shutterstock_635439233 (1)

普通の8時間ダイエットでは痩せない?効果的に成功させるやり方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の8時間ダイエットは難しくて失敗する人が多い

誰しもできることなら、我慢しないで痩せていきたいですよね。

ダイエッターにとっていかに楽に綺麗に痩せられるかということは、非常に大切かと思います。

数あるダイエット法の中でも8時間ダイエットは、食事内容を我慢しなくても痩せられると噂のダイエット法です。

8時間ダイエットは「8対16時間ダイエット」とも言われていますが、1日の8時間のうちしか食事しないダイエット法で、8時間のうちは比較的自由に食事をしても痩せていくと言われています。

ただ、朝食を7時に食べたらその日は15時までしか食べてはいけないので、その人の生活リズムによってはかなり過酷ですし、ただ8時間の間で食事を収めるだけでは効果も薄いのです。

今回は、普通の8時間ダイエットの弱点をなくし、効果を最大限に高めるやり方を紹介していきます。

今回紹介する8時間ダイエットの方法をマスターすれば、好きなものを食べて痩せることができるので、「食べるのが好きな人・無理せずに痩せていきたい人・より確実に痩せたい人」は是非やってみてください。

8時間ダイエットの効果

まず8時間ダイエットをしていくと、どういった効果があるのかを紹介していきます。

意外な効果もあるので、8時間ダイエットの効果を上げていくためにもしっかり確認しておきましょう。

胃腸が休まり機能が回復する

私たちの体は、消化をするのに胃で3~5時間、小腸で5~8時間かかると言われているので、朝起きてご飯を食べて、夜寝る前にもご飯を食べていると、胃や腸はほとんど動きっぱなしです。

8時間ダイエットをすると、食事が16時間空くことになるので、胃腸が休まり機能が回復していき、消化をより効率よくできるようになるので、痩せやすくなっていくでしょう。

胃腸の機能が良くなると、便秘の改善予防にもつながるので、便秘がちの人には特に効果が期待できます。

カロリーカットが期待できる

だらだら食べてしまったり、前の食事から時間がたってお腹が空いている状態だと、たくさん食べてしまうことになり、カロリーを多くとってしまいます。

カロリーは抑えれば抑えるほどいいというわけではありませんが、やはり太る原因になってしまうでしょう。

おにぎり1個分の200kcalですら運動で減らしていくには、20~30分のランニングが必要になってくるので、食事からカロリーカットしていくとダイエットには有効です。

8時間ダイエットをすると、食事の回数を減らすか、1回の量が減っていくので、何も気にしないで食べている時よりカロリーカット効果が期待できるでしょう。

血糖値の急上昇を抑えられる

よく糖質制限ダイエットを行う方がいると思いますが、糖質制限ダイエットで痩せられるのは、血糖値の急上昇を抑える効果があるからです。

8時間ダイエットも、食事の間隔が狭いことで空腹状態がなくなり、血糖値の急上昇を抑えることができます。

血糖値の急上昇を押さえられると、脂肪として蓄えられづらくなるので、ある程度の量を食べても太りづらくなります。

ただし、1日の最初の食事は、16時間空いていることになるので、少量食べることを意識した方が良いでしょう。

代謝が良くなる

人には「消化酵素」と「代謝酵素」というものがあります。

「消化酵素」は消化するときに使い、「代謝酵素」は代謝をしていくときに使うものですが、その二つは密接に関係していて、片方が多く使われている時に片方の働きが弱くなると言われています。

物を食べて消化に力をたくさん使うと、代謝酵素の力が弱まり、代謝が悪くなってしまうので、消化をずっとしている状態だと太りやすくなってしまうでしょう。

逆に胃腸を休め消化酵素を使わないようにすることで、代謝を上げていくことができると言われています。

食事ダイエットは基本リバウンドしやすいですが、8時間ダイエットは正しく行えば代謝を上げることができ、リバウンドもしにくいのでダイエッターにとって嬉しいダイエット法となっています。

8時間ダイエットで痩せない人の特徴

8時間ダイエットも正しい方法をしていかないと痩せないので、ここでは痩せない人の特徴を挙げていきます。

当てはまりそうな人、当てはまっている人は、しっかりこの記事を最後まで見て、改善していってください。

カロリーオーバーしている

いくら8時間に収めても、消費カロリーを大幅に超えていたら痩せていくことはできないでしょう。

体型や年齢にもよりますが、8時間ダイエットでも女性で2000kcal、男性で2600kcal超えている場合、痩せられないどころか太ってしまいます。

特に空腹期間は体が飢えている状態になり、栄養を吸収しやすくなってしまうので、前日20時に食事を終わらせ、次の日12時にドカ食いするなどしていると太ってしまいます。

8時間ダイエットはカロリーを制限できるというところもいい面になってくるので、極端な制限は必要ありませんが、ドカ食いはやめましょう。

カロリーや糖分の多い飲み物を飲んでいる

8時間ダイエット中も残りの16時間のうちにも飲み物は飲んでいくことになりますが、飲み物でカロリーや糖分をとって、太ってしまう人も多くいます。

コーラでも500ml飲むと225kcalで、炭水化物も56.5g含まれているので、ダイエットにはあまり好ましくないです。

8時間ダイエットにおすすめの飲み物は、水やお茶、バターコーヒーですが、それも後ほど詳しく紹介していきます。

続けた期間が短い

8時間ダイエットも続ければある程度方法が間違っていても、痩せることはできるでしょう。

しかし、8時間ダイエットはなかなか続けていくのが難しいダイエット法です。

痩せていくには8時間ダイエットでも、やはり一定期間続けなくては効果が出てきません。

空腹感を紛らわせたり、効果的に進めて効果を実感していくことが大切で、効果的に続ける方法をこれから紹介していくので、ぜひご覧ください。

8時間ダイエットの効果的なやり方

いよいよここからは「8時間ダイエット」の効果的なやり方を紹介していきます。

正しく8時間ダイエットを行い、効果を実感できるように、しっかりチェックしてください。

「食事を8時間で済ます」これを1ヶ月は続ける

基本的なやり方としてまず食事を8時間で収めるというのが8時間ダイエットです。

例えば8時に朝食を食べたら16時以降は食べないといったようにしていきます。

水分は24時間いつでもとって良いですし、むしろたくさんとった方が良いですが、食事は8時間でしっかり抑えていくのが8時間ダイエットです。

12時間ダイエット、10時間ダイエットから始める人もいるので、まずはそこからでもいいですが、やはり8時間が効果的なので最終的に8時間にしていけるように頑張りましょう。

期間的には1週間で効果が出たという人もいますが、短期間ではカロリーカットして痩せているだけなので、痩せやすい体にしていくためには1ヶ月程度やっていくのがいいです。

3食しっかり食べる

8時間ダイエットと言っても、3食しっかり食べた方が効果的です。

一日の食べ始めは16時間何も食べていない状態で食事をするので、体が飢えている状態になり、より栄養を吸収しやすくなります。

2食であると1食の量が多くなるので、その栄養を吸収しやすくなっている時に多く食べ物を食べ、太っていってしまうでしょう。

8時間ダイエットの効果的なやり方としては、3食しっかりバランスを考えてとっていくことが効果的です。

夕食は早めに終わらせる

8時間ダイエットといっても、14~22時といったような時間設定はおすすめできません。

8時間ダイエットは胃腸を休めることができるのが大きなメリットなので、夜遅くに食事してしまっては、胃腸も休まりにくく、疲れも残ってしまいます。

また夜は活動量が減ってしまうため、夜遅くにたくさん食べると脂肪として溜まりやすくなってしまうでしょう。

ランチやディナーの付き合いもあると思うので、朝食を抜いて12~20時などが取り入れやすいですが、8~16時などが本当は理想的です。

食べ始めの食事に気を付ける

何度か説明していますが、空腹状態で食べたものは体が栄養を欲しているところに、食事を入れることになり、吸収が良くなるので脂肪としても溜めやすくなります。

8時間ダイエットでは食べ始めの食事に気を付けると、効果を上げていくことができるでしょう。

理想では食べ始めの食事は低カロリー低糖質がいいので、サラダやヨーグルト、ささみなどがおすすめです。

食事の仕方としても野菜から食べてよく噛んで食べることで、血糖値の急上昇や食べ過ぎを抑えてくれるので、意識すると良いでしょう。

食べ始めの食事はお腹が空いているので、食べてしまいがちですが、8時間ダイエットを効果的に進めていく方法としては、ヘルシーなものに抑えるといいです。

8時間ダイエットの効果を最大限に発揮させる飲み物は

8時間以外飲み物も飲んでいけないわけではなく、むしろ飲んだ方が良いのですが、砂糖が入っていてカロリーがあるものは控えたいところです。

水やお茶が基本的におすすめですが、8時間ダイエットの強い味方になってくれる飲み物があります。

それは「バターコーヒー」です。

バターコーヒーとは無塩のバターを入れたコーヒーで、コーヒーなのに腹持ちが良くダイエットに効果的と言われています。

バターコーヒーを紹介した「シリコンバレー式 最強の食事」の著者である、デイヴ・アスプリー氏は朝食を置き換えるだけで50キロ以上の減量に成功したと言われています。

バターコーヒーは、8時間ダイエットの残りの16時間でお腹が空いてしまった時に飲めば、空腹感を抑えることができ、さらに脂肪燃焼を促進してくれる効果が見込めます。

16時間の間でもバターコーヒー1杯であれば飲んでも問題ないので、是非試してみてください。

バターコーヒーの詳しい作り方、オススメの材料、効果を高める方法については下の記事にまとめています。

8時間ダイエットの空腹を抑えるコツ

8時間ダイエットは、やはり残りの16時間の空腹感からやめてしまう人はかなり多いダイエット法です。

先ほど紹介したバターコーヒーを16時間のうちに飲めば、空腹感を抑えることができるのですが、バターコーヒーの味が苦手という方もいると思います。

ここでは空腹でやめてしまわないように、空腹を抑えるコツを紹介していきます。バターコーヒーと組み合わせてもOKなので、是非チェックしてみてください。

腹持ちの良い食事を最後にとる

普通の食事でも腹持ちが良いと言われているものと、悪いと言われているものがあり、8時間の最後の食事は腹持ちが良いものを意識してとるのがいいでしょう。

カロリーはそこまで気にしなくてもいいですが、できるだけ低カロリーで腹持ちの良いものが良いと思います。。

低カロリーで腹持ちが良いもの

  • ゆで卵
  • 玄米
  • 豆類
  • そば粉の多いそば
  • ナッツ
  • おから
  • 寒天

などになってくるので、食事にうまく取り入れて、空腹を抑えていってください。

サラダなど野菜の腹持ちは良くないので、ダイエットには効果的ですが8時間ダイエットの夕食にサラダだけなどはおすすめできません。

軽い運動をする

軽い運動であればアドレナリンが出て、食欲を抑えてくれる効果があると言われています。

運動するとお腹が減る感覚がある人もいると思いますが、数時間であれば交感神経が活発化し食欲が引くと言われています。

8時間ダイエットをしていると、おそらく仕事や学校から帰宅した際にはもう食事はとらない時間になっていると思うので、帰り道にちょっと多く歩くなどしていくと食欲を抑えることができるでしょう。

軽く運動すれば、カロリーも消費していくことができ、一石二鳥になるので、帰り道に20分ほど歩いていくか、お腹が空いたら軽く運動していくと良いと思います。

空腹を抑えていくためにも運動も取り入れて、8時間ダイエットを続けられるようにしていきましょう。

アロマを使う

アロマも香りによって食欲を抑えてくれる効果があります。

食欲抑制効果のあるアロマ

  • グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘系の香り
  • ペパーミント、メンソレータムなどのミント系の香り
  • オリーブなどの自然の香り

これらのアロマは、食欲を抑え空腹を紛らわしてくれるので、空腹を感じてからでもいいですが最後の食事をし終わったら、部屋をその香りにしておくというのも良いでしょう。

アロマはストレスを和らげてもくれるので、ダイエット中のストレスも緩和していけるようになります。

食欲がどうしても気になる人はぜひ試してみてください。

どうしてもお腹が空いたらダイエットシェイク

ダイエットシェイクもダイエットの強い味方になってくれます。

ダイエットシェイクはカロリーは100kcal前後で夜などに食べても太りにくいですし、栄養がしっかり入っているので、ダイエット中の不足しがちな栄養も補ってくれるでしょう。

さらに消化しやすいようにドリンクタイプや、ゼリー状のものもあるので、8時間ダイエットの邪魔になることもないです。

8時間ダイエットをしている際に食べてしまうこともあるかと思いますが、ダイエットシェイクであればカロリーを最低限に抑えることができるでしょう。

どうしてもお腹が空いたときのために、ダイエットシェイクを家に置いておくと8時間ダイエットを効果的に進めていくことができます。

8時間ダイエットはリバウンドする?

8時間ダイエットで痩せられたものの、リバウンドしてしまう人も結構います。

胃腸の働きが良くなるので終わってからも効果は多少続きますが、やる前と同じ生活に戻したらリバウンドしてしまうでしょう。

毎日やって急にやめるとかではなく、週末やるだけなど習慣にしていくと、リバウンドしにくくはなります。

リバウンドをしないようにしていくには、しっかり代謝を上げていくか、食習慣を変えていく必要があるので、どちらかをやっていく必要があるでしょう。

運動をして筋肉をつけて代謝を上げていくか、やめた後も夜あまり食べないようにするなどだけ残していくことで8時間ダイエットのリバウンドを防ぐことができます。

空腹を紛らわせるためにも、なるべく運動もしていきましょう。

8時間ダイエットで健康的にスリムに!

今回は8時間ダイエットの効果的なやり方を紹介しました。

8時間ダイエットは、カロリーカットして短期的に痩せれて、代謝酵素を活発にしてダイエット後も痩せやすくなることができると言われています。

ただし、正しいやり方でやっていかないと、痩せれない可能性も高いので注意が必要です。

今回紹介した方法の中では、特にバターコーヒーと組み合わせることで効果を最大限に発揮できます。

ぜひ今回紹介した正しい8時間ダイエットの方法で挑戦してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集