shutterstock_401602507

フルグラのカロリー・糖質は?メーカー別の数値と痩せる食べ方・レシピ

フルグラは健康食品として、健康や美容に良いとされていますが、高カロリー・高糖質でダイエット中は避けられがちですが、ダイエット効果も多く食べ方次第では痩せることもできるのです。フルグラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なフルグラでも食べ方次第では痩せれる?

フルグラとは、フルーツグラノーラの略で、グラノーラにドライフルーツを合わせた健康食品です。

フルグラは健康食品ということもあり、健康や美容に良く、さらに手軽に食べることができるため、朝食をはじめ、食べられる機会が多い穀物類ですが、高カロリー・高糖質なので、ダイエット中は避けられがちです。

しかし、フルグラのグラノーラやドライフルーツにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、フルグラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介します。

フルグラのカロリーは?

メーカー別のフルグラのカロリー(1食あたり)

  • カルビー フルグラ(50g):約222kcal
  • ケロッグ フルーツグラノーラ(40g):約172kcal
  • 日清シスコ ごろっとグラノーラ(50g):約203kcal

フルグラ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • うどん:約105kcal
  • そば:約81kcal

このように比較してみても、フルグラのカロリーが高いということがわかります。

フルグラは50gあたりの数値に対し、それ以外は100gあたりの数値にも関わらず、それを凌ぐカロリー量のフルグラは、食べ方に注意しないとあっという間に太る原因になります。

フルグラの糖質量は?

メーカー別のフルグラの糖質量(1食あたり)

  • カルビー フルグラ(50g):約31.6g
  • ケロッグ フルーツグラノーラ(40g):約29.5g
  • 日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ(50g):約32.6g

フルグラ以外の食べ物の糖質量(50gあたり)

  • ご飯:約18.4g
  • うどん:約28g
  • そば:約11g

このように比較してみても、フルグラの糖質量が高いということがわかります。

フルグラは、高糖質な麦や砂糖、ドライフルーツをたくさん使用しているので、このように糖質が高くなっているのです。

フルグラに含まれるダイエット効果・メリット

グラノーラに含まれる食物繊維が便秘を解消してくれる

フルグラに使用されるグラノーラには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

グラノーラの食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を便と一緒に排出することができるので、痩せやすくなるのです。

グラノーラに含まれる鉄分が基礎代謝をアップしてくれる

フルグラのグラノーラには、「鉄分」という栄養素も豊富に含まれています。

この鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあると言われており、ダイエットには欠かせない栄養素なのです。

鉄分というと、貧血の予防効果が有名で、ダイエット効果があることはあまり知られていないのですが、鉄分によって血液中の酸素量が増えることで、体の隅々まで酸素が行き渡りやすくなり、その結果体の働きが活発化するので、基礎代謝が上がり、痩せやすい体を作ることができるという仕組みです。

ドライフルーツにもそれぞれダイエット効果がある

フルグラに使用されるドライフルーツにもそれぞれダイエット効果があると言われています。

  • いちご:「アントシアニン」が内蔵脂肪が蓄積されるのを防いでくれる
  • りんご:「りんごポリフェノール」が血液中のコレステロール値を下げてくれる
  • レーズン:「カリウム」がむくみを解消してくれる
  • パイナップル:「ビタミンB1」が糖質の代謝を促してくれる

このように、使用するフルーツによってダイエット効果が様々なので、自分に合ったフルーツが入ったフルグラを選ぶようにしましょう。

ダイエット中のフルグラの注意点・デメリット

ドライフルーツは生のフルーツよりも高カロリー

ダイエット中のフルグラの注意点として、ドライフルーツは高カロリーという点が挙げられます。

ドライフフルーツは果物なので、低カロリーなイメージがある方も多いかもしれませんが、フルーツを干して作るドライフルーツは、カロリーが凝縮されているため、生のフルーツと比べると高カロリーになっているのです。

生のフルーツと同じイメージで入れすぎてしまうと、カロリーがグンと上がってしまい、太る原因になるので、注意するようにしましょう。

牛乳のカロリーにも注意

ダイエット中のフルグラのデメリットとして、牛乳のカロリーが高いという点も挙げられます。

フルグラは、牛乳をかけて食べれられることが多いですが、その牛乳も高カロリーなので、かけすぎてしまうと、あっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

フルグラのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

牛乳を使用する際は低脂肪乳にする

フルグラのダイエット効果を高めるレシピとして、牛乳は低脂肪乳を使用する方法がおすすめです。

普通の牛乳は脂肪分が高いため、カロリーが高く、太りやすいのですが、低脂肪乳にすることで、脂肪分を減らすことができ、結果的にカロリーを抑えることができるのです。

1食につき50gまでにする

フルグラのダイエット効果を高める食べ方として、1食につき50gまでにする方法もおすすめです。

ここまでフルグラのダイエット効果を紹介してきましたが、いくらダイエット効果が高いといっても、カロリーが高いということを忘れてはいけません。

フルグラは高カロリーなので、1食につき50gまでしか食べないと決めておくようにすると、カロリー摂取の許容範囲なので、太りにくくすることができます。

高カロリー・高糖質なフルグラでも食べ方次第では痩せれる!

フルグラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、フルグラは健康食品として、健康や美容に良い食べ物ですが、高カロリー・高糖質なので、ダイエット中は避けられがちな食べ物です。

しかし、そんなフルグラに使用されるグラノーラやドライフルーツには、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ダイエット中にフルグラを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「低脂肪乳にする」、「1食につき50gまでにする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集