shutterstock_261247157

コーヒーダイエットでメラメラ脂肪燃焼を!効果と方法、注意点を紹介

コーヒーダイエットの痩せ効果が高いと言われています。コーヒーには脂肪燃焼効果を始め、多くのダイエット効果があると言われているのです。今回は、そんなダイエット効果の高い、コーヒーダイエットの効果や正しい方法、注意点などについて紹介していきます。是非参考にしてみてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーダイエットが優秀!

コーヒーダイエットというダイエット法の痩せ効果が高いと言われています。

コーヒーダイエットとはその名の通り、コーヒーを飲むことでダイエット効果を得ようというもので、コーヒーにはダイエット効果が豊富に含まれているため、効果的に痩せることができるのです。

ただし、漠然と何も考えずにコーヒーを飲むだけでは痩せることができなく、正しい方法で実践することが重要になってきます。

今回はコーヒーダイエットのダイエット効果、方法、注意点、効果を高める方法などについて紹介していきます。

コーヒーダイエットで期待できるダイエット効果

コーヒーにダイエット効果が豊富に含まれていると聞くと、意外と思われる方も多いかもしれません。

コーヒーにはダイエットに有効な働きが多くあるので、痩せることができるのです。

コーヒーダイエットで期待できるダイエット効果について紹介していきます

1、クロロゲン酸が脂肪燃焼を促してくれる

コーヒーのダイエット効果として、脂肪燃焼を促してくれるということが挙げられます。

コーヒーには、「クロロゲン酸」という成分が豊富に含まれており、このクロロゲン酸が脂肪燃焼をサポートしてくれるのです。

クロロゲン酸を摂取すると、ミトコンドリアという器官に脂質が取り入れられるのを促してくれるので、結果的に脂肪を燃やすことに繋がると言われています。

2、低カロリー

コーヒーのダイエット効果として、低カロリーという点も挙げられます。

コーヒーのカロリー(1杯あたり)

  • ブラックコーヒー:約8kcal
    ブラックコーヒー+砂糖:約31kcal
    ブラックコーヒー+ミルク:約20kcal
    ブラックコーヒー+砂糖+ミルク:約43kcal

このように、ブラックコーヒーのカロリーは1杯あたり約8kcalほどと言われおり、飲み物の中でも非常に低カロリーとなっています。

しかし、砂糖やミルクを入れることでカロリーが上がってしまうので注意するようにしましょう。

3、カフェインがむくみを解消してくれる

コーヒーには、「カフェイン」という成分が豊富に含まれており、むくみの解消に効果的と言われています。

カフェインというと、体に悪いイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、それは摂取しすぎた場合の話であり、適量の摂取ならむしろダイエットに良いとされています。

カフェインには利尿作用があるのですが、この利尿作用によってむくみの原因である余分な水分を尿と一緒に排出することができるので、頑固なむくみを解消することができるのです。

コーヒーダイエットの正しい方法・飲み方

ここまでコーヒーダイエットに含まれるダイエット効果を紹介してきて、コーヒーのダイエット効果の高さをお分り頂けたかと思います。

そんなダイエット効果の高いコーヒーダイエットですが、正しい方法で実践しないとダイエット効果を発揮してくれないのです。

ここからは、コーヒーダイエットの正しい方法・飲み方などについて紹介していきます。

1、食前に飲む

コーヒーダイエットの正しい方法として、コーヒーを食前に飲むということが挙げられます。

コーヒーを食前に飲むと良い理由は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分には当の吸収を防いでくれる働きもあるため。

食前にコーヒー飲むことで、その後の食事からの糖の吸収を阻害してくれるため、太りにくくすることができるという仕組みです。

2、運動前に飲む

コーヒーダイエットの正しい方法として、運動前に飲むということもおすすめです。

脂肪燃焼効果のある運動の前に脂肪燃焼効果のあるコーヒーを飲むことで、通常よりも高い脂肪燃焼効果を得ることができると言われています。

運動を開始する20~30分前にコーヒーを飲むと良いでしょう。

3、インスタントコーヒーではなくドリップコーヒーで飲む

コーヒーダイエットの正しい方法として、インスタントコーヒーではなくドリップコーヒーを飲むという飲み方も挙げられます。

コーヒーに含まれるダイエット成分であるカフェインとクロロゲン酸は、インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーの方が多く含まれていると言われています。

インスタントコーヒーの方が手軽に飲むことができますが、ダイエット中はできるだけドリップコーヒーを選ぶと良いでしょう。

コーヒーダイエットのダイエット効果を高める方法

先ほど紹介した、正しいコーヒーダイエットの方法を実践するだけでも、痩せることはできるのですが、ある工夫を加えて行うことで、より高いダイエット効果を得ることができると言われています。

ここからは、コーヒーダイエットの効果を高める方法について紹介していきます。

1、アイスコーヒーではなくホットコーヒーにする

コーヒーダイエットの効果を高める方法として、アイスコーヒーではなくほっとコーヒーで飲む飲み方がおすすめです。

アイスコーヒーは体を冷やしてしまい、その結果基礎代謝が落ち、太りやすい体を招いてしまうのですが、ホットコーヒーには体を温め、基礎代謝を高めてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ることができると言われています。

2、ブラックで飲む

コーヒーダイエットの痩せ効果を高める方法として、ブラックで飲むということもおすすめです。

先ほども紹介したように、コーヒーに砂糖やミルクを入れてしまうとカロリーが高くなり、痩せにくくなってしまいます。

コーヒーダイエットを行う際は、ブラックコーヒーで行うと、ダイエット効果をより高めることができるのです。

3、豆乳を入れたソイラテで飲む

コーヒーダイエットのダイエット効果を高める方法として、コーヒーに豆乳を入れて飲むこともおすすめです。

豆乳のダイエット効果

  • 大豆イソフラボン:悪玉コレステロールを減らしてくれる
    大豆サポニン:血行が良くなり、基礎代謝を高めてくれる
    大豆ペプチド:脂肪燃焼を促してくれる

このように、豆乳には豊富にダイエット効果が含まれていると言われており、コーヒーに豆乳を入れソイラテとして飲むことで、単体で飲むよりも高いダイエット効果を発揮してくれるとされています。

コーヒーダイエットを実践する際の注意点

ダイエットに効果的なコーヒーダイエットですが、コーヒーダイエットにも注意点が存在し、その注意点を守ることができないと、効果が薄れたり、健康を害したりする恐れがあります。

コーヒーダイエットの注意点を紹介しますので、きちんと守れるようにしましょう。

1、摂取量は1日3杯まで

コーヒーダイエットを行う際の注意点として、摂取量を1日3杯までという点も挙げられます。

コーヒーに含まれるカフェインは摂取量が適量ならばダイエットに効果的ですが、摂りすぎてしまうと、健康を害する恐れがあるのです。

1日3杯までにするようにしましょう。

2、水分補給をきちんと行う

コーヒーダイエットを実践する際の注意点として、水分補給をきちんと行うということが挙げられます。

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があり、尿が多く出ることで水分が失われやすくなります。

それなのにも関わらず、水分を摂らないと、体内で水分が少なくなってしまい、痩せにくくなるだけでなく、脱水症状などの症状が出る原因にもなります。

きちんと水分補給を行うようにしましょう。

3、妊娠中は控える

コーヒーダイエットを実践する際の注意点として、妊娠中は控えるようにするということも挙げられます。

妊娠中にカフェインを摂取するのは良くないというのは有名な話ですよね。

妊娠中にコーヒーダイエットするのはやめるようにしましょう。

コーヒーダイエットでよくある質問Q&A

ここからは、コーヒーダイエットで良くある質問Q&Aを紹介していきます。

コーヒーダイエットに関して疑問に思ってもどこに聞いたらよいかわからないという方は是非チェックしてみてください。

コーヒーゼリーにはダイエット効果がある?

コーヒーゼリーはコーヒーダイエットに用いる方法は、おすすめしません。

コーヒーゼリーには、砂糖などの太る原因であるものが使用されており、カロリーが高い上に太りやすくなっているのです。

コーヒーダイエットを行うなら、飲み物のコーヒーを用いるようにしましょう。

コーヒーサプリでもダイエットできる?

コーヒーサプリには、カフェインやクロロゲン酸といったダイエット成分が含まれているので、ダイエットが可能です。

ただ、コーヒーサプリには多くの商品があり、どれを選んだら良いかわからないという方も多いかもしれません。

そんな方には、「MCTコーヒーダイエット」という商品がおすすめです。

「MCTコーヒーダイエット」というコーヒーサプリには、コーヒー豆エキスが豊富に含まれており、脂肪燃焼やむくみの解消の促進をしてくれます。

また、MCTオイル(中鎖脂肪酸)も含まれており、MCTオイルが満腹感を出してくれるので、食事の量を減らすことができるというダイエット効果も期待することができるのです。

「MCTコーヒーダイエット 」なら、飲むだけなのでドリップなどの手間がかからず、より手軽にコーヒーダイエットを実践することができます。

コーヒーを寝る前に飲むのはダメ?

コーヒーを寝る前に飲むのはやめるようにしましょう。

コーヒーに含まれるカフェインには、睡眠を妨害してしまう作用があり、寝れなくて寝不足ということを引き起こしてしまう可能性があります。

また、良い睡眠をとることができないせいで、太りやすい体を招く原因になってしまうので、就寝時刻の4時間前までに飲んでしまうようにしましょう。

缶コーヒーでもいいの?

缶コーヒーにもダイエット効果はありますが、ドリップコーヒーと比べるとやはりダイエット効果は少なくなってしまいます。

缶コーヒーは手軽に飲めて良いですが、効果的にダイエットを行いたいなら缶コーヒーではなくドリップコーヒーを選ぶと良いでしょう。

バターコーヒーダイエットもおすすめ!

コーヒーダイエットに加えて、バターコーヒーダイエットというダイエット法もおすすめです。

バターコーヒーダイエットとは、その名の通りバターを入れたコーヒーを飲むことで痩せようというダイエット法。

バターコーヒーには、ブラックコーヒーにグラスフェッドバターやMCTオイルが使用されており、肥満の原因である中性脂肪を減らしてくれる効果や、満腹感を出してくれ食事の量を抑える効果を見込むことができるのです。

バターコーヒーは、「最強のバターコーヒー」というバターコーヒー専門店で購入してダイエットを行うのがオススメですが、池袋と代々木にしか店舗がなく、遠方の方であったり、毎回購入するのは予算的に難しいという方もいらっしゃると思います。

そんな方には、「チャコールバターコーヒー」という商品がおすすめです。

「チャコールバターコーヒー」は通販で購入することができるので、遠方にお住まいの方でも毎日実践することができ、価格も30包入で「1,980円(税別)」と安くなっています。

お湯や水に溶かして飲むだけなので、非常におすすめの商品と言えるでしょう。

コーヒーダイエットで効果的にダイエットをしてみてはいかが?

コーヒーダイエットのダイエット効果、方法、注意点、効果を高める方法などについて紹介しました。

紹介した通りコーヒーダイエットは非常に痩せるのに効果的なダイエット法な上に、美味しく我慢することなく痩せることができるのでおすすめです。

ただし、カフェインの摂取量を守らないと太るだけでなく、健康を害してしまう恐れもあるので、今回紹介した注意点をきちんと守れるようにしましょう。

コーヒーを飲むだけ簡単!コーヒーダイエットをみなさんも是非実践して、効果的にダイエットを成功させてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集