img_27d318e15dcc60b156b9829a57c3f06d70808

あんぱんのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

あんぱんは、あんこをパン生地で包んでいるため高カロリー・高糖質な食べ物ですが、あんこに含まれるダイエット効果により、食べ方次第では痩せることもできると言われています。今回は、あんこのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なあんぱんでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2fvIJAH

あんぱんは、あんこが入ったパンのことで、今ではコンビニやスーパーでも手軽に購入することができ、食べる機会が多いパン類の一つです。

そんなあんぱんですが、高カロリーなあんこを高カロリーなパンで包んでいるので、カロリーが高くなっている上に、糖質も高いので、ダイエット中は敬遠されがちです。

しかし、あんぱんのあんこには、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、あんぱんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

あんぱんのカロリーは?

http://bit.ly/2xHJeOH

あんぱんのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約218kcal」で、100gあたりに換算すると「約280kcal」と高カロリーです。

あんぱん以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 食パン:約264kcal
  • フランスパン:約279kcal
  • クリームパン:約236kcal

このように比較してみても、あんぱんのカロリーが高いということがわかります。

高カロリーと言われているパン類の中でも特にあんぱんは高カロリーなので、食べ方に十分注意しないと、あっという間に太る原因となります。

あんぱんの糖質量は?

http://bit.ly/2wTzpZS

あんぱんの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約37.8g」で、100gあたりに換算すると「約47.3g」と高糖質です。

あんぱん以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 食パン:約44.4g
  • フランスパン:約54.8g
  • クリームパン:約40.3g

このように比較してみても、あんぱんの糖質量が高いということがわかります。

あんぱんはカロリーのみならず、糖質も高いため、何も考えずに食べてしまうと、あっという間に太る原因となるので注意するようにしましょう。

あんぱんに隠された意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2fw5KU1

あんこに含まれる食物繊維が便秘を解消してくれる

あんぱんに使用されるあんこには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に効果的です。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、痩せやすい体を作ることができます。

あんこに含まれるポリフェノールが基礎代謝をアップしてくれる

あんぱんに使用されるあんこには、「ポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあり、ダイエットに効果的です。

ポリフェノールの抗酸化作用によって体が若返ると、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝をアップすることができ、痩せやすくなることができるのです。

あんこに含まれるサポニンがコレステロール値を下げてくれる

あんぱんに使用されるあんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

コレステロールが下がると、なぜ肥満を解消することができるかというと、コレステロールが下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるためと言われています。

ダイエット中のあんぱんの注意点・デメリット

http://bit.ly/2xCjoLq

食べ過ぎると、お腹を壊し太りやすくなる

ダイエット中のあんぱんの注意点として、食べ過ぎると下痢になり、太りやすくなるという点が挙げられます。

あんこに含まれる食物繊維は、便秘を解消して痩せやすい体を作ってくれると紹介しましたが、食物繊維を摂り過ぎてしまうと、下痢になり、太りやすい体を招くことに繋がるのです。

あんこの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

パンの生地の厚さに注意

ダイエット中のあんぱんの注意点として、パンの生地の厚さによってカロリーが変わってくるという点も挙げられます。

あんぱんのカロリーの大半をパンのカロリーが占めており、パンの厚さによってカロリーが変わってきます。

生地が分厚いパンを選ぶとそれだけカロリーが上がってしまうということなので、ダイエット中はできるだけ生地の薄いあんぱんを選ぶようにしましょう。

あんぱんのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2wRi6NV

こしあんよりもつぶあんを選ぶ

あんぱんのダイエット効果を高める食べ方として、こしあんよりもつぶあんのあんぱんを選ぶ方法がおすすめです。

こしあんよりもつぶあんを選ぶと良い理由は、こしあんは製造過程で小豆の皮を取り除いてしまうためです。

小豆の皮にも食物繊維が豊富に含まれているため、あんこのダイエット効果を最大限に引き出すのには、つぶあんを選ぶのが良いと言われています。

1日1個を朝食に食べる

あんぱんのダイエット効果を高める食べ方として、1日1個を朝食に食べるという方法もおすすめです。

あんぱんはダイエット効果が多く、痩せるのに向いている食べ物なのですが、カロリーや糖質が高く、食べ過ぎてしまうと太る原因になります。

そこで、1日1個までと決めておくことで、摂取カロリーを抑えることができるため、ダイエットに効果的です。

また、それを食べても脂肪になりにくいと言われている朝に食べることで、他の時間帯に食べるよりも、より痩せることができると言われています。

高カロリー・高糖質なあんぱんでも食べ方次第では痩せれる!

あんぱんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、あんぱんは高カロリー・高糖質な食べ物であり、ダイエット中は食べるのを避ける方も多いです。

しかし、あんぱんに含まれるあんこにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にあんぱんを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「こしあんよりもつぶあんを選ぶ」、「1日1個を朝食に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集