正しいやり方・ルールについて説明したいと思います。

いくら頑張っておにぎりダイエットを行ったとしても、ルールを破ってしまっては台無しになる可能性があります。

ルールをよく確認してから、おにぎりダイエットを実践しましょう。

効果的な「おにぎりダイエット」のやり方

おにぎりダイエットは、1日2合の米を3回から4回に分けて摂取する方法が一般的です。

例:朝1個、昼2個、夜1個など

一気に多くの量を摂取するのではなく、できるだけ複数回にわけることで、常に空腹感を抑えられます。

もし、おかずを添えるならば野菜メインを意識しましょう。

「おにぎりダイエット」のルール

おにぎりダイエットには、いくつかのルールがあります。

より高いダイエット効果を発揮するためにも、おにぎりダイエットのルールをマスターしましょう。

  • 【1.おにぎり以外の炭水化物を摂取しない】
  • おにぎりはほかの炭水化物に比べ、脂質が低く、栄養素が豊富です。おにぎり以外の炭水化物を摂取すると脂質を余分に摂ってしまい、栄養素バランスも崩れる恐れがあるため、注意しましょう。
  • 【2.ドレッシングを使う場合は、ポン酢やノンオイルドレッシング】
  • おかずとしてサラダなどを食べる場合は、油分が含まれているドレッシングは避けましょう。ドレッシング以外でも同様に油は摂取しないように注意が必要です。
  • 【3.期間を定めて実施する】
  • 予め期間を定め目標を設定することで、モチベーション向上につながります。初めは1~3週間など短期間がオススメです。
  • 【4.肉や魚などはできるだけ摂取しない】
  • 肉や魚は脂質がとても多く含まれています。炭水化物の脂質を抑えて摂取しているにも関わらず、肉や魚で脂質を余分に摂ってしまっては意味がありません。おにぎりダイエット中は我慢しましょう。
  • 【5.激しい運動はしないほうが良い】
  • エネルギーを消費すると空腹感が抑えられなくなるため、できるだけ激しい運動は避けましょう。
  • 【6.お酒NGジュースNG(野菜ジュースもできればNG)】
  • お酒、ジュースはダイエットの敵です。絶対に飲まないように気を付けましょう。野菜ジュースも余分な栄養素を摂ってしまい、体重の増加につながる可能性があるため、できるだけ飲まないことをオススメします。
  • 【7.健康補助食品NG】
  • 野菜ジュースと同様に余分な栄養素を摂取することで、体重の増加につながる可能性があります。
  • 【8.果物は控えめに】
  • 果物はとても体には健康的です。摂取したからといって必ず太るわけではありませんが、豊富な栄養素の摂取は体重の増加につながる可能性があります。できるだけ控えめに、食べたくなったら適度に食べる程度に抑えましょう。

おにぎりダイエットの効果を高める方法

ここまで紹介した方法を実践するだけでも、「おにぎりダイエット」は実際に成功者の多いダイエット法ですが、より成功する確率を高めるために、ここでは効果をアップさせる方法を紹介します。

「冷えたおにぎり」ならさらに効果アップ

おにぎりダイエットは、冷えたごはんを使っておにぎりを作ると効果がアップするといわれています。

その理由は、ご飯を冷やすことで「レジスタントスターチ」が増えるからです。

「レジスタントスターチ」とは、でんぷんに含まれる食物繊維の一種で排便を促進する効果があります。

そのため、冷えたおにぎりを食べたほうがダイエットには効果的であると言われています。

ただし、冷えたおにぎりが苦手な方や冷えたおにぎりでは食事を満足にできない方は無理して冷えたおにぎりを食べる必要はありません。

あたたかいご飯で作ったおいしいおにぎりを食べて、満足できるダイエットを行いましょう。

糖質をより抑えるためには「血糖値の急上昇を抑えるサプリ」も

おにぎりダイエットは効果的なダイエット法ですが、やはり気になるのは糖質ではないでしょうか。

多量の糖質を摂取すると、血糖値が急上昇し、その過程で脂肪が増えてしまうと言われています。

これを抑えるために効果的なのが血糖値の急上昇を抑える「糖質カットサプリ」です。

糖質カットサプリは、普通のダイエットサプリと比較しても安価なことが多く、今回紹介した「おにぎりダイエット」と組み合わせることで、より太りづらくすることができると言われているので、ぜひ試してみてください。

コンビニのおにぎりでもOK?

毎食おにぎりを作るとなると、どうしても作る時間や余裕がないときってありますよね。そんなときに、手軽におにぎりを食べられるのはコンビニかと思います。

コンビニのおにぎりは、ほとんどの場合、1個あたり110g前後なので、お米1合を炊くと約350gになるため、コンビニのおにぎり約3つ分が1合になる計算となります。

おにぎりダイエットは、1日に2合までというルールがあるので、コンビニでおにぎりを食べる場合は1食当たり1~2個にしましょう。

また、コンビニで行うおにぎりダイエットの場合、コンビニのおにぎりは冷えているためレジスタントスターチによる効果が向上するというメリットがあります。逆にデメリットとしては、コンビニの食事には保存料が入っており、食べ過ぎは健康には良くないので常食にはオススメしません。

そして、ここが一番注意すべき点で、具によってはダイエットの邪魔になるおにぎりがあるということです。

ここからは、コンビニで売っているおにぎりを「食べてOKなおにぎり」と「食べるとNGなおにぎり」に分類して紹介します。

ダイエット中もOKなおにぎり

  • 昆布
  • おかか
  • 納豆

これらのおにぎりはコンビニで販売しているおにぎりの中でも、脂質が低く、バランスよく栄養素が摂れるおにぎりです。

コンビニで人気の「さけおにぎり」や「ツナマヨおにぎり」を食べたくなる気持ちを抑え、バランスの良い食事を心がけましょう。

ダイエット中はNGなおにぎり

  • ネギトロ
  • さけ
  • 炒飯
  • たらこ
  • ツナマヨ
  • 肉類

基本的に「OKなおにぎり」以外(期間限定おにぎりなど含む)は食べることをオススメしません。

脂質が高く、栄養素が偏っているため体重の増加につながる可能性があります。注意しましょう。

美味しく食べられるレシピを紹介

ダイエットは、ストレスなく行うことが第一であり、不満足な食事はストレスにつながります。

同じおにぎりばかり食べていると満足できなくなるのは当たり前です。

おにぎりを美味しくアレンジして、満足ができる美味しいおにぎりを食べましょう。

温かい味噌おにぎり

温かい味噌おにぎりの材料(1個)

  • あたたかいごはん 100g
  • 味噌  小さじ1

温かい味噌おにぎりの調理方法

  • 1.あたたかいご飯をいつものようににぎります
  • 2.きれいに形を整えたら味噌を満遍なく付けます

個人的には、ご飯をにぎる前に予めみそをご飯に絡めておく調理方法もオススメです。

味噌には、脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」や、コレステロールを減少してくれる「レシチン」、便秘を解消してくれる「乳酸菌」などが含まれており、ダイエットに効果的と言われています。

おにぎりダイエットでは、冷やご飯のほうがダイエットには効果的と言われていますが、あたたかいご飯をおいしく食べることも大切です。

もち麦おにぎり

もち麦おにぎりの材料(おにぎり100g 9個分)

  • お米 2合
  • もち麦 150g
  • サラダ豆 100g
  • 塩昆布 適量
  • ゴマ 適量
  • 塩 適量

もち麦おにぎりの調理方法

  • 1.お米を洗い、いつもより気持ち多めに水を入れる
  • 2.もち麦を洗わずに米に入れてかき混ぜる
  • 3.炊飯器でお米を炊く
  • 4.炊き上がったら、お米ともち麦が均一になるようかき混ぜる
  • 5.サラダ豆と塩昆布とゴマを入れてかき混ぜる
  • 6.おにぎりをにぎる

個人的には、サラダ豆と塩昆布とゴマを入れず、お米ともち麦を塩で握って食べるのもオススメです。

サラダ豆ともち麦を使った健康的なおにぎりです。

また、もし作るのが面倒という時は、セブンイレブンやローソンなどではもち麦のおにぎりが置いてある場合もあるので、そちらもオススメです。

コーンの白だしおにぎり

コーンの白だしおにぎり材料(おにぎり1個分)

  • お米 100g
  • 冷凍コーン 50g
  • 白だし 小さじ1

コーンの白だしおにぎりの調理方法

  • 1.冷凍コーンをレンジの解凍モードで解凍(※しっかりと解凍しないと次の行程で弾け飛ぶ可能性があります)
  • 2.解凍したコーンをレンジで2分あたためる
  • 3.あたためたコーンを熱が均一に通るようスプーンで軽く混ぜる
  • 4.様子を見ながら30秒~1分あたため、混ぜるを繰り返す
  • (好みの状態までコーンの水分を飛ばす)
  • 5.あたたかいご飯に白だしを入れ、混ぜる
  • 6.コーンとご飯を混ぜて、ラップに包んで握る
  • (通常のおにぎりより崩れやすいため、強めににぎる)
  • 7.握り終わったおにぎりをラップで包んだまま、数分蒸らす

完成後にトースターで数分焼いて焼きおにぎりにするのもオススメです。

ダイエット中は甘いものを摂取する機会がなかなかありません。コーンの甘さで日ごろのストレスを緩和しましょう。

たまには甘さを摂取することも大切です。

おにぎりダイエットの体験談・口コミを紹介

ダイエットでは効果に個人差がつきものです。

おにぎりダイエット実践者のブログ・体験談を紹介するので、それを元にダイエット効果やその結果の個人差について見ていきましょう。

口コミ1「朝のおにぎりがきつかった」

おにぎりダイエット8日やりました。本当はもっと続けないといけないんですが、もう挫折します。もちろんダイエットは続けるので食べ物や運動は気をつけて頑張りますが、もう朝ごはんのおにぎりはなかなかきつかったです(笑)

この方は、朝、昼、夜とおにぎり+軽いおかずを摂取しています。

朝のおにぎりがつらいという理由で8日でおにぎりダイエットを断念したようです。

ブログの体験談を分析

おにぎりダイエットは、おにぎりがもともと好きではない方には向いていないかもしれません。

この方の場合、朝ごはんのおにぎりが苦痛だったためにおにぎりダイエットを断念しています。

無理しておにぎりを食べ続けても続かなくては意味がありません。

おにぎりが苦手だという方は、毎食おにぎりを摂取せず。朝食のみパンを食べるなど自分の食生活に合わせましょう。

何より大切なことは継続です。

口コミ2「間食を摂っても体重が減った」

最初の二日くらいは真面目に間食もせず、おにぎりとお味噌汁で過ごしていましたが、それ以降は少し間食したり、おかずに生姜焼きを少々食べたりしました。

おにぎりダイエットをして感じたこと

・どうしても減らなかった体重が減った!

・毎日お通じがある。

・それでも、更にドカンとお通じがある時がある(笑)ちゅー

・忙しくても続けやすい

・タンパク質不足を感じる

・おかずをたくさん食べたい時もある

・間食ができなくてツラい(してたけど滝汗)

この方は、シフォンケーキやヨーグルトを間食で摂っているにも関わらず体重が減っています。

どうしても減らなかった体重が減った、お通じが良くなった、忙しくても続きやすいというメリットも挙げていました。

逆に、タンパク質不足、おかずを食べたくなる、間食したくなるといったデメリットも挙げています。

ブログの体験談の分析

おにぎりダイエットは毎食おにぎりを口にしているため、どうしても口が寂しくなってしまう場合があります。

その結果、この方のように間食などを摂ってしまいます。

体験者さんの場合は体重が増えずに済みましたが、間食により体重が増えてしまう恐れは十分に考えられます。

もし、口が寂しくなった場合は、油などに気を遣ったおかずを摂取し、食べたいという気持ちを抑止し、間食を防止しましょう。

口コミ3「ダイエットは健康に合わせることが大事」

すべては目安ですし、自分の健康状態に合わせてください。イライラしながらダイエットするのは周りにも迷惑だしね。虚弱な人がやるのはお勧めできません。貧血など体がフラフラ来るような状態では痩せても意味ないのでね。

そして、結論を言うと、わざわざおにぎりにしなくても、ご飯そのものを食べてもなんら変わりはないので、チャレンジください。ただ、持ち歩きとか、食べた量の目安になるかなってところです!

このブログではおにぎりダイエットを成功させるにあたっての秘訣が述べらています。

おにぎりダイエットは、普段取り過ぎている脂質や糖質を抑え、減量につなげることが目的です。

一番のポイントとしては、「自分の健康状態に合わせる」ということが挙げられています。

自分の体に負担をかけたり、周りの人に迷惑をかけない範囲でダイエットに取り組みましょう。

ブログの体験談を分析

ブログ内でも述べられていますが、イライラせずダイエットすることが大切です。

周りの人にも迷惑をかけてしまいますし、自分の体にもよくありません。

また、自分の環境にも配慮してダイエットを実施することも大切です。

例えば、受験勉強中であるにも関わらずダイエットを実施することはNGです。

勉強も運動と同様に多くのカロリーを消費するため、場合によっては倒れてしまうこともあります。注意しましょう。

おにぎりダイエットならストレスなく痩せやすい!

今回は、おにぎりダイエットの正しいやり方・効果を高める方法、失敗しないための注意点などを紹介しました。

おにぎりダイエットは、理論上、無理なく痩せることができるダイエット方法です。しかし、記事内でも述べたように人によって最適なダイエット方法は異なります。

おにぎりが好きな人にとっては最適なダイエット方法ですが、逆におにぎりが嫌いな人にとっては適さないダイエット方法です。

何も無理して毎食おにぎりを摂取する必要はありません。自分としっかりと向き合い、ストレスのないダイエットを実施しましょう。

また、おにぎりダイエットの効果を最大限に高めたい場合は、糖質カットサプリや冷えたご飯という方法も取り入れて見ることをおすすめします。

無理なく、ストレスのない「おにぎりダイエット」をぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集