shutterstock_608731868

食べて痩せる15の方法!食べても太らない人に学ぶダイエットのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せたいけど食べたい

ダイエットをするといったときに、まず食事制限をするという方は多いのではないでしょうか?

食事制限をすれば確かにダイエットの効果を高めることはできますが、ダイエットをするのに必ずしも食事を我慢しなくてはならないということはありません。

むしろ、食事制限で痩せた場合は、太りやすい体質になってしまうことが多く、リバウンドしてしまう可能性もい高いのです。

そしてできれば、食べて健康的に無理なく痩せたいですよね。

そこで今回は、「痩せたいけど食べたい」「食べる量を減らさずに痩せたい」という方に向けて、『食べて痩せる方法』をまとめました。

痩せたいけど食べたいという方は、ぜひ試してみてください。

「食べて痩せるダイエット」のメリット

食べて痩せるということは、実は「自分の体を痩せやすくしていく」ということになります。

痩せるホルモンを作ったり、痩せる習慣をしていくことで、多少食べすぎたり、ダイエットをサボっても太りにくくなっていくことができるのです。

食事制限をしてずっとダイエットし続けることは大変なことですが、「食べて痩せるダイエット法でまず痩せやすい体つくりをしていくことで、きつい思いをすることも減っていきます。

また、痩せやすい体になっておけば、「夏だから痩せたい!」などと言った場合にも効果が出やすくなります。

これから紹介する食べて痩せる15の方法を参考に、食べても痩せる状態を作り、痩せやすい体質、太らない体質を作っていってください。

食べて痩せる15の方法

それではいよいよここからは、「食べても痩せる方法」について紹介していきます。

最も効果が見込めるのは、やはりお金の掛かるダイエットサプリにはなるのですが、それ以外でもお金の掛からない方法もまとめました。

15個紹介するので、ご自身に合ったダイエット法を見つけてみてください。

1、ダイエットサプリを利用する

ダイエットサプリはの種類は数多くあり、正しいものを選べば、より簡単にダイエットを成功させることができます。

「サプリなんて怪しい」「本当に効果が出るか不安」といったように、ダイエットサプリに関してまだ疑問を持つ人は多くいますが、実は医師や美容の専門家も勧めているものもあります。

使ったからと言って、いくら食べても太らないというわけではないですが、太る原因となる血糖値の上昇を抑えるので、食べても太りにくくなります。

費用もかかりますし、サプリだけで大幅に痩せることは難しいので、考えていくことが必要ですが、食事制限をしなくても痩せられる可能性が高い方法です。

自分の体質・生活習慣・目的に合ったサプリをダイエット法と組み合わせて、よりダイエットを加速させてください。

費用をそこまでかけたくないという方はこれ以降の方法を試してみてください。

2、腸内環境を整える

痩せるホルモンである「GLP-1」は腸で作られています。

腸内環境は年とともに悪くなっていってしまう傾向があり、知らぬ間に腸内環境が悪化していることがあり、腸内環境が悪化していくと、このGLP-1が作られなくなったり、不要な物質を排出しづらくなったりするので、結果的に太りやすくなってしまいます。

これを逆手に取ると、腸内環境を意識して改善していくと、沢山食べても痩せる状態を作ることができるということになりますが、腸内環境を改善していくためには乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を摂っていくと効果的です。

  • 【乳酸菌が多い食材】
    乳製品(ヨーグルト、ナチュラルチーズ、ヤクルト)、発酵食品(キムチ、漬物)
  • 【オリゴ糖が多い食材】
    玉ねぎ、ごぼう、キャベツ、豆腐
  • 【食物繊維が多い食材】
    こんにゃく、キノコ類、わかめ

オリゴ糖で挙げているゴボウやキャベツは食物繊維も多く含まれているので、腸内環境を良くしていくには一石二鳥です。

腸内環境が良くなると痩せやすくなるだけでなく、美肌の効果もあると言われているので、意識して腸内環境を改善していきましょう。

3、バランスの取れた食事をとる

当たり前のことかもしれませんが、栄養が偏ってたくさん食べると、太りやすくなります。

必要な栄養素が足りていないと、脳はその栄養素を摂取させようと、もっと食べろという命令を出します。

しかし、脳はどの栄養素が足りていないかを理解することはできないので、結果として多く食べてしまい太ることになるのです。

基本的には野菜や果物が不足する場合が多いのですが、ダイエットに良さそうという理由でスープだけや野菜だけといった食事をするのも痩せるためには良くないので注意しましょう。

カロリーをとにかく抑えようと考えていても、一時的に体重は落ちるかもしれませんが、栄養不足だと代謝が悪くなり食べても痩せる状態とは程遠いのです。

細かく考えるのが苦手と言う人も、例えばランチにお肉をメインで食べたから、夜は野菜メインの食事をするなど、できるだけ色んな種類の食べ物を食べるようにしていきましょう。

偏食はダイエットのみならず健康に悪影響が出る可能性が高いです。一日の食事の品目を増やしていくことで、健康管理もしながら偏食ゆえに太るという状況を防いでいきましょう。

4、添加物に気を付ける

太りにくい体を作ったり、若々しくいるためには酵素が大切と言われています。

コンビニの弁当やファストフードなどは添加物が多く含まれていて、酵素を失ってしまいます。

コンビニ食は、便利でつい手を伸ばしてしまいがちですが、添加物は腸内環境を悪化させてしまうこともあるので、過度に摂りすぎるのは避けた方が良いでしょう。

  • 【添加物の多い食べ物】
  • コンビニやスーパーのお惣菜、カップラーメン、ファストフードやファミレスの食材、菓子パン、お菓子

ここに挙げたものはカロリーが高いだけでなく添加物も多く栄養素がほとんどないものなので、特に今回の「食べても痩せるダイエット」をするなら避けた方が良いです。

定期的にジャンクフードを食べている人は、それをやめるだけでも痩せていくことができるので、添加物はなるべく摂らないようにしていきましょう。

5、低GI値のものを食べる

GIとは血糖値の上がりやすさを示した値で、低GI値のものは血糖値が上がりにくいと言われており、低GI値の食品を中心に食べ、血糖値の急上昇を抑えると、脂肪として蓄積されづらくなります。

低GI値のものを食べていくメリットとしては、お腹いっぱい食べても太づらいということです。

  • 【代表的な低GI値のもの】
  • 玄米、そば、ブロッコリー、ピーマン、大根、小松菜、キノコ類、ナッツ類、こんにゃく、リンゴ、いちご、ヨーグルト、バター

低GI値のものはあえて食べたら痩せる効果があるというわけではありませんが、普段食べている食事を置き換えることによって、「食べても太らない」ということを、していきやすくしてくれます。

逆に以下の高GI値のものを食べると、血糖値が上がってしまい、たくさん食べると太ってしまいますので、注意しましょう。

  • 【高GI値のもの】
  • パン、白米、じゃがいも、にんじん、チョコレート

6、EPAを含んでいるものを食べる

EPAという成分を摂ると「痩せるホルモン」が分泌されると言われており、痩せるホルモンが出ると、食事が少ない量でも満足できるようになり、消化もゆっくりになって、満腹感が続くようになります。

食べて痩せるダイエットにはとっておきの方法と言えるでしょう。

EPAは、青魚に多いと言われていて、以下の魚に多く含まれています。

痩せホルモン分泌を助けるEPAが多い魚

  • イワシ
  • サバ
  • アジ

EPAがダイエットに効果的な理由

  • 血流が良くなる
    EPAの血流を促進させる効果は医療にも使われるくらい信頼されています。ダイエットでは血流が良くなると、老廃物を流してむくみができにくくなったり、体を温めたりすることで代謝を良くしていけます。
  • 食欲を抑え消化を遅くする
    EPAを摂取することで食欲が抑えられ、消化を遅くするので、少ない量でも満足できるようになります。
  • 脂肪燃焼・筋肉増強してくれる
    EPAには脂肪を燃焼させ筋肉を増強していく効果もあると言われています。 筋肉が増えていくと代謝が良くなり、痩せやすくなっていくので、短期的にも痩せられますし、痩せやすい体にもなっていきます。

7、朝にたんぱく質を摂る

たんぱく質は筋肉や血液を作り代謝を高めるために必要な栄養素です。

そして朝にたんぱく質を摂ることで、食欲を司る部分を刺激し、日中も食欲を抑えてくれる効果があります。

たんぱく質というと肉のイメージが強いかもしれませんが、納豆や牛乳などからも摂ることもできます。

  • 【たんぱく質の多い食品】
  • 納豆、牛乳、赤身の多い肉、ツナ

また朝食を抜いてしまうと、体温がなかなか上がらず、代謝の低い状態が続いてしまうので、痩せにくくなってしまいます。

たんぱく質を摂らないと無気力になったりすることもあるので、肉体面だけじゃなく精神面も良くしていくために朝食にたんぱく質を意識して摂ってみましょう。

8、夜は軽めに済ます

朝昼はその後の1日で活動して消費されていきますが、夜は活動が少なくなるので、食べたものを消費しきれないことが多くなってしまいがちです。

これを逆手に取ると、夕食を食べた後にあまり動かないのであれば、朝や昼はお腹いっぱい食べながらも夜は軽めにしていくことで、脂肪の蓄積を抑えることができます。

特にカロリーと炭水化物量を意識して抑えていきましょう。

また、寝る直前に重いものを食べてしまうと胃に負担をかけてしまって、睡眠の質を下げてしまい、結果としてダイエットにも悪影響を及ぼします。

  • 【夕食におすすめな食べ物】
  • 野菜がたくさん入ったスープ、キムチなどの発酵食品、和食・納豆などヘルシーなもの

これらは、食物繊維を摂ることで痩せていけますし、発酵食品は腸内環境を良くしてくれるので、夜に食べてもダイエットにいい効果をもたらしてくれます。

注意して欲しいのが、夕食は軽く済ませた方が良いからと言って抜くのはおすすめできません。夕食を抜いてしまうと、体が夕食抜きの生活に合わせようと朝昼の栄養をため込むようになり痩せにくくなってしまいます。

夕食は「カロリー、炭水化物量を抑える」、「寝る3時間前までに済ませる」という2点を意識して、夕食を抜くこともせず、ダイエットに効果的な栄養を摂るようにしましょう。

9、水をたくさん飲む

水をたくさん飲むと、体内に不要な老廃物を排出することができるので、一日2リットルを目安に飲むようにすると痩せていくことができると言われています。

人の体内には体重の4%分の老廃物があると言われていて、いくら水分を摂っても体の水分量は一定に保つようになっているので、2リットル水を飲むことで効果的に老廃物を排出できます。

2リットルと言われていますが、体重の4%が目安なので、50kgの人は2リットルですが、55kgで2.2リットル60kgで2.4リットルと言うのを目安にしていくと良いでしょう。

また、水を飲むことにより、満腹中枢を刺激し、空腹感を抑えることができるという効果も期待できます。

ただし、注意して欲しいのが水分ではなく、「水」でなくてはなりません。

お茶やアルコールなども水分ではありますが、カフェインやアルコールを分解しなくてはならず、それを分解していくと、結局老廃物になるので意味がないからです。水で2リットルを心がけましょう。

10、よく噛んで食べる

よく噛まずに飲み込んでしまうと、胃に負担をかけ体にも良くありませんし、満腹中枢が刺激されずにどんどん食べてしまいます。

満腹と感じるのは食事を始めて約20分なので、それまでであればたくさん食べれてしまうのです。一口30回を目安によく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

よく噛むことにより、噛むという行動自体でみカロリー消費されますし、急な血糖値の上昇を抑えられ痩せやすくなります。

食事の量を気にしなくても、噛む回数を一口30回にしていくことで、痩せる効果があるので、食べるのを我慢したくないけど痩せたいという人は試してみて下さい。

11、野菜から食べる

食べても痩せていくためには食べる順番も重要です。

「汁物→野菜→主菜→ごはん」という順番が理想的ですが、野菜を先に食べるということを意識しているだけで変わってきます。

この順番の根拠としては、汁物はカロリーが少なく満腹感を得ることができるので先に食べるといいでしょう。

そして、野菜を食べることで、野菜に含まれる食物繊維が、血糖値が上がるのを抑えてくれて、脂肪の増加も抑えてくれます。

主菜は、肉や魚などをしっかり食べることによりたんぱく質を摂ることができて、基礎代謝を上げていけます。

最後にご飯を食べるのは、空腹状態で糖質を摂ってしまうと血糖値が急激に上がり太ってしまう原因になるので、ある程度胃に物がある状態で糖質を摂ることで痩せやすくなるからです。

12、基礎代謝を上げる

ダイエットに関する情報を見ていると代謝いう言葉はたくさん出て来ますが、正式に言うと基礎代謝とは「何もしていなくても消費するエネルギー」のことです。

一日の消費エネルギーの60%ほど基礎代謝で消費されていると言われており、食べて痩せていくには基礎代謝の部分を無視できません。

基礎代謝を上げていくことができれば自然とエネルギーを消費してくれるので、たくさん食べても痩せる状態を作れます。

 基礎代謝を上げる方法「起床後に水を一杯飲む」

寝ている間にコップ一杯分の水分を失っていると言われていて、起床して水を飲むことで血流を良くしていくことができ、基礎代謝を上げることができます。

体温を上げた方が基礎代謝も上がるので、お湯だとより効果が見込めるでしょう。

 基礎代謝を上げる方法「筋肉量を増やす」

筋肉はエネルギーを燃焼するので、筋肉量が増えると基礎代謝が上がっていきます。

運動すること自体でカロリーも消費できますし、基礎代謝も上がって痩せやすくなるので、食べても痩せるためには運動は必須です。

下半身に筋肉は集中していると言われているので、普段まったく動いていない人はスクワットやウォーキングから始めてみましょう。

13、しょうがを食べる

しょうがを食べると体が温まるなんて言われていますが、それはしょうがに入っている「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分によるものです。

この「ジンゲロール」と「ショウガオール」には血流を良くしたり、脂肪を燃焼する効果があるので、冷え性だけでなく「食べても痩せるダイエット」にも効果的です。

しょうがは、薬味として食べたり料理に入れたりすることも出来るので、たくさん食べたいときにはしょうがを取り入れてみましょう。

ちなみに、固形の生姜だけでなく、チューブのしょうがでも効果はあるので、料理に入れたり、紅茶に入れて飲んでみたりなどして痩せやすい体を作っていきましょう。

最近ではジンジャラーと言って、カバンにチューブのしょうがを入れている人が増えているみたいです。

14、1日4食食べる

1食分そのまま増やすわけではなく、3食分の量を1日4回位分けるという方法です。

  • 8時:朝食
  • 12時:昼食半分
  • 15時:昼食残り半分
  • 19時:夕食

といったように、食事を細かく分けると空腹の時間が減っていくので、痩せていくことができると言われています。

空腹時は体が栄養を吸収しようとなっている状態なので、脂肪が蓄積しやすくなってしまいますが、それとは逆に空腹の期間を減らしていくことで、脂肪がつきにくい体になっていくという仕組みです。

ちなみに、これの逆をやっているのがお相撲さんで、お相撲さんは一日2食にして、脂肪をつけていこうとしています。

この方法なら、食べる量は変えなくても区切るだけなので、そこまでストレスなく痩せやすい体を作ることができます。

15、寝る前にはちみつを食べる

はちみつは、甘いのでカロリーが高くてダイエット中はNGと思われがちですが、効果的に使うとダイエットに役立てることができます。

寝る前にはちみつを食べると成長ホルモンの分泌が多くなり、成長ホルモンには脂肪を燃焼させていく力があるので、脂肪の燃焼を助けてくれます。

また、はちみつの糖は脂肪として吸収されにくいので、寝る前に食べても安心なのです。

コップ一杯のお湯にスプーン一杯のはちみつなどシンプルに摂取してもいいですが、ヨーグルトに入れて食べることにより、腸内環境も良くなり、一石二鳥になります。

ちなみに、はちみつのカロリーは砂糖の3/4程度なので、砂糖よりカロリーの面でもダイエットに合っていると言えるしょう。

はちみつには便秘の改善や美肌の効果もあると言われているので、ぜひ試してみてください。

食べて痩せるダイエットの注意点

食べて痩せるダイエットのコツを紹介してきましたが、注意点もあります。

注意点を守らずに行ってしまうと、食べる分、普通に太ってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

食べても太らないからと言って食べ過ぎない

食べて痩せるダイエットは、いくら食べても太らないわけでなく、上手く消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにしているだけです。

そのため、食べて痩せるダイエットしているからと言って、なんでも食べていいわけではありません。

しっかり痩せやすい体を作ることができたら、たまに食べすぎるくらいなら影響は少ないですが、週に何度も食べ過ぎると太ってしまいます。

あなたの周りにはたくさん食べても太らない人もいるかもしれませんが、それはその方の体質もあるので、真似しないように気を付けていきましょう。

よく噛んで食べる、野菜から食べるなどをして、満腹中枢を刺激すると食べ過ぎを抑えることができますよ。

遺伝で太りやすい場合もある

太りやすい、痩せやすいというのは遺伝もあるので、食べても太らない人もいれば、どんなことをしても食べて痩せることができない人もいます。

今回紹介した方法は、多くの人には効果があるのですが、その人の体質によっては効果が出ない場合もあるので、過信しすぎず、他の方法も試してみるという柔軟性が必要です。

「あの子は食べてもこれをやっていたら痩せたらしいからやってみよう」というのも無しではありませんが、あなたに合った方法を見つけていくことが食べて痩せるダイエットをしていくにあたっては大切です。

食べて痩せるダイエットの効果を高める方法

ここからは、紹介した食べて痩せる方法の効果をさらに高める方法やポイントを紹介します。

紹介した食べて痩せる方法のどれと組み合わせても良いので、是非マスターしてくださいね!

痩せるホルモンを作る

食べて痩せることは、正直他のダイエットと比べると健康的な分、難易度は高めです。成功させるには、痩せやすい状態を作らなくてはなりません。

そのためには、痩せるホルモンを作っていくことが効果的です。

サプリを摂る、腸内環境を良くする、EPAを摂るなどをして痩せるホルモン作りを意識して、痩せやすい状態を維持していきましょう。

痩せるホルモンができてしまえば、多少サボっても太ることは少なり、ダイエット成功にグッと近づきます。

体内時計を正す

食べて痩せる方法として、健康的な生活をするということも大切です。

睡眠不足のストレスで脂肪を溜めやすくなってしまいますし、朝から活動していけば単純に消費エネルギーも増えていくので痩せやすい体になり、食べても痩せていけるようになります。

夜型の生活を続けてしまうと自律神経が乱れ、胃腸の働きを悪くしまうと言われており、胃腸の働きが悪くなると消化をうまくできなくなり余分な脂肪がついてしまうことで太りやすくなってしまいます。

また、食べて痩せるためには、朝食をとるということはとても重要なので、家を出るギリギリまで寝て朝食を食べずに出かけてしまっていては、食べて痩せるということは難しくなっていってしまいます。

しっかり寝て、毎日朝ご飯を食べて、健康的な生活を送っていきましょう。

食べても痩せる体を作って人生最後のダイエットに

今回は、食べて痩せたいという方に向けて、「食べても痩せる方法」について紹介しました。

食事制限は、確かに強力なダイエット法ですが、きついので長く続けづらく、続いたとしても栄養の偏りで太りやすい体質になってしまい、一時的に痩せてもリバウンドしやすいという大きなデメリットがあります。

今回紹介した「食べても痩せる方法」であれば、時間を掛けて痩せやすい体質を作るものなので、リバウンドしづらく、もう二度とダイエットをしなくて済むかもしれません。

もちろん合う・合わないはありますが、仕事や家庭の関係で食事制限が難しい人も痩せていくことができるので、ぜひ紹介した15のうちのどれかを試してみて、自分に合った方法を続けてみてください。

痩せやすい体を作ることができたら、多少手を緩めてもあまり太らないので、痩せやすい体ができるまで、まずは頑張ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集