47c752922867aa36d367d62d9d01764bc16fa30a

胸肉のカロリー・糖質は?ダイエット向けに変える食べ方・レシピ

胸肉は、鶏の胸のあたりの肉のことで、高カロリーです。そのため、ダイエット中は避けられがちなのですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。胸肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな胸肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2yBEDPg

牛肉、豚肉、鶏肉など、お肉は様々な調理法があり、美味しいため、食べる機会が多いという方もいらっしゃると思います。

その中でも、鶏の胸あたりの部位である、胸肉は色々なレシピに応用することができ、重宝する部位ですが、高カロリーなので、ダイエット中は避けられがちです。

しかし、胸肉にはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、胸肉の種類別のカロリー、糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

胸肉のカロリーは?

http://bit.ly/2wLaOHA

胸肉のカロリーは、品種や脂ののり方などによっても異なりますが、平均的に100gあたり「約191kcal」ほどと言われており、高カロリーです。

胸肉以外の部位のカロリー(100gあたり)

  • 牛もも肉:約246kcal
  • 牛バラ:約517kcal
  • 牛ロース:約411kcal
  • 牛ヒレ:約223kcal
  • 豚もも:約183kcal
  • 豚ロース:約263kcal
  • 豚ヒレ:約115kcal
  • 鶏もも:約200kcal
  • 鶏ささみ:約105kcal

このように比較してみると、胸肉のカロリーが低いように見えますが、あくまでも高カロリーな肉類の他の部位と比較した場合の話であり、全食品で見ると、胸肉も十分高カロリーと言うことができます。

胸肉の糖質量は?

http://bit.ly/2grUe9m

胸肉の糖質量は、品種や脂ののり方などによっても異なりますが、平均的に100gあたり「0.1g」と非常に低糖質です。

胸肉以外の部位の糖質量(100gあたり)

  • 牛もも肉:0g
  • 牛バラ:約0.1g
  • 牛ロース:約0.2g
  • 牛ヒレ:約0.6g
  • 豚もも:約0.1g
  • 豚ロース:約0.1g
  • 豚ヒレ:約0.1g
  • 鶏もも:約0.1g
  • 鶏ささみ:約0.1g

このように、肉類にはほとんど糖質が含まれていないと言われています。

その中でも特に低糖質な胸肉は、糖質制限ダイエットに向いていますが、調理次第では糖質が高くなってしまうということは頭に入れておくようにしましょう。

胸肉に含まれる意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2gm83Jj

カルニチンは体脂肪を燃焼してくれる

胸肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、一度つくとなかなか燃焼することができない体脂肪を効率良く燃焼してくれるので、おすすめの成分です。

カルニチンは、脂肪燃焼サプリにも多く使用されるなど、脂肪燃焼効果がそれだけ高いのです。

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

胸肉には、「たんぱく質」という成分も豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットには欠かせない成分なのです。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあって、ダイエット中は筋肉をつけることは避けられがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ってくれるので、ダイエット中こそ適量の筋肉をつけることが重要と言われています。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

胸肉には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的と言われています。

本来、食べ物や飲み物から糖質を摂取すると、インスリンというホルモンがすい臓から分泌され、糖質は体脂肪に変えられるのですが、ビタミンB1を摂取することで、体脂肪になる前に糖質を代謝することができるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

ダイエット中の胸肉の注意点・デメリット

http://bit.ly/2zaemEV

肉類なので脂質が高い

ダイエット中の胸肉の注意点として、脂質が高いという点が挙げられます。

胸肉は肉類のため、やはり脂質が高くなってしまっています。

脂質が高い食べ物を食べることで、カロリー以上に太ってしまう原因になるので、食べ過ぎないように注意するようにしましょう。

高カロリーな調理法が多い

ダイエット中の胸肉のデメリットとして、胸肉の調理法は高カロリーのものが多いという点も挙げられます。

胸肉は、焼いたり、煮たり、揚げたり、炒めたり、様々な調理法がありますが、高カロリーな調理法が多い食材です。

そのため、カロリーが高くなってしまいがちで、太りやすいです。

また、他の肉類の部位と比較してみても、淡白な味わいをしているため、ついつい味付けを濃くしたり、調味料をたくさん使用してしまうことにも繋がり、塩分の摂取量が高くなってしまい、食欲増進やむくみの原因となります。

胸肉のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2yDz5E8

焼き鳥で食べるのがおすすめ

胸肉のダイエット効果を高める食べ方として、焼き鳥で食べる方法がおすすめです。

焼き鳥でダイエット効果が高まる理由は、焼き鳥は胸肉を使用した料理の中で、特に低カロリーな調理法のためです。

また、タレではなく塩の焼き鳥にすることで、よりダイエット効果を高めることができます。

皮を取って食べるとカロリーを抑えられる

胸肉のダイエット効果を高めるレシピとして、皮を取って食べる方法がおすすめです。

皮ありの鶏胸肉のカロリー(100gあたり):約108kcal

皮なしの鶏胸肉のカロリー(100gあたり):約191kcal

このように見てみると、カロリーの差は歴然です。

ダイエット中に鶏胸肉を食べる際は、皮を取って食べてあげると、よりダイエット効果が高まります。

高カロリーな胸肉でも食べ方次第では痩せれる!

胸肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

胸肉は、非常に高カロリーな食べ物なので、何も考えずに食べてしまうと、あっという間に太る原因になりますが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中に胸肉を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「塩焼き鳥で食べる」、「皮を取って食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集