d06083a0cafe409381df37d3477913d9

カツサンドのカロリー・糖質量は?豚肉由来のダイエット効果で痩せれる

カツサンドは、豚肉をパンに挟んだ食べ物で、高カロリー・高糖質です。そのため、ダイエット中は敬遠されがちですが、豚肉由来のダイエット効果により、食べ方次第では痩せることもできます。今回は、カツサンドのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なカツサンドでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xMD1kC

カツサンドとは、とんかつを食パンで挟んだ食べ物であり、ジューシーな味わいの虜の方も多いのではないでしょうか?

そんなカツサンドですが、高カロリー・高糖質なので、ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、カツサンドに使用される豚肉には、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

今回は、カツサンドのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カツサンドのカロリーは?

http://exci.to/2yIEWVg

カツサンドのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約421kcal」で、100gあたりに換算すると「約263kcal」と非常に高カロリーです。

カツサンド以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ホットドッグ:約264kcal
  • サンドイッチ:約271kcal
  • ご飯:約168kcal

このように比較してみると、カツサンドのカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーな食べ物と比べた場合の話であり、全食品で比較すると、カツサンドは十分高カロリーということができます。

カツサンドは高カロリーな食パンで高カロリーなとんかつで挟んでいるので、このように高い数値になってしまうのです。

カツサンドの糖質量は?

http://bit.ly/2xMD1kC

カツサンドの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約50.8g」で、100gあたりに換算すると「約26.7g」と高糖質です。

カツサンド以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ホットドッグ:約24g
  • ご飯:約36.8g

このように比較してみても、カツサンドの糖質量が高いということがわかります。

カツサンドに使用されるとんかつは非常に低糖質な食べ物なのですが、食パンに非常に多く糖質が含まれており、カツサンドの糖質が高くなってしまう要因と言われています。

カツサンドに含まれる意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2fAB57Z

豚肉に含まれるたんぱく質が基礎代謝をアップしてくれる

カツサンドに使用される豚肉には、「たんぱく質」という成分も豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのをサポートしてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分なのです。

筋肉というと、体重を重くするイメージがあり、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝をアップしてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ることができると言われています。

豚肉に含まれるカルニチンが体脂肪を燃焼してくれる

カツサンドに使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分です。

カルニチンは、たくさんの脂肪燃焼サプリにも配合されており、それだけ効果がお墨付きです。

豚肉に含まれるビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

カツサンドに使用される豚肉には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、体に体脂肪をつきにくくしてくれると言われています。

本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質が体脂肪に変換されてしまう、太る原因になります。

しかし、ビタミンB1を摂取していることで、糖質が体脂肪に変わる前に代謝されるので、太りにくくすることができるのです。

ダイエット中のカツサンドの注意点・デメリット

http://bit.ly/2fAjaym

パンの厚さによってカロリーが変わってくる

ダイエット中のカツサンドの注意点として、パンの厚さによってカロリーが変わってくるという点が挙げられます。

カツサンドはパンの厚さがそれぞれ違くなっており、パンが分厚ければ分厚いほど高カロリーになってしまいます。

ダイエット中はできるだけパンが薄いカツサンドを選ぶようにしましょう。

ソースのカロリーに注意

ダイエット中のカツサンドのデメリットとして、使用するソースのカロリーが高いという点も挙げられます。

カツサンドには、ソースも使用されますが、このソースも高カロリーで、使用し過ぎてしまうとカロリーがオーバーしてしまい、太る原因になります。

ダイエット中はできるだけ、ソースの量を減らすようにしましょう。

カツサンドのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2ytx752

ロースカツサンドよりヒレカツサンドを選ぶ

カツサンドのダイエット効果を高める食べ方として、ロースカツサンドよりヒレカツサンドを選んで食べる方法がおすすめです。

  • 豚ロース(100gあたり):約263kcal
  • 豚ヒレ(100gあたり):約115kcal

このように比較すると、ロースカツよりもヒレカツの方が格段にカロリーを抑えることができるため、ダイエット中はヒレカツサンドを選ぶのがダイエットに良いと言われています。

キャベツがサンドされているものを選ぶ

カツサンドのダイエット効果を高める食べ方として、キャベツがサンドされているカツサンドを選ぶ方法もおすすめです。

カツサンドの中には、とんかつと一緒にキャベツがサンドされているものもあります。

キャベツには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれており、この食物繊維には整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に有効なので、カツサンドのダイエット効果を高めることができるのです。

高カロリー・高糖質なカツサンドでも食べ方次第では痩せれる!

カツサンドのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、カツサンドは高カロリー・高糖質な食べ物なので、ダイエットには不向きと思われることが多いですが、とんかつ由来のダイエット効果を期待することができるので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にカツサンドを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「ヒレカツサンドを選ぶ」、「キャベツもサンドされているものを選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集