71932b2d7f7cf8f2b965eb5fe3fab29a

アップルパイのカロリー・糖質は?りんごのミラクル効果と痩せる食べ方

アップルパイは、パイにりんごの砂糖煮を詰めた食べ物で、高カロリー・高糖質なので、ダイエットに不向きと思われがちですが、りんごのダイエット効果により食べ方次第では痩せることも可能です。アップルパイのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なアップルパイでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wRM1G0

アップルパイとは、砂糖で煮たリンゴをパイに詰めてオーブンで焼いた食べ物のことで、日本のみならず世界中で愛されるスイーツです。

そんなアップルパイは、高カロリーなパイに、高カロリーなリンゴの砂糖煮を使用した食べ物であり、カロリーが高くなっている上に、糖質も高く、ダイエット中は敬遠されがちです。

しかし、アップルパイに使用されるりんごにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、アップルパイのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

アップルパイのカロリーは?

http://bit.ly/2hvRJ5I

アップルパイのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約330kcal」で、100gあたりに換算すると「約205kcal」と非常に高カロリーです。

アップルパイ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ミートパイ:約312kcal
  • フランスパン:約279kcal

このように比較してみると、アップルパイのカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーな食べ物と比較した場合の話であり、全食品で比較するとアップルパイは十分高カロリーと言うことができます。

リンゴ自体は低カロリーなのですが、砂糖煮にすることでカロリーが大幅に上がり、それをパイに詰めているので、このように高い値になってしまっているのです。

アップルパイの糖質量は?

http://bit.ly/2wTfN88

アップルパイの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約39.1g」で、100gあたりに換算すると「約24.4g」と高糖質です。

アップルパイ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ミートパイ:約23.3g
  • フランスパン:約54.8g

このように比較してみても、アップルパイの糖質量が高いということがわかります。

アップルパイはカロリー・糖質共に高いので、食べ方を間違えてしまうと、あっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

アップルパイに含まれるダイエット効果・メリットとは?

http://bit.ly/2whkwRz

りんごに含まれるりんごポリフェノールが脂肪吸収を抑えてくれる

アップルパイに使用されるりんごには、「りんごポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

このリンゴポリフェノールには、摂取された脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあり、ダイエットに効果的です。

りんごポリフェノールを摂取すると、脂肪分が体に蓄積されにくくなるので、肥満の予防に良いと言われているのです。

りんごポリフェノールにはコレステロール値を下げてくれる働きもある

りんごに含まれる「りんごポリフェノール」には、脂肪吸収を抑えてくれる効果だけでなく、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きもあると言われています。

血液中のコレステロール値が下がると、体内の注意性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果を発揮してくれるのです。

りんごに含まれるカリウムがむくみを解消してくれる

アップルパイに使用されるりんごには、「カリウム」という成分も豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、ダイエットの大敵であるむくみの解消に効果的です。

人の体がむくむ主な理由として、余分な水分が体の部位に蓄積されることによることが原因と言われています。

そこで、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出してくれるので、頑固なむくみを効率良く解消してくれるのです。

ダイエット中のアップルパイの注意点・デメリットとは?

http://bit.ly/2jZ1g9R

分厚いパイのカロリーに注意

ダイエット中のアップルパイの注意点として、パイの厚さによってカロリーが変わってくるという点が挙げられます。

アップルパイのカロリーの大半を、パイのカロリーが占めていますが、パイの厚さが厚くなるほど、アップルパイのカロリーが高くなってしまいます。

ダイエット中は、できるだけ生地が薄いアップルパイを選ぶようにしましょう。

食べ過ぎると下痢になり、太りやすくなる

ダイエット中のアップルパイのデメリットとして、食べ過ぎると下痢をし、太りやすくなるという点も挙げられます。

アップルパイに使用されるりんごには、「セルロース」という成分が豊富に含まれており、このセルロースを摂り過ぎてしまうと、下痢をしてしまうことに繋がります。

下痢をすることで、太りやすい体を招くことになってしまうので、アップルパイの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

アップルパイのダイエット効果を高める食べ方・レシピとは?

http://bit.ly/2fuP8MB

シナモンが入ったアップルパイを選ぶ

アップルパイのダイエット効果を高めるレシピとして、シナモンが入ったアップルパイを選んで食べる方法がおすすめです。

シナモンには、肥満の素である脂肪細胞を小さくしてくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的なのです。

温かいアップルパイを選ぶ

アップルパイのダイエット効果を高める食べ方として、温かいアップルパイを選ぶ方法もおすすめです。

アップルパイのダイエット成分である「りんごポリフェノール」は、温めることで体内への吸収率がグンと高くなると言われています。

また、温かいアップルパイを食べることで、体が温まり、その結果基礎代謝をアップすることができるので、痩せやすい体を作ることができるというダイエット効果もあるのです。

高カロリー・高糖質なアップルパイでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2hpxpX6

アップルパイのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどについて紹介しました。

紹介した通り、アップルパイは高カロリー・高糖質な食べ物であり、何も考えずに食べてしまうと、あっという間に太る原因になります。

しかし、アップルパイに使用されるりんごには、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

ダイエット中にアップルパイを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「シナモンが入ったものを選ぶ」、「温かいものを選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集