tokusen_im01

芋けんぴのカロリー・糖質量は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

芋けんぴは、さつまいもを油で揚げた上に砂糖を使用したお菓子であり、高カロリー・高糖質な食べ物ですが、ダイエット効果も豊富で、食べ方次第では痩せることも可能なのです。今回は、芋けんぴのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な芋けんぴでも食べ方次第では痩せれる?

芋けんぴとは、さつまいもを短冊状に切って、油で揚げ、砂糖を絡めたお菓子のことで、コンビニやスーパーでも気軽に購入できる食べ物です。

そんな芋けんぴですが、高カロリー・高糖質で、ダイエットには不向きと思われがちですが、さつまいも由来のダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、芋けんぴのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

芋けんぴのカロリーは?

芋けんぴのカロリーは、商品やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に100gあたり「約206kcal」と非常に高カロリーです。

芋けんぴ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • スイートポテト:約226kcal
  • 大学芋:約231kcal
  • ショートケーキ:約308kcal
  • 大福:約42kcal

このように比較すると、芋けんぴは低カロリーと思ってしまいがちですが、全食品で見ると芋けんぴは十分高カロリーと言うことができます。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら、合計4週間分が特別価格「1000円(税込)」で購入可能!

芋けんぴの糖質量は?

芋けんぴの糖質量は、商品やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に100gあたり「約33g」と非常に高糖質です。

芋けんぴ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • スイートポテト:約31g
  • 大学芋:約35g
  • ショートケーキ:約24g
  • 大福:約50.4g

このように比較してみても、芋けんぴに含まれる糖質量は多いと言うことができます。

さつまいもは野菜なので低糖質と思われることが多いですが、実は糖質が高く、そのことが芋けんぴの高糖質の要因となっているのです。

芋けんぴに含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

食物繊維やヤラピンが便秘を解消してくれる

芋けんぴの原料であるさつまいもには、「食物繊維」や「ヤラピン」という成分が豊富に含まれています。

このヤラピンには、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に効果的です。

便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、デトックス効果を期待でき、痩せやすい体を作ることができるのです。

カリウムがむくみを解消してくれる

芋けんぴに使用されるさつまいもには、「カリウム」という成分も豊富に含まれています。

このカリウムには利尿作用があり、ダイエット中におすすめの成分なのです。

人の体がむくむ主な理由は、余分な水分が体の部位に溜まることによるものと言われていますが、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出することができるので、頑固なむくみを解消することができるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

芋けんぴに使用されるさつまいもには、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。

摂取された糖質は、インスリンというホルモンの働きによって体に体脂肪として蓄積されるのですが、ビタミンB1を摂取していることで、体脂肪になる前に糖質を排出してくれるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

ダイエット中に芋けんぴを食べる際の注意点・デメリット

砂糖の量に注意

ダイエット中の芋けんぴの注意点として、砂糖が高カロリーという点が挙げられます。

芋けんぴには、砂糖が使用されており、その砂糖によってカロリーが高くなってしまっています。

ダイエット中に芋けんぴを食べる際は、その砂糖の量にも注意するようにしましょう。

ハチミツなどがコーティングされている商品に注意

ダイエット中に芋けんぴを食べる際の注意点として、ハチミツなどがコーティングされている商品もあるという点も挙げられます。

ハチミツなどに含まれるカロリーが、芋けんぴのカロリーに加わり、より高カロリーになってしまうので、注意するようにしましょう。

芋けんぴのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

砂糖不使用の芋けんぴを作る

芋けんぴのダイエット効果を高める食べ方として、砂糖不使用のレシピがおすすめです。

芋けんぴが高カロリーなのは、砂糖が多く使用されているという点にも要因があり、その砂糖を使用しないで作ることで、カロリーを大幅にカットすることができるのです。

皮ごと芋けんぴを作る

芋けんぴのダイエット効果を高める食べ方として、皮ごと芋けんぴというレシピもおすすめです。

さつまいもの皮にも、便秘解消効果のある食物繊維やヤラピンが豊富に含まれています。

そのため、皮ごと芋けんぴを作ることで、よりダイエット効果を高めることができるのです。

高カロリー・高糖質な芋けんぴでも食べ方次第では痩せれる!

芋けんぴのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・レシピなどを紹介しました。

紹介した通り、芋けんぴは高カロリー・高糖質な食べ物であり、ダイエット中は注意したい食べ物なのですが、さつまいも由来のダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中に芋けんぴを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「砂糖を使用せず、皮ごと使用した芋けんぴを作る」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集