timg1481

クロワッサンたい焼きのカロリー・糖質は?意外にも痩せれる食べ物だった

クロワッサンたい焼きは、あんこをクロワッサン生地で包んで焼いた食べ物で、高カロリー・高糖質ですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、クロワッサンたい焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なクロワッサンたい焼きでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2DbFKDD

クロワッサンたい焼きとは、その名の通りクロワッサン生地を使用したたい焼きのことで、香ばしくサクッとした食感が美味しい食べ物です。

そんなクロワッサンたい焼きは、高カロリー・高糖質で、ダイエット中は避けられがちなのですが、ダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、クロワッサンたい焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・コツなどについて紹介します。

クロワッサンたい焼きのカロリー

http://bit.ly/2ByoZBY

クロワッサンたい焼きのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約337kcal」高カロリーです。

クロワッサンたい焼き以外の食べ物のカロリー(1人前あたり)

  • クロワッサン:約179kcal
  • たい焼き:約220kcal
  • ご飯:約269kcal

このように比較してみても、クロワッサンたい焼きのカロリーが高いということがわかります。

一般的なたい焼きよりもかなり高カロリーで、ご飯1膳分と比べても高いことから、ダイエット中は注意が必要な食べ物です。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら、合計4週間分が特別価格「1000円(税込)」で購入可能!

クロワッサンたい焼きの糖質量

http://bit.ly/2kUUhwC

クロワッサンたい焼きの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約27.2g」と高糖質です。

クロワッサンたい焼き以外の食べ物の糖質量(1人前あたり)

  • クロワッサン:約16.8g
  • たい焼き:約38g
  • ご飯:約55.2g

このように比較してみると、一見クロワッサンたい焼きの糖質は低く見えますが、あくまでも高糖質な食べ物と比較した場合の話であり、全食品で見ると十分高糖質と言うことができるのです。

クロワッサンたい焼きに含まれるダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2C57wVh

あんこの食物繊維が便秘を解消してくれる

クロワッサンたい焼きに使用されるあんこには、「食物繊維」という栄養素が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に効果的です。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

あんこのポリフェノールが基礎代謝を高めてくれる

クロワッサンたい焼きに使用されるあんこには、「ポリフェノール」という成分も豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、痩せやすい体を作るのに最適な成分です。

ポリフェノールの抗酸化作用によって体が若返ると、体の働きが活発になるため、基礎代謝がアップするので、痩せやすくなるのです。

あんこのサポニンがコレステロール値を下げてくれる

クロワッサンたい焼きに使用されるあんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的です。

サポニンが血液中のコレステロール値を下げてくれることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、ダイエットに良い成分なのです。

クロワッサン生地が腹持ちを良くしてくれる

クロワッサンたい焼きに使用されるクロワッサン生地は、非常に腹持ちが良い食べ物です。

クロワッサン生地は腹持ちが良いので、少量で満腹感を得ることができます。

そのため、クロワッサンたい焼きを食べることで、食事や間食の量を減らすことができるので、1日の摂取カロリーをカットし、痩せることができるのです。

ダイエット中のクロワッサンたい焼きの注意点・デメリット

http://bit.ly/2C1p56n

チョコやクリームのクロワッサンたい焼きは高カロリー

ダイエット中のクロワッサンたい焼きの注意点として、チョコやクリームなどはカロリーが高いという点が挙げられます。

一般的なクロワッサンたい焼きは、中にあんこが入っているものですが、中にはチョコやクリームなどを使用したクロワッサンたい焼きも存在します。

それらのクロワッサンたい焼きは、あんこを使用したクロワッサンたい焼きよりもカロリーが高くなっているので、注意が必要です。

食べ過ぎると食物繊維によって便秘になる

ダイエット中のクロワッサンたい焼きのデメリットとして、食べ過ぎると食物繊維によって便秘になるという点も挙げられます。

先ほど、あんこに含まれる「食物繊維」には便秘を解消してくれる働きがあると紹介しましたが、これはあくまでも適量の食物繊維を摂取した場合の話であり、この食物繊維を摂り過ぎると反対に便秘になってしまう原因になるのです。

ダイエット中は食物繊維の摂り過ぎに注意するようにしましょう。

クロワッサンたい焼きのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2C2S2yO

間食に1個食べる

クロワッサンたい焼きのダイエット効果を高める食べ方として、間食に1個食べる方法がおすすめです。

先ほど、クロワッサンたい焼きは非常に腹持ちが良い食べ物と紹介しましたが、このクロワッサンたい焼きを間食に食べることで、クロワッサンたい焼きでお腹を満たすことができ、その結果食事の量を減らすことができ、1日における消費カロリーを抑えることができるのです。

ただし、ここでクロワッサンたい焼きを食べすぎてしまうと、反対に摂取カロリーが増え、太る原因になるので注意するようにしましょう。

こしあんよりつぶあんのクロワッサンたい焼きを選ぶ

クロワッサンたい焼きのダイエット効果を高めるコツとして、こしあんよりもつぶあんのクロワッサンたい焼きを選ぶ方法もおすすめです。

なぜ、こしあんよりもつぶあんの方が良いかというと、こしあんは製造過程で原料である小豆の皮を取り除いてしまうからです。

小豆の皮にもダイエット効果が豊富に含まれており、この皮を取り除くこしあんよりも、取り除かないつぶあんを選んだ方が、ダイエット効果が高まるのです。

高カロリー・高糖質なクロワッサンたい焼きでも食べ方次第では痩せれる!

クロワッサンたい焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

紹介した通り、クロワッサンたい焼きは高カロリー・高糖質で、ダイエット中は避けられがちなのですが、ダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ダイエット中にクロワッサンたい焼きを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「間食に1個食べる」、「こしあんよりもつぶあんを選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集