hinachirashi1

ちらし寿司のカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なちらし寿司でも食べ方次第では痩せれる?

ちらし寿司は、酢飯にマグロやサーモンなどの魚介類や野菜など、たくさんの種類の具材を混ぜ合わせたお寿司のことで、古くから縁起物として、日本で親しまれてきた食べ物です。

そんなちらし寿司は、高カロリーなご飯にたくさんの具材を混ぜ合わせている料理なので、高カロリーな上に、高糖質で、ダイエットには向いていないと思われることが多いです。

しかし、ちらし寿司に使用される具材には、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、ちらし寿司のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ちらし寿司のカロリーは?

ちらし寿司のカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約718kcal」で、100gあたりに換算すると「約160kcal」と非常に高カロリーです。

ちらし寿司以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • チャーハン:約181kcal
  • オムライス:約162kcal

このように比較すると、ちらし寿司のカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーなご飯類と比較した場合の話であり、全食品で比較すると、ちらし寿司は十分高カロリーと言うことができます。

ちらし寿司の糖質量は?

ちらし寿司の糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約92g」で、100gあたりに換算すると「約20.4g」と非常に高糖質です。

ちらし寿司以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • チャーハン:約29.9g
  • オムライス:約23g

このように比較してみると、ちらし寿司は低糖質に見えますが、あくまでも高糖質な料理の中で比較した場合の話であり、全食品で見るとちらし寿司は十分高糖質と言うことができます。

ちらし寿司に含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

酢のクエン酸が脂肪燃焼してくれる

ちらし寿司に使用される酢には、「クエン酸」という成分が豊富に含まれています。

クエン酸は酸味成分であり、疲労回復効果が有名ですが、実は体脂肪を燃焼してくれるダイエット効果も含まれており、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

一度体につくと解消することが、なかなか難しい体脂肪ですが、クエン酸を摂取するだけで脂肪燃焼しやすい体を作ることができるので、おすすめです。

レンコンの食物繊維が便秘を解消してくれる

ちらし寿司に使用されることの多いレンコンには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘を解消してくれると言われています。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるため、痩せやすい体を作ることができるのです。

しいたけのエリタデニンがコレステロール値を下げてくれる

ちらし寿司に使用されることの多いしいたけですが、しいたけには「エリタデニン」という成分が豊富に含まれています。

普段あまり聞き慣れないエリタデニンですが、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果があります。

ダイエット中にちらし寿司を食べる際の注意点・デメリットとは?

酢には食欲増進効果もある

ダイエット中にちらし寿司を食べる際の注意点として、酢には食欲を増進する働きもあるということが挙げられます。

先ほど、酢には脂肪燃焼効果があると紹介しましたが、あくまでも適量を摂取した場合の話であり、酢を摂取しすぎてしまうと、酢には食欲を増進する作用もあるため、ついつい食べすぎてしまうということに繋がるので注意するようにしましょう。

高カロリーな具材に注意

ダイエット中にちらし寿司を食べる際のデメリットとして、使用する具材によってはより高カロリーになってしまうという点も挙げられます。

特に、肉類や魚、いくらなどの魚介類などはカロリーが高いので、ちらし寿司のカロリーを上げれしまうことに繋がるので注意するようにしましょう。

ちらし寿司のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

野菜類やキノコ類をメインにしたちらし寿司を作る

ちらし寿司のダイエット効果を高めるレシピとして、野菜類やキノコ類をメインにしたちらし寿司を作る方法がおすすめです。

肉類や魚介類はカロリーが高く、ちらし寿司のカロリーを高めてしまう原因になるのですが、野菜類やキノコ類はカロリーが低い上に、食物繊維やカリウムなどのダイエット成分が豊富に含まれており、便秘を解消したり、むくみを解消したりすることができるのです。

ダイエット中はできるだけ、野菜やキノコをメインにしたちらし寿司を作って食べることで、よりダイエット効果が高まります。

五目ちらし寿司の具材を煮る時に使用する砂糖を減らす

ちらし寿司のダイエット効果を高める食べ方として、五目ちらし寿司の具材を煮る時に使用する砂糖の量を減らすという方法もおすすめです。

五目ちらしの具は砂糖で甘く煮るのが一般的ですが、砂糖で煮ることでカロリーが高くなってしまいます。

そこで、砂糖の量を減らすことで、カロリーを大幅にカットすることができ、よりダイエット効果が高まると言われています。

高カロリー・高糖質なちらし寿司でも食べ方次第では痩せれる!

ちらし寿司のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどを紹介しました。

紹介した通り、ちらし寿司は高カロリーな酢飯にたくさんの具材を使用しているので、高カロリーな上に、高糖質な食べ物であり、ダイエットには向いていないと思われがちですが、酢やレンコン、しいたけなどの具材に含まれるダイエット効果の働きで、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

ダイエット中にちらし寿司を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「野菜・キノコをメインにして作る」、「煮る際の砂糖の量を減らす」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集