shutterstock_705006625

ぜんざいのカロリー・糖質は?隠されたダイエット効果と痩せる食べ方

ぜんざいは、あんこと白玉を使用しているので高カロリー・高糖質になっていますが、あんこや白玉にはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることができます。ぜんざいのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なぜんざいでも食べ方次第では痩せれる?

ぜんざいは、あんこにもちもちした白玉が絶品の和スイーツで、よく食べるという方も多いのではないでしょうか?

ぜんざいは、高カロリー・高糖質なので、ダイエット中は避けられがちな食べ物なのですが、使用されるあんこや白玉にはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、ぜんざいのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介します。

ぜんざいのカロリーは?

ぜんざいのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約336kcal」で、100gあたりに換算すると「約223kcal」と高カロリーです。

ぜんざい以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • みたらし団子:約197kcal
  • 大福:約242kcal
  • 羊羹:約130kcal

このように比較してみると、ぜんざいは低カロリーに見えますが、あくまでも高カロリーな食べ物と比較した場合の話であり、全食品で見るとぜんざいは十分高カロリーと言うことができます。

ぜんざいの糖質量は?

ぜんざいの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約70g」で、100gあたりに換算すると「約46.8g」と高カロリーです。

ぜんざい以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • みたらし団子:約45.2g
  • 大福:約50.4g
  • 羊羹:約33.4g

このように比較してみても、ぜんざいの糖質量が高いということがわかります。

ぜんざいは高糖質なあんこや白玉を使用しているので、このように糖質が高くなっているのです。

ぜんざいに隠された意外なダイエット効果・メリット

白玉は腹持ちが非常に良い食べ物

ぜんざいに使用される白玉は、非常に腹持ちが良い食べ物として有名です。

白玉は、消化されにくい食べ物であり、食べることで長時間お腹の中に溜まることになるため、すぐにお腹が空くということを避けることができ、その結果間食や食事の量を減らすことができるので、痩せやすくすることができると言われています。

あんこのポリフェノールが基礎代謝を高めてくれる

ぜんざいに使用されるあんこには、「ポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的な成分です。

ポリフェノールによって体が若返ると、体の働きが活発化し、その結果基礎代謝がアップし、1日における消費カロリーを高くし、痩せることができるという仕組みです。

あんこのサポニンが血液中のコレステロール値を下げてくれる

ぜんざいに使用されるあんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果を発揮してくれるのです。

サポニンによって血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、痩せることができます。

ダイエット中のぜんざいの注意点・デメリット

白玉の量に注意

ダイエット中のぜんざいの注意点として、白玉のカロリーが高いという点が挙げられます。

ぜんざいの醍醐味の一つである白玉は、高カロリーになっているので、食べ過ぎてしまうとあっという間に太る原因になります。

ダイエット中にぜんざいを食べる際は、あんこの量だけでなく、白玉の量にも注意するようにしましょう。

あんこの砂糖の量に注意

ダイエット中のぜんざいに使用するあんこの砂糖の量に注意するようにしましょう。

やはり、砂糖が使用されてれば使用されているほど、カロリーが高くなってしまい、太る原因になります。

ダイエット中はあんこの砂糖の量にも注意するようにしましょう。

ぜんざいのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

温かいぜんざいを選ぶ

ぜんざいのダイエット効果を高める食べ方として、温かいぜんざいを選ぶようにしましょう。

ぜんざいには冷たいタイプのものもありますが、温かいぜんざいを選ぶことで、体を温め、基礎代謝を高めることができるので、ダイエット中は温かいぜんざいを選ぶようにしましょう。

無糖のあんこで作る

ぜんざいのダイエット効果を高めるレシピとして、無糖のあんこを使用する方法もおすすめです。

ぜんざいのカロリーの大半をあんこのカロリーが占めており、あんこのカロリーが高い理由として、砂糖が豊富に使用されていることが要因と言われています。

この砂糖が使用されていないあんこを使用することで、カロリーをカットすることができ、よりダイエット向きになるのです。

高カロリー・高糖質なぜんざいでも食べ方次第では痩せれる!

ぜんざいのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、ぜんざいは高カロリー・高糖質な食べ物であり、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になるのですが、使用されるあんこや白玉にはダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ぜんざいは、カロリーや糖質こそ高いですが、ダイエット効果が豊富なので、ダイエット中でも安心して食べることができるスイーツと言うことができます。

ダイエット中にぜんざいを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「温かいぜんざいを選ぶ」、「無糖のあんこを使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集