carry6

キーマカレーのカロリー・糖質は?豊富なダイエット効果と痩せる食べ方

キーマカレーはひき肉をたくさん使用したカレーで、高カロリー・高糖質です。しかし、キーマカレーにもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。今回は、キーマカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なキーマカレーでも食べ方次第では痩せれる? 

キーマカレーとは、メインにひき肉を使用したメニューであり、食べる機会も多い食べ物です。

そんなキーマカレーは、高カロリー・高糖質になっており、ダイエット中は避けられがちな食べ物ですが、キーマカレーにはダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

今回は、キーマカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介します。

キーマカレーのカロリー

キーマカレーの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約720kcal」と非常に高カロリーです。

キーマカレー以外の食べ物のカロリー(1人前あたり)

  • ご飯:約269kcal
  • カレーライス:約862kcal
  • カレーうどん:約492kcal

このように比較してみても、キーマカレーのカロリーが高いということがわかります。

普通のカレーライスよりは低カロリーなキーマカレーですが、ご飯やカレーうどんなど、他の食べ物と比較すると十分高カロリーと言うことができます。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら特別価格「980円」で購入可能!

キーマカレーの糖質

キーマカレーの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約93g」と非常に高糖質です。

キーマカレー以外の食べ物の糖質量(1人前あたり)

  • ご飯:約56g
  • カレーライス:約120.6g
  • カレーうどん:約70.6g

このように比較してみても、キーマカレーはカロリーだけでなく、糖質も高いということがわかります。

ルーにはそれほど糖質は含まれていないのですが、ご飯を加えることで、ご飯に含まれる糖質量により、キーマカレーの糖質量が非常に高くなってしまうのです。

キーマカレーに含まれる意外なダイエット効果・メリット

ひき肉のカルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

キーマカレーに使用されるひき肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分です。

このカルニチンは、多くの脂肪燃焼サプリにも配合されており、その効果もお墨付きの成分なのです。

ひき肉のたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

キーマカレーに使用されるひき肉には、「たんぱく質」という成分も豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに欠かせない成分として有名です。

筋肉というと、体重が増加するイメージがあり、ダイエット中は避けられがちですが、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きがあるので、痩せやすい体を作ってくれるのです。

ナツメグというスパイスが便秘を解消してくれる

キーマカレーには、「ナツメグ」というスパイスが使用されていることが多いです。

このナツメグには、腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

ナツメグによって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、ダイエット効果を期待できるのです。

ダイエット中のキーマカレーの注意点・デメリット

ご飯やナンのカロリーに注意

ダイエット中のキーマカレーの注意点として、ご飯やナンのカロリーが高いということが挙げられます。

キーマカレーには欠かせないご飯やナンですが、非常に高カロリーで、食べすぎてしまうとあっという間に太る原因になります。

ひき肉の使いすぎに注意

ダイエット中のキーマカレーの注意点として、ひき肉のカロリーが高いということも挙げられます。

キーマカレーに使用するひき肉は、先ほど紹介したようにダイエット効果が豊富で、ついつい食べすぎてしまう方も多いのですが、肉類であることに変わりはなく、キーマカレーに使いすぎてしまうと、太る原因になるので注意するようにしましょう。

キーマカレーのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

牛や豚ではなく、鶏ひき肉を使用する

キーマカレーのダイエット効果を高める食べ方として、牛や豚ではなく、鶏ひき肉を使用する方法がおすすめです。

種類別のひき肉のカロリー(100gあたり)

  • 牛ひき肉:約224kcal
  • 豚ひき肉:約221kcal
  • 鶏ひき肉:約166kcal

このように比較すると、鶏ひき肉のカロリーが一番低いということがわかります。

そのため、ダイエット中にキーマカレーを食べる際は、鶏ひき肉を選ぶようにしましょう。

ご飯やナンの量を減らし、キーマカレーの量を増やす

キーマカレーのダイエット効果を高めるレシピとして、ご飯やナンの量を減らす方法がおすすめです。

先ほど紹介しましたが、ご飯やナンは非常に高カロリーな食べ物であり、糖質も高くなっています。

そのご飯やナンの量を減らすことで、キーマカレーのカロリーを抑えることができます。

ただし、ご飯やナンの量を減らすと、満腹感が少なくなるので、その分キーマカレーのルーを多くすることで、余計な間食をなくすことができます。

高カロリー・高糖質なキーマカレーでも食べ方次第では痩せれる!

キーマカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、キーマカレーは高カロリー・高糖質であり、ダイエット中は十分に注意しなければならないメニューですが、キーマカレーにもダイエット効果が含まれており、食べる量や食べ方さえ間違えなければ、痩せることもできると言われているのです。

ダイエット中にキーマカレーを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「鶏ひき肉を選ぶ」、「ご飯の量を減らす」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集