shutterstock_305946671

豚丼のカロリーは?お店別の数値と痩せる食べ方・レシピ

豚丼は、高カロリーな豚肉やご飯を使用しているので、カロリーが高い食べ物と言われています。しかし、そんな豚丼にもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能です。お店別の豚丼のカロリーやダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方・レシピを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな豚丼でも食べ方次第では痩せれる?

手軽に食べれるお店も増えてきた豚丼は、日本人に愛される食べ物の一つです。

そんな豚丼ですが、みなさんもご存知の通り高カロリーで、一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、豚肉由来のダイエット効果により、食べる量や食べ方さえ間違えなければ痩せることもできると言われているのです。

今回は、豚丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介します。

豚丼のカロリーは?

豚丼のカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約848kcal」で、100gあたりに換算すると「約165kcal」と非常に高カロリーです。

お店別の豚丼のカロリー(1人前あたり)

吉野家

  • 豚丼(並盛):590kcal
  • 豚丼(アタマの大盛):674kcal
  • 豚丼(大盛):788kcal
  • 豚丼(特盛):940kcal

松屋

  • ネギたっぷりネギ塩豚カルビ丼(並盛):722kcal
  • ネギたっぷりネギ塩豚カルビ丼(大盛):982kcal

すき家

  • 豚丼(ミニ):310kcal
  • 豚丼(並盛):700kal
  • 豚丼(中盛):739kcal
  • 豚丼(大盛):912kcal
  • 豚丼(特盛):1025kcal
  • 豚丼(メガ):1129kcal

このように比較してみると、お店によって豚丼のカロリーは様々ですが、どのお店も高カロリーということができ、ダイエット中は注意が必要です。

豚丼に含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

豚肉のカルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

豚丼に使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分とされています。

カルニチンは多くの脂肪燃焼サプリにも使用されており、それだけ脂肪燃焼効果が高い成分と言うことができ、効率良く体脂肪を燃焼してくれるので、おすすめです。

豚肉のたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

豚丼に使用される豚肉には、「たんぱく質」という栄養素も豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに欠かせない成分です。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には基礎代謝を高めてくれる働きがあると言われており、痩せやすい体を作ってくれるのです。

豚肉のビタミンB1が肥満を予防してくれる

豚丼に使用される豚肉には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあり、肥満を予防してくれると言われています。

本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンによって、糖質は体脂肪に変えられるのですが、あらかじめビタミンB1を摂取していることで、その糖質が体脂肪に変えられる前に排出してくれるので、体に脂肪をつきにくくしてくれるのです。

ダイエット中の豚丼の注意点・デメリットとは?

ご飯やタレのカロリーに注意

ダイエット中の豚丼の注意点として、ご飯やタレのカロリーが高いという点が挙げられます。

豚丼には、ご飯やタレが欠かせませんが、このご飯やタレには豊富にカロリーが含まれており、食べ過ぎてしまうと、あっという間に太る原因になります。

ダイエット中は、肉の量だけでなく、ご飯やタレの量にも注意するようにしましょう。

お店の豚丼はカロリーが高い

ダイエット中の豚丼のデメリットとして、お店で食べる豚丼はカロリーが通常よりも高いという点も挙げられます。

松屋やすき家、吉野家など、手軽に豚丼を食べられるお店が増えましたが、お店の豚丼は油や調味料を通常よりも多く使用していることが多く、自宅で作るよりも高カロリーになっている場合が多々あります。

ダイエット中はできるだけお店ではなく、豚丼を自宅で作って食べるようにすると良いでしょう。

豚丼のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

紅生姜をトッピングする

豚丼のダイエット効果を高める食べ方として、紅生姜をトッピングして食べる方法がおすすめです。

豚丼と紅生姜の相性は抜群ですが、味が美味しくなるだけでなく、ダイエット効果も加わると言われています。

紅生姜には、体を温めてくれる働きがあり、紅生姜を食べることで、体が温まりその結果基礎代謝を高めてくれます。

基礎代謝が高まると、1日における消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

七味をかけて食べる

豚丼のダイエット効果を高めるレシピとして、七味をかけて食べる方法もおすすめです。

お店に豚丼を食べに行くと、必ずと言っていいほど置いてある七味ですが、七味に含まれる「カプサイシン」が体脂肪を燃焼してくれるので、よりダイエット効果が高まると言われています。

豚肉のカルニチンと、七味のカプサイシンが相まって、より高い脂肪燃焼効果を期待することができます。

高カロリーな豚丼でも食べ方次第では痩せれる!

豚丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、豚丼は高カロリーで、ダイエットには向いていないと思われがちですが、豚肉由来のダイエット効果が豊富で、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ダイエット中に豚丼を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「紅生姜をトッピングする」、「七味をかけて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集