daigakuimoyoko

大学芋のカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

大学芋は非常に高カロリー・高糖質な食べ物であり、ダイエットには向いていないと思われがちですが、さつまいもに含まれるダイエット効果によって、食べ方次第では痩せることも可能なのです。大学芋のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな大学芋でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wcwO1S

大学芋は油で揚げたさつまいもに、糖蜜をかけた食べ物であり、日本を代表する料理のことです。

大学芋は油で揚げたり、糖蜜を使用しているので、高カロリーな上に、糖質も高く、ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、さつまいもにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、さつまいものカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

大学芋のカロリーは?

http://bit.ly/2h4jHp3

大学芋のカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、100gあたり「約231kcal」と非常に高カロリーです。

大学芋以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • さつまいも:約132kcal
  • 焼き芋:約163kcal
  • じゃがいも:約76kcal
  • ポテトサラダ:約122kcal

このように比較してみても、大学芋のカロリーが高いということがわかります。

大学芋が他の食べ物と比べて高カロリーなのは、高カロリーなさつまいもを油で揚げ、その上に糖蜜をかけているためです。

大学芋の糖質は?

http://bit.ly/2jqXh5S

大学芋の糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に100gあたり「約32g」と非常に高糖質です。

大学芋以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • さつまいも:約29.2g
  • 焼き芋:約35.5g
  • じゃがいも:約16.3g
  • ポテトサラダ:約18g

このように比較してみても、大学芋の糖質量が高いことがわかります。

大学芋は、高糖質なサツマイモに高糖質な糖蜜を使用しているので、ここまで高糖質になっているのです。

大学芋に隠された意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2xmLGdm

さつまいもの食物繊維やヤラピンが便秘を解消してくれる

大学芋に使用されるさつまいもには、「食物繊維」や「ヤラピン」という成分が豊富に含まれています。

この食物繊維やヤラピンには、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあるので、便秘の解消に効果があります。

食物繊維やヤラピンによって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるデトックス効果を期待することができるので、痩せやすくすることができるのです。

さつまいものカリウムがむくみを解消してくれる

大学芋に使用されるさつまいもには、「カリウム」という成分が豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、ダイエットの大敵であるむくみを解消してくれる働きがあります。

私たちの体がむくむ原因は、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものと言われており、そこで利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出することができるので、頑固なむくみを解消することができるのです。

さつまいものクロロゲン酸が脂肪を燃焼してくれる

大学芋に使用されるさつまいもには、「クロロゲン酸」という成分が豊富に含まれています。

このクロロゲン酸には、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあり、肥満の解消に効果的です。

クロロゲン酸を摂取することで、なかなか解消することができない体脂肪を効率よく燃焼することができるので、話題の成分なのです。

タレのカロリーに注意

http://bit.ly/2ws7RdW

ダイエット中の大学芋の注意点として、タレのカロリーが高いという点が挙げられます。

大学芋にかかっているタレは糖蜜といって、たくさんの砂糖が使用されていて高カロリーです。

買ってきた大学芋の場合はタレを取って、自宅で作る場合はタレを減らして食べるようにするとカロリーを抑えることができ、効果的です。

大学芋のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2jrArLa

皮ごと食べる

大学芋のダイエット効果を高める食べ方として、皮を取った大学芋ではなく、皮付きの大学芋を食べる方法がおすすめです。

さつまいもの皮にも、便秘解消効果のある食物繊維やヤラピンが豊富に含まれています。

そのため、皮を取って食べてしまうと、食物繊維やヤラピンの摂取量を減らしてしまうことに繋がるのです。

ダイエット中はできるだけ、皮がついた大学芋を選ぶようにしましょう。

揚げない大学芋を作る

大学芋のダイエット効果を高める食べ方として、揚げない大学芋を作る方法もおすすめです。

通常の大学芋は、さつまいもを揚げて作るのですが、油で揚げることでカロリーがグンと上がってしまうのです。

そこで、揚げずに、焼いたり蒸したりしたさつまいもを使用することで、カロリーを大幅にカットすることができ、よりダイエットに効果的になります。

高カロリー・高糖質な大学芋でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

大学芋のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、大学芋は使用する食材が大変高カロリーで高糖質なため、ダイエットには向いていないと思われがちなのですが、さつまいもに含まれるダイエット効果によって、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中に大学芋を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「皮ごと食べる」、「揚げない大学芋を作る」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集