216bb9e8eef5f6140ab6f487516b4579

フライドポテトのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

フライドポテトは、じゃがいもを油で揚げた食べ物なので、高カロリーな上に高糖質ですが、じゃがいも由来のダイエット効果が豊富で、食べ方次第では痩せることも可能なのです。今回は、フライドポテトのカロリー・糖質量、ダイエット興亜、注意点、効果を高める食べ方・レシピを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なフライドポテトでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xlnBEW

フライドポテトは、マクドナルドなどのファストフード店を始め、ファミリーレストランなど様々なお店で食べることができる食べ物で、好きな方も多いのではないでしょうか?

そんなフライドポテトですが、じゃがいもを高カロリーな油で揚げているので、非常にカロリーが高い上に、糖質量も高くなってしまっており、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になります。

しかし、フライドポテトに使用されるじゃがいもには、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、フライドポテトのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

フライドポテトのカロリーは?

http://bit.ly/2xZf1J0

フライドポテトのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約320kcal」で、100gあたりに換算すると「約237kcal」と非常に高カロリーです。

フライドポテト以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • じゃがいも:約76kcal
  • じゃがバター:約118kcal
  • 鶏の唐揚げ:約290kcal

このように比較してみても、フライドポテトのカロリーが高いということがわかります。

フライドポテトは、野菜の中では高カロリーなじゃがいもを、高カロリーな油で揚げている料理のため、このように高い数値になってしまっているのです。

フライドポテトの糖質量は?

http://bit.ly/2z3fyKi

フライドポテトの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1にtん前あたり「約41.8g」で、100gあたりに換算すると「約31.3g」と非常に高糖質です。

フライドポテト以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • じゃがいも:約16.3g
  • 鶏の唐揚げ:約3.5g

このように比較してみても、フライドポテトの糖質量が高いということがわかります。

もともとじゃがいも自体が高糖質なので、糖質量が0の油を使用しても、このように高い数値になってしまうのです。

フライドポテトに含まれる意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2y526aw

じゃがいものペプチドが満腹ホルモンを刺激してくれる

フライドポテトに使用されるじゃがいもには、「ペプチド」という成分が豊富に含まれています。

このペプチドには、体の満腹中枢を刺激してくれる働きがあると言われており、摂取することで満腹感を出してくれます。

ペプチドによって満腹感が出ると、食事や間食の量を減らすことができるので、1日における摂取カロリーを少なくし、痩せやすくすることができるのです。

じゃがいもに含まれるカリウムがむくみを解消してくれる

フライドポテトに使用されるじゃがいもには、「カリウム」という成分も豊富に含まれています。

このカリウムには、体に生じたむくみを解消してくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的な成分です。

私たちの体がむくむ主な原因は、余分な水分が体のぶいに蓄積されることによるものと言われており、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出してくれるので、頑固なむくみを解消することができるのです。

じゃがいもに含まれる難消化性でんぷんは血糖値の上昇を抑えてくれる

フライドポテトに使用されるじゃがいもには、「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」という成分が豊富に含まれています。

この難消化性でんぷんは、体内の血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあり、肥満の予防に効果的と言われています。

難消化性でんぷんを摂取すると、血糖値の上昇が抑えられるので、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンという成分の分泌を抑えることができ、体に体脂肪がつきにくくなるのです。

ダイエット中のフライドポテトの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wBmrAV

塩分による食欲増進に注意

ダイエット中のフライドポテトの注意点として、塩分には食欲を増進してしまう働きがあるという点が挙げられます。

フライドポテトの味付けに使用されることの多い塩ですが、食欲を増進してしまうため、ついつい食べ過ぎてしまい、カロリーオーバに繋がる可能性が高いのです。

塩分量はあまり気にされないのですが、ダイエット中は特に注意して見るようにしましょう。

ケチャップやマヨネーズなどのカロリーにも注意

ダイエット中のフライドポテトの注意点として、調味料のカロリーが高いという点も挙げられます。

フライドポテトの調味料として、ケチャプやマヨネーズなどが使用されることが多いです。

しかし、ケチャップやマヨネーズは高カロリーなため、フライドポテトのカロリーを高くしてしまうことに繋がるので、ダイエット中は調味料の量に注意するようにしましょう。

フライドポテトのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2hRjBoT

自宅で作るとカロリーや塩分量を抑えることができる

フライドポテトのダイエット効果を高める方法として、自宅で作る方法がおすすめです。

フライドポテトを自宅で作ると、なぜダイエット効果が高まるのかというと、油の種類や塩の量を工夫することができるためです。

使用する油をオリーブオイルにすると、「オレイン酸」も働きで、血液中のコレステロール値を下げることができるため、痩せやすくなります。

また、塩分の量を減らすことで、食欲が増進されるのを抑えてくれるので、太りにくくすることができるのです。

皮付きのフライドポテトを選ぶ

フライドポテトのダイエット効果を高めるレシピとして、皮付きのフライドポテトを選ぶ方法もおすすめです。

じゃがいもの皮にも、先ほど紹介したダイエット成分が豊富に含まれているため、皮ごと揚げたフライドポテトを選ぶことで、じゃがいも由来のダイエット効果を最大限に受けることができるのです。

高カロリー・高糖質なフライドポテトでも食べ方次第では痩せれる!

フライドポテトのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

みなさんもご存知の通り、フライドポテトは非常に高カロリー・高糖質なので、何も考えずに食べたてしまうとあっという間に太る原因になります。

しかし、フライドポテトに使用されるじゃがいもには、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にフライドポテトを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「自宅で作る」、「皮付きのものを選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方・レシピを実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集