shutterstock_98308298

皿うどんのカロリー・糖質は?具材由来のダイエット効果と痩せる食べ方

皿うどんは油で揚げた麺にあんかけをかけたメニューで、高カロリー・高糖質な食べ物ですが、食材由来のダイエット効果により、食べ方次第では痩せることもできます。皿うどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な皿うどんでも食べ方次第では痩せれる?

皿うどんは、油で揚げた麺に具材たっぷりのあんをかけた料理のことで、食べれるお店も多く、人気メニューの一つです。

そんな皿うどんは、非常に高カロリー・高糖質で、何も考えずに食べてしまうと、あっという間に太る原因になります。

今回は、皿うどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピについて紹介します。

皿うどんのカロリーは?

皿うどんのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約644kcal」で、100gあたりに換算すると「約123kcal」と高カロリーになっています。

皿うどん以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • かけうどん:約79kcal
  • かけそば:約81kcal
  • チャーハン:約181kcal

このように比較してみても、皿うどんのカロリーが高いということがわかります。

油で揚げた麺に、高カロリーなあんかけをたくさんかけているので、このように高い数値になってしまうのです。

皿うどんの糖質量は?

皿うどんの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約68g」で、100gあたりに換算すると「約14.4g」と高糖質になっています。

皿うどん以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • かけうどん:約55.6g
  • かけそば:約21g
  • チャーハン:約29.9g

このように比較してみると、皿うどんの糖質量は低いように見えますが、あくまでも高糖質な食べ物と比較した場合の話であり、全食品で見ると皿うどんも高糖質と言うことができます。

皿うどんに含まれる意外なダイエット効果・メリット

白菜の食物繊維が便秘を解消してくれる

皿うどんに使用されることが多い白菜には、「食物繊維」という栄養素が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的です。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

豚肉のカルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

皿うどんに使用されることが多い豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

カルニチンは、解消することが簡単ではない体脂肪を効率的にかつ効果的に解消することができるので、おすすめの成分です。

イカのたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

皿うどんに使用されることが多いイカですが、このイカには「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに欠かせない成分とされています。

筋肉がつくと体重が増えるイメージがあり、ダイエット中は筋肉をつけることは避けられることが多いのですが、筋肉には基礎代謝を高めてくれる働きがあるので、痩せやすい体を作ることがでいるのです。

ダイエット中の皿うどんの注意点・デメリット

肉のカロリーに注意

ダイエット中の皿うどんの注意点として、使用する肉のカロリーが高いということが挙げられます。

先ほど、肉にはダイエット効果があると紹介しましたが、それはあくまで適量食べた時の話であり、食べすぎてしまうとカロリーオーバーとなり、反対に太る原因となります。

ダイエット中は肉の入れすぎに注意するようにしましょう。

あんかけのカロリーにも注意

ダイエット中のあんかけのデメリットとして、あんかけのカロリーが高いということも挙げられます。

皿うどんには欠かせないあんかけですが、あんかけは高カロリーで、食べすぎてしまうとあっという間に太る原因となるので、十分に注意が必要です。

皿うどんのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

太麺よりも細麺を使用する

皿うどんのダイエット効果を高める食べ方として、太麺よりも細麺を使用する方法がおすすめです。

皿うどんには、太麺を使用する場合と細麺を使用する場合がありますが、やはり太麺の方が高カロリーになっています。

そのため、ダイエット中に皿うどんを食べる際は、細麺を選ぶことで、カロリーをカットすることができるのです。

からしをつけて食べる

皿うどんのダイエット効果を高めるレシピとして、からしをつけて食べる方法もオススメです。

皿うどんとの味の相性が良いからしは、味だけではなく、ダイエット的にも相性が良いと言われています。

からしには、脂肪燃焼効果があると言われており、皿うどんのダイエット効果と相まって、より高いダイエット効果を発揮してくれるのでおすすめです。

高カロリー・高糖質な皿うどんでも食べ方次第では痩せれる!

皿うどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、皿うどんは高カロリー・高糖質で、ダイエット中は避けられることが多いのですが、使用される具材由来のダイエット効果により、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中に皿うどんを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「太麺ではなく細麺を選ぶ」、「からしをつけて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集