tyukadon

中華丼のカロリー・糖質は?意外な具材由来のダイエット効果と痩せる食べ方

中華丼は、ご飯に八宝菜をかけた中華料理で、高カロリー・高糖質です。しかし、ダイエット効果が豊富なので、食べ方次第では痩せることもできるのです。今回は、中華丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な中華丼でも痩せれる?

http://bit.ly/2xAMkEe

中華丼とは、ご飯の上に八宝菜を乗せた中華料理で、食べれるお店も多く、その上コンビニやスーパーなどでもお弁当やレトルトの中華丼が食べれるようになり、食べる機会が多くなった料理です。

そんな中華丼は高カロリー・高糖質で、ダイエットには向いていないと思われがちですが、実は使用される具材によるダイエット効果を期待することができるので、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

今回は、中華丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

中華丼のカロリーは?

http://bit.ly/2fhIUM7

中華丼のカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約694kcal」で、100gあたりに換算すると「約166kcal」と非常に高カロリーです。

中華丼以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 八宝菜:約183kcal
  • チャーハン:約181kcal
  • 天津飯:約121kcal
  • カツ丼:約200kcal

このように比較してみても、中華丼のカロリーが高いということがわかります。

高カロリーな八宝菜に、高カロリーなご飯が使用されているので、このように値が高くなってしまうのです。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら、合計4週間分が特別価格「1000円(税込)」で購入可能!

中華丼の糖質量は?

http://bit.ly/2fhIUM7

中華丼の糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約100g」で、100gあたりに換算すると「約25g」と非常に高糖質です。

中華丼以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 八宝菜:約4.1g
  • チャーハン:約29.2g
  • カツ丼:約26.5g

このように比較すると、中華丼の糖質は低いですが、あくまでも高糖質な料理の中で比較した場合の話であり、全食品で見ると、中華丼は十分高糖質と言うことができます。

中華丼に含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

http://bit.ly/2hpJSXs

白菜に含まれる食物繊維が便秘を解消してくれる

中華丼に使用されることが多い白菜には、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができ、痩せやすい体を作ることができるのです。

ニンジンに含まれるβカロチンが基礎代謝をアップしてくれる

中華丼に使用されることが多いニンジンには、「βカロチン」という成分が豊富に含まれています。

このβカロチンには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、体が若返ることで、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝をアップすることができ痩せられるのです。

豚肉に含まれるカルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

中華丼に使用されることの多い豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果を発揮してくれると言われています。

カルニチンは脂肪燃焼サプリにも使用されることが多く、それだけ脂肪燃焼効果が高い成分なのです。

ダイエット中の中華丼の注意点・デメリット

http://exci.to/2wcXiw5

ご飯のカロリーに注意

ダイエット中の中華丼の注意点として、ご飯のカロリーが高いという点が挙げられます。

中華丼は、ご飯の上に八宝菜を乗せた料理のため、ご飯のカロリーが加わってしまいます。

ご飯のカロリーは高く、その上糖質も高いため、食べ過ぎてしまうと太る原因になるので、ごはんの量を減らすなどの工夫が必要です。

豚肉の量に注意

ダイエット中の中華丼の注意点として、豚肉のカロリーが高いという点も挙げられます。

中華丼の具材として使用されることが多い豚肉は、先ほど脂肪燃焼効果があり、ダイエットに良いと紹介しましたが、カロリーが高いため、食べ過ぎてしまうと太る原因になります。

ダイエット中はできるだけ、豚肉の量を減らす工夫をするようにしましょう。

中華丼のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2hoCOxD

からしをつけて食べる

中華丼のダイエット効果を高める食べ方として、からしをつけて食べる方法がおすすめです。

からしには、抗酸化作用があり、体を若返らせ、基礎代謝を高め、痩せやすい体を作ってくれる働きがあると言われています。

ダイエット中はできるだけからしをつけて食べるようにしましょう。

豚肉の代わりに鶏ささみを使用する

中華丼のダイエット効果を高める食べ方として、豚肉ではなく鶏ささみを使用するレシピもおすすめです。

豚肉には脂肪燃焼効果がありますが、やはりカロリーが高いのが懸念されます。

そこで、豚肉よりもカロリーが低い鶏ささみを使用することで、カロリーを抑えられる上に、鶏ささみにも脂肪燃焼効果があるので、ダイエット効果はそのまま受けることができるのです。

高カロリー・高糖質な中華丼でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

中華丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、中華丼は高カロリー・高糖質な中華料理で、ダイエットには向いていないと思われがちですが、具材由来のダイエット効果を期待することができ、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中に中華丼を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「からしをつけて食べる」、「豚肉の代わりに鶏ささみを使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集