shutterstock_530136805

シャウエッセンのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

シャウエッセンは、食卓の定番の食べ物ですが、高カロリーでダイエットには向いていないと思われがちです。しかし、豚肉由来のダイエット効果で、食べ方次第では痩せることもできるのです。シャウエッセンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなシャウエッセンでも食べ方次第では痩せれる?

シャウエッセンとは、日本ハムというメーカーから販売されているウインナーソーセージの商品名であり、多くのスーパーやコンビニで販売されている食べ物です。

シャウエッセンは、購入して茹でたり焼いたりするだけで、手軽に美味しく食べることができ、食卓の献立やお弁当などに重宝される食べ物ですが、豚肉が原料なので、高カロリーになってしまっています。

しかし、使用される豚肉にはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、シャウエッセンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介します。

シャウエッセンのカロリーは?

シャウエッセンの商品別のカロリー(100gあたり)

  • シャウエッセン:約311kcal
  • ロング・シャウエッセン:約311kcal
  • シャウエッセン スペシャルロング:約311kcal
  • 小さなシャウエッセン:約264kcal

シャウエッセンの商品別のカロリーを紹介しましたが、原材料や作り方はほぼ同じなので、「小さなシャウエッセン」以外の商品の100gあたりのカロリーは一緒になっています。

シャウエッセン以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 鶏の唐揚げ:約290kcal
  • チキン南蛮:約254kcal
  • とんかつ:約344kcal

このように比較してみても、シャウエッセンのカロリーが高いということがわかります。

羊の腸に豚肉を詰めた食べ物なので、シャウエッセンはこのように高い数値になっているのです。

シャウエッセンの糖質量は?

シャウエッセンの商品別の糖質量(100gあたり)

  • シャウエッセン:約3g
  • ロング・シャウエッセン:約3g
  • シャウエッセン スペシャルロング:約3g
  • 小さなシャウエッセン:約2.6g

シャウエッセン以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 鶏の唐揚げ:約3.5g
  • チキン南蛮:約11.5g
  • とんかつ:約6g

このように比較してみると、シャウエッセンの糖質量が低いということがわかります。

シャウエッセンは、低糖質な豚肉を主に使用しているため、このように低い数値になっているのです。

シャウエッセンに含まれる意外なダイエット効果・メリット

カルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

シャウエッセンに使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的なのです。

体脂肪が一度体についてしまうと、解消することは容易ではないのですが、カルニチンを摂取することで、効率良く体脂肪を燃焼することができるので、おすすめの成分です。

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

シャウエッセンに使用される豚肉には、「たんぱく質」という栄養素も豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに欠かせない栄養素と言われています。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には基礎代謝をアップしてくれる働きがあるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

シャウエッセンに使用される豚肉には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に高い効果を発揮してくれると言われています。

食べ物や飲み物などから糖質を摂取すると、インスリンという働きによって、糖質が体脂肪に変えられ、太る原因になりますが、そこでビタミンB1を摂取していることで、体脂肪になる前に糖質を排出してくれるので、体に体脂肪がつきにくくなるのです。

ダイエット中のシャウエッセンの注意点・デメリット

ケチャップやマスタードのかけすぎに注意

ダイエット中のシャウエッセンの注意点として、ケチャップやマスタードなどのカロリーが高いという点が挙げられます。

シャウエッセンにケチャップやマスタードなどをかけて食べる方も多いと思いますが、ケチャップやマスタードは高カロリーになっているので、かけすぎてしまうと太る原因となります。

ダイエット中は、ケチャップやマスタードをかけないで食べるか、かける量を減らすなどの工夫が必要です。

ご飯が進んでしまう

ダイエット中のシャウエッセンのデメリットとして、シャウエッセンはご飯が進んでしまう食べ物という点も挙げられます。

シャウエッセンをおかずにご飯を食べるという方も多いと思いますが、みなさんもご存知の通り、ご飯は炭水化物で高カロリー・高糖質な食べ物です。

シャウエッセンはご飯が進んでしまうので、ついつい食べすぎてしまい、カロリーオーバーになり、太る原因になるので注意が必要です。

シャウエッセンのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

マスタードをかけて食べる

シャウエッセンのダイエット効果を高める食べ方として、マスタードをかけて食べる方法がおすすめです。

先ほど、マスタードはカロリーが高いと紹介していて、それなのにマスタードをかけて食べるというのは矛盾しているようですが、マスタードには脂肪燃焼を促してくれる働きがあるため、ダイエット効果を高めてくれると言われているのです。

ただ、マスタードをかけすぎてしまうと、カロリーが高くなってしまうので、かけすぎには注意するようにしましょう。

焼かずに茹でて食べる

シャウエッセンのダイエット効果を高めるレシピとして、焼かずに茹でて食べる方法がおすすめです。

シャウエッセンは様々な調理法がありますが、焼く調理法で食べてしまうと、油を使用するので高カロリーになってしまい、あっという間に太ってしまいます。

そこで、茹でて食べることで、カロリーを抑えることができるため、ダイエット効果がより高まると言われているのです。

高カロリーなシャウエッセンでも食べ方次第では痩せれる!

シャウエッセンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

紹介した通り、シャウエッセンは高カロリーな食べ物で、ダイエット中は食べるのを避けられがちですが、低糖質な上に豚肉によるダイエット効果を期待することができるので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

シャウエッセンは、手軽に食べれて、味も美味しいので、ダイエット中の食事に取り入れやすく、そういう点でもおすすめの食べ物と言うことができます。

ダイエット中にシャウエッセンを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「マスタードをかけて食べる」、「茹でて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集