salada2

ベジファーストの正しいやり方と落とし穴【間違えがちなやり方に注意】

野菜を先に食べるだけで血糖値の上昇を防ぎ太りづらくする「ベジファースト(ベジタブルファースト)」。ベジファーストは効果的な方法ですが、多くの方が方法を間違えています。今回は正しい方法、やりがちな間違えたやり方、効果を高めるポイントなどを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベジファースト(ベジタブルファースト)は間違えやすい?

「ベジファースト」は、ベジタブルファーストの略で、ご飯を食べる時に野菜から食べる方法のことです。

時間もかからず、手軽にできるダイエット方法なので、普段の食事から食べる順番を気にされている方もいるのではないでしょうか。

しかし、このベジファーストには間違えがちな落とし穴があり、やり方を勘違いしている方がたくさんいます。

ただ先に野菜を食べるという方法では、痩せることができないどころか、太ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

そこで今回は、ベジファーストの間違いがちな注意点についてまとめてみました。

数々のダイエット本を出版している森拓郎さんのやり方を参考に、ベジファーストの正しいやり方やダイエット効果についても紹介しているので、ぜひマスターしてください!

ベジタブルファースト(ベジファースト)のダイエット効果

食事中にベジファーストを意識するだけで痩せることができると言われていますが、その理由は大きく3つあります。

1、血糖値が上昇しにくく、脂肪の吸収を抑える

ベジファーストの食事では、食物繊維が豊富に含まれている野菜を、糖質の多い炭水化物よりも先に食べることになります。

食物繊維には小腸の消化・吸収を抑える効果があるので、そのあとに炭水化物を食べても、血糖値の上昇を緩やかにすることができるのです。

血糖値の上昇が緩やかになると、糖を脂肪に変えて蓄える性質をもつ「インシュリン」の分泌を抑えることができます。

インシュリンは、血糖値が急激に上昇するほど余分に分泌されるので、ベジファーストを意識することでこれを防ぐことができ、太りにくくなるというわけです。

2、どか食い予防

ついついしてしまうどか食いも、実は血糖値の上昇が影響しているのです。

血糖値が急上昇するほど、下がる時も急降下してしまうのですが、この下がり方が急になるほど、食欲を感じやすくなります。

早食いや糖質の多いものをたくさん食べた後、時間が経ってから余計にお腹が空いたり、甘いものを食べたいと感じたりするのは、これが理由です。

ベジファーストの食事をすれば、血糖値の急上昇を抑えることができるので、ダイエット中のどか食いを防ぐことができます。

また野菜に含まれる水溶性の食物繊維は、満腹感を得やすいので、無理なく痩せることができるでしょう。

3、お通じを良くする

ダイエット中はお通じが悪くなりがちで、悩んでいる方もいると思いますが、ベジファーストを意識すると、野菜の食物繊維がお通じを良くしてくれます。

実はダイエットには腸内環境も大切で、お通じが悪い状態が続くと代謝も下がってしまい、痩せにくい体質になってしまうのです。

そこでベジファーストの食事をすることで腸の動きが良くなり、腸内環境を整えることができるので、体のデトックス効果を高めることができます。

またぽっこりお腹を改善する効果も期待できるので、下腹が気になる方も、ベジタブルファーストを試していただきたいです。

一般的なベジファーストのやり方

正しいベジファーストのやり方の前に、一般的なベジファーストのやり方を紹介しますので、自分の食べる順番を振り返ってみましょう。

よく言われているベジファーストは、「サラダ」、「肉」、「ご飯」の順番で食べる方法だと思います。

これは、食物繊維の豊富な野菜を先に食べることで、肉類や炭水化物に含まれる、糖質の吸収を抑える目的があるからです。

一方、正しいベジファーストのやり方では、野菜を先に食べて炭水化物を後に食べるという順番は、同じになっています。

しかし、ただ先に野菜を食べれば良いわけではないところが今回のポイントなので、ぜひ次の注意点を確認してください。

ベジファーストの落とし穴(注意点)

ではここから、ベジファーストの間違えがちな落とし穴を3つ紹介しますので、ぜひマスターしてください!

1、先に野菜を食べれば良いわけではない

先ほども説明した通り、ベジファーストはただ先に野菜を食べても痩せることはできないのですが、それは時間が関係しています。

野菜を先に食べると、「インクレチン」という体内の物質が刺激され、インシュリンを分泌する準備をするようになります。

この準備がしっかりできていると、血糖値の上昇も抑えることができるのですが、ベジファーストの後すぐに食べ続けると、インシュリンの準備が間に合いません。

そのため野菜を食べた後には、少し時間を空ける必要があります。

これは森 拓郎さんのベジファーストの方法で、あとでベジファーストの正しいやり方としてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

2、早食いによる食べ過ぎを防ぎたいなら、ベジファーストよりも肉ファースト

実は、早食いによる食べ過ぎが原因で太ってしまっている場合、「ベジタブルファースト」よりも、「肉ファースト」の方が痩せられるというのを、知っていましたか?

これは、噛みごたえのある肉類を先に食べることで噛む回数を増やし、早めに満腹中枢を刺激して、どか食いを防ぐことができるからです。

このように、太る原因が糖質の摂りすぎではない場合は、ベジファーストを意識しても痩せることはできませんので、自分が太る原因を改めて考え直してみましょう。

むしろベジファーストを実践していることの安心感から、食事が早食いにならないように注意してください。

3、太りやすい野菜がある

野菜の中には、「痩せやすい野菜」と「太りやすい野菜」があるので、ただサラダを食べるのではなく、ベジファーストの野菜も種類を考える必要があります。

太りやすい野菜

  • 芋類・トウモロコシ・カボチャ・ニンジン・レンコン・タケノコ・玉ねぎなど

痩せやすい野菜

  • 葉物野菜・きのこ類・ピーマン・きゅうり・大根・トマト・ゴボウ・オクラなど

太りやすい野菜の中には、でんぷん質を多く含んでいる芋類の他にも、ニンジンや玉ねぎなどが含まれています。

しかし全く食べないとなると栄養バランスが偏ってしまうので、食べる量は調整してください。

ベジタブルファーストの正しいやり方とポイント

ここで紹介しているベジファーストの正しいやり方やポイントは、森 拓郎さんの意見を参考にしてまとめています。

1、ベジファーストは15分空ける

野菜を食べてから少し時間を空ける必要があることは、先ほど説明した通りですが、ベジファーストで痩せるためには、「15分」空けるのが正しいやり方です。

これは、インクレチンが刺激されて効果が現れるまでに数分~15分程度かかるからで、森 拓郎さんも解説していました。

インクレチンにはインシュリンを準備体制にするだけでなく、食欲を抑制する効果もあると言われているので、ベジファーストではその効果を最大限活かすようにしてください。

また一般的に、食事を始めてから20分程度で、満腹中枢も刺激されると言われているので、ベジファーストで15分空けることで、自然と食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。

2、1日に食べる野菜の量は350g

この「350g」という量は、厚生労働省が推奨している1日の野菜の摂取量で、具体的には淡色野菜を「230g」、緑黄色野菜を「120g」としています。

今ではコンビニでも手軽にサラダを購入でき、「1日分の半分の野菜が取れる」などと紹介されているものもあります。

しかし野菜の種類も意識しないと、ベジファーストの意味がないので注意してください。

具体的には、痩せやすい野菜に含まれるきのこ類や葉物野菜に加えて、海藻類や豆類も一緒に摂ると良いそうです。

野菜の量だけでなく種類も考えて、ベジファーストを成功させましょう!

ベジファーストは野菜ジュースやプロテインでも代用できる?

ベジファーストは簡単にできますが、野菜は季節によって値段が高くなり、正しいベジファーストのやり方も、少し面倒に感じる方がいると思います。

その場合は、ベジファーストを野菜ジュースで代用しても大丈夫です。

むしろ、ベジファーストでは15分の時間を空ける必要がありましたが、野菜ジュースならば「5分」程度で良いと、森 拓郎さんは仰っています。

また、プロテインでも代用が可能で、プロテインを飲んでもインクレチンを刺激するという研究結果があるそうです。

野菜ジュースだと糖分や塩分が気になる方もいると思うので、その場合はベジファーストの代わりに、プロテインを飲んでみてください。

ベジファーストがどうしても難しいなら、糖質カットサプリもおすすめ!

ダイエット中でも人との付き合いで、外食の機会が多くなってしまうこともあると思います。

高カロリー・高糖質の食事になりがちなので、もしそれでベジタブルファーストが難しいようなら、糖質カットサプリもおすすめです。

糖質カットサプリは、食べる前に飲むだけで脂肪の吸収を抑える効果があり、ベジファーストよりも簡単に痩せることができると言われています。

1番のおすすめは「大人のカロリミット」というサプリで、この中には脂肪燃焼効果も含まれているため、より高いダイエット効果を期待できるでしょう。

どうしてもベジファーストができない場合は、糖質カットサプリをぜひ試していただきたいです。

大人のカロリミットであれば、4週間分の量を1000円(税込)で試すことができ、単発での購入なので、気に入らなかったら辞めれば良いだけなので、安心です。

ベジファーストで、健康的に痩せましょう!

今回はベジファーストの正しいやり方や、間違えがちな落とし穴についてまとめてみました。

ベジファーストは、ただ野菜を先に食べればいいと勘違いをしていると、ダイエット効果が現れにくくなってしまいます。

今回紹介したように、ベジファーストのあとは「15分」空けること、野菜の摂取量や種類にも気をつけることを意識していきましょう。

また、ベジファーストは野菜ジュースやプロテインでも代用ができ、忙しい方には糖質カットサプリがおすすめです。

特に「大人のカロリミット」ならば、ベジファーストと組み合わせることで、高いダイエット効果を期待できるので、まず試しに飲んでみるのはいかがでしょうか。

ベジファーストを食事で意識して、無理せず健康的に痩せましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集