shutterstock_436436803

バター紅茶のダイエット効果がすごい!間違えやすい飲み方と注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近話題になっている「バターコーヒー」と一緒にブームが来ている「バター紅茶」。

ミルクティーのような味で飲みやすく、バターコーヒーが苦手な方にもオススメです。

材料が揃っていれば、家でも簡単に作れるので、気軽にバター紅茶を楽しむことができ、しかも美味しいだけでなく、ダイエット効果もあるので、一度も飲んだことがない方にはぜひ試していただきたい飲み物です。

ただし、バター紅茶にはダイエット効果を出すための正しい飲み方があり、間違った飲み方をすると太る原因になってしまうので注意が必要です。

そこで今回、バター紅茶のダイエット効果と正しい飲み方を紹介します。

間違えがちなポイントや飲むときの注意点、バター紅茶の正しい作り方とおすすめの材料(商品名)もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

バター紅茶に期待できる効果

バター紅茶が注目を集めている理由はその効果にあり、雑誌やテレビでも取り上げられています。

まずはバター紅茶の効果を簡単に紹介していきます。

ダイエット効果が期待できる!

そもそも紅茶はダイエット効果のある飲み物です。

紅茶の茶葉に含まれるリパーゼは、脂肪の吸収を抑える効果があるので、バター紅茶にも同じダイエット効果を期待できます。

また「バター=太る」というイメージがありますが、バター紅茶に使うバターは良質なグラスフェッドバターいうものです。通常のバターよりも栄養価が高い上に、糖質は1杯あたり0.02gと、ほとんど含まれていないので、糖質が気になる方も安心してください。

そして、バター紅茶に含まれる「MCTオイル」は、効率よく体脂肪を燃焼できる体にする効果が期待できます。そのダイエット効果は医者が推薦するほどです。

バター紅茶を飲みながら食生活を改善することで、痩せやすい体になり、理想の体に近づけることができるでしょう。

飲むと満腹感がある!

これもバター紅茶のダイエット効果に関連してくるのですが、バター紅茶を飲むと満腹感を得ることができます。

この満腹感は、バター紅茶に含まれるグラスフェッドバターやMCTオイルによるもので、特に食前に飲むと効果的です。

またバター紅茶を飲んだ後も満腹感は継続するので、間食を抑える効果も期待できます。

実際に編集部でも、食事の30分前にバター紅茶を飲んでから昼食を食べたのですが、普段の食事量の半分でお腹いっぱいになり、 約5時間が経過しても満腹感は残っていました。

言葉だけではなかなか伝わらないかもしれませんが、バター紅茶を販売しているお店も紹介していますので、ぜひ実際に効果を体感してみてください!

集中力・記憶力がアップ!

バター紅茶には集中力や記憶力をアップさせる効果もあります。

これは、バター紅茶に含まれるカフェインが頭を冴えさせ、記憶力も高めてくれるからです。

また、バター紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」が糖の分解を抑えてくれるので、血糖値の上昇も抑制することができ、集中力の低下や眠気を防ぐ効果が期待できます。

その結果、仕事や勉強のパフォーマンスを上げることができるのです。

1日のバターコーヒーよりも1杯あたりに含まれるカフェイン量は減りますが、紅茶ポリフェノールが含まれているので、十分効果を期待できるでしょう。

カフェインを少しでも抑えたい方には、バター紅茶の方が良いと思います。

バター紅茶の正しい飲み方

バター紅茶のダイエット効果は紹介した通りですが、食後の1杯として飲むのは間違えがえた飲み方です。

作るときの分量にもよりますが、バター紅茶1杯あたりのカロリーは150kcal~250kcalぐらいなので、1日の摂取カロリーが多くなってしまうのです。

ここではバター紅茶のダイエット効果を活かす、正しい飲み方を3つ紹介するので、ぜひマスターしてください!

1、朝に置き換えて飲む

これは朝食をバター紅茶に置き換える方法で、摂取カロリーを抑えることができます。

朝食を青汁やスムージーに置き換えるのは、メジャーなダイエット方法の1つだと思いますが、バター紅茶の方が満腹感を得られるのでオススメです。

また、バター紅茶の効果でも紹介したように、集中力や記憶力をアップさせ、仕事のパフォーマンスも向上させることも期待できます。

まさに、1日を始めるにはバター紅茶がぴったりなのです。

2、昼食の前に飲む

食前にバター紅茶を飲むことで、ついつい食べ過ぎてしまうのを抑えられるので、ダイエット効果を期待できます。

特に昼食前が、バター紅茶を飲むのに1番適しているタイミングで、食事の時間がバラバラの方にとってオススメです。

昼から夜にかけては何も食べない時間が長く、間食をしたくなるので、バター紅茶で空腹感を調整するようにしましょう。

昼食をバター紅茶に置き換えることもできるのですが、朝昼続けてしまうと栄養バランスが偏ってしまうので注意してください。

3、「8時間ダイエット」と組み合わせて飲む

「8時間ダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか?

これは、8時間以内に1日の食事全てを終わらせるというダイエットで、痩せる効果が高いのが特徴です。

しかし、何も食べない時間が16時間もあるため、我慢することや継続することを辛く感じる方も多く、失敗しやすいというデメリットもあります。

この8時間ダイエットで間食をしたくなったときに、満腹感のあるバター紅茶を飲むことで、空腹を抑えることができ、8時間ダイエットの辛さを軽減することができるのです。

ただし先ほど紹介した通り、バター紅茶のカロリーは高いので、1日1杯から2杯を目安にしましょう。

バター紅茶ダイエットの注意点

バター紅茶は飲むときに注意点があるので、美味しく飲むためにも確認しておきましょう!

バター紅茶に使う茶葉の種類に注意

バター紅茶に使う茶葉は何でも良いわけではなく、種類によっては味が合いません。

バター紅茶の味がミルクティーに近いので、茶葉を選ぶときも「ミルクティーに合うもの」を選ぶことがポイントです。

1番オススメするのは「アッサム」という茶葉で、名前を聞いたことがある方も多いと思います。この茶葉はミルクティーに特に合うものなので、迷ったらアッサムを選びましょう。

他にも「ウバ」や「ルフナ」という茶葉が、ミルクティーに合うとされているのでオススメです。

また、香りのあるフレーバーティーにすると、違う美味しさを楽しむことができます。

「チョコ」や「バニラ」のような甘い香りのものがミルクティーには合うので、その日の気分に合わせて変えるのもいいかもしれません。

バター紅茶に慣れるまではお腹がゆるくなることがある

バター紅茶を初めて飲んだ方の感想の中に、「お腹がゆるくなった」という意見が見られますが、これはバター紅茶に含まれる「MCTオイル」を摂取し過ぎたことが原因によるものです。

MCTオイルは摂取し過ぎると、分解できずに腸に残ってしまうので、腸が排出しようとはたらいて、お腹がゆるくなってしまいます。

乳製品に混ぜるとお腹の負担が減るので、バターコーヒーやバター紅茶などに混ぜて飲む方法が主流になっているというわけです。

MCTオイルに慣れてくると、お腹の調子も落ち着いてくるので安心してください。

バター紅茶を作る適量も紹介していますが、最初はMCTオイルの量を小さじ1杯(5g)程度から試してみましょう。

バター紅茶を作るのに必要なもの

バター紅茶を家で作る場合、必要なものは3つあります。

バター紅茶1杯あたりの分量も一緒に紹介します。

バター紅茶の材料

  • 紅茶の茶葉(ティーパックも可):1杯分(4g)
  • MCTオイル:大さじ1杯(15cc)
  • グラスフェッドバター:大さじ1杯(15g)

紅茶の茶葉について、用意するのが面倒くさいという方には、ティーパックのものでも構いません。

ペットボトル飲料の「午後の紅茶」や「紅茶花伝」のようなものは、砂糖が大量に入っているのでやめておきましょう。

MCTオイルやグラスフェッドバターは、スーパーでは売られていないこともあります。

コストコや成城石井では見かけたりもしますが、品揃えが少なく、また値段も高くなりがちなので、通販で購入することをオススメします。

具体的におすすめのMCTオイルやグラスフェッドバターの種類が知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

バター紅茶の作り方

ここでは、家でも簡単に作れるバター紅茶の作り方を紹介します。

ホットで飲む場合はとても簡単で、お湯(250cc)で淹れた紅茶にMCTオイルとグラスフェッドバターを混ぜるだけです。

紅茶の風味が薄くなってしまうと美味しくないので、特にティーパックのものは4分ほど蒸らして、しっかりと紅茶の色が出てから混ぜるようにしましょう。

アイスで飲む場合は、グラスフェッドバターが紅茶に溶けにくくなっているので、そのまま混ぜるのは難しいかもしれません。

その場合は、ミキサーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて、そこに紅茶を注いで数十秒混ぜるとうまくいきます。

一気に飲むと気分が悪くなることもあるので、味を楽しみながら飲むようにしてください。

バター紅茶を試し飲みするなら「最強のバターコーヒー」

いきなりMCTオイルやグラスフェッドバターを買うのはちょっと…と考えている方は、「最強のバターコーヒー」というお店でバター紅茶を試し飲みしてみましょう。

「最強のバターコーヒー」は、代々木と池袋にある国内唯一のバターコーヒー専門店で、コーヒーが苦手という方向けにバター紅茶も販売しています。

お店には管理栄養士のスタッフさんがアドバイスをしてくれるので、もしバター紅茶の気になることがあれば聞いてみてもいいかもしれません。

バター紅茶を作る材料も、店頭や公式オンラインショップで販売されていますが、まずはバター紅茶の美味しさと満腹感を実感してみるといいと思います。

バター紅茶を美味しく飲みながらダイエットしよう!

今回は、バター紅茶のダイエット効果と正しい飲み方を紹介しました。

バター紅茶に使うグラスフェッドバターには栄養がたくさん含まれていて、紅茶とMCTオイルによるダイエット効果も期待できます。

材料を揃えれば家でも簡単に作ることができるので、美味しく飲みながら痩せることができるのです。

ただし、普段通りに食後の1杯として飲んでしまうと、カロリーが高いので太ってしまうかもしれないので注意してください。

また、初めて飲む方はお腹がゆるくなりがちなので、MCTオイルの量を調節するようにしてください。

大流行中のバターコーヒーと一緒に、注目を集めているバター紅茶。

ぜひ一度、試しに飲んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集