shutterstock_370094561

鶏ささみ1本のカロリーは?食べ過ぎると太る?痩せる正しい食べ方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット食品とされる鶏ささみを食べると痩せれる?太る?

鶏のささみといえば、肉の部位ではありますがヘルシーで、ダイエットにも良い食品として有名で、ダイエット中に食べているという方も多いのではないでしょうか?

そんなダイエットに良いとされる鶏ささみですが、鶏ささみは確かにダイエットに良いのですが、意外な落とし穴があると言われており、正しい食べ方をしないと反対に太ることにつながってしまうのです。

今回は鶏ささみのカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介していきます。

鶏ささみ1本のカロリー

鶏ささみ1本のカロリーは、「約45kcal」で、100gあたりに換算すると「約105kcal」とされています。

ささみ以外の鶏肉のカロリー(100gあたり)

  • 鶏もも肉:約200kcal
  • 鶏むね肉:約191kcal
  • 手羽先:約211kcal

このように比較してみても、鶏ささみのカロリーが低いということがわかります。

鶏ささみ1本の糖質量

鶏ささみ1本の糖質量は、「約0.1g」で、100gあたりに換算すると「約0.2g」とされています。

ささみ以外の鶏肉の糖質量(100gあたり)

  • 鶏もも肉:約0.2g
  • 鶏むね肉:約0.2g
  • 手羽先:約0.2g

鶏ささみの糖質量は非常に少なく、糖質制限ダイエットに向いていると言えるでしょう。

鶏ささみで期待できるダイエット効果

鶏ささみがダイエットに良いということはわかっていても、具体的にどのようなダイエット効果があるのかを知っているかは少ないと思います。

ここからは、鶏ささみで期待できるダイエット効果について紹介していきます。

1、たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

鶏ささみには、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、筋肉の強化をサポートしてくれる働きがあると言われており、アスリートの方にも良く摂取されています。

たんぱく質によって筋肉が強化されると、体の基礎代謝が高まり、その結果痩せやすい体を手に入れることができるとされているのです。

2、ダイエット中でも肉が食べれるという満足感がある

ダイエット中は食事の量を減らしたり、カロリーや糖質が高い食べ物を食べてはいけないという思いから、かなりのストレスが体にかかっていると言われています。

そのストレスから反対に太ってしまうということもあるのですが、一方で鶏ささみは、一般的にダイエット中に食べるのはNGとされているお肉を、ダイエット中でも食べることができるので、ストレスを感じにくいのです。

鶏ささみでダイエットする際の意外な落とし穴…

鶏ささみでダイエットをする際の意外な落とし穴として、ビタミンB群が不足して代謝が落ちてしまう可能性があるということが挙げられます。

ささみには、脂肪や糖の燃焼を担っているビタミンB群がほとんど含まれておらず、ささみばかり食べ続けてしまうと、体の基礎代謝が落ちてしまうのです。

毎食ささみなど、栄養バランスが偏った食事はやめるようにしましょう。

鶏ささみダイエットを行う際の注意点

鶏ささみダイエットには、その他にもいくつか注意点があり、それらもきちんと頭に入れて食べなくてはいけません。

1、調理の仕方によっては高カロリー・高糖質になる

鶏ささみの注意点として、調理の仕方によっては高カロリー・高糖質になるという点が挙げられます。

先ほども紹介したように、鶏ささみ自体は低カロリー・低糖質なのですが、焼いたり揚げたり、味付けを濃くしたする調理法にすることで、高カロリー・高糖質になってしまう場合もあるのです。

2、肉の中でも軽い食べ応えのため、ついつい食べ過ぎてしまう

鶏ささみの注意点として、ついつい食べ過ぎてしまうということも挙げられます。

鶏ささみは肉の中でも淡白な味わいで脂肪分も少なく、軽い食べ応えのため、ついつい食べ過ぎてしまうという方も多いです。

いくら低カロリー・低糖質な鶏ささみとはいえ、食べ過ぎてしまったら太るのは言うまでもありません。

3、腹持ちが悪いので間食をしてしまいがち

鶏ささみの注意点として、腹持ちが悪いという点も挙げられます。

鶏ささみは腹持ちが悪いので、すぐにお腹が空いてしまい、その結果間食をすることで、摂取カロリーが多くなってしまい、太るということに繋がるのです。

鶏ささみダイエットの正しい方法

では、鶏ささみはどのように食べると痩せることができるのでしょうか?

ここからは、鶏ささみダイエットの正しい方法を紹介していきます。

1、3食のうち1食と置き換える

1日3食のうち、1食を鶏ささみに置き換えるという方法をおすすめします。

3食のうち1食を鶏ささみに変えることで、単純に摂取カロリーを少なくできるだけでなく、鶏ささみによるダイエット効果を期待できるので、痩せることができるのです。

毎食鶏ささみにした方がすぐ痩せれるのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、先ほども紹介したように、鶏ささみを食べ過ぎてしまうと代謝が落ち太りやすくなり、さらに栄養バランスも偏ってしまい、太ってしまうと言われています。

2、1食で3本食べるのが理想

鶏ささみダイエットの正しい方法として、1食で3本食べることもおすすめです。

1本や2本だとやはり足りなく、結局間食をしてしまったり、食事の量が増えてしまったりするので、太る原因になります。

3本食べることで、摂取カロリーは150kcalほどになりますが、それでも摂取カロリーは抑えられているため、おすすめです。

3、他の2食では栄養バランスの取れた食事をする

1食を鶏ささみに置き換えたら、他の2食はきちんと栄養バランスの取れた食事を食べるようにしましょう。

1食を鶏ささみにし、他の2食までダイエット食品を食べたりしてしまうと、1日の栄養バランスがトータルで偏ってしまい、結果的に太りやすい体を招く原因にもなりかねません。

鶏ささみダイエットの効果を高める方法・食べ方

ここからは鶏ささみのダイエット効果を高める方法・食べ方について紹介していきます。

これから紹介する方法を実践し、より高いダイエット効果を得られるようにしましょう。

1、基礎代謝アップサプリを摂取する

鶏ささみのダイエット効果を高める方法として、基礎代謝アップサプリを併せて摂取することがおすすめです。

鶏ささみで長期間ダイエットを行なっていると、代謝が悪くなってしまいがちで、なかなか痩せなくなってしまうと言われています。

そこで、基礎代謝アップサプリを摂取することで、悪くなった代謝を高めてくれるので、痩せやすくなるのです。

2、茹でたささみを食べる

鶏ささみのダイエット効果を高める食べ方として、茹でた鶏ささみを食べるということがおすすめです。

鶏ささみは焼いたり揚げたり炒めたり、様々な調理法がありますが、茹でたささみが一番低カロリーで食べることができます。

茹でささみの味に飽きたからたまに調理法を変えるというのは良いですが、毎回毎回カロリーが高い調理法で食べるのは控えるようにしましょう。

3、味付けは薄めにする

鶏ささみのダイエット効果を高める方法として、味付けは薄めにするということも挙げられます。

鶏ささみの味付けを濃くしてしまうと、もちろんカロリーが高くなってしまい、太る原因になります。

味付けを薄めにすることを意識することで、カロリーを抑えることができ、ダイエットにより効果的になるのです。

ヘルシーな鶏ささみでも食べ方次第では太りやすくなる!

鶏ささみのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介しました。

紹介した通り鶏ささみは、肉の中でも低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富なので、ダイエットに向いている食材と言えるでしょう。

しかし、あくまでも肉の部位の中でということであり、全食品で比較するとカロリーや糖質は高くなってしまっているので、食べ過ぎには注意です。

ヘルシーな鶏ささみでも、先ほど紹介した注意点を守って食べないと、反対に太りやすくなってしまうことにも繋がるので気をつけるようにしましょう。

みなさんも、鶏ささみを上手に活用して、効果的にダイエットを行ってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集