mayonase

マヨネーズのカロリーは?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

マヨネーズはたくさんの油を使用しているため、非常に高カロリーな調味料です。しかし、そんなマヨネーズにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。今回はマヨネーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなマヨネーズでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2yMgCAW

マヨネーズといえば、様々な料理に合う調味料として、食べられる機会も多い食べ物です。

そんなマヨネーズは、油などのカロリーが高い食材が使用されているため、非常に高カロリーというイメージを持たれることが多く、ダイエット中は避けられがちですが、マヨネーズにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、マヨネーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

マヨネーズのカロリーは?

http://bit.ly/2hQc6OE

マヨネーズのカロリーは、商品やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に大さじ1杯あたり「約84kcal」で、100gあたり「約703kcal」と非常に高カロリーです。

マヨネーズ以外の調味料のカロリー(100gあたり)

  • 醤油:約71kcal
  • 味噌:約217kcal
  • トマトケチャップ:約119kcal

このように比較してみても、マヨネーズのカロリーが非常に高いということがわかります。

ここまでカロリーが高くなっているのは、油を多く使用していることが要因であると言われており、調味料として少しの量を加えるだけでも、その料理のカロリーをグンと高めてしまう原因となるので注意するようにしましょう。

マヨネーズの糖質量は?

http://bit.ly/2hQEKiY

マヨネーズの糖質量は、商品やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に大さじ1杯あたり「約0.54g」で、100gあたり「約4.5g」と比較的低糖質です。

マヨネーズ以外の調味料の糖質量(100gあたり)

  • 醤油:約8g
  • 味噌:約17g
  • トマトケチャップ:約25.6g

このように比較してみても、マヨネーズの糖質量が低いということがわかります。

一見、カロリーだけでなく糖質も高そうなマヨネーズですが、使用される卵は低糖質な上に、油には糖質が含まれていないため、糖質に関しては低めになっているのです。

マヨネーズに含まれる意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2ggFOsA

腹持ちが良い

マヨネーズに含まれる意外なダイエット効果として、腹持ちが良いという点が挙げられます。

マヨネーズは腹持ちが良い食べ物なので、食べることですぐに空腹になるということが少なくなり、その結果食事や間食の量を減らすことができるのです。

マヨネーズが腹持ちが良い理由は、カロリーが高く、脂質も多いためと言われており、もちろん食べ過ぎると太る原因になりますが、適量食べることで、痩せることができると言われています。

GI値が低い

マヨネーズはGI値が低いというのも、痩せることができる要因と言われています。

GI値とは、食べ物や飲み物を摂取した際に、どれくらい血糖値が上昇するかを数値で表したものであり、この値が高いほど血糖値が上昇しやすく、太る原因になります。

マヨネーズはGI値が低い食べ物なので、食べても血糖値が上がりにくく、太りにくいと言われているのです。

卵に含まれるたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

マヨネーズに使用される卵には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分です。

筋肉がついたら体重が増えるのでは?という疑問を持たれる方も多いかもしれませんが、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きがあると言われており、痩せやすい体を作ってくれる働きがあるのです。

ダイエット中にマヨネーズを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2xYqgRX

コレステロールが高い

ダイエット中のマヨネーズの注意点として、コレステロールが高いという点が挙げられます。

体内でコレステロールが高くなると、体に中性脂肪を溜め込んでしまうだけでなく、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの病気のリスクを高めてしまう原因になります。

マヨネーズはそんなコレステロールが高いので、食べ過ぎないようにしましょう。

食べ過ぎると食欲を増進してしまう

マヨネーズは食べ過ぎると、食欲を増進してしまい、太ってしまうというデメリットもあります。

マヨネーズに使用される酢は、古くから食欲を出すために重宝されてきた調味料であり、食欲不振に良いとされてきました。

しかし、ダイエット中に食欲を増進してしまうと、ついつい食べ過ぎてしまうということに繋がり、あっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

マヨネーズのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2xYqUPv

カロリーがカットされた商品を選ぶ

マヨネーズのダイエット効果を高める食べ方として、カロリーがカットされた商品を選ぶ方法がおすすめです。

最近では、カロリーハーフやカロリー80%オフなどの、カロリーがカットされたマヨネーズも販売されており、それらのマヨネーズを選ぶことで、太りにくくすることができるのです。

カロリーがカットされたもの以外にも、コレステロールの量が減っている商品などもあり、ヘルシーなマヨネーズが増えてきました。

ダイエット中にマヨネーズを食べる時はサラダのドレッシングとして食べる

マヨネーズのダイエット効果を高めるレシピとして、サラダのドレッシングとして食べる方法がおすすめです。

マヨネーズを高カロリーな料理に使用することで、よりカロリーが高くなってしまい、太る原因になるのですが、マヨネーズを野菜サラダに使用することで、サラダは低カロリーのため、そこまでカロリーを高くせずに済むのです。

また、サラダの野菜にはそれぞれダイエット効果が含まれているので、マヨネーズのダイエット効果と相まって、より高いダイエット効果を期待することができます。

高カロリーなマヨネーズでも食べ方次第では痩せれる!

マヨネーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

みなさんもご存知の通り、マヨネーズは非常に高カロリーな調味料であり、何も考えずに食べてしまうともちろん太る原因になります。

しかし、マヨネーズにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ダイエット中にマヨネーズを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「カロリーオフのマヨネーズを選ぶ」、「サラダのドレッシングとして使用する」などのダイエット効果を高める食べ方・レシピを実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集