Untitled design

糖分の取りすぎは危険!怖い症状と簡単にできる糖分をカットする方法

糖分は太るもととはわかっているけれど、糖分を取りすぎてそのまま放っておくという方も多いかもしれません。糖分を取りすぎてしまっても、あることを行うことで太りにくくすることができるのです。今回は、糖分を取りすぎてしまった際の対策法などについて紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖分の取りすぎは肥満の原因になる!

食べ物や飲み物など、様々なものに使用されており、摂取することが多い糖分ですが、この糖分を取りすぎてしまうとあっという間に太る原因になると言われています。

できれば、最初から糖分の摂取量を抑えることができれば良いのですが、どうしても取りすぎてしまうこともあると思います。

そんな時は、ある工夫をすれば、太りにくくすることができるのです。

今回は、糖分を取りすぎてしまった際の対策法について紹介していきます。

糖分と糖質はほとんど同じ意味で使われる

多いのが、糖分と糖質の違いがわからないという方です。

糖分の定義は曖昧で、糖質とほとんど同じ意味で使用されることが多いです。

糖質というと、ご飯やパン、麺類などの炭水化物に含まれる成分で、人が太る原因の成分の一つと言われています。

糖質制限ダイエットというダイエット法ができるほど、糖質(糖分)はダイエットの大敵とされているのです。

ただし、いくら糖分は太る原因だからとはいえ、人の体に必要な成分でもあるため、全く取らないというのは生命活動に支障をきたすので、注意するようにしましょう。

糖分の取りすぎで太る理由

そもそもなぜ、糖分を摂りすぎると太るのでしょうか。

糖分を取りすぎた際の対策法を紹介する前に、糖分を摂りすぎると太る理由・メカニズムについて紹介します。

血糖値が上がる

糖分の取りすぎで太る理由として、体内の血糖値が上がるという点が挙げられます。

食べ物や飲み物から糖分を摂取すると、体内の血糖値が上昇するのですが、その際に膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、インスリンの働きによって血糖値が下がります。

しかし、インスリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれており、エネルギーになりきれなかった糖分を体脂肪に変換させ、体に蓄積してしまう働きがあるので、太りやすくなるのです。

脂肪燃焼を妨げる

糖分の取りすぎで太る原因として、糖質を取りすぎると脂肪燃焼を妨げてしまうという点も挙げられます。

本来、脂肪を燃焼することで生命活動のエネルギーを作るのですが、糖分を取りすぎることで体は糖分をエネルギーに変えることを優先します。

そのため、脂肪燃焼が後回しになり、なかなか脂肪燃焼しにくい体を作ってしまう原因になるのです。

糖分を取りすぎた際の対策法を紹介

ここからはいよいよ、糖分を取りすぎた際の対策法を紹介していきます。

より簡単で、すぐに実践できる糖分カット法です。

本来なら、最初から糖分を取りすぎないということが重要なのですが、糖分を取りすぎてしまった際に実践してみてください。

1、糖質カットサプリを摂取する

糖分を取りすぎた際の対策法として、糖質カットサプリを摂取する方法をおすすめします。

糖質カットサプリを摂取するのが良いと言われても、数多くある糖質カットサプリの中からどれを選んだら良いのかわからないという方も多いと思いますが、「大人のカロリミット」という糖質カットサプリをおすすめします。

「大人のカロリミット」は、テレビCMや雑誌などのメディアでも多く取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれません。

「大人のカロリミット」は、食事による糖分の吸収を抑え、また脂肪分の吸収も抑えてくれるというサプリメントです。

結果的に体内の血糖値の上昇を抑え、中性脂肪の吸収も抑えてくれるという働きがあり、太りにくい体を作ってくれるのです。

1日1回、食事の前に飲むだけなので、実践しやすいのも嬉しい点です。

2、炭水化物の量を減らす

糖分を取りすぎた際の対策法として、炭水化物の量を減らす方法もおすすめです。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物に多く含まれている糖分ですが、糖分を取りすぎたなと思ったら、次の食事の炭水化物の摂取量を減らし、糖分の摂取量を調整すると、1日における糖分の摂取量を抑えることができるのでおすすめです。

糖分を取りすぎて、次も同じような食事をしてしまうと、あっという間に糖分摂取量がオーバーしています。

3、糖分の代謝を促してくれる、吸収を抑えてくれる成分を摂取する

糖分を取りすぎた際の対策法として、糖分の代謝を促してくれる、吸収を抑えてくれる成分を摂取する方法もおすすめです。

糖分の代謝を促してくれる成分はいくつかあるので、それぞれ紹介します。

食物繊維

食物繊維という成分には、糖質が体に吸収されるのを妨げてくれる働きがあると言われているので、ダイエット中は積極的に摂取したい成分です。

《食物繊維が多く含まれる食品》

  • 野菜類、豆類、イモ類、海藻類など

ビタミンB2

ビタミンB2という成分は、摂取された糖や糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われています。

《ビタミンB2が多く含まれる食品》

  • レバー、うなぎ、納豆、いくら、たらこ、卵、きのこ類、サバなど

ナイアシン

ナイアシンという成分にも、摂取された糖分の代謝を促してくれる働きがあると言われています。

《ナイアシンが多く含まれる食品》

  • マグロ、カツオ、イワシ、サバ、サンマ、鶏肉など

4、運動をする

糖分を取りすぎた際の対策法として、運動をする方法もおすすめです。

糖分を取りすぎた際に運動を行うことで、体内で多くなりすぎた糖分を燃焼することができるため、太りにくくすることができるのです。

また、運動にはすでに蓄積された体脂肪を燃焼してくれる効果もあるので、ダブルのダイエット効果を期待することができ、ダイエットに非常に効果的です。

5、勉強や読書をする

糖分を取りすぎた際の対策法として、勉強や読書をする方法もおすすめです。

勉強や読書が対策法として良いというのは意外に思われる方も多いかもしれませんが、勉強や読書をすると頭を使うため、脳がネルギーを欲します。

そのエネルギー源として、糖分が使用されるので、取りすぎた糖分の代謝を促してくれるという仕組みです。

太るだけでない!糖分を取りすぎると起こる症状

糖分の取りすぎは太るだけでなく、健康への悪影響など様々な症状を引き起こす原因になると言われています。

太ること以外の、糖質を取りすぎることによって起こる症状について紹介します。

糖尿病

糖分の取りすぎによって起こる症状として、糖尿病がまず挙げられます。

糖尿病とは、糖分の取りすぎによることにより起こると言われており、糖分の取りすぎには注意しなければなりません。

糖尿病は年齢が進むにつれて起こると勘違いしている方も多いのですが、若い方でも十分発症のリスクがある病気です。

肌の老化

糖分の取りすぎによって引き起こる症状として、肌の老化も挙げられます。

摂取された糖分がたんぱく質と結びついて、AGEs(糖化生成物)というものを作り出す「糖化」という現象により、肌が老化すると言われています。

AGEsは一度作られてしまうと、蓄積されるので、どんどん肌が老化してしまうと言われているので注意が必要です。

脳がバカになる

糖分の取りすぎによる症状として、脳がバカになるという点も挙げられます。

糖分を摂取すると、血糖値が上昇し、インスリンというホルモンによって血糖値が下がるのですが、今度は血糖値が下がりすぎてしまい、その結果脳の神経伝達物質が作られにくくなり、脳がバカになるという現象が起こるのです。

脳がバカになると、ぼーっとして集中力が続かなくなるなどの症状が出てくるので、注意するようにしましょう。

糖分を取りすぎたら対策をしないとあっという間に太る原因になります!

糖分を取りすぎた際の対策法について紹介しました。

紹介した通り、糖分の取りすぎは太るだけでなく、健康や美容にも悪い影響を及ぼすと言われており、糖分を摂りすぎないように注意したいところです。

しかし、糖分をどうしても摂りすぎてしまうということはあり、糖分を取りすぎてしまったらそのままにするのではなく、先ほど紹介した対策法を実践することで、様々な症状のリスクを抑えることができます。

ダイエット中に限らず、普段の生活から糖分の摂取量についても常に意識して生活するようにすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集