shutterstock_492352813

高カロリーでもチョコレートは痩せる?ダイエット効果を高める方法とは

ダイエット中にチョコレレートを食べるのは絶対にNGと思っている方も多いと思います。しかし、チョコレートにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることができるのです。今回はチョコレートのカロリー・糖質量、ダイエット効果、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなチョコレートでも痩せれる?

チョコレートといえば砂糖をたくさん使用しており、しかも高カロリーなので、ダイエット中に食べるのは絶対NGと思われがちなお菓子です。

しかし、そんなチョコレートにもダイエット効果が豊富に含まれており、食べる種類や食べ方のルールさえきちんと守ることができれば、ダイエットに向いている食べ物なのです。

今回は、チョコレートのカロリー・糖質量、チョコレートダイエットの効果を高める食べ方、チョコレートダイエットの方法などについて紹介します。

ただし、カカオの含有率が高いチョコレートに限る

先ほど、チョコレートはダイエットに効果的と紹介しましたが、どんなチョコレートでも良いというわけではありません。

ダイエットに向いているチョコレートとして、カカオ含有率が70%以上のものがおすすめです。

カカオが多く含まれているチョコレートを選ぶと、カカオのダイエット効果をより受けることができるのです。

ただし、ビターの方がミルクチョコレートよりカロリーが低いというのは間違えで、カカオにより脂質が多くなってしまっており、カロリーは同等と言えるでしょう。

また、クッキーやビスケットが使用されているチョコレートもカロリーが高くなる原因になるので、控えるようにしましょう。

チョコレートのカロリーは?

チョコレートのカロリーは、種類によって差はありますが、平均的に100gあたり「約558kcal」と非常に高カロリーになっています。

チョコレート以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • うどん:約105kcal
  • そば:約114kcal

このように比較してみても、チョコレートのカロリーが非常に高いということがわかります。

主食のご飯やうどん、そばなどと比べても非常に高いため、ダイエット中に食べる場合は、食べ方に注意が必要です。

チョコレートの糖質量は?

チョコレートに含まれる糖質量は、種類にもよりますが平均的に100gあたり「約48g」と非常に高糖質です。

チョコレート以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • うどん:約50g
  • そば:約57g

このように他の食べ物と比較してみると、高糖質な主食と比べても同じくらなので、いかにチョコレートの糖質量が高いかがわかります。

チョコレートはカロリーだけでなく、糖質量も高いので、何度も言いますが食べ方には非常に注意が必要です。

チョコレートに含まれる意外なダイエット効果とは?

満腹感が高い

チョコレートに含まれるダイエット効果として、満腹感が高いという点が挙げられます。

チョコレートの原料であるカカオには、「リグニン」や「ヘルセミロース」という食物繊維の一種が豊富に含まれています。

これらの成分は水分を吸収すると膨らむ性質があるため、少量で満腹感を得ることができ、食事や間食の量を減らすことができるのです。

体の基礎代謝を高めてくれる

チョコレートに含まれるダイエット効果として、体の基礎代謝を高めてくれるという点も挙げられます。

チョコレートには「ポリフェノール」という成分が豊富に含まれており、このポリフェノールには体内のコレステロール値を下げてくれる働きがあるのです。

コレステロール値が下がることで、血液がサラサラになり、体の基礎代謝が高まるので、痩せやすい体を作ることができます。

便秘を解消してくれる

チョコレートに含まれるダイエット効果として、便秘を解消してくれるという点も挙げられます。

チョコレートに含まれる食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きがあると言われており、便秘が解消されることによって、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるデトックス効果を期待することができるので、痩せやすくなるのです。

チョコレートダイエットの効果を高める方法・食べ方

ミルクチョコレートではなく、カカオ含有率70%以上のビターチョコレートを選ぶ

チョコレートダイエットの効果を高める方法として、ミルクチョコレートではなく、カカオ含有率70%以上のビターチョコレートを選ぶという方法が挙げられます。

先ほども紹介したように、ミルクチョコレートよりもビターチョコレートの方がカカオの含有率が高いです。

カカオにはダイエット効果が豊富に含まれているので、ビターチョコレートの方がより痩せることができると言われています。

1日50gまで

チョコレートダイエットの効果を高める方法として、食べる量を1日50gまでとする方法もおすすめです。

先ほど、チョコレートのカロリーを紹介しましたが、チョコレートはカロリーが非常に高く、いくらダイエットに効果的と言っても、食べ過ぎてしまうとあっという間に太る原因になります。

そこで、チョコレートを食べる量を1日50gまでと決めることで、カロリー摂取量を抑えることができるので、太りにくくすることができるのです。

食事の20分前に食べる

チョコレートダイエットの効果を高める食べ方として、食事の20分前に食べる方法もおすすめです。

チョコレートには食物繊維が豊富に含まれており、この食物繊維によって高い満腹感を得ることができます。

そのため、食事の20分前にチョコレートを食べることで、食事の量を減らすことができ、結果的に1日における摂取カロリーを少なくすることができるので、痩せやすくすることができるのです。

高カロリーなチョコレートでも選ぶ種類や食べ方次第では痩せれる!

チョコレートのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

紹介した通り、チョコレートにはダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエットに向いている食べ物と言えます。

しかし、チョコはカロリーが高いというデメリットもあるので、食べ方には十分注意するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集