1cb0ac10f145a33ee89a921a1a32a3c5abb59b49

ピーナッツバターのカロリー・糖質量は?ダイエット向きに変える食べ方

ピーナッツバターは、高カロリー・高糖質というイメージがあり、ダイエット中は避けられがちですが、ピーナッツにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せれるのです。ピーナッツバターのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なピーナッツバターでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2fuKiPg

ピーナッツバターは、ピーナッツから作られた食品で、パンに塗ったり、料理の調味料などとして使用される食べ物です。

そんなピーナッツバターは、高カロリー・高糖質なので、ダイエットには向いていないと思われがちです。

さらに、食べ過ぎると鼻血を出したり、ニキビの原因になるというイメージがあり、進んで食べる人は少ないです。

しかし、ピーナッツバターにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできるのです。

今回は、ピーナッツバターのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ピーナッツバターのカロリーは?

http://bit.ly/2fo5Lpx

ピーナッツバターのカロリーは、レシピや作り方などによって異なりますが、平均的に大さじ1杯あたり「約77kcal」で、100gあたりに換算すると「約640kcal」と非常に高カロリーです。

ピーナッツバター以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • バター:約745kcal
  • マーガリン:約758kcal
  • メープルシロップ:約257kcal

このように比較してみても、ピーナッツバターのカロリーが高いということがわかります。

ピーナッツバターのカロリーが高い理由は、ピーナッツバターに使用される食材が非常に高カロリーなためです。

ピーナッツバターには高カロリーな落花生や砂糖などの食材が豊富に使用されており、その食材がピーナッツバターのカロリーを引き上げてしまうのです。

ピーナッツバターの糖質量は?

http://bit.ly/2wTat4D

ピーナッツバターの糖質量は、レシピや作り方などによって異なりますが、平均的に大さじ1杯あたり「約1.7g」で、100gあたりに換算すると「約14.4g」と高糖質です。

ピーナッツバター以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • バター:約0.1g
  • マーガリン:約1g
  • メープルシロップ:約66.3g

このように比較してみても、ピーナッツバターの糖質が高いということがわかります。

ピーナッツバターに使用されるピーナッツが高糖質な食べ物なので、自ずとピーナッツバターのカロリーが上がってしまうのです。

ピーナッツバターに含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

http://bit.ly/2jZj1G6

オレイン酸がコレステロール値を下げてくれる

ピーナッツバターに使用されるピーナッツには、「オレイン酸」という成分が豊富に含まれています。

このオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的です。

血液中のコレステロール値が下がるとなぜ、肥満の解消に繋がるのかというと、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるためと言われています。

ビタミンEが基礎代謝をアップしてくれる

ピーナッツバターに使用される落花生には、「ビタミンE」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンEには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的な成分です。

ビタミンEの抗酸化作用によって、体が若返ると、体の働きが活発になるので、体の基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

食物繊維が便秘を解消してくれる

ピーナッツバターに使用されるピーナッツには、「食物繊維」という成分も豊富に含まれています

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に効果を発揮してくれます。

食物繊維によって便秘が解消されると、体内に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

ダイエット中のピーナッツバターの注意点・デメリット

http://bit.ly/2fnl2a4

パンのカロリーに注意

ダイエット中のピーナッツバターの注意点として、パンのカロリーが高いという点が挙げられます。

ピーナッツバターは、食パンなどのパンに塗って食べることが多いですが、パンは炭水化物で非常にカロリーが高い食べ物と言われています。

そのため、パンを食べすぎてしまうと、あっという間に太ってしまう原因になるので、注意するようにしましょう。

含まれる砂糖の量に注意

ダイエット中のピーナッツバターのデメリットとして、含まれる砂糖の量が多いという点も挙げられます。

ピーナッツバターには、非常に多くの砂糖が含まれているため、高カロリーになってしまっている上に、脂質も多くなり、太る原因となります。

ダイエット中は、砂糖が含まれていない無糖のピーナッツバターを選んで食べるようにしましょう。

ピーナッツバターのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://exci.to/2wTcAWm

野菜にディップして食べる

ピーナッツバターのダイエット効果を高める食べ方として、野菜にディップして食べる方法がおすすめです。

パンに塗ったり、料理に使用したりするのを野菜に変えることで、単純にカロリーを抑えることができるだけでなく、野菜に含まれるダイエット効果を期待することができるので、より痩せやすくなるのです。

砂糖が入っているピーナッツバターだと味が合わないため、無糖のピーナッツバターを使用するようにしましょう。

朝食に食べる

ピーナッツバターのダイエット効果を高める食べ方として、朝食に食べる方法もおすすめです。

ピーナッツバターは脂質が高く、腹持ちが良い食べ物と言われており、朝食に食べることで、昼食の量を減らすことができるのです。

また、私たちの体は朝が一番体に脂肪を溜め込みにくいと言われているので、朝に食べるのがおすすめです。

高カロリー・高糖質なピーナッツバターでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2hpxpX6

ピーナッツバターのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、ピーナッツバターは高カロリー・高糖質なので、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太ってしまいます。

しかし、ピーナッツバターに使用されるピーナッツにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

ダイエット中にピーナッツバターを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「野菜にディップして食べる」、「朝食に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集