chuck-740x494

牛肩ロースのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

牛肩ロースは肉類の中でも特に高カロリーな部位ですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。今回は、牛肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな牛肩ロースでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2y9kkG3

牛肩ロースは、その名の通り牛肉の肩の部分の部位のことで、コクがある味わいで人気の食べ物です。

そんな牛肩ロースは、高カロリーな肉類の中でも特に高カロリーと言われており、ダイエット中は避けられがちですが、ダイエット効果も豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、牛肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介します。

牛肩ロースのカロリーは?

http://bit.ly/2yCjbK3
  • 和牛肩ロースのカロリー(100gあたり):約413kcal
  • 輸入牛肩ロースのカロリー(100gあたり):約242kcal

牛肩ロース以外の牛肉の部位のカロリー(100gあたり)

  • もも肉:約246kcal
  • 牛バラ:約517kcal
  • ロース:約411kcal
  • ヒレ:約223kcal

このように比較してみても、牛肩ロースのカロリーが高いということがわかります。

牛肩ロースは、国産牛か輸入牛かによってもカロリーに大きな差が生じているので、ダイエット中は輸入牛の肩ロースを選ぶのが賢明でしょう。

牛肩ロースの糖質量は?

http://bit.ly/2xwrQIV

牛肩ロースの糖質量は、100gあたり「約0.2g」と非常に低糖質です。

牛肩ロース以外の牛肉の部位の糖質量(100gあたり)

  • もも肉:約0.1g
  • 牛バラ:約0.1g
  • ロース:約0.2g
  • ヒレ:約0.6g

牛肉は基本的にどの部位の低糖質と言われており、それは牛肩ロースにも共通して言えることです。

そんな低糖質な牛肩ロースですが、調理法によっては高糖質になってしまうこともあるので注意が必要です。

牛肩ロースに隠された意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2ybLYnA

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

牛肩ロースには、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的です。

筋肉というと、体重が重くなるイメージが強く、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝をアップしてくれる働きがあるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

牛肩ロースには、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的と言われています。

糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質が体脂肪に変換されるため、太る原因になるのですが、ビタミンB1を摂取することで、体脂肪に変わる前に糖質を代謝することができるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

カルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

牛肩ロースには、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

カルニチンは、多くの脂肪燃焼サプリに配合されており、それだけ効果が高い成分と言うことができます。

ダイエット中の牛肩ロースの注意点・デメリット

http://bit.ly/2zbQIYH

高カロリーな肉類の中でも特に高カロリーな部位

ダイエット中の牛肩ロースの注意点として、高カロリーな肉類の中でも牛肩ロースは特に高カロリーな部位であるという点が挙げられます。

一般的に肉類は高カロリーと言われており、その中でも特にカロリーが高い牛肩ロースは食べ過ぎてしまうと、カロリーの摂取量が一気にオーバーしてしまい、あっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

消化が悪く、便秘になりやすい

ダイエット中の牛肩ロースの注意点として、消化が悪いという点も挙げられます。

牛肩ロースは、消化が悪い食べ物としても有名で、食べ過ぎでしまうと、消化に時間がかかってしまい、便秘の原因になります。

便秘をすると、本来便と一緒に排出できていた老廃物や毒素を排出しにくくなり、太ってしまうことに繋がります。

牛肩ロースのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2ydq7f9

下茹でしてから調理するとカロリーカットに繋がる

牛肩ロースのダイエット効果を高める方法として、一度下茹でしてから調理する方法がおすすめです。

牛肩ロースを一度お湯で茹でることで、余計な脂を落とすことができ、その状態で調理することで、カロリーカットに繋がるのです。

食べた後に筋トレを行うと筋肉がつきやすくなり、よりダイエット向きになる

牛肩ロースのダイエット効果を高める方法として、食べた後に筋トレを行う方法もおすすめです。

先ほども紹介しましたが、牛肩ロースには「たんぱく質」という成分が豊富に含まれており、たんぱく質は体の基礎代謝アップに有効な成分です。

そこで、牛肩ロースを食べ、たんぱく質を摂取し、体に筋肉がつきやすい状態で筋トレをすることで、通常よりもより筋肉が作られやすくなるため、ダイエット効果が高まると言われています。

高カロリーな牛肩ロースでも食べ方次第では痩せれる!

牛肩ロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、牛肩ロースは高カロリーで、ダイエットには向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中は、一般的に高カロリーな食べ物を食べることは避けられがちなのですが、食べたいという気持ちを我慢すると、ストレスから反対に太ってしまうため、高カロリーな食べ物でも上手に食べてあげることが重要です。

ダイエット中に牛肩ロースを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「下茹でしてから調理する」、「食べた後に筋トレを行う」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集