8d689f88a5

豚肩ロースのカロリー・糖質は?隠されたダイエット効果と痩せる食べ方

豚肩ロースは高カロリーな豚肉の中でも高カロリーな部位ですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。今回は、豚肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな豚肩ロースでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2kJq7Po

豚肩ロースとは、豚肉の部位の一種であり、豚の肩あたりを指す食べ物です。

豚肩ロースは、様々な調理法に合い、食べられる機会が多い食べ物ですが、高カロリーでダイエット中は避けられがちです。

しかし、豚肩ロースにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、豚肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

豚肩ロースのカロリーは?

http://bit.ly/2ybziNV

豚肩ロースのカロリーは、平均的に100gあたり「約253kcal」と非常に高カロリーです。

豚肩ロース以外の豚肉の部位のカロリー(100gあたり)

  • もも肉:約113kcal
  • バラ肉:約386kcal
  • ヒレ肉:約115kcal

このように比較してみても、豚肩ロースのカロリーが高いということがわかります。

豚肩ロースが他の部位と比べてカロリーが高い理由は、豚肩ロースには脂肪分が多く含まれているためと言われています。

豚肩ロースのの糖質量は?

http://bit.ly/2zgmyn7

豚肩ロースの糖質量は、平均的に100gあたり「約0.1g」と非常に低糖質です。

豚肩ロース以外の豚肉の部位の糖質量(100gあたり)

  • もも肉:約0.2g
  • バラ肉:約0.2g
  • ヒレ肉:約0.1g

このように、豚肉には基本的にほとんど糖質が含まれていません。

豚肩ロースは、豚肉の中でも低糖質なので、糖質制限ダイエットに適しており、使用されることも多いのですが、調理法によっては高糖質になってしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

豚肩ロースに含まれる意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2wQBgiV

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

豚肩ロースには、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効的な成分です。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は筋肉をつけることは避けられがちですが、筋肉には基礎代謝を高めてくれる働きがあり、ダイエット中こそ筋肉をつけるのが良いとされているのです。

カルニチンは体脂肪を燃焼してくれる

豚肩ロースには、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。

カルニチンは、多くの脂肪燃焼サプリにも配合されており、それだけ脂肪燃焼効果が高い成分なのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

豚肩ロースには、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取した糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の原因である糖質を効率良く排出してくれます。

糖質は、インスリンというホルモンの働きによって体脂肪に変えられますが、ビタミンB1を摂取することで、体脂肪になる前に糖質を代謝してくれるので、太りにくくすることができるのです。

ダイエット中の豚肩ロースの注意点・デメリット

http://bit.ly/2i7mX77

高カロリーな調理法が多い食べ物である

ダイエット中の豚肩ロースの注意点として、豚肩ロースは高カロリーな調理法が多いという点が挙げられます。

豚肩ロースは、高カロリーになってしまう調理法が多く、気づいたらカロリーがオーバーしていたということも多いと言われています。

ダイエット中は意識的に低カロリーな調理法で食べるようにすると、太りにくくすることが可能なのです。

脂質も高い

ダイエット中の豚肩ロースのデメリットとして、豚肩ロースは脂質も高いという点が挙げられます。

豚肩ロースは、豚肉の中でも特に脂質が高い食べ物であるため、カロリー以上に太ってしまう原因になります。

ダイエット中はカロリーや糖質ばかり懸念されがちですが、脂質量も確認するようにしましょう。

豚肩ロースのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2yiS4CI

一度下茹でしてから調理する

豚肩ロースのダイエット効果を高める食べ方として、一度下茹でしてから調理する方法がおすすめです。

豚肩ロースを一度、お湯で茹でる下茹でをすることで、余分な脂を落とすことができ、調理をしてもカロリーを抑えることができるのです。

生姜やニンニクを使用した調理法がおすすめ

豚肩ロースのダイエット効果を高めるレシピとして、生姜やニンニクを使った調理法で食べるのもおすすめです。

生姜やニンニクには、体を温めてくれる働きがあると言われており、体が温められると、体の働きが活発になり、基礎代謝がアップします。

基礎代謝がアップすると、1日における消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

高カロリーな豚肩ロースでも食べ方次第では痩せれる!

豚肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

紹介したように、豚肩ロースは高カロリーで、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になりますが、低糖質な上にダイエット効果も豊富なので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にお肉は絶対NGと思っている方も多いのですが、上手に食べてあげることで、体に我慢によるストレスを溜め込まずにダイエットすることができるのです。

ダイエット中に豚肩ロースを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「下茹でしてから調理する」、「生姜やニンニクを使って調理する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集