shutterstock_666945691

グリーンスムージーはダイエット効果なし?成功する痩せたやり方と注意点

グリーンスムージーダイエットは、置き換えダイエットなどで人気の高いダイエット法ですが、やり方・方法を間違えると太る可能性があります。今回は、実際にグリーンスムージーダイエット成功させた痩せたやり方を紹介。おすすめの商品、効果を高めるコツ、注意点なども紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーンスムージーにダイエット効果はある?

グリーンスムージーは、生の野菜と生の果物をミキサーで混ぜてスムージー状にしたもので、ダイエット効果があると注目を集めています。

ただし、グリーンスムージーダイエットには注意点がいくつかあり、正しく理解して実践ないと、痩せることができません。

そこで今回は、グリーンスムージーダイエットの成功させるやり方を紹介します。

この記事では他にも、次の内容についてまとめてありますので、参考にしてください。

  • グリーンスムージーダイエットの効果
  • グリーンスムージーダイエットを成功させるやり方
  • グリーンスムージーダイエットの粉末タイプでオススメの3商品
  • グリーンスムージーダイエットを成功させるための注意点
  • グリーンスムージーダイエットの効果を高める方法
  • グリーンスムージーダイエットのよくある質問

それでは順番に見ていきましょう。

グリーンスムージーダイエットの効果

海外モデルではレディ・ガガさんが「-13kg」、国内の芸能人でもタレントの優香さんが「-7kg」、グリーンスムージーを飲んでダイエットに成功したそうです。

グリーンスムージーには、生の野菜から摂れるダイエット成分が豊富に含まれているので、まずはそのダイエット効果から確認していきます。

1、代謝を上げる

グリーンスムージーを飲むと、生の野菜に含まれる「酵素」を摂取することができ、体の消化機能をサポートしてくれます。

そして、体内にもともとある「体内酵素」を合成・活性化してくれるので、代謝アップが期待できるとされているのです。

特に体内酵素は、年齢を重ねるごとに生産量が減少し、40代になると20代の半分の量しか生産できないと言われています。

また、酵素は熱に弱い性質を持っているので、加熱した食事が多い現代の生活では、酵素不足になりやすいのです。

生野菜の酵素を簡単に摂取できることが、グリーンスムージーダイエットのポイントになっています。

2、便秘を解消する

ダイエット中はどうしても便秘になりやすく、悩んでいる方もいると思いますが、これは食事制限により、腸のはたらきが鈍くなってしまうためです。

便秘の期間が長く続くと、腸内環境が悪くなってしまい、痩せにくい体質になってしまうため注意する必要があります。

しかし、グリーンスムージーダイエットならば、飲むと同時に豊富な食物繊維を摂取するため、便秘を解消する効果が期待できるのです。

便秘を解消すれば、ぽっこり出てしまった下腹をへこませることも可能であり、見た目が随分変わるでしょう。

また食物繊維は、胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ、満腹感を得やすくなるので、ダイエット中でも空腹が辛いと感じることは起きづらくなると思います。

3、むくみを改善する

生活リズムが崩れていたり、運動する習慣がなかったりすると、むくみやすい体になり、太って見えてしまいます。

そんなむくみが気になる方も、グリーンスムージーダイエットを成功させることで、改善することができるのです。

グリーンスムージーからは、利尿作用のある「カリウム」や、血液をサラサラにする「クロロフィル」という成分も摂取することができます。

そのため、グリーンスムージーを飲むと、トイレに行く回数が増えて、体の毒素をどんどん排出するため、デトックス効果を期待できるのです。

特にむくみは、セルライトの原因になるとも言われており、一度セルライトになってしまうと落とすのは大変なので、グリーンスムージーで予防しておきましょう。

グリーンスムージーダイエットを成功させるやり方・方法

ではここから、グリーンスムージーでダイエットを成功させるやり方を紹介していきます。

ポイントを3つまとめているので、ぜひマスターしてください!

1、置き換えダイエットをする

グリーンスムージーダイエットを成功させるやり方は、置き換えダイエットにすることですが、どの食事を置き換えるのが良いと思いますか?

多くの方が「朝食」をグリーンスムージーと置き換えると答えそうですが、実は代謝を高める目的であれば、「昼食」をグリーンスムージーに置き換えるやり方がベストです。

もし、昼食に置き換えることができないなら、「夕食」と置き換えるようにしてください。

なお、グリーンスムージーで置き換えダイエットをすると、栄養バランスが偏りやすくなります。

特に「タンパク質」が不足してしまうと、筋肉の量も減ってしまい、逆に痩せにくい体質になってしまうので、他の食事で補うように意識しましょう。

2、噛むようにして飲む

グリーンスムージーダイエットは液体なので、どうしても噛む回数が減ってしまいますが、ぜひ噛むようにして飲んでください。

これは、噛むようにして飲むことで唾液がたくさん分泌され、グリーンスムージーの栄養を吸収しやすくする効果があるためです。

また満腹中枢が刺激されることによって、スムージーを飲んだ後に満腹感や満足感を得ることができ、ダイエットの辛さを軽減してくれると思います。

忙しくて時間がない時は、ついついグイッと飲んでしまいがちですが、噛むことを意識するだけでグリーンスムージーのダイエット効果が変わるので、ぜひ取り組んでください。

3、材料の皮も入れてグリーンスムージーを作る

野菜や果物は、皮の部分にも栄養が豊富に含まれているので、グリーンスムージーを作るときは、皮ごとミキサーに入れるのがオススメです。

農薬などが気になる方は、事前にしっかり洗っておくか、少し費用は高くなりますが有機野菜を選ぶようにしましょう。

しかし本当に皮を食べて良いのか、判断に困る野菜や果物もあるようで、特に「キウイ」の皮について悩んでいる口コミがたくさん見られました。

キウイの皮は毛がびっしりですが、ポリフェノールや食物繊維が多く含まれており、モデルのダレノガレ明美さんも皮ごと入れているので、捨てたいと思っても入れましょう。

キウイの毛の落としたい方は、固めのスポンジでゴシゴシするか、事前に冷凍しておくと、ミキサーでしっかり粉々にすることができますよ。

グリーンスムージーダイエットの粉末タイプもオススメ

先ほど自分で作る際は、果物の皮ごとミキサーにかけるとお伝えしましたが、自分で作るのが面倒という場合は、粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめです。

粉末タイプだと、「美味しくなさそうだし高くなりそう」と思うかもしれませんが、むしろ逆です。手作りで作ると結構な材料が必要になるので高くつきますし、栄養バランスも考慮されていないので効率良くダイエットができません。

ただし、スーパーなどの市販で売られているグリーンスムージーの粉末タイプは、ダイエット向けではないので、あまり痩せる効果を期待することができません。

ここで紹介しているグリーンスムージーなら、評判も高く、ダイエットに成功している方もたくさんいるので安心してください。

ミネラル酵素グリーンスムージー

このミネラル酵素グリーンスムージーは、人気No.1の口コミ評価と言っても過言ではないほど評判の良いグリーンスムージーです。また人工甘味料を使用せず、自然の甘さのみで作られているので、安心して飲むことができます。

グリーンスムージーの味は、「マンゴー」「アサイーバナナ」「はちみつレモン」「豆乳抹茶」の4種類で、自分の好みに合わせて選ぶことができるのもポイントです。

さらに、栄養バランスにもこだわり、1食分のビタミンの他にも、ミネラル・食物繊維・202種類の植物発酵エキスを摂取できるので、栄養の偏りが気になる方にもオススメします。

お試し用であれば、通常価格の「2138円(税込)」で購入できますが、月に1袋の定期コースで注文すれば、初回価格が「1711円(税込)」になり、2回目以降も「1925円(税込)」です。

効果の高さ、値段のコストパフォーマンスで選ぶのであれば、次に紹介するネイチャーリズムよりもミネラル酵素スムージーの方が良いでしょう。

ネイチャーリズム

楽天の総合ランキングやアットコスメの口コミランキングで1位をとり、多くの女性から認められているものが、「ネイチャーリズム」のグリーンスムージーです。

ネイチャーリズムには「チアシード」や「バジルシード」などのスーパーフードが含まれており、水分を吸収すると約10倍に膨らむと言われています。

そのため1杯飲んだだけでも満腹感を得るので、無理なく食事と置き換えて、グリーンスムージーダイエットができるというわけです。

実際に飲んだ方の「97%」がダイエット効果を、「94%」が便秘の解消効果を実感しており、満足度の高いグリーンスムージーになっています。

通常価格は1袋「4587円(税抜)」ですが、定期継続コースを注文すると、初回の費用は「690円」のみで、2回目以降は「4128円(税抜)」で購入できるのでお得です。

チラリッカ

ほうれん草には、「チラコイド」というダイエット成分が含まれ、海外セレブの間でも注目を集めています。

チラコイドには脂肪の吸収を抑える効果があるだけでなく、満腹ホルモンを分泌して食欲を抑える効果もあるので、ダイエット中のストレスを軽減してくれるのです。

そんなチラコイドを、特殊な方法で抽出して作られたスムージーが「チラリッカ」で、ほうれん草を使ったグリーンスムージーを飲むよりも、多く摂取することができます。

お試し用の2週間分は「4980円(税別)」で、定期継続のコースにすると、初回「980円(税抜)」、2回目以降は1ヶ月分「8000円(税抜)」なので、少し費用がかかってしまうかもしれません。

ですが、チラリッカのカロリーは「約17kcal」で、ネイチャーリズムの「約19kcal」やミネラル酵素グリーンスムージーの「約22kcal」よりも低くなっています。

高カロリーな食事になりがちな方は、チラリッカでぜひ摂取カロリーを抑えるようにしてください。

グリーンスムージーダイエットを成功させるための注意点

グリーンスムージーダイエットを成功させるためには、いくつかのやり方を守る必要があるので、注意点を確認してから実践するようにしてください。

1、短期間では効果が出ない

グリーンスムージーダイエットは、短期間で劇的に痩せるダイエット方法ではないので、長期的な目標を立てるようにしましょう。

口コミを見てみると、ほどんどの方が最低でも1ヶ月続けて、大体「-2kgから-3kg」のダイエット効果を実感しているそうです。

ただ個人差もあるので、まずは3ヶ月間、グリーンスムージーダイエットを続けることを目標にするのがいいと思います。

もし緊急で痩せる必要がある場合、短期間でも痩せるグリーンスムージーダイエットのやり方を、「よくある質問」にまとめていますので、目を通してみてください。

2、常温に置いてから使う

グリーンスムージーダイエットは、「体を冷やしやすい」という注意点をよく見かけますが、それは材料が冷えているためです。

野菜や果物のほとんどは冷蔵保存なので、冷蔵庫から出してすぐに作ると、グリーンスムージーも冷たくなってしまい、体を冷やす原因になってしまいます。

それを防ぐためにも、事前に材料を冷蔵庫から出し、常温にしてからスムージーを作るのが、グリーンスムージーダイエットを成功させるやり方です。

ただこの作業は少し面倒だと思うので、その場合は粉末タイプのグリーンスムージーでダイエットをする方が良いでしょう。

粉末タイプであれば作るのも簡単で、体を冷やす心配をする必要もないので、無理なくダイエットができると思います。

3、体を冷やす果物を控える

グリーンスムージーダイエットで体を冷やしてしまうのは、「スムージー自体が冷たい」だけでなく、「使う材料」にも原因があります。

体を冷やす果物

  • マンゴー
  • パイナップル
  • パッションフルーツ など

特にグリーンスムージーに入れる果物で、「マンゴー」や「パイナップル」など、南国さんのトロピカルフルーツに分類されるものは、体を冷やすと言われています。

体を冷やしてしまうと内臓の機能が低下してしまい、代謝も悪くなって痩せにくくなります。

ダイエット目的で飲むグリーンスムージーならば、体を冷やす果物をなるべく控えるようにしましょう。

4、太りやすい野菜・果物は控える

野菜や果物の中にも、カロリーが高いもの・糖質が高いものがあるので、何も考えずにグリーンスムージーを作ると、逆に太ってしまうかもしれません。

太りやすい野菜・果物

  • アボカド
  • バナナ
  • にんじん
  • そら豆
  • コーンなど

グリーンスムージーの材料の中でも、100gあたりのカロリーが高いものは、バナナ「86kcal」、アボカド「187kcal」などがあります。

また100gあたりの糖質を見てみると、にんじん「6.5g」、そら豆「13g」、コーン「15.5g」などは糖質の高い野菜です。

こちらの野菜や果物も、グリーンスムージーダイエットでは、あまり入れないようにしてください。

グリーンスムージーダイエットの効果を高める方法

グリーンスムージーでダイエットをする時に、ここで紹介する方法を実践すれば、効果をさらに高めることができますので、ぜひマスターしてください。

1、8時間ダイエットをする

グリーンスムージーダイエットは、「8時間ダイエット」との相性が良いので、組み合わせて行うと効果を高めることができます。

8時間ダイエットとは、1日の食事3回分を8時間以内に食べ終えて、残りの16時間は一切食べないというダイエット方法です。

この8時間ダイエットには、痩せる効果が高いというメリットがある一方で、何も食べない時間が長く、空腹感に襲われてしまうというデメリットもあります。

そこでお腹が減った時に、満腹感のあるグリーンスムージーを飲むことで、辛い空腹を抑えることができるのです。

また、野菜の酵素や食物繊維を一緒に摂取することができるので、8時間ダイエットの効果をさらに高めてくれるでしょう。

ただしグリーンスムージーを飲んだ後、40分間から1時間は食べない方が良いので、それだけは守ってダイエットしてください。

2、ホットスムージーにして飲む

体を冷やしがちなグリーンスムージーですが、ホットスムージーにすることで、その問題を解決することができます。

むしろ体を温める効果や、腸の調子を整える効果が期待できるので、グリーンスムージーダイエットにはぴったりです。

作り方も簡単で、グリーンスムージーをコップに入れて、500Wで1分から2分、レンジでチンするだけになっています。

ただしグリーンスムージーを温めてしまうと、野菜の酵素が失われてしまうデメリットもあるので、酵素を摂取することが目的ならばそのままで飲みましょう。

3、オススメのグリーンスムージーに入れる野菜・果物

先ほども紹介しましたが、野菜や果物の中には体を冷やしてしまうもの、太りやすいものがあるので、グリーンスムージーに入れる材料のオススメを紹介します。

グリーンスムージーにオススメの野菜・果物

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 水菜
  • レタス
  • みかん
  • いちご
  • バナナ
  • りんご

グリーンスムージーに入れる野菜では「ほうれん草」が1番オススメで、ダイエット効果が高く、味のクセも少ないという特徴があります。

グリーンスムージーに入れる果物では、みかんやいちごをオススメします。

バナナやりんごも食物繊維が豊富で、飲みやすい味のスムージーが出来上がりますが、糖質は他の果物よりも高いので、なるべく避けた方が良いでしょう。

4、粉末タイプのグリーンスムージーを飲む

先ほども紹介しましたが、粉末タイプの青汁があるように、グリーンスムージーにも粉末状のものがあります。

粉末タイプのグリーンスムージーであれば、体が冷えることを心配する必要がないのでオススメです。

また毎日グリーンスムージーを作る手間や、ミキサーの後片付けをする手間も省けるので、忙しい方や手軽にダイエットしたい方も、粉末タイプを選ぶと良いでしょう。

粉末タイプでおすすめのグリーンスムージーは、先ほど紹介した3つなので、それぞれ値段や特徴から、自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

グリーンスムージーダイエットの良くある質問

グリーンスムージーダイエットの良くある5つの質問について、CALORI編集部が調査してきましたので、ぜひ一度目を通してみてください。

1、グリーンスムージーとレッドスムージーとの違いは?

グリーンスムージーは緑色の葉物野菜を使っているのに比べて、レッドスムージーは赤色の野菜を使用しています。

レッドスムージーに使われる野菜や果物には、「トマト」「いちご」「りんご」などがあり、ビタミンC・ビタミンE類・ポリフェノールを多く摂取することができるのです。

そのためレッドスムージーには、「紫外線から守る効果」や「アンチエイジング効果」が期待できるでしょう。

なので、グリーンスムージーがダイエット向きである一方、レッドスムージーは美容向けということになります。

もちろん一定のダイエット効果は見込めますが、スムージーダイエットをより成功させるためには、グリーンスムージーを選ぶようにしてください。

2、グリーンスムージーに使う野菜・果物の種類はどれくらい?

グリーンスムージーに使う材料の種類は、大体3種類から5種類ぐらいで大丈夫です。

グリーンスムージーダイエットでは、たくさん種類を入れるよりも、栄養が偏らないようにすることの方が大切なので、少しずつメニューを変えるようにしましょう。

美味しいスムージーのバランスは、野菜と果物が「4:6」の割合になるように混ぜることなので、ぜひ試してみてください。

また、次のように材料を選ぶのも良いと思います。

  • 葉物野菜 1種類
  • 酸味の果物(柑橘系) 1種類
  • 甘みのある果物 1種類

バナナを入れれば「ねっとりしたスムージー」に、りんごを入れれば「さっぱりしたスムージー」になるので、自分の気分に合わせて変えてみてください。

 3、グリーンスムージーは作り置きして良い?

グリーンスムージーダイエットでは、グリーンスムージーの作り置きをしないようにしましょう。

作ってから時間が経過したグリーンスムージーは、酸化によって栄養が分解されて、酵素のはたらきも弱まってしまうと言われているので、ダイエットにあまり良くありません。

基本的には、作ったグリーンスムージーをすぐに飲むのが1番ですが、前日の夜に作っておく分にはギリギリ大丈夫です。

出来立てにこだわりたい場合は、前日に材料を切るなどの下準備だけしておいて、朝ミキサーにかけるというやり方でも良いと思います。

もし、忙しくて難しいようなら、粉末タイプのグリーンスムージーを試してみてください。

4、3食全てグリーンスムージーにするダイエットは短期間で痩せる?

3食全てをグリーンスムージーにするダイエットは、確かに痩せることができますが、栄養バランスが偏ってしまいます。

特にタンパク質が不足しがちで、筋肉を落としてしまう原因にもなるので、あまりオススメはできません。

どうしても急遽、痩せる必要がある場合は、食事の摂取量を少しずつ減らしていき、しっかりとダイエットの準備してから行うようにしましょう。

準備ができたら、食事の代わりにグリーンスムージーを「1日1~1.5リットル」を目安にして飲み、数日間続けてください。

ダイエットに成功したら、その後は胃の負担にならないような食事を心がけ、徐々に普段通りに戻していくと良いでしょう。

5、冷凍野菜でグリーンスムージーを作るのは?

冷凍野菜であれば、野菜をいつでも手軽に購入することができるので、グリーンスムージーにはぴったりです。

特にオススメなのが冷凍のほうれん草で、旬である冬の時期でなくても、安く手に入れることができます。

ここで1つ心配なのが野菜の酵素ですが、酵素は冷凍をするとはたらきが止まり、解凍すると元に戻るので、心配する必要はありません。

ただし冷凍野菜を使うと、グリーンスムージーが冷たくなってしまうので、解凍してから使うと良いでしょう。

レンジで温めたり湯がいたりしてしまうと、酵素のはたらきが失われてしまうので注意してください。

グリーンスムージーダイエットの効果的なやり方のまとめ

今回はグリーンスムージーダイエットの成功させるやり方を紹介しました。

グリーンスムージーダイエットでは、生野菜のダイエット成分を豊富に摂取することができますが、間違えると痩せれないので、注意点と成功させるやり方をしっかり確認しておきましょう。

特に今回紹介した粉末タイプのグリーンスムージーならば、手軽で評判も良く、高いダイエット効果を期待できます。

満腹感を得て無理なくダイエットをしたい方は「ネイチャーリズム」、コストパフォーマンスを気にしたい方は「ミネラル酵素グリーンスムージー」、カロリーを抑えたい方は「チラリッカ」がオススメです。

ぜひ自分にあったグリーンスムージーを見つけて、ダイエットを成功させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集