shutterstock_1018996705

間違えると逆効果?専門家に聞いた簡単なバターコーヒーの作り方とレシピ

ダイエット効果・健康効果が高いと話題の「バターコーヒー」。今注目のバターコーヒーですが、作り方・飲み方を間違えると逆効果になるとも言われています。今回は専門家に意見を参考に、簡単で正しいバターコーヒーの作り方・レシピを紹介します。バターコーヒーの効果を最大限に発揮したいという方ぜひ作り方の参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バターコーヒーの作り方は間違えやすい

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)は、レシピと作り方をしっかりすることで、空腹を和らげる効果や脂肪燃焼効果、血糖値の上昇を抑える効果などの様々なダイエット効果があると言われており、簡単にできるダイエット法として人気です。

ただダイエットや健康面で人気の高いバターコーヒーですが、作り方を間違えると逆効果になってしまう可能性があることをご存知でしょうか?

今回は、バターコーヒーの効果を最大限に発揮するため、簡単で正しいバターコーヒーの作り方・レシピを紹介します。

国内唯一のバターコーヒー専門店である「最強のバターコーヒー」さんから聞いてきた内容も紹介し、この記事を読むことで、ダイエットに効果的なバターコーヒーの作り方を知ることができるので、これからバターコーヒーを作ろうと思っている人は必見です。

そもそもバターコーヒー(完全無欠コーヒー)とは

そもそもバターコーヒーとは、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で有名になった、ダイエットや健康に良いとされているコーヒーです。

詳しいことはのちほど紹介しますが、コーヒーに「グラスフェッドバター」、「MCTオイル」を入れたものになっています。

バターコーヒーダイエットは、著者であるIT起業家で成功を収めたデイブ・アスプリーさんが、50キロ以上減量に成功したダイエット法であり、さらにはバターコーヒーを日常的に飲むことでIQも上げているという驚きの結果が出ています。

アスプリーさんは毎日朝に一杯飲んで、140キロあった体重を50キロ以上減量させたので、かなりのダイエット効果が期待できるでしょう。

バターコーヒーのダイエット効果をおさらい

ここではバターコーヒーが、なぜダイエットに良いとされているのかを簡単に説明していきます。

上手く取り入れると、痩せやすくなることができるので、しっかりチェックしていきましょう。

1、腹持ちがいい

「コーヒーで腹持ち?」と思うかもしれませんが、バターコーヒーを飲むと満腹感を得ることができます。

アスプリーさんは毎朝朝食代わりに飲んでいたということで、満足感は得ながら、カロリー摂取を減らし、減量したと言えるでしょう。

ある程度カロリーはありますが、油の性質的にも太りにくく、満腹感があるので、置き換えダイエットなどに効果的です。

2、脂肪を分解する

バターコーヒーには脂肪を分解する効果があると言われています。

コーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」が体脂肪を落とすのに有効とされていて、脂肪を分解していき、溜まりにくくもしていってくれるでしょう。

3、血流が良くなる

バターに含まれる「不飽和脂肪酸」が血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えて血液の流れを良くすると言われています。

血液の流れが良くなると、代謝が良くなり、体脂肪を減らしていきやすくなるので、ダイエットに効果的でしょう。

4、むくみが解消される

カフェインには利尿作用があると言われていて、体にたまっている余計な水分を外に出してくれると言われています。

むくみは水分をため込んでしまうことが原因でなってしまうので、むくみの解消にも効果があるでしょう。

バターコーヒーの正しい作り方(材料選び編)

バターコーヒーの正しい作り方として、まず材料選びから紹介していきます。

バターコーヒーの作り方は材料選びが重要になってくるので、しっかり確認してください。

材料は、

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター
  • MCTオイル

となってきますが、それぞれどういったように選べばいいのか説明していきます。

グラスフェッドバターを用意

「バターコーヒーはコーヒーにバターを入れればいいのか」と普通のバターを入れてしまうと、逆に太ってしまう可能性が高いです。

バターコーヒーを作るためのグラスフェッドバターは牧草を食べて育った牛から作ったバターであり、「不飽和脂肪酸」が多く含まれるので、体に脂肪として残りにくいと言われています。

そして不飽和脂肪酸は、血流を良くしてくれると言われているので、ダイエットに効果的です。

コーヒーは好みでOK

バターコーヒーの作り方として、コーヒーはインスタントでも、しっかり淹れてもあまりダイエット効果はあまり変わりません。

コーヒーの味にこだわりがあるのであれば、コーヒーもこだわってもいいですが、ダイエット目的であれば、簡単で続けられる方法が良いでしょう。

美味しく楽しんでバターコーヒーを作っていくためにも、お気に入りのコーヒーを選んでください。

MCTオイルは仙台勝山館のものがおすすめ

MCTオイルもバターコーヒーに欠かせないものになってきますが、おすすめは仙台勝山館のものです。

アマゾンでもベストセラーになっているくらい評価が高く、ココナッツ由来100%のオイルなので、「中鎖脂肪酸」を多く含んでいると言われています。

「最強のバターコーヒー」さんもMTCオイルはココナッツ100%の物が良いのではないかと言っているので、非常におすすめです。

MCTオイルは色々ありますが、専門家の評価も高く、一般の人気も高いので、間違いないでしょう。

バターコーヒーの正しい作り方・レシピ(実践編)

ここではバターコーヒーの実際の作り方を紹介していきます。

動画では、ココナッツオイルも入れていますが、MTCオイルの中にココナッツオイルの成分が入っているので、無くても効果はそこまで変わりません。

バターコーヒーの材料(1杯分)

  • クリーマー(混ぜ合わせる器具) ※しっかり混ぜ合わせるために必須
  • お湯 200ml
  • コーヒー 適量
  • グラスフェッドバター 10g
  • MCTオイル 小さじ2杯

バターコーヒーの作り方・レシピ

  • 1、コーヒーを作る
  • 2、コーヒーにグラスフェッドバター、MCTオイルを入れる
  • 3、クリーマーを使いしっかり混ぜ合わせ完成

バターコーヒーの作り方を簡単にまとめると、コーヒーに材料を入れて、クリーマーでしっかりかき混ぜるだけです。

バターコーヒーは材料を揃えるのはちょっと大変ですが、作り方は簡単なので、ぜひ試してみてください。

国内唯一専門店の「最強のバターコーヒー」さんに作り方のコツを聞きました

国内唯一のバターコーヒー専門店である「最強のバターコーヒー」さんに作り方のコツについて聞いてきました。

専門家の意見ですので、ぜひ参考にして、より良いバターコーヒーの作り方を身に着けてください。

しっかり攪拌(かくはん)をすることが最重要

攪拌とは混ぜることで、バターコーヒーはしっかりとかき混ぜることが非常に大切です。

バターもオイルも混ざりにくく、しっかり混ぜないと、下に残ってしまい味が悪くなってしまうこともあります。

クリーマーという器具を使ってしっかり攪拌していくようにしましょう

100円ショップなどのハンドクリーマーでは十分にできないと言われているので、ハリオ社のクリーマーがおすすめです。

ふたがない容器で攪拌すると、飛び散る可能性もあるので、ポット付きのものを選んでいくといいでしょう。

分量を守り攪拌をしっかりすれば誰でも同じ味が作れる

バターコーヒーに特別な作り方はありません。

しっかり分量を守って、攪拌をすれば誰にでも同じ味ができると、最強のバターコーヒーさんは話します。

作り方もコーヒーとオイル類をかき混ぜるだけなので、ほんとに基本の基本である分量を守ること、攪拌をしっかりすることを守っていきましょう。

最強のバターコーヒーさんの店舗情報

  • 【代々木店】
  • 住所:東京都渋谷区代々木1-38-6
  • アクセス:「代々木駅」すぐ
  • 営業時間:平日 8:00~20:00 (土日祝 10:00~18:00)
  • 定休日:年中無休
  • ※テイクアウトのみ
  • 【池袋店】
  • 住所:東京都豊島区東池袋1-15-3
  • アクセス:JR山手線他【池袋駅】東口 徒歩4分
  • 東京メトロ丸ノ内線【池袋駅】徒歩4分
  • 西武池袋線、東京メトロ有楽町線【池袋駅】徒歩6分

作るのが面倒な方におすすめのバターコーヒー

ここまでバターコーヒーの作り方を紹介していきましたが、グラスフェッドバターやMCTオイルを揃えたり、攪拌したりと意外と大変ですよね。

ここではバターコーヒーを作るのが面倒という方に簡単にバターコーヒーが飲めたり、ダイエット効果が得られる方法を紹介していきます。

チャコールバターコーヒーを飲む

「バターコーヒー飲みたいけど作るのは面倒だな」という人におすすめなのが、あらかじめセットになっているバターコーヒーです。

1杯分が1包になっているので、非常に使いやすく、30包入りで1,980円と、1杯にすると63円でかなりお得になっています。

バターコーヒーを作るとなると、グラスフェッドバター、MCTオイルだけでも5,000円ほどはかかってしまうので、まずやってみるというのにもチャコールバターコーヒーはおすすめです。

続けないとダイエット効果は薄くなってしまうので、作り置きなどしていってもいいですが、手軽にできるチャコールバターコーヒーを取り入れるのも良い方法でしょう。

バターコーヒーサプリを飲む

バターコーヒーのサプリもあって、こちらも飲むとバターコーヒーと同じ効果が得られると言われています。

「朝にコーヒー入れるよりギリギリまで寝てたい」「わざわざ作るのが面倒」という人におすすめです。

サプリを飲むだけでバターコーヒーと同じ食欲を抑え、脂肪を燃えやすくする効果を得られると言われているので、面倒くさがりな方でも続くダイエット法でしょう。

初回は1ヶ月分980円(税込)で、一日にすると32.7円と値段的にも手軽に取り入れられるようになっています。

バターコーヒーのダイエット効果がほしいのであれば、サプリで手軽に費用も少なくとっていくのが良いでしょう。

コーヒーに入れるだけでバターコーヒーができるギ―オイル

ギーオイルというダイエットや美容に注目されているオイルがあります。

ギ―オイルを使ったバターコーヒーの作り方はただコーヒーに入れて混ぜるだけです。

ギ―オイルにもグラスフェッドバター、ココナッツオイルが含まれているので、ダイエットに効果を得ることができるでしょう。

またギ―オイルはトーストに塗ったり、パンケーキに使ったりすることも出来るので、一つ持っておくと、色んな場面で使うことができます。

手軽さでいうとチャコールバターコーヒーの方が良いですが、飽きてしまうかもしれない人はギ―オイルで、バターコーヒーを作ってみてもいいかもしれません。

バターコーヒーのダイエットに効果的な飲み方

バターコーヒーの作り方はお分り頂けたかと思いますので、ここからはバターコーヒーの効果的な飲み方について紹介していきます。

よりダイエット効果を高めることができるので、ぜひ確認してください。

朝食代わりに飲む

バターコーヒーを書籍で紹介した、アスプリーさんも実際にやっていた方法で、朝食として飲むということがおすすめです。

腹持ちが良いので、朝食として飲めばお昼までお腹が空かないと言われていますし、頭がすっきりして仕事がはかどるという人もいます。

また代謝も良くすると言われているので、朝に飲めば日中に代謝の良い状態を保つことができるでしょう。

間食代わりに飲む

たくさん飲めば痩せるというわけではありませんが、腹持ちが良く痩せやすくなるので、間食にも最適です。

「いつも間食してしまう」「夕方ごろになるとお腹が減ってくる」という人は間食代わりに飲むのが良いでしょう。

しかしカフェインが睡眠を妨げダイエットに悪影響を与える可能性があるので、夕方以降に飲むのはやめておくことをおすすめします。

1日2杯まで

ダイエットに効果が期待できると言っても、油を入れているのでカロリーはあります。

適量であれば、ダイエット効果を実感できると思いますが、飲みすぎると効果が薄くなってしまうでしょう。

また日本人はカフェインにあまり強くないと言われていて、一日に何杯もコーヒーを飲むということを続けていると、胃が痛くなる可能性もあります。

バターコーヒーも一日2杯までにしておくことで効果を高めていけるでしょう。

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)で楽々ダイエット

今回は、バターコーヒー(完全無欠コーヒー)の作り方 ・レシピについて、専門家の意見を踏まえて紹介しました。

バターコーヒーは正しく作れば、ダイエットに効果的ですが、間違った作り方をすると逆に太ってしまいます。

自作のバターコーヒーは手間も費用も掛かりますが、本格的な味が楽しめ、小分けのチャコールバターコーヒーは、手軽に費用も少なく、ダイエット効果が期待できるので、目的に合わせて、使い分けてみてください。

朝食をバターコーヒーにするだけで、何キロもやせたという人もいるので、正しい作り方をして、簡単にダイエットしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集