s_POP_tea

ミルクティーのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる飲み方

ミルクティーは牛乳をたくさん使用しているので、高カロリー・高糖質な飲み物ですが、紅茶や牛乳にはダイエット効果が含まれており、飲み方次第では痩せることもできると言われています。ミルクティーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める飲み方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なミルクティーでも飲み方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2jQiLt3

ミルクティーとは、紅茶に牛乳を入れて飲む飲み物のことで、最近ではコンビニやスーパーでもペットボトルや紙パックなどのミルクティーを手軽に購入することができ、身近な飲み物になりました。

そんなミルクティーですが、高カロリーな牛乳を使用している上に、糖質も高くなっており、ダイエットには向いていないと思われることが多いです。

しかし、紅茶や牛乳には、ダイエット効果が豊富に含まれており、飲み方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、ミルクティーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

ミルクティーのカロリーは?

http://bit.ly/2fm0SRw

ミルクティーのカロリーは、作り方や紅茶と牛乳の割合などによって異なりますが、平均的に無糖でカップ1杯「約104kcal」で、100mlあたりに換算すると「約59kcal」ほどと高カロリーです。

ミルクティー以外の飲み物のカロリー(100mlあたり)

  • ストレートティー(無糖):約1kcal
  • レモンティー(無糖):約29kcal
  • ブラックコーヒー:約4kcal
  • オレンジジュース:約21kcal

このように比較してみても、ミルクティーのカロリーが高いということがわかります。

もともと紅茶は低カロリーなのですが、紅茶に高カロリーな牛乳を使用するため、ミルクティーはこのようにカロリーが高くなってしまっているのです。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら、合計4週間分が特別価格「1000円(税込)」で購入可能!

ミルクティーの糖質量は?

http://bit.ly/2yhIdKe

ミルクティーの糖質量は、作り方や紅茶と牛乳の割合などによって異なりますが、平均的に無糖でカップ1杯「約5g」で、100mlあたりに換算すると「約2.5g」ほどと高糖質です。

ミルクティー以外の飲み物の糖質量(100mlあたり)

  • ストレートティー(無糖):約0.1g
  • レモンティー(無糖):約0.5g
  • ブラックコーヒー:約0.7g
  • オレンジジュース:約10g

このように比較してみても、ミルクティーの糖質量が高いということがわかります。

ミルクティーの糖質量が高い要因は、カロリー同様、牛乳の糖質量が原因とされています。

ミルクティーに含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

http://bit.ly/2wM5FOE

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールが脂肪吸収を抑制してくれる

ミルクティーに使用される紅茶には、「紅茶ポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

この紅茶ポリフェノールには、摂取された脂肪分が体の吸収されるのを抑制してくれる働きがあると言われており、体に体脂肪がつくのを抑えてくれるのです。

紅茶に含まれるカフェインが脂肪燃焼を促してくれる

ミルクティーに使用される紅茶には、「カフェイン」という成分が豊富に含まれています。

このカフェインには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的なのです。

体に一度ついてしまうとなかなか解消することが難しい体脂肪ですが、カフェインなら効率的にかつ効果的に体脂肪を燃焼することができるので、おすすめです。

牛乳に含まれるたんぱく質が基礎代謝をアップしてくれる

ミルクティーに使用される牛乳には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

体で筋肉が作られると、体の基礎代謝がアップするので、1日における消費カロリーをアップし、痩せやすくすることができます。

筋肉というと、体重が増えるイメージがあり、ダイエット中は敬遠されがちですが、筋肉はダイエットに効果的なので、ダイエット中こそ筋肉をつけた方が良いのです。

ダイエット中に気をつけたい、ミルクティーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2hnRABg

砂糖やガムシロップのカロリーに注意

ダイエット中のミルクティーの注意点として、砂糖やガムシロップを入れることでカロリーが高くなってしまうという点が挙げられます。

ミルクティーを甘くするために使用される砂糖やガムシロップですが、カロリーが高く、ミルクティーに入れると太りやすくなってしまいます。

特に、ペットボトルや紙パックなどで売られているミルクティーに含まれていることが多いので、注意するようにしましょう。

カフェインの摂り過ぎによる下痢に注意

ダイエット中のミルクティーのデメリットとして、カフェインの摂り過ぎはお腹を壊し、下痢をする原因になるという点も挙げられます。

先ほど、カフェインは脂肪燃焼効果があり、ダイエットに良いと紹介しましたが、摂り過ぎると、お腹を壊し、下痢になる可能性があるのです。

下痢になると、太りやすい体を招くことに繋がるので、注意するようにしましょう。

ミルクティーのダイエット効果を高める飲み方・コツ

http://bit.ly/2yim5PW

アイスではなくホットで飲む

ミルクティーのダイエット効果を高める飲み方として、アイスではなくホットで飲む方法がおすすめです。

アイスではなく、ホットで飲むと良い理由は、ホットで飲むと体が温まり、体の働きが活発になるためです。

体の働きが活発になると、体の基礎代謝がアップするので、痩せやすい体を作ることができるのです。

低脂肪乳を使用する

ミルクティーのダイエット効果を高める方法として、普通の牛乳に変えて、低脂肪乳を使用する方法もおすすめです。

ミルクティーを作る際に、普通の牛乳に変えて、脂肪分が抑えられた低脂肪乳を使用することで、カロリーを大幅にカットすることができ、よりダイエット効果を高めることができるのです。

高カロリー・高糖質なミルクティーでも飲み方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ミルクティーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方・コツなどを紹介しました。

紹介した通りミルクティーは、牛乳を使用する影響で高カロリー・高糖質になっています。

ミルクティーは高カロリー・高糖質なので、ダイエット中は避けられがちですが、紅茶や牛乳に含まれるダイエット効果を期待することができ、飲み方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中にミルクティーを飲む際は、今回紹介した注意点をよく守り、「ホットミルクティーで飲む」、「低脂肪乳を使用する」などのダイエット効果を高める飲み方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集