shutterstock_320808317

巨峰のカロリー・糖質は?ダイエット向きなのに太ってしまう食べ方とは

巨峰は果物の中では高カロリー・高糖質ですが、食べ物全般の中では低カロリー・低糖質とも言えます。また、巨峰を始めとするぶどうには、様々なダイエット効果がありダイエット向きなフルーツでもあります。ただし食べ方次第では、低カロリーでも太りうるので注意が必要です。太らないための痩せる食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな巨峰でも食べ方次第では太る?

巨峰は、ぶどうの品種の1つであり、大きな粒が特徴的な食べ物です。

そんな巨峰は、フルーツの中では高カロリーと言われていますが、全ての食べ物の中で見ると、低カロリーな食べ物と言えます。

巨峰は低カロリーな上に、ダイエット効果も豊富に含まれており、ダイエットに向いている食べ物ですが、太る要素もあり、食べ方を間違えてしまうと太る可能性もあります。

今回は、巨峰のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

巨峰のカロリーは?

巨峰のカロリーは、100gあたり「約59kcal」で、1房あたり(240g)に換算すると「約142kcal」、1粒あたり(16g)に換算すると「約8kcal」と低カロリーです。

巨峰以外の果物のカロリー(100gあたり)

  • デラウェア:約59kcal
  • マスカット:約59kcal
  • りんご:約54kcal
  • 梨:約43kcal

このように比較してみると、巨峰のカロリーが高いように見えますが、あくまでも低カロリーな果物類の中で比較した場合の話であり、全食品で見ると巨峰は十分低カロリーと言うことができます。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら、合計4週間分が特別価格「1000円(税込)」で購入可能!

巨峰の糖質量は?

巨峰のカロリーは、100gあたり「約15.2g」と、糖質は少し高めになっています。

巨峰以外の果物の糖質量(100gあたり)

  • デラウェア:約15.2g
  • マスカット:約15.2g
  • りんご:約13.1g
  • 梨:約10.4g

このように比較してみても、巨峰の糖質量が高いということがわかります。

巨峰を始め、果物は意外と糖質量が多い食べ物と言われており、低カロリーだからといって食べすぎてしまうと太る原因になるので注意するようにしましょう。

また、記載の通り、ぶどうの品種による糖質の差はほとんどありません。

巨峰に期待できるダイエット効果

カリウムがむくみを解消してくれる

巨峰には、「カリウム」という成分が豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、むくみの解消に効果的で、ダイエット中におすすめの成分です。

私たちの体がむくむ主な原因は、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものと言われています。

そこで、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒に余分な水分を排出してくれるので、頑固なむくみを解消してくれるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

巨峰には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、食べ物や飲み物から摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあり、肥満の予防に効果を発揮してくれます。

本来、糖質を摂取すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、このインスリンによって糖質が体脂肪に変換されます。

そこでビタミンB1を摂取することで、糖質を体脂肪になる前に排出してくれるので、体に脂肪がつきにくくなると言われています。

鉄分が基礎代謝をアップしてくれる

巨峰には、「鉄分」という成分も豊富に含まれています。

この鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあり、血液中の酸素量が増えることで、体の隅々まで酸素が行き渡りやすくなり、その結果体の働きを活発にすることができます。

体の働きが活発になると、体の基礎代謝がアップするので、痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中に巨峰を食べる際の注意点

1粒1粒が小さいので、ついつい食べ過ぎてしまいがち

ダイエット中の巨峰の注意点として、ついつい食べ過ぎてしまうという点が挙げられます。

巨峰は1粒1粒が小さいので、ついつい食べ過ぎてしまい、気づいたらカロリーオーバーしてしまっていたということが多いのです。

ダイエット中は最初に食べる量を決めておくようにすると、カロリーオーバーのリスクを低減することができます。

果糖が多く、食べ過ぎるとカロリー以上に太る原因になる

ダイエット中の巨峰のデメリットとして、果糖が多く含まれているという点も挙げられます。

巨峰は低カロリーではありますが、果糖が多く含まれており、カロリー以上に太りやすいと言われています。

果糖は普通の砂糖よりも体に体脂肪を蓄えやすいと言われているので、注意するようにしましょう。

巨峰のダイエット効果を高める食べ方・コツ

皮ごと食べる

巨峰のダイエット効果を高める食べ方として、皮ごと食べる方法がおすすめです。

巨峰の皮は食べられることは少ないのですが、皮にはポリフェノールというダイエット成分が豊富に含まれているので、皮ごと食べるとよりダイエット効果が高まるのです。

ポリフェノールには抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあり、体を若返らせることで、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝をアップすることができ、痩せることができると言われています。

ただしその際、巨峰に農薬が付いているので、きちんと洗い流してから食べるようにしましょう。

1日7,8粒までにする

巨峰のダイエット効果を高める食べ方として、1日7,8粒までにと制限する方法もおすすめです。

巨峰は低カロリーではありますが、やはり食べすぎてしまうとカロリーが高くなり、太る原因になります。

1粒が約16gなので、1日6粒までなら総摂取量を約100gで抑えることができ、摂取カロリーを約59kcalと低くすることができます。

低カロリーな巨峰でも食べ方次第では太るのでご注意を!

巨峰のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、巨峰は低カロリーな上にダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエット向きの食材ですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるのです。

ダイエット中に巨峰を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「皮ごと食べる」、「1日7,8粒までにする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集