49

ほうれん草ダイエットの効果は?やりがちな失敗と効果を高める方法

無理なくできるダイエット方法として人気の「ほうれん草ダイエット」。ほうれん草ダイエットは効果の高いダイエット法ではありますが、注意点を守らなければ逆効果にも。ほうれん草ダイエットの正しいやり方、口コミ、レシピ、チコライドを効率よく摂取する方法などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほうれん草ダイエットとは?

スウェーデンの大学の研究で、ほうれん草のダイエット効果を証明したことで広まったのが、「ほうれん草ダイエット」。

その研究では、平均して4週間で「約2kg」痩せることができたそうです。

ほうれん草は、低糖質・低カロリーな食材で、ダイエットに効果のある成分が豊富に含まれているので、ダイエットに効果的な食品と言えるでしょう。

しかし、ほうれん草ダイエットでやりがちな失敗をしてしまうと、ダイエット効果を弱めてしまうので注意が必要です。

今回は、

  • ほうれん草ダイエットの効果
  • ほうれん草ダイエットの正しいやり方
  • ほうれん草ダイエットを最も効率的にやる方法
  • ほうれん草を使ったダイエットレシピ
  • やりがちな失敗・注意点
  • ほうれん草ダイエットの口コミ

などを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ほうれん草ダイエットの効果

ほうれん草で痩せることができるのは、高い栄養価の中にダイエット成分が含まれているからです。

そこで、ほうれん草ダイエットで期待できる効果をまとめました。

食欲を抑える効果

ほうれん草には、チラコイドという成分が含まれています。

この成分には、日本の芸能人や海外セレブも注目していて、すでにダイエットサプリとしても販売されているほどです。

チラコイドには、満腹ホルモンの分泌を増やす効果があるので、ついつい食べ過ぎてしまうのを抑えることができます。

また、その満腹感は長く続くため、空腹感によるどか食いや間食を防ぐこともできるのです。

さらに、チラコイドには血糖値の上昇を抑える効果もあるので、肥満の原因になる「インシュリン」の分泌を抑える働きがあります。

この効果を活かすためにも、ほうれん草を食事の1番最初に食べるようにしましょう。

代謝を上げる効果

ダイエットを成功させるには、痩せることよりも先に、痩せやすい体質にすることが重要で、それをサポートする成分は、ほうれん草にたくさん含まれています。

代表的なのは鉄分やビタミンB群で、血行を良くしたり、糖質・脂肪の分解を助ける効果があるので、効率よくエネルギーを消費できるようになります。

また、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消し、デトックス効果を高めることも期待できるのです。

つまり、ほうれん草を食べると、体の毒素や余分な脂肪をどんどん排出して代謝を上げることができるので、痩せるというわけです。

ぽっこりお腹が気になる方にも、ほうれん草ダイエットは合っていると思います。

むくみを解消する効果

痩せることができても、見た目が全然変わらない場合、それはむくみが原因かもしれません。

むくみは余分が水分が体内に残っていたり、塩分を取りすぎたりすると起こるので、トイレに行く回数を増やすことが必要になります。

そこでほうれん草を食べると、利尿作用があるカリウムを摂取することができるので、むくみを解消できるというわけです。

特にカリウムは、野菜の中でもほうれん草に多く含まれている食材ですが、熱に弱いという性質があるので、ほうれん草を調理するときには、長時間加熱しないように注意してください。

低カロリー・低糖質でもある

ほうれん草はダイエット成分が優秀なだけでなく、低カロリー・低糖質な食品でもあります。

100gあたりのカロリーは「約20kcal」、糖質は「0.3g」なので、料理や味付けにもよりますが、基本的にはある程度の量を食べても問題ありません。

ダイエット効果があっても、カロリーや糖質が高くては意味がないので、そういった点でもオススメの食品と言えます。

ほうれん草ダイエットの正しいやり方・方法

ここでは、ほうれん草ダイエットの正しいやり方を紹介します。

質問の多い内容もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ほうれん草を普段の食事に一品プラス!

ほうれん草ダイエットでは、普段の食事を変える必要はなく、ほうれん草のおかずを一品プラスしてください。

無理なくダイエットができるというのも、ほうれん草ダイエットのポイントなので、最初にパクッと食べてしまいましょう。

ただし、食べ過ぎはもちろん太る原因になるので、ほうれん草のおかずは小皿一皿程度でいいと思います。

茹でて食べるのがコツ!

ほうれん草には独特の苦味があり、あまり好まない方もいると思います。

その原因は、ほうれん草に含まれるシュウ酸にあり、茹でてから食べることで苦味を減らすことができるのです。

茹でる時には、ほうれん草のダイエット効果を弱めないためにも、加熱をしすぎないように気をつけましょう。

冷凍ほうれん草でもOK!

冷凍した野菜だと、栄養価が20%から30%減ってしまうと言われていますが、それでもほうれん草のダイエット効果を実感できるでしょう。

ほうれん草の旬は11月から2月ぐらいまでなので、冬には安く買うことができますが、他の時期だと値段が高騰していることもあります。

最近は冷凍する技術も向上しているので、費用を抑えたい場合は、冷凍ほうれん草に頼るのも1つの方法です。

「チラリッカ」なら最も効率的にほうれん草ダイエットができる

ほうれん草ダイエットは、無理なく実践できるダイエット法ですが、実は普通にほうれん草を食べるだけでは、メインの成分「チコライド」は摂取しにくいと言われています。

より効率よくダイエットをしたいのであれば、ダイレクトに成分を摂取できる「チラリッカ」という粉末状のスムージーを飲むやり方がおすすめです。

チラリッカは、ほうれん草のチラコイドを抽出して、私たちが摂取しやすいように作られたものなので、ほうれん草ダイエットの効果を高めることができるのです。

他にも、ダイエットをサポートしてくれる酵素が108種類含まれていたり、ビタミンやミネラルなどの成分も豊富に含まれているので、健康的に痩せることができます。

ほうれん草ダイエットでは、ほうれん草に含まれるダイエット成分だけですが、チラリッカならその他のダイエットサポート成分も含まれるので、より効率よくダイエットができるでしょう。

初回はお試し価格で、「980円(税別)」となっていて、費用を抑えたい方にもオススメなので、ぜひ一度試してみてください。

チラリッカとほうれん草ダイエットの組み合わせ方

チラリッカだけでも十分なダイエット効果が期待できますが、よりダイエット効果を高めたいという方が、ほうれん草ダイエットに組み合わせて飲むのもオススメです。

チラリッカは、朝食と置き換えたり、間食として飲むと良いでしょう。チラリッカのカロリーは1杯あたり17kcalで、満腹感も継続するので、1日の摂取カロリーを大幅にカットすることができます。

二つを組み合わせると、普段の食事もほうれん草ダイエットで血糖値の上昇を抑えることができているため、より効率的に痩せることができるはずです。

また料理するのが面倒だったり、付き合いで急な外食が入ったりする方は、チラリッカをメインにして、ほうれん草ダイエットをすると良いかもしれません。

さらに、チラリッカの方にはシュウ酸が含まれていないので、シュウ酸の取りすぎが気になる方も安心して飲むことができます。

ほうれん草を使ったダイエットレシピ

ではこれから、ほうれん草ダイエットにぴったりな、ほうれん草のレシピを紹介します。

短時間で簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてください。

ほうれん草の胡麻和え

ほうれん草の胡麻和えの材料

  • ほうれん草:1束
  • 砂糖:小さじ1
  • 顆粒だし:小さじ1/2
  • みりん:大さじ1
  • 醤油:小さじ2
  • すりごま:大さじ5

ほうれん草の胡麻和えの作り方・レシピ

  • 1、調味料を混ぜる(お好みで量は調節してください)
  • 2、沸騰したお湯に塩を入れた後、洗ったほうれん草を根から入れて、1分程度茹でる
  • 3、ほうれん草を流水に取り、水分を絞ってから5cm幅で切る
  • 4、調味料とすりごまと一緒に和えて出来上がり

ほうれん草とゴマの相性は抜群で、鉄分の働きを高めてくれるので、代謝アップ効果が期待できるのです。

まとめて作っておけば、家族と一緒に食べたり、保存しておいたりすることもできます。

シュウ酸を気にしなければ、茹でる代わりにレンジでチンしても大丈夫です。

ほうれん草としめじの卵とじ

ほうれん草としめじの卵とじの材料

  • ほうれん草:2袋
  • しめじ:1/2株
  • オリーブ油:適量
  • めんつゆ:適量
  • 卵:2個

ほうれん草としめじの卵とじの作り方・レシピ

  • 1、ほうれん草はザク切りにして、しめじは石附を外し、卵はといておく
  • 2、フライパンにほうれん草としめじを入れて、オリーブ油とめんつゆをかけて2分蒸し焼きにする
  • 3、火が入ったらとき卵をまわしかけて、1分フタをして出来上がり

きのこ類には食物繊維がたっぷりで、卵にはほうれん草の鉄分の働きを良くしてくれるので、ほうれん草と合わせるとダイエット効果が高まります。

普通のサラダ油ではなく、オリーブ油で炒めることもポイントです。

低カロリーなささみ肉などと一緒に調理すれば、ダイエット中でも安心して食べられる主菜が完成します。

ほうれん草ダイエットのやりがちな失敗

ほうれん草ダイエットはやり方を間違えると、ダイエット効果を感じにくくなってしまいます。

そこで、ほうれん草ダイエットのやりがちな失敗を2つ紹介します。

1、味付けが濃くなってしまう

ほうれん草のシュウ酸を抜くためにも、茹でて調理するのがコツであると先ほど紹介しましたが、味付けに気をつける必要があります。

茹でてシュウ酸を抜いたほうれん草は、味が薄くなってしまうため、どうしても濃い味付けになってしまうのです。

せっかく栄養価の高いほうれん草でも、砂糖や醤油をたくさん入れてしまってはダイエット効果がないので、ほうれん草ダイエットでは薄味にすると決めましょう。

ほうれん草ダイエットでの味付けのオススメは、めんつゆを使うことです。めんつゆは醤油にみりんやダシを混ぜた調味料で、めんつゆだけを使った方がカロリーを抑えることができます。

ただし、塩分が少し高くなってしまうので、食べ過ぎには注意してください。

2、組み合わせにも注意

ほうれん草のダイエット効果として、代謝をあげることを紹介しましたが、その効果を弱めてしまう食べ物がレンコンです。

ほうれん草には鉄分が豊富で、血行を良くすることが期待できますが、レンコンに含まれるタンニンという成分が、鉄分の吸収を阻害してしまいます。

タンニンは他にも、緑茶やコーヒーなどに含まれているので、緑茶ダイエットやコーヒーダイエットと一緒に、ほうれん草ダイエットを組み合わせるのは控えましょう。

もしお茶を飲むのであれば、食後2時間は空けるようにしてください。

また、麦茶やほうじ茶であればタンニンが少ないので問題ありません。

ほうれん草ダイエットの口コミ

ほうれん草ダイエットは、チラコイドというダイエット成分から話題になったダイエット方法ですが、実際の口コミはどうなのでしょうか。

調べてみると、無理なくできることや、ほうれん草のお菓子などがあることから、続けやすいという口コミも見かけましたが、効果が現れるまで時間がかかるという意見もありました。

実はダイエット効果のあるチラコイドが、普通のほうれん草からは摂取しにくいと言われていて、ほうれん草ダイエットと他のダイエット方法を組み合わせている方が多いようです。

チラコイドをより効率よく吸収するためには、先ほど紹介した「チラリッカ」のようなサプリメントで摂取するのがオススメです。

ほうれん草ダイエットで健康的に痩せよう!

今回はほうれん草ダイエットの、やりがちな失敗と効果を高める方法について紹介しました!

ほうれん草のチラコイドのダイエット効果は、国内の芸能人や海外セレブからも注目を集めていて、研究でも痩せることが証明されています。

特に満腹感が長い時間続くので、無理なくダイエットを続けられるところがポイントです。

ただし、失敗しやすいポイントとして「味付けの濃さ」や「食べ物の組み合わせ」があり、ダイエット効果を弱めてします原因になるので、注意が必要です。

冷凍ほうれん草でも代用でき、調理方法も楽ですが、より簡単に効果を高めたい方にはチラリッカを試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集