05847df0432b485f74090e8475f5b794

パスタのカロリー・糖質は?種類別の数値と太りにくくする食べ方・レシピ

パスタは小麦粉で作られた麺類で、炭水化物のため高カロリー・高糖質な食べ物です。しかし、パスタにもダイエット効果が含まれており、食べる量を守り、ある工夫をすれば太りにくくすることも可能です。パスタのカロリー・糖質量、ダイエット効果、太りにくくする食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パスタは高カロリー・高糖質なメニュー

http://bit.ly/2yW7aLo

パスタは、イタリア発祥の麺類で、最近では日本でも本格的なメニューを気軽に食べれるようになってきました。

そんなパスタですが、炭水化物なので高カロリー・高糖質な食べ物としても有名で、ダイエット中は食べるのを避ける方も多いでしょう。

確かに、パスタは高カロリー・高糖質な食べ物ですが、食べ方に工夫を凝らすことで、太りにくくすることが可能なのです。

今回は、種類別のパスタのカロリー・糖質量、ダイエット効果、太りにくくする食べ方・レシピなどについて紹介します。

種類別のパスタのカロリー

http://bit.ly/2xufd67

パスタは麺類で、小麦粉を使用した炭水化物なので、非常に高カロリー・高糖質な食べ物と言われています。

種類別のパスタのカロリーと、その種類のカロリーが高くなっている理由を紹介します。

ペペロンチーノ

ペペロンチーノのカロリーは、1人前あたり「約505kcal」で100gあたりに換算すると「約182kcal」です。

ペペロンチーノは、高カロリーなオリーブオイルで炒めたパスタ料理なので、高カロリーになっているのです。

カルボナーラ

カルボナーラのカロリーは、1人前あたり「約779kcal」で100gあたりに換算すると「約211kcal」です。

カルボナーラは、チーズや生クリームなどを使用している上に、具材としてベーコンを使うことが多く、それらが高カロリーの要因になっています。

トマトソース

トマトソースパスタのカロリーは、1人前あたり「約636kcal」で100gあたりに換算すると「約132kcal」です。

トマトソースパスタは、低カロリーなトマトを主に使用しているため、高カロリーということはあまり知られていないのですが、使用する具材や調味料などによってカロリーが高くなってしまっているのです。

ボロネーゼ

ボロネーゼのカロリーは、1人前あたり「約623kcal」で100gあたりに換算すると「約109kcal」です。

ボロネーゼは、ミートソースパスタのことで、トマトやひき肉、玉ねぎ、セロリなどの具材を使用したメニューで、そのひき肉によってカロリーが高くなっていると言われています。

ボンゴレ

ボンゴレのカロリーは、1人前あたり「約474kcal」で100gあたりに換算すると「約149kcal」と高カロリーです。

ボンゴレとは、アサリなどの二枚貝を使用したパスタのことで、低カロリーな貝を主に使用しているので、パスタの中では低カロリーに分類されます。

ジェノベーゼ

ジェノベーゼのカロリーは、1人前あたり「約751kcal」で100gあたりに換算すると「約241kcal」です。

ジェノベーゼパスタは、バジルにオリーブオイルを使用したパスタ料理で、バジルやオリーブオイルのカロリーが大半を占めていると言われています。

ナポリタン

ナポリタンのカロリーは、1人前あたり「約590kcal」で100gあたりに換算すると「約168kcal」とです。

ナポリタンは、パスタをとまとケチャップで炒めた、日本発祥のパスタ料理であり、ケチャップによるカロリーが、ナポリタンのカロリーを高めている要因と言われています。

たらこ

たらこスパゲッティのカロリーは、1人前あたり「約742kcal」で100gあたりに換算すると「約214kcal」です。

たらこスパゲッティは、その名の通りたらこを使用したパスタであり、カロリーが高いたらこを使用しているため、高カロリーになっているのです。

明太子

明太子スパゲッティのカロリーは、1人前あたり「約517kcal」で100gあたりに換算すると「約147kcal」です。

明太子スパゲッティは、明太子を使用しており、たらこ同様明太子も高カロリーなため、このように高い数値になってしまうのです。

種類別のパスタの糖質量

http://bit.ly/2xuI4Hm
  • ペペロンチーノ:約25.3g
  • カルボナーラ:約18.3g
  • トマトソース :約15.4g
  • ボロネーゼ:約13.5g
  • ミートソース:約15.4g
  • ボンゴレ:約27g
  • ジェノベーゼ:約21.6g
  • ナポリタン:約21g
  • たらこ:約34g
  • 明太子:約35g

※100gあたりの糖質量

このように見てみると、いかにパスタの糖質量が多いかがわかると思います。

パスタはカロリー・糖質共に非常に高くなっているので、ダイエット中は十分注意して食べないと、あっという間に太る原因になります。

それぞれのパスタに含まれるダイエット効果

http://bit.ly/2yD20Ii

高カロリー・高糖質なパスタですが、それぞれのパスタにはダイエット効果も含まれているので、食べ過ぎずに太りにくくする食べ方を実践すれば、太りにくい料理なのです。

それぞれのパスタに含まれるダイエット効果を紹介します。

ペペロンチーノ

ペペロンチーノに使用されるニンニクには、体を温めてくれる働きがあり、体の働きを活発化させ、基礎代謝をアップしてくれることにより、痩せやすい体を作ってくれるのです。

また、ペペロンチーノには唐辛子が使用されることが多く、唐辛子に含まれる「カプサイシン」という成分が体脂肪の燃焼に効果的と言われています。

カルボナーラ

カルボナーラに使用される卵には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれており、たんぱく質には体の基礎代謝を高めてくれる働きのある筋肉の生成を促してくれる作用があるため、痩せやすい体を作ることができます。

また、カルボナーラに使用されるチーズには「カルシウム」が豊富に含まれており、このカルシウムには脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあるので、肥満の予防に効果的なのです。

トマトソース

トマトソースパスタに使用されるトマトには、「リコピン」という抗酸化作用のある成分が豊富に含まれています。

抗酸化作用とは、体を若返らせてくれる働きがあり、体が若返ることで、体の働きが活発になるため、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

ボロネーゼ

ボロネーゼに使用されるひき肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果を発揮してくれると言われています。

ボンゴレ

ボンゴレに使用されるアサリには、「たんぱく質」という栄養素が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、筋肉は作られることで、基礎代謝が高まり、痩せすい体を作ることができると言われています。

ジェノベーゼ

ジェノベーゼに使用されるオリーブオイルには、「オレイン酸」という成分が豊富に含まれています。

このオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

ナポリタン

ナポリタンに使用されるトマトケチャップの原料であるトマトには、先ほども紹介したように「リコピン」という成分が豊富に含まれています。

リコピンを摂取すると、体が若返り、働きが活発になるため、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができます。

たらこ

たらこスパゲッティに使用されるたらこには、「ビタミンB1」という成分が豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあり、体脂肪に変換されやすい糖質を体脂肪になる前に排出してくれるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

明太子

たらこ同様明太子にも、「ビタミンB1」が豊富に含まれているので、糖質の代謝を促し、太りにくくしてくれる働きがあると言われています。

また、明太子には唐辛子が使用されており、唐辛子に含まれる「カプサイシン」によって脂肪燃焼効果を期待することができるのです。

太りにくくするパスタの食べ方

http://bit.ly/2hZKZRo

自宅で作った方が低カロリーにすることができる

高カロリー・高糖質なパスタを食べても太りにくくする方法として、自宅でパスタを作って食べる方法がおすすめです。

お店のパスタは、味や風味などを良くするために、油や調味料などが通常要よりも多量使用されていることが多く、カロリーが上がってしまっています。

そこで、自宅でパスタを作ることで、油や調味料などの量を調節することができるので、カロリーを抑えることができるのです。

糖質0麺を使用する

ダイエット中のパスタでも太りにくくする食べ方として、糖質0麺を使用するレシピもおすすめです。

糖質0麺とは、その名の通り糖質の含有量が0の麺のことで、ダイエットの大敵である糖質を摂取しなくて済むということで、話題の食材です。

糖質を摂取しなくて済むということは、体に脂肪がつにくくしてくれる働きをしてくれるため、ダイエットに非常に効果的です。

高カロリー・高糖質なパスタでも食べ方次第では痩せれる!

パスタのカロリー・糖質量、ダイエット効果、太りにくくする食べ方・レシピなどを紹介しました。

紹介した通り、パスタは高カロリー・高糖質な食べ物で、何も考えずにパクパクと食べてしまうと、あっという間に激太りする原因となります。

しかし、そんなパスタにもダイエット効果が含まれており、食べる量を守り、太りにくくする食べ方を実践すれば、太りにくい料理にすることができるのです。

ダイエット中にパスタを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「自宅で作ったパスタを食べる」、「糖質0麺を使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集