s_000y

天丼のカロリー・糖質は?具材によるダイエット効果と痩せる食べ方

天丼は、天ぷらをご飯に乗せ、タレをかけた食べ物で高カロリー・高糖質です。しかし、使用される食材にはそれぞれダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることができます。天丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質の代表格である天丼でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xckOfZ

天丼は、様々な食材を用いた天ぷらをご飯の上に乗せた食べ物で、最近では「てんや」をはじめ、手軽に食べることができるお店が増えてきて、より身近になった料理です。

そんな天丼ですが、高カロリーな天ぷらを高カロリーなご飯に乗せ、タレをかけているので、非常に高カロリーです。

さらに、糖質も高いため、ダイエットには向いていないと思われがちですが、食材由来のダイエット効果を期待することができ、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、人気の天丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

天丼のカロリーは?

http://bit.ly/2wOeT0L

天丼のカロリーは、お店やレシピ、作り方、具材などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約642kcal」で、100gあたりに換算すると「約169kcal」と高カロリーになっています。

天丼以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 牛丼:約185kcal
  • カツ丼:約200kcal
  • 親子丼:約146kcal

このように比較すると、天丼のカロリーが低く見えますが、あくまでも高カロリーな丼物の中で比較した場合の話であり、全食品で見ると十分高カロリーと言うことができます。

油で揚げら天ぷらを炭水化物であるご飯に乗せて食べる食べ物であるため、このように非常に高い数値になっているのです。

天丼の糖質量は?

http://bit.ly/2wfnLbB

天丼の糖質量は、お店やレシピ、作り方、具材などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「102.6g」で、100gあたりに換算すると「約26.8g」と高糖質です。

天丼以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 牛丼:約26.5g
  • カツ丼:約26.5g
  • 親子丼:約23.7g

このように比較してみても、天丼の糖質量が高いということがわかります。

天丼に使用されることが多い具材には、低糖質なものが多いのですが、ご飯に含まれる東夷sつ量が高く、全体的に高糖質になってしまいっているのです。

天丼には具材によるダイエット効果・メリットが豊富に含まれていた!

http://bit.ly/2wfLKYh

海老に含まれるタウリンが血液中のコレステロール値を下げてくれる

天丼に使用されることが多い海老天ですが、エビには「タウリン」という成分が豊富に含まれています。

このタウリンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分なのです。

タウリンによって血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができ、肥満の解消をしてくれるのです。

ナスに含まれるナスニンが基礎代謝を高めてくれる

天丼の具材として使用されることの多いナスですが、ナスには「ナスニン」という成分が豊富に含まれています。

このナスニンには、抗酸化作用という体を若返らせる働きがあると言われており、基礎代謝をアップし、痩せやすい体を作るのをサポートしてくれるのです。

人の体は、活性酸素という物質によって傷つけられ、老化しています。

体が老化すると、体の働きが鈍くなり、その結果基礎代謝が落ち、太りやすくなってしまうのですが、ナスニンを摂取することで、活性酸素を撃退してくれるので、体の働きを活発にし、痩せやすい体を作ることができます。

かぼちゃに含まれる食物繊維が便秘を解消してくれる

かぼちゃも天丼の具材によく使用される食材です。

かぼちゃには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれており、この食物繊維には整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあります。

腸内環境が整えられることで、便秘が解消され、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、ダイエットに効果的です。

まいたけに含まれるMXフラクションもコレステロール値を下げてくれる

天丼に使用されることが多いまいたけですが、まいたけには「MXフラクション」という成分が豊富に含まれています。

MXフラクションとは、まいたけにしか含まれていない成分で、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われています。

海老天にタウリンにもコレステロール値を下げてくれる働きがあり、ダブルで働きかけてくれるので、非常に効果的です。

ダイエット中の天丼の注意点・デメリット

http://bit.ly/2fizram

天丼のタレが高カロリー

ダイエット中の天丼の注意点として、タレのカロリーが高いことが挙げられます。

天丼には、あの甘いタレが欠かせませんが、タレにも豊富にカロリーが含まれており、かけすぎてしまうと、天丼のカロリーをより高めてしまう原因になります。

ダイエット中はできるだけ、タレの量を減らすようにしましょう。

天ぷらの種類によっては高カロリーになってしまう

ダイエット中の天丼の注意点・デメリットとして、使用するて天ぷらの種類によってはより高カロリーになってしまうという点も挙げられます。

天丼は、様々な種類の天ぷらを使用することができ、メリットなのですが、ダイエット中はそれがデメリットとなってしまうのです。

肉類の天ぷらやかき揚げなどの高カロリーな種類を選んでしまうと、もともとカロリーが高い天丼をより高カロリーにしてしまうことに繋がるので注意するようにしましょう。

天丼のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2wfnLbB

衣を薄くして作る

天丼のダイエット効果を高める食べ方として、天ぷらの衣を薄くして作るという方法がおすすめです。

高カロリーな天丼のカロリーの大半を油で揚げた衣が占めています。

そのため、天ぷらの衣を薄くしてあげることで、カロリーを抑えることができるのです。

タレでなく塩で食べる

天丼のダイエット効果を高める食べ方として、タレではなく塩をかけて食べる方法もおすすめです。

先ほども紹介しましたが、天丼にかけるタレは高カロリーで、太ってしまう原因になるので、タレではなく塩を使用して食べると、カロリーを抑えることができます。

ただし、塩には食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因になるので、かけすぎには注意するようにしましょう。

高カロリー・高糖質な天丼でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

天丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介しました。

紹介した通り、天丼は高カロリー・高糖質なので、ダイエットには向いていないというイメージをお持ちの方が多いです。

しかし、天丼に使用される具材には、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることもできるのです。

ダイエット中に天丼を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「衣を薄くして作る」、「タレではなく塩で食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集