shutterstock_281351561

あんまんのカロリー・糖質は?お店別の数値と痩せるための食べ方

あんまんは、中華まんの中でも特に人気が高いですが、高カロリー・高糖質で、ダイエットには不向きと思われがちです。しかし、あんこ由来のダイエット効果により、食べ方次第では痩せることも可能です。あんまんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なあんまんでも食べ方次第では痩せれる?

あんまんは、中にあんこが入った中華まんで、今ではコンビニやスーパーなどでも手軽に食べることができ、食べる機会が多い食べ物です。

そんなあんまんは、高カロリー・高糖質で、ダイエット中は避けられがちですが、使用されるあんこには、豊富にダイエットが含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、あんまんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介します。

あんまんのカロリーは?

あんまんのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約209kcal」で、100gあたりに換算すると「約262kcal」と高カロリーです。

お店別のあんまんのカロリー(1個あたり)

セブンイレブン

  • 北海道産小豆のつぶあんまん:239kcal
  • ふんわり濃厚ごまあんまん:295kcal

ファミリーマート

  • 北海道十勝産小豆のなめらかこしあんまん:272kcal
  • 北海道十勝産小豆の粒あんまん:263kcal

ローソン

  • 北海道小豆の粒あんまん:229kcal
  • 北海道小豆のごまあんまん:244kcal

井村屋

  • こしあんまん:273kcal

中村屋

  • あんまん:288kcal

お店によって差はありますが、どのあんまんも高カロリーと言うことができます。

あんまんは、高カロリーな生地に高カロリーなあんこを使用しているので、このようにカロリーが高くなってしまっているのです。

あんまんの糖質量は?

あんまんの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約209」で、100gあたりに換算すると「約262」とです。

お店別のあんまんの糖質量(1個あたり)

セブンイレブン

  • 北海道産小豆のつぶあんまん:約49.5g
  • ふんわり濃厚ごまあんまん:約52.3g

ファミリーマート

  • 北海道十勝産小豆のなめらかこしあんまん:約47.2g
  • 北海道十勝産小豆の粒あんまん:約53.7g

ローソン

  • 北海道小豆の粒あんまん:約45.8g
  • 北海道小豆のごまあんまん:約40.9g

このように、お店によって差はあるものの、あんまんの糖質は非常に高いということがわかります。

あんまんは、カロリー・糖質共に高いので、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になるので注意が必要です。

あんまんに隠された意外なダイエット効果・メリット

あんこの食物繊維が便秘を解消してくれる

あんまんに使用されるあんこには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に高い効果を発揮してくれます。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を偏と一緒に排出することができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

あんこのサポニンが血液中のコレステロール値を下げてくれる

あんまんに使用されるあんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、意外かもしれませんが、肥満の解消に効果があるとされているのです。

サポニンの働きによって血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、体の脂肪を除去し、痩せることができます。

あんこのポリフェノールが基礎代謝を高めてくれる

あんまんに使用されるあんこには、「ポリフェノール」という成分も豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、体が若返ることで、体の働きが活発化し、その結果基礎代謝を高めて痩せることができるのです。

基礎代謝がアップすると、1日における消費カロリーを多くすることができるので、痩せやい体を作ることができるという仕組みです。

ダイエット中のあんまんの注意点・デメリット

あんこがぎっしり詰まったあんまんに注意

ダイエット中のあんこの注意点として、あんこがぎっしり詰まったあんまんはよりカロリーが高くなっているという点が挙げられます。

あんまんのカロリーの大半をあんこのカロリーが占めています。

そのことから、あんこがぎっしり詰まったあんまんを選ぶと、より高カロリーになってしまい。太ることに繋がります。

ダイエット中は、できるだけあんこが少ないあんまんを選ぶようにしましょう。

生地の厚さにも注意

ダイエット中のあんまんのデメリットとして、生地の厚さにも注意が必要です。

あんまんの生地も高カロリーになっており、もちろん生地が厚ければ厚いほど高カロリーになってしまいます。

ダイエット中は、できるだけ生地が薄いあんまんを選ぶようにしましょう。

あんまんのダイエット効果を高める食べ方・コツ

こしあんよりつぶあんのあんまんを選ぶ

あんまんのダイエット効果を高める食べ方として、こしあんよりつぶあんのあんまんを選ぶのがおすすめです。

こしあんよりもつぶあんのあんまんがおすすめの理由は、こしあんは製造過程で小豆の皮を取ってしまっているのですが、つぶあんは皮をそのまま残しているからです。

小豆の皮にも食物繊維やサポニン、ポリフェノールなどのダイエット成分が豊富に含まれているので、皮がついているつぶあんのあんまんを選ぶようにすると、あんこのダイエット効果を最大限に受けることができるのです。

間食に1個食べる

あんまんのダイエット効果を高める食べ方として、あんまんは間食に1個食べるという方法がおすすめです。

あんまんを食事として食べてしまうと、その分摂取カロリーが高くなり、太ってしまうのですが、間食に食べることで、あんまんは腹持ちがよいため、その後の食事の量を減らすことができるのです。

また、1日1個までと決めることで、摂取カロリーがオーバーせずに済むので、おすすめの方法です。

高カロリー・高糖質なあんまんでも食べ方次第では痩せれる!

あんまんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

紹介した通り、あんまんは高カロリー・高糖質なので、ダイエット中は避けられがちな食べ物です。

しかし、そんなあんまんに使用されるあんこには、ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中ほど、甘い物を食べたくなるものです。

そこで、食べるのを我慢してしまうと、我慢によるストレスから反対に太ってしまうことに繋がるので、上手に食べてあげるということが痩せるための近道ということができます。

ダイエット中にあんまんを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「つぶあんのあんまんを選ぶ」、「間食に1個食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集